ポケット・プラネタリウム2021年11月21日 18時15分55秒

星座早見盤というのは本当によくできています。
円盤をくるくる回すだけで、星々が24時間で一周する「日周運動」も再現できるし、特定の時刻に見える星座が、1年かけてゆっくり空を一周する「年周運動」も再現できます。そして両者を組み合わせれば、24時間・365日、いついかなる時の星空でも、たちどころに教えてくれるのです。まさに電気不要の「手の中のプラネタリウム」

ただし語義を考えると、これは若干不自然な言い方です。
ふつうの星座早見盤は、星座(恒星)の位置だけを示し、惑星の位置は省略されているのに対して、プラネタリウムの本義は、文字通り惑星の位置を示す「惑星儀」だからです。

   ★

そうした星座早見盤の弱点を補う「ポケット・プラネタリウム」を見つけました。
こちらは文字通り「懐中惑星儀」―― 惑星の位置を知るためのものです。

(サイズは17.8×13cm)

(表紙を開いて伏せたところ)


中身はこんな構造になっていて、向かって右がプラネタリウム本体、左に使用法の説明が書かれています。


1959年にロサンゼルスのスペース・テクノロジー・ラボラトリーズ(STL)が発行したもので、値段の表示がどこにもないので、あるいはノベルティグッズだったかもしれません。(STLはアメリカの初期航空宇宙産業を支えた企業のひとつで、親会社の合併に伴い、その後TRW 社の一部門となりましたが、そのTRW社も今はなく、まこと有為転変の世の中です。)


本体はヴォルヴェル(回転盤)が多層構造になっており、左に見える色付きの円盤群が「惑星盤」、右側の透明な円盤が「地球盤」です。

くだくだしい説明ははぶきますが、まず各惑星盤(水・金・火・木・土)を、盤上の目盛をたよりに、そのときどきの位置に合わせ、次いで地球盤を回すことで、各惑星が地球から見てどちらの方向に見えるか(すなわち黄道12星座のどこに位置するか、そして特定の時刻にそれが東西どちらの方角になるか)を判別する仕組みです。


惑星盤の中心にあるのが太陽で、今、我々は太陽系を真上(北)から見下ろしている格好になります。そして太陽を中心に惑星がくるくる回り…となると、要はこれは「ペーパーオーラリー」です。ただし、地球が常に下部中央―下のハトメの位置―にくるところが、普通のオーラリーと異なります(したがって各惑星の位置は、あくまでも地球を基準にした相対的なものです)。

もちろん、普通のオーラリーのように、地球も太陽の周りを回転するように作れば、その方が感覚的にも分かりやすいのですが、そうすると全体が嵩張ってポケットサイズにならないので、次善の策として上のような構造にしたのでしょう。

そういえば、昔「プラネティカ」という品を紹介したことがあります。

(画像再掲。元記事 http://mononoke.asablo.jp/blog/2011/05/04/5845041

プラネティカもその時々の惑星の位置を知るための道具でしたが、プラネティカの歯車機構を手で代行し、さらに地球の位置が常に下(手前)にくるように持って使えば、このポケット・プラネタリウムと同じことになります。

   ★

このポケット・プラネタリウムは、1959年1月から1969年1月までの10年間しか惑星の位置目盛がないので、すでに50年以上も昔に「賞味期限」が切れてしまっています。でも、そのデザインとカラーリングは今も清新で、当時の未来感覚と、スペースエイジの息吹を強く感じさせます。

コメント

_ S.U ― 2021年11月22日 13時32分08秒

>ポケットサイズにならないので、次善の策として上のような構造
 国も時代も違うので参考になるかどうかはわかりませんが、江戸時代の暦学者は、地動説が正しいらしいということがわかっていても、暦学計算は形式上、ティコの天動説に拘ったそうですので、これも、地球上の一般的な観測家を念頭にティコの天動説の形式を貫いた可能性もあるのではないでしょうか。

 それにしても、この回転盤の使い方をマスターして記憶できるくらいの知識を積んだ人なら、こんな早見盤は使わずとも自力で天文書を参考に太陽系図が作図できそうなものだと思います。

_ 玉青 ― 2021年11月23日 08時38分20秒

おお、確かにこれは「ティコの早見盤」と呼びうる品ですね!!
まあ、20世紀のロケットメーカーがティコ説に拘泥する理由はない気がしますけれど、アメリカには今も地球平面説を信じる人の団体があるぐらいですから、このSTL社の製品にも、何か隠された意図がなかったとは言い切れません。思わずフリーメーソン的なものを想像しますが、実際「STL」はラテン語の“sacrae theologiae licentiatus”、「聖なる神学を許されし者」の略語でもあるそうです。(これはいつもの眉唾ではなくて、学位としての「神学修士」を指すんだとか。)

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック