季節外れの七夕のはなし2021年11月07日 11時37分11秒

さすがに季節外れなので、このブログでは話題にしませんでしたが、最近ずっと集中していることがあります。それは「七夕」をめぐるあれこれです。来年の7月に、また話題にできればと思いますが、それまで自分の問題意識を忘れないようメモしておきます。

   ★

日本は星をめぐる神話や習俗が希薄と言われます。
しかし、そうした中でも突出した存在感と安定感を誇るのが七夕祭りです。

(戦後始まった代表的な「観光七夕」、平塚市の七夕祭り。昭和の絵葉書)

ただ、私の中では何となく理解しづらいものを感じていました。
それは「結局のところ、七夕祭りとは何なのか?」が、スッと呑み込めずにいたからです。例えば、正月なら「歳神さまを迎える祭りだよ」という説明を聞けば、ああそうかと思いますし、盆踊りなら「祖先の霊を迎え、慰める祭りさ」と言われれば、なるほどねと思います。では七夕の場合はどうか?

民俗行事というのは、たいていは祖先祭祀の儀礼であったり、招福除災の儀礼であったり、豊作を願う農耕儀礼であったり、大体いくつかの基本性格に分類できると思います。そして日本の七夕は、上で挙げた3つの性格をすべて備えています。すなわち、多くの地方で七夕は盆の行事と一体化し、また穢れを払うために七夕竹を川に流し、豊作を祈るために農作物を供えます。

しかしややこしいのは、「だから、七夕の基本性格は先祖供養(あるいは祓穢や豊作祈願)にあるのだ」とは言えないことです。それらは後から付加、ないし混交したもので、七夕本来のものとは言えません。

日本における七夕は明らかに大陸起源のものなので、大陸における七夕の姿も考えないといけないのでしょうが、大陸は大陸で、時代により地方により、その姿は様々で、一筋縄ではいきません。(現代中国における標準的な七夕説話ひとつとっても、現代日本のそれとはだいぶ違っています。今日のおまけ記事を参照。)

日本における七夕習俗の歴史的変遷についても、いわば「奈良時代の鹿鳴館」的な、ハイカラな新習俗として行われた宮中儀式(乞巧奠)が、徐々に民間や地方に下りてきた流れもあるでしょうし、それ以前に織物技術とセットになって半島から伝来した、より土俗的な習慣も各地に古層として存在したはずで、そうしたハイカルチャーとローカルチャーの複雑な相互作用も(今となっては検証のしようもないかもしれませんが)、一応は念頭に置かないといけないと思います。
(大雑把なイメージとしては、「七夕(しちせき)」や「乞巧奠」という漢語がハイカルチャーを、「たなばた」という和語がローカルチャーを象徴しており、「七夕」を「たなばた」と訓じたことから、いろいろ概念的混乱が生じているように思います。)

   ★

結局のところ、外皮をすべてはぎ取れば、七夕の基本性格は「織物に関する生産儀礼」ということになると思いますが、それが「七月七日の節句行事」となった理由や、そもそも論として、それが「星祭り」という形をとった理由が分からない…というのが、私のずっともやもやしている点で、これまで納得のできる説明を目にしたことがありません。これらについて、少し時間をかけて考えてみます。

(この項、間をおいて続く)

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック