「天球の回転について」を原文で読了2021年09月02日 09時55分35秒

ラテン語はとにかく単語の活用と変化が大変なんだと聞かされていました。

たとえば動詞だったら、主語の人称と数、時制、能動か受動か…等々に応じて、すべて活用形が違うと聞くと、相当クレージーな言語に思えます。入門書には、「そうは言っても、そこにはある程度規則性があるので、慣れれば大丈夫」みたいな慰めが書いてありますが、これはまさに慰めにすぎず、そもそも本当に「慣れる」ことがあるのかどうかすら怪しい気がします。中には、「ラテン語を何十年もやってきた私にも、まだ分からないことがある。だから、初心者の皆さんに分からないことがあっても当然で、安心してください」みたいな、ぜんぜん安心できないことが書いてあったりもします。

名詞もまた同じで、こちらには格変化というのが伴います。
英語だと I、my、me…のように、人称代名詞に化石的に残っているだけの格変化が、ラテン語だとすべての名詞に生じ、その変化のパターンも多様で、まずは第1変化、次に第2変化、第3変化というのがあって、辞書の後ろの活用表を見ると、さらに第4変化、第5変化というのまで載っています。

その第3変化までこぎつけたところで、早くも「これはたまらん」と音を上げかけていました。

   ★

しかし―です。

そんな折にネット記事を読んでいて、例のコペルニクスの『De Revolutionibus Orbium Coelestium』という書名が、ふと目にとまりました。そして、その意味を考えたとき、突如さとったのです。ここに出てくるのは、すべて第3変化名詞であり、Revolutionibus は複数与格(~に、の形)、Orbium と Coelestium は複数属格(~の、の形)であり、冒頭の前置詞 De(~について)と合わせて、全体は「諸天の諸球の諸回転について」の意味だと。意味をおさえて訳せば、まさに『天球回転論』ですね。


まあ、revolution も orb も celestial も英語に入っていますから、字面からその意味は何となく想像がつくのですが、その文法上の建て付けが分かって、はじめて対象がシャープな像を結んだ気がします。

「これはたまらん」と、ふうふう言いながらも、やればやっただけのことはあります。
これぞコペルニクス的転回…とまでは言いませんが、私にとっては確かにひとつの成功体験であり、アッハ体験でした。これを励みにもう少し頑張ってみます。

   ★

というわけで、私は「De Revolutionibus Orbium Coelestium」を、原文で読了したと胸を張って言えるわけです。(そうでしょう?ちがいますか?)

コメント

_ S.U ― 2021年09月02日 12時48分32秒

すみません。もう1つ古くからの疑問なのですが、ご存じならよろしくお願いします。

 英語のrevolutionには、回転と革命の両方の意味がありますよね。もともとはラテン語で回転の意味だったのが、西洋ではコペルニクス以降に政変の意味になったというようなことがWikipedia「革命」にあります。ところが、中国には「辛酉革命説」「易姓革命」というのがあって、古くから一定の周期で革命が繰り返し起こるのが天命だという考えがあったようです。中国こそ、まさに、revolutionの原意に忠実です。

 revolutionが革命の意味になった背景には、古代中国の周期的歴史思想が、コペルニクス以後に、西洋に持ち込まれたことがあったと解釈すべきなのでしょうか? そうでなければ、なぜ、回転の言葉が政変の意味に流用できるのか私には理解できません。exchangeとかtransformationあたりでよろしいでしょう。それとも、コペルニクスの「回転」で文字通り地球と世界観がひっくり返った経験から、政変の意味に転化したものでしょうか?

_ 玉青 ― 2021年09月02日 14時11分40秒

いやあ、全然分からないんですが、以下パパッと思いついたことを書きます。

日本語版ウィキペディア「革命」の項は、
「1543年にニコラウス・コペルニクスは地動説の論文「天球の回転について」を出版したが、その題名で使用された「回転」(Revolution)は天文用語から、後に政治体制の突然の変革に使用された。」
と述べていますが、これは「地動説は革命的であった」という一般的な理解にひきずられた記述でしょう。

英語版Wikipedia「revolution」のほうは、オックスフォード英語辞典を引きながら、
「"Revolution" in the sense of representing abrupt change in a social order is attested by at least 1450. 」
と述べていますから、急激な社会変動や政変の意味でこの語を使用するようになったのは、明らかにコペルニクス以前のことです。

そもそもRevolutionが持つ「回転」の意味は、本来でいえば後半の「volution」、ラテン語の動詞形でいえば「volvo」だけで十分で、そこにre-が付くと「後ろに転がす」、「逆転させる」、「巻き戻す」というのが、この語の原義です。それが「回転」の意味になったのは、もっぱら中世の天文用語として、これが惑星の運動(天動説に従えば、地球を中心とした惑星の回転運動)の意味で用いられるようになってからのことのようです。

それに加えて「政変」の意味が加わったのは、(上のネット情報にははっきり書かれていませんが)たぶん上記の原義から来ていて、「政権をひっくり返す」「社会秩序を反転させる」という意味合いからでしょう。こういう語が人々の口の端に上るようになったのは、ルネサンスの到来とともに、社会の流動化が始まったことと大いに関係があると思います。

ひるがえって、中国の伝統的な革命思想の影響については、私の直感はこれを否定します。確たる根拠はないのですが、ルネサンス前期までのヨーロッパ人にとって、中国はあまりに遠く、持ち運びのできる文物ならともかく、抽象的な思想がヨーロッパに大過なく移入されたとは考えにくいからです(イエズス会以前は、漢字の知識もまったくなかったでしょう)。

_ S.U ― 2021年09月02日 19時53分03秒

これは詳しいご教示ありがとうございます。長年の疑問もふっとんで、ものすごく勉強になります。
 日本語版Wikipediaをうのみにしてはいけないのですね。私もコペルニクス以後に新しい意味が加わったというのは怪しいと思いました。(やっぱり・・・)
 しかし、revolutionのreが「逆方向」の意味とは知りませんでした。ひょっとすると、「太陽が東に動いて見えるのは、地球が西に動いているから」的な意味を込めて revolution なのでしょうか。とにかく、revolutionが「逆」「転」の意味ならば、札の強弱が逆になるトランプの「ど貧民」ゲームの「革命」そのものですね。
 ルネサンス期以前ということでしたら、私も中国起源説は捨てたいと思います。

 ところで、名詞の格変化の件ですが、私はラテン語のそれはまったく知らないのですが、ロシア語を少し練習した時があって、名詞の格変化語尾が日本語のちょうど助詞(てにをは)のように感じられて少しだけ直感に訴えかけたことがあります。事実、名詞の格変化を助詞の代わりとして教えている場合もあるようです。
https://ruslife.net/grammar_table_russian/

_ 玉青 ― 2021年09月03日 18時08分22秒

>「ど貧民」…「革命」

あはは、まさにそんなイメージですね。革命とは逆転なり。
(ちなみに私の地方では「大貧民」または「大富豪」と呼んでいました。)

ラテン語がいくらややこしいと言っても、声に出して読み上げることは簡単ですし、いくつかの単語は既視感がありますから、まったくチンプンカンプンということはありません。その点ロシア語は文字からして謎めいているし、仮にキリル文字の勉強をしても、そもそも日本人には発音のできない音の組み合わせもありますよね。入門のハードルは一層高い感じです。まあ、前向きにとらえれば挑戦のしがいのある言語ということで、ロシア語とアラビア語はできたらいいなあと思う言葉の双璧です(あと身近なところでハングルも)。

格の考えは、まさに「てにをは」だと思います。逆に言うと日本語には助詞があるので、格の考え方が説明抜きでスッと分かるところがありますね。格が徹底しているおかげで、ラテン語の語順ははなはだ自由ですが(ロシア語はどうでしょう?)、そこも日本語とよく似ています。これが中国語話者だと、そのあたりが感覚的に理解しづらいのではないでしょうか(中国の人に聞いたことがないので、本当のところは分かりませんが)。

_ S.U ― 2021年09月04日 08時03分51秒

ロシア語もごひいきのことですので、老婆心から蛇足を書かせていただきます。

 ロシア語はよろしいですよ。キリル文字がある程度すらすら読めるようになるだけで、かなりの達成感があります。しかも、正しい発音を度外視して「ローマ字読み」(キリル文字のローマ字転写のローマ字読み)でいいことにしますと、そこに読めるのは、我々日本人にも親しみのあるロシアの風物や固有名詞です。英仏語から入っていることばもかなり多いです。ここまでで、ロシア語は半分くらい習得した気分になります。次に、語尾の格変化から、なんとなく品詞がわかります。
 この「発音すると親しみ~語尾の格変化から品詞識別」は、フランス語でもラテン語でも同じだと思いますが、ロシア語の場合はその前にキリル文字の習得という投資を積んでいるので、ここまでで充足感が大きいです。

 でも、残念ながら、私に言えるのはここまでです。ここで止まっていて実用になるところまで行っていませんから。

 かつて、日本語を勉強しているロシア人が職場にいたので、日本語の助詞はロシア語の格変化と似ているだろう? と質問したことがあります。しかし、この会話は英語で行わざるを得ず、意図もなかなか伝わらず、結局、「日本語はロシア語とぜんぜん違って難しい」というつまらない答えしか返ってこなくて残念だったことがあります。

 それから、ロシア語の語順の件、どの程度フレキシブルなのかはわかりませんが、ある程度自由なようです。英語でよくある自動詞+前置詞というパターンは少なめで、直接目的語、間接目的語の格で処理されていることが多いように感じます。語順が決まっているかはわかりませんが、間違えても通じるかもしれません。

_ 玉青 ― 2021年09月04日 10時46分38秒

ありがとうございます。背中を押していただいた気分です。
ではラテン語入門のあとは、ロシア語入門といきましょう(本棚を見渡すとロシア語の本もちらほらありますから、学習する必然性もあるわけです)。

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック