小さな町に彗星が降る2020年07月30日 07時17分54秒

もうじき7月も終わり。
今月はネオワイズ彗星の話題で、星好きの人たちは盛り上がっていましたが、いかんせん曇天続きですし、町中から鮮やかに見えるほどではなかったので、私は結局目にすることができませんでした。その代わり、小さな画面にその姿を偲んでみます。


家並みの上に広がる漆黒の空。そこを音もなく飛ぶ彗星。
指輪をする習慣はありませんが、その静かな光景に魅かれるものがありました。


オニキスに人造オパールを象嵌したもので、ナバホ族の人の「インディアン・ジュエリー」から派生した現代の作品と聞きました。したがって、モチーフとなっているのも、アメリカ南西部の伝統集落(プエブロ)らしいのですが、そこまで限定することなく、どこか「心の中にある小さな町」と見ておきたいです。


   ★

それにしても、疫病と長雨続きの中、昔の人なら彗星を凶兆として大いに恐れたでしょう。そこはやっぱり世の中が開けたのかな…と思います。願わくは、そうした難事に処するための方策の方も、十分賢にして明なものであってほしいです。

コメント

_ S.U ― 2020年08月01日 09時54分32秒

かわいい品ですね。この種のインディアンの石の細工物は英語では何と呼ばれているのでしょうか。 ネット検索で、Native american multistone works で捜してみましたが、こういう透明感のある品はなかなか出てきません。

 7月19日と21日にネオワイズ彗星を双眼鏡で見ました。我が家からは、近くの白い集合住宅ビルの上に、上向きにシッポを引いて見え、ちょうどこの絵のような感じでした。

_ 玉青 ― 2020年08月02日 07時30分00秒

私も全く以て不案内なんですが、総称すると「Indian Jewelry」とか「Navajo Jewelry」でしょうか。類例は「navajo jewelry pueblo inlay」で検索するといろいと出てきます。

_ S.U ― 2020年08月02日 18時36分51秒

ありがとうございます。家々の上に星が出ている作品はけっこうありますね。微妙に違う雰囲気のがいろいろあって私もほしくなりました。

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
このブログのタイトルを平仮名で書くと、「○○○○こがん」です。○○○○に入る4文字は?

コメント:

トラックバック