鮮やかな古暦2021年11月03日 09時36分51秒

今日は文化の日。
昔から言われる特異日の一つで、今日もよく晴れています。

文化の日は、何が文化の日かよく分かりませんが、昔でいう天長節、すなわち天皇誕生日を引きずったもので、この場合の天皇は明治天皇のこと。その後、大正天皇の即位に伴い、11月3日は祝日から外され、いったん平日に戻りましたが、昭和になって「明治節」の名で復活しました。それが戦後「文化の日」になったわけです。


1枚の短冊に、そんな遠い日を思い出します。
もちろん、自分がその時代をじかに経験したわけではありませんが、その時代をじかに経験した証人が現にこうしてあります。こういうモノを前にすると、私はなんだか祖父の昔話に耳を傾けている孫のような気分になります。

(1月~5月)

この美しい木版刷りの短冊は12枚ひと揃いで、月ごとの景物が描かれています。

(6月~10月)

(短冊の裏面)

各葉は腰のある厚紙ではなく、ペラペラの和紙に刷られており、いわゆる短冊というよりも「短冊絵」と呼ぶ方が適当かもしれません。江戸の錦絵そのままの技法で刷られた、非常に凝った作品です。


上は1月の短冊に刷られた文字。ご覧のとおり、その月の祝日や二十四節気、それから日曜日の日付が入っています。要はこれは12枚セットのカレンダーです。

冒頭の「一月大」は、1月が大の月であることを示し、江戸時代の暦の伝統を受け継いでいます。新暦になってからは、「西向くさむらい(二四六九士)が小の月」と覚えれば用が足りるようになりましたが、旧暦では大小の配当が毎年変わったので、月ごとの大小の区別だけ刷り込んだ、簡便な略暦が毎年売られていました。(参考LINK 「大小暦」

そんなことから、最初は明治もごく初期の品かと思いましたが、文字情報を考え合わせると、明治6年(1873)の新暦導入以降で、

①1月7日、14日…が日曜日である
②うるう年である
③11月3日が天長節である

の3条件を満たすのは明治45年=大正元年(1912)だけですから、時代はすぐにそれと知れます(実際には大正天皇の即位にともない、この年の天長節は8月31日に変更となっていますが、暦は前年中に刷るものですから、暦上は11月3日のままです)。

したがって、これは江戸がいったん遠くなった後、懐古的な「江戸趣味」が流行り出した頃の作品なのでしょう。花柳界で凝った「ぽち袋」が流行り出したのも、明治の末年から大正にかけてのことと思いますが、ちょっとそれに似た手触りを感じます。


11月は七五三からの連想で犬張り子、12月は伝統的に冬の画題である白鷺。


作者の「竹園」については残念ながら未詳です。

   ★

明治と大正の端境に出た古暦。
今や明治や大正はもちろん、昭和もはるか遠くなり、平成も遠ざかりつつありますが、この古暦は、たぶん私よりもずっと長生きし、その鮮やかな色彩を今後も保ち続けることでしょう。人のはかなさと同時に、モノの確かさということを感じます。

コメント

_ S.U ― 2021年11月05日 07時43分20秒

これは、何ともほのぼのとのんびりした暦ですね。しかし、「新暦」は施行直後には、「徳川さまの正月でない西洋の正月が祝えるかい」という庶民が多かったそうですし、徳川時代までグレゴリオ暦を遡らせて導出された天長節など、出口なお祖師でなくても「天子までが洋服を着ている」と憤ったことでしょう。新暦が日本の季節になじむころには、明治が終わってしまったということではないでしょうか。この暦が出た年は、幸徳事件の判決の出た年ですから、天皇を巡る時代意識も二転三転、重層化が起こっていたことだと思います。

 六月小が北斎流の滝表現になっているようで、これだけ「宗旨」が他の月と違うように感じました。

_ 玉青 ― 2021年11月06日 09時15分06秒

>グレゴリオ暦を遡らせて導出された天長節

あ、これは虚を突かれました。
確かに調べてみたら、明治天皇は旧暦だと9月22日の生まれだとなっていますね。ご本人もずっとそう思っていたはずですが、明治になって「いや、陛下のお生まれは実は11月3日でして…」と言われて、きっと戸惑ったことでしょう(笑)。暦を司るべき天皇が暦に司られた格好で、大きな時代の変遷を感じます。

>北斎流の滝表現

この滝は明らかに北斎「諸国滝廻り」の本歌取りですね。絵師もいろいろ考えるものです。
私のお気に入りは8月に描かれた、江戸玩具の「とんだりはねたり」で、1枚の絵の中に動きがあるのが面白いと思いました。…と、今これを書きながら気が付きましたが、この絵は「十五夜お月さん見て跳ねる」から来てるんですね。改めてその機知に膝を叩きました。

_ S.U ― 2021年11月06日 13時23分35秒

>ご本人もずっとそう思っていた
 この辺の事情が気になったので、岡田芳朗著『明治改暦』の第4章を参照しました。それによると、そもそもは、王政復古直後の慶応4年(1968)に、祝日「天長節」が(旧暦)9月22日に設置されたそうです。それが新暦初年の明治6年に新暦11月3日に移動したということです。旧暦の日付で実施すると、毎年日付が変わって、わかりにくいからという理由によったといいます。

 それなら、ご本人を驚かせ給わないよう、新暦の9月22日を祝日とすれば良かったと思うのですが、そのような案は上書には出ていませんでした。「歴史主義、実証主義」からグレゴリオ暦を遡らせることになったということです。私のみるところ、官製(あるいは天文局)の(クソ)リアリズム主導で新暦に徹頭徹尾こだわるのが権威付けになると考えられたのかもしれません。この時、五節句も祝日としては廃止されてしまいました。

 明治天皇がどう思ったかはわかりませんが、幸い、民間では、天長節が天皇誕生日であることすら定着していなかったので、日付が変わったことで驚くというレベルではなかったということです。新暦実施自体がおおごとでしたから、問題にならなかったのでしょう。

>「とんだりはねたり」
 そんな玩具があることは知りませんでした。ウサギさんが乗っている空飛ぶ絨毯みたいなものが何か理解できませんでした。江戸でしか販売していなかったものでしょうか。YouTubeの動画で見ると、板をひねって机上に置いてから飛ぶまでに相当の時間があるようで、物理学的に見て面白いのではないかと思いますが、それを解明している文献はすぐには見つけられません。

>「竹園」については残念ながら未詳
『図画のお手本 : 家庭用・幼稚園用・尋常用 』(1911)
https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/850995

の画作者の「田中竹園」ではないでしょうか。竹園の号を持つ絵師は複数いたようで特定できる材料は乏しいですが、

(「浮世絵文献資料館」)さんの
http://www.ne.jp/asahi/kato/yoshio/aiueo-zenesi/ti-zenesi/tikuen-tanaka.html
にある、
『悲しき運命』 口絵・装幀 竹園 稲庭恒子  日吉堂 (4月)〈2ページ大折込口絵〉の国会図書館蔵の画像
https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/907945
の5ページの口絵の落款デザインの「竹」はよく似ています。田中竹園にしても、複数の人がいたかもしれませんが、著作が、女性、子ども向けの挿絵という点で共通するではないか思います。
 それでも、田中竹園が未詳であることは変わりませんが、上記書『図画のお手本』の奥付に住所だけは出ています。

_ 玉青 ― 2021年11月07日 12時09分13秒

種々ご教示ありがとうございました。
とりわけ竹園の件、たいへん助かりました。同時代に活躍した浮世絵系絵師で、しかも印まで酷似となれば、これは普通に考えて同一人物でしょう。(「竹」の書体が微妙に異なりますが、彼は記事中の暦でも「竹」の一字印をいろいろ使い分けていて、きっと似たようなデザインの印を種々持っていたのだと思います。)
それにしても、ご紹介の「浮世絵文献資料館」で彼の画業を見ると、彼は結構売れっ子だったのですね。中には「火星見物」(大正2年)なる作品の挿絵まで手掛けていて、大いに驚きました。実に江戸情緒から火星まで。本当に何でもござれですが、ここにも激動の時代だった明治を感じます。
※火星見物 https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/913887

_ S.U ― 2021年11月08日 10時17分57秒

>一字印をいろいろ使い分けて
 現代では、体裁や表記法、署名などは、一連の著作物では統一されていないと話にならないように言われていますが、古来(江戸時代以来)の日本人の流儀では、そういうことにまったく無頓着なようですね。江戸がなや草書体など同じ文字にも複数種あり、同じ文献での混在や使い分けているのかと思うと、特にどういう法則性があるとかはついぞ聞かないようです。使用状況に変化があるほうが統一されているよりいいと考えられていたのかもしれません。落款や印なら個人が特定できなくなる危険性がありますが、そんなことどうでもよいというのか、とにかく実によろしいと思います。

>火星見物
 ざっと読んでみましたが、これは、おとぎ話とか空想小説の体裁はしていますが、どうやら理数系の解説書のようです。書かれている科学的な内容が、当時の科学を反映しているのか、著者が適当に書いたのかよくわかりません。当時は、子ども向け書にフィクションだかノンフィクションだか分別しにくい分野があったということだったら面白いと思います。

_ 玉青 ― 2021年11月08日 20時57分04秒

>まったく無頓着

そういうのに馴染んでくると、今の送り仮名とか筆順とかが、だんだん馬鹿らしくなってきますね。「これこそが正しいやり方だ!」と力まれても、その正しさの根拠がひどくあやふやで、「まあ、そうしゃっちょこばらんでもええやろ」と思います。少なくとも、江戸の教養人が目を白黒させるような「正書法」とは、ずいぶんおかしなものだという気がします。

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック