つるまき町 夏時間2017年07月22日 14時50分08秒

蝉が鳴き、青い空をバックに百日紅が濃いピンクを見せる夏。
そんな季節に読もうと思って手にした本。

コマツシンヤ著、『つるまき町 夏時間』、新潮社、2015)。

以前ご紹介した『8月のソーダ水』http://mononoke.asablo.jp/blog/2014/08/03/)に近い感じの作品ですが、こちらの主人公は小学4年生の男の子・三久里みつる、そして作品のテーマは<植物の世界>です。


物語は「つるまき小学校」の1学期の終業式の日に始まり、


夏休み最後の8月31日に終わります。

友人たちと過ごす他愛ない夏の日々。
植物園に勤務するお父さんや、その上司である植物園長との触れ合い。


しかし、そんなのんびりした日々に、突如起こった大事件。
町中が巨大な植物によって呑み込まれようとするとき、みつるの取った行動は?


…というような、ひと夏の冒険を描いた作品です。
元は「月間コミック@バンチ」で、2014年9月号から1年かけて連載されたもの。
画面に漂う明るいのびやかな空気に、夏休みの懐かしい匂いを感じます。

   ★

そして、この本を懐かしく感じるのは、私自身が「つるまき町」に住み、「つるまき小学校」に通っていたからに他なりません。せっせと植物の押し葉作りに励んだのも、ちょうど主人公のみつると同じ年頃のことでしょう。

現実の「つるまき町」は、早稲田大学の門前町で「鶴巻町」と書きます(正式には早稲田鶴巻町)。そして、小学校は「鶴巻小学校」。
確かに「つるまき」という地名は、世田谷の「弦巻」をはじめ、全国に多いでしょうが、私にとっての「つるまき町」は、何と言っても早稲田の鶴巻町です。

そして、この「つるまき町」も、やっぱり植物と縁がありました(たぶん今もあるでしょう)。すなわち植物の身体から作られたパルプとの縁です。

牛込から市ヶ谷、小石川にかけての一帯は、出版・印刷業の盛んな土地柄で、たとえば本書の版元である新潮社は牛込の矢来町ですし、バンチの編集部も近くの神楽坂です。そして、その外縁に当る鶴巻町は、中小の製本業者が軒を連ねる町で、私が子供の頃は、町のあちこちに紙束が山積みにされ、同級生にも製本関係の家の子がずいぶんいました。

   ★

まあ、こんな個人的な思い出を熱く語る必要もないですが、この季節、遠くに蝉の声を聞き、窓から白い雲を見上げれば、コマツシンヤさんの作品世界と、私自身の「つるまき町の夏時間」を重ねてしまうことは、どうにも避けがたいことです。



【7月22日付記】
 コマツシンヤさんの作品名を、『つるまき町夏時間』 とご紹介しましたが、正確には『つるまき町 夏時間』ですので、タイトルとともに訂正しました。

タルホ的なるもの…黒猫の煙草2016年05月24日 06時25分33秒

そういえば、京都に行く前、足穂でひとしきり盛り上がっていました。
いつもの理科趣味や天文趣味の話題に戻る前に、もうちょっとタルホ界を徘徊してみます。

   ★

足穂の『一千一秒物語』には、「黒猫のしっぽを切った話」というのと、「黒猫を射ち落した話」というのが載っています。

前者は、黒猫をつかまえて尻尾を切ったら、キャッという声とともに、尾の無いホーキ星が逃げていくのが見えた…という話。後者は、何か頭上を逃げるものがあるので、ピストルで撃ったら、ひらひらとボール紙製の黒猫が落ちて来た…というもので、足穂氏は黒猫をずいぶん虐待しています。そして、虐待しつつも、やっぱり愛していたようです。

   ★

下は、鴨沢祐二さんの「流れ星整備工場」の1ページ。
連れだって歩くのは、例によってクシー君と親友のイオタ君。

(初出は「ガロ」1976、『クシー君の発明』1998所収)

「そういえば、煙草がほしいね。」
「うん、一箱買おう。」

「≪黒猫≫なんて聞いたことないね」
「でもリボンがしゃれてる」

二人が愛煙家になったわけは、シガレットのボール紙製パッケージが、チョコレートのそれよりもずっと素敵で謎めいているから。

二人はこのあと、黒猫の導きで、謎の「アナナイ天文台」を訪ね、キセノン博士から同じ煙草を勧められます。


   ★

この黒猫の煙草は、実在のブランドです。


スペイン貴族のドン・ホセ・カレーラス・フェレールが、19世紀にロンドンで興した「カレーラス煙草会社」が売り出したもので、その物語はWikipediaの「カレーラス社」の項に詳しく書かれています。


その冒頭部の適当訳。

「ブラックキャット」は、今や世界中で売られている煙草の銘柄だが、この名前はささいなことから広まった。その元となった黒猫は、ごくふつうの飼い猫で、ドン・ホセのウォーダー・ストリートの店の窓辺で、いつも何時間も丸くなって眠っていた。まだ20世紀になるずっと前の話である。

この猫が通行人にすっかり馴染んだおかげで、ドン・ホセの店はやがて「黒猫の店(black cat shop)」として知られるようになった。ドン・ホセは、この猫を会社のシンボルにしようと思いたち、1886年、黒猫はカレーラス社の最初の商標として登録された。

その後、この猫は「ブラックキャット」の包装デザインの一部となり、「JJC(Don José Joaquin Carreras)」のイニシャル上に、黒枠付きの白丸の中に描かれるようになった。
そして1904年、「ブラックキャット」は、イギリス最初の機械製造式タバコの1つとして発売された。



…というところから、黒猫の物語は始まり、その後、カレーラス社の巧みな商策もあって、20世紀はじめには一大黒猫ブームが起こり、ファッションにまで影響を及ぼした…というようなことが、上の記事には書かれています。

(パッケージの裏)

煙草のパッケージ・デザインは何回か変わっていますが、クシー君愛用の上の品は、1930年代頃のもの。

   ★

冒頭に載せた足穂氏の2作品では、黒猫はいずれもパッと煙を上げて姿を変えることになっていて、現実世界でも、タルホ界でも、黒猫には煙がお似合いのようです。

平行世界2016年03月03日 20時48分41秒

どんなに大地が動こうが、火口から溶岩が噴き出そうが、
単にそれだけならば、人間には無害です。

―それが1万年、1億年かけて生じる出来事ならば、という条件付きですが。
そして、それが1分、1秒で生じるとなると、途端に人間生活に干渉してきます。

   ★

昨日書きたかったのは、異なるスピードで時の流れる世界が並存している不思議さ…みたいなイメージでした。でも、よく考えたら、これは自分の頭で考えたことではなくて、昔、小説や漫画で読んだ記憶が残っていたのだと思います。

すぐに思い出すのは、たむらしげるさんの短編作品「クジラの跳躍」です。

(河出書房新社刊 『水晶狩り』 所収)

人間には感じ取れぬほどゆっくり波打つガラスの海。
空中で静止したトビウオの群れ。
何日もかけて徐々に海上に姿を現す巨鯨。
その姿を一目見ようと集まる群衆。


同じ海には大型客船が浮かび、「彼ら」とは異なるタイムスケールで生きる人々が乗っています。そんな人々の視界を一瞬かすめて跳んだクジラ。


   ★

たむらさんが描きたかったのは、何かの寓話というよりは、一個の美しいイメージだと思いますが、考えてみれば、すぐそばにいるのに、決して言葉を交わすことのない人、お互いの存在すら意識しない人は大勢います。この物語が心に残るのは、そういう生の真実を捉えているからでしょう。

クジラの跳躍を、かりそめのことと思う人もいれば、永遠と感じる人もいる。
クジラは「震災」の隠喩にもなるし、他にもいろいろなメタファーとなって、そこに新たな意味を付与することができます。(でも、こういうのはあまり理屈で解釈してはいけないかもしれません。)

   ★

ちょっと見方を変えると、「異なるスピードで時が流れる世界の並存」は、この宇宙ではごくありふれた光景です。電車に乗っている奥さんと、家で帰りを待つ旦那さんでは、腕時計の進み方が違うことをアインシュタインは説き、これまでの実験結果は、全てその正しさを裏付けています。(原子時計を使わなくても、その正しさは容易に体感できます。)

(何だか要領を得ませんが、このところ頭がいつもボンヤリします。)

Metaphysical Nightsによせて2015年04月21日 22時03分40秒



「畏友タムラシゲルへ」と題された、南伸坊さんの文章はごく短いものですが、読んでいて、思わず膝を打つことがありました。以下、引用させていただきます。

畏友タムラシゲルヘ●南伸坊

 若い頃、稲垣足穂の童話が好きだった。それで「一千一秒物語」を絵にしてみたいと思ったのだが果たせなかった。足穂はもともと未来派の画家だから、はじめからその文章が絵になっているのだ。もっとも足穂自身の絵も、作り出したイメージを定着できたわけじゃない。
 果たせなかったと書いたけれども、やってみたわけではない。やる前からダメだと思って、やらなかったのだ。こんなことを書き出したのは、タムラシゲルなら、きっとそうしなかっただろうと思ったからだ。
 タムラシゲルは、自分のつむぎ出したイメージを、絵にすることができる。そうすれば絵に出来たことでしか味わえない、楽しさを人々に与えることができるのである。


伸坊さんは、自身もイラストレーターなので、これは文章の視覚化、あるいは視覚イメージの文章化という点から興味深い足穂論であり、たむら論だと思います。

 タムラシゲルに初めて出会ったのは編集者としてだった。投稿されてきた彼の漫画は、いきなり完成されていた。ハイカラで上品でガンバッテいなかった。私は一目で気に入ってしまったけれども、その頃の雑誌は、もっとアクの強い、青春くさい、むやみに迫力のあるものが求められていたので、たむらしげるの作物は「大人しい」ものと見られていたと思う。
 僕は違った感想を持っていた。タムラシゲルは「大人しい」というよりは「大人っぽい」というのが正しい。落ち着いていて、若い作者にありがちの性急さや、一発ねらいの新奇さというものと遠かった。

これは70年代、伸坊さんが「ガロ」の編集長をされていた時のエピソードです。
私がたむらさんの作品を知ったのも、「ガロ」の版元・青林堂の出版物を通してですから、あまり違和感はありませんが、でも今、改めて振り返ると、<たむらしげるとサブカル>は、かなり異質な取り合わせに思えます。当時は、たむらしげるという存在が、サブカルの世界でしか受容されず、そこでも傍流であった…というのは、文化史的に興味深い事実です。ともあれ、この伸坊さんのたむら評は、実に的確だと思います。

〔…中略…〕タムラシゲルの仕事を形容するのに「少年の心」だの「少年のような」だののコトバを使わないのは、それが失礼にあたると思うからだ。かつては「少年」という言葉に、それを使うことで了解できる世界があった。
 おそらく、その頃に「少年のよう」であることは、バカにされていたからだと思う。いまは誰もが「少年のよう」である。そしてチャチでハンチクな作品が「少年の心」で作られてしまうのだ。
 童心を保っていない作り手などはいないのだし、もっといえば、全ての人はそれを自分の中に持っているはずである。「少年のような」ジャンルがあるというのがおかしい。
 素晴らしいのは幼さではないのだ。直観である。知らない事で見えるような世界。重要なのは知らない事ではなくて見えることである。タムラシゲルが「こうでなくてはいけない」として描いた構図や画面の調子や、空間のイメージがつまり直観である。

これはかなり強い言い方ですが、まったく真実だろうと思います。
「少年のような」という形容が、ただちに褒め言葉になることへの違和感を、これまで何となく感じていましたが、要はこういうことだったのでしょう。

山高きがゆえに貴からず、人もまた少年的であるがゆえに貴からず―。
世間は少年や少女を、少年・少女であるがゆえにもてはやしますが、そもそも少年・少女の何が光を放っているのか…ということは、よくよく考えないといけないと思います。

 今でも、足穂の「一千一秒物語」を好きである。ごくたまに、三年に一度くらいの割り合いで、本棚から引き出して、しばらくボー然とする。同じような本に、このタムラの『METAPHYSICAL NGHTS』はなるはずだ。(1990.10)

またしても「一千一秒物語」。
南伸坊さんがこの一文を書いてから4年後、1994年にたむらしげる画の『一千一秒物語』がリブロポートから出たことは、伸坊さんにとって、まさに快哉を叫ぶような一大事だったはずです。


…というよりも、実はこの出版企画の背後に、伸坊さんのプッシュがなかったかどうか?このたむら版「一千一秒物語」には、前書きも、後書きも、解説も一切なくて、その成立事情が(少なくとも私には)まったく不明でした。でも、今この一文を目にして、何となくそんな気がしています。

Metaphysical Nights…カテゴリー縦覧:フープ博士 etc. 編2015年04月20日 19時59分09秒

メタフィジカル・ナイツ。
形而上学的夜


たむらしげるさんは、透明感を全体の基調としながら、ほのぼのした作品や、上品でお洒落な作品など、いろいろな趣の作品をこれまで生み出してきました。
中でも私が最も魅かれるのが、「硬質な幻想味」を追った作品群です。
1990年に出た、この大判の画文集(28.5×26cm)は、その代表といえるものでしょう。


見開きで、左側には余白をたっぷり取ったショートストーリー、


そして右側にはモノクロのCGイラストが載っています。
あえて色を排したことにより、ぼんやりとした夢の世界を覗き込んでいるような感覚が、いっそう強調されています。


長大な振子の往還とともに世界の誕生と発展を目撃する男の物語、「振子」。


不思議な建物群と、その間を通過する、アルタイルから帰還した宇宙船。
その美しい光景が、次の瞬間には古生代の海に変化する「宇宙船の帰還」。

」、「砂漠の月」、「土星と環」、「水壁」…と、不思議な絵物語は続きます。
これは真夜中の静寂の中で、ゆっくりと、息をひそめて読むのがふさわしい本です。

   ★

版元は架空社。この本にとって、これ以上ないぐらいピタリとくる名称です。
ひょっとして、ブックデザインの一部として、この本のために仮構された出版社じゃないか…と思えるぐらいですが、ちゃんと実在する会社です。

   ★

ところで、久しぶりに本のページをめくっていたら、南伸坊さんが書いたライナーノーツが挟まっているのに気づきました。で、その内容から、またいろいろなことを考えさせられたので、稿を改めて記事を続けます。

(この項つづく)

土星キャラ立ち史(その3)2015年03月17日 07時00分53秒

1990年頃に放映された富士急ハイランドのCMは、鴨沢祐仁さんのクシー君を主人公にしたもので、土星もメインキャラでそこに登場していました。

(YouTubeに、「富士急ハイランドCM 『クシー君とレプス君』鴨沢祐仁」と題してアップされていた動画より。 https://www.youtube.com/watch?v=IlDOFpg6ch0

(同上)

バーのカウンターで、輪っかをひょいと外して挨拶する土星は、いかにも稲垣足穂的趣向。さらにマイク片手の土星も登場しますが、土星が女性に擬せられることは非常に珍しく、派手なゴールドの輝きは、バブル当時の世相を彷彿とさせもします。

   ★

上で足穂の名前を出しました。
彼の第一作品集『一千一秒物語』(1923)には、早くも土星が登場します。

(『一千一秒物語』より「土星が三つできた話」)

まあ、これは土星だか人間だか分からない、人を喰った話ですが、4冊目の『第三半球物語』(1927)には、ホンモノの(?)土星がバーで一杯やっているうちに、輪っかを失くしてしまうという話が出てきます。

(初出時タイトルは「土星とオートモービル」。後に「泣き上戸」と改題され、内容にも手が加わりました。イラストは若き日のタルホ自身によるもの)

実に洒落ているし、私もぜひこんな街に棲んでみたいと思います。
鴨沢さん然り、たむらしげるさん然り、後の作家さんもそう思ったからこそ、タルホ的土星を自作に登場させているのでしょう。

それにしても、そもそも足穂は、どこからこういう想を得たのでしょう?
あるいは、純粋に彼の自由なイマジネーションが生んだ幻影なのか?

   ★

バーで一杯やるかどうかはともかく(これはたぶん足穂オリジナル)、土星の擬人化そのものは足穂以前からあるので、その淵源を探るべく、もうちょっとこだわってみます。

8月のソーダ水2014年08月03日 11時46分39秒



『8月のソーダ水(太田出版、2013)
『睡沌氣候』(スイトンキコウ)に続く、コマツシンヤさんの第2作品集です。
(『睡沌氣候』については、http://mononoke.asablo.jp/blog/2012/01/12/ を参照。)

『睡沌氣候』では、シュールな、暗い影の差す作品も多かったですが、今回はそういったものの一切ない、本当に8月のソーダ水のような、明るく、青く、白い作品に仕上がっています。以下は、コマツさん自身の「あとがき」より。

  入道雲の浮かぶ空、水平線、ビー玉、灯台、漂流物、
  結晶のような白い街並み、貝殻、昼の月、
  ラムネ瓶、海沿いを走る電車、炭酸水、夏の終わりを告げる風……
  そんなもの達の詰め合わせのようなマンガが
  描けないものかなあ、と随分前から考えていました。
  (後略)

舞台は架空の街、翠曜岬(すいようみさき)。
主人公は、おばあちゃんと二人で暮らす少女、海辺リサ。

彼女は、昼間は友人のもな子ちゃんと一緒にかき氷を食べ、日が暮れればラムネ玉の中にクジラと一緒に泳ぐ自分を夢見ながら眠りに落ちるような、のんびりした日々を送っています。そうした日常の中に、孤島で貝を研究する老人との出会い、歩く灯台に揺られて眺めるヒマワリ畑、数十年に一度、月の大接近に伴い町が水没する「海迎えの日」のざわめき…といったエピソードが点綴されています。


そこに格別複雑なストーリーが展開するわけではありません。また、人間の心の奥が描破されているわけでもありません。でも、この作品は何と言うか、空気感がいいですね。海沿いの街に流れる、永遠に続く夏休みのような、ある種の気分がこの作品の魅力だと感じます。


全ページフルカラーの美しい本です。
各話1ページのショートコミック「うわのそらが丘より」を併せて収録。

Wandering Parcel2014年03月06日 22時39分59秒



 フープ博士が月へ向けて故郷の街を出発してから、二年の歳月が流れた。その間、何の知らせも届かなかった。人々は探検が失敗したものと思い、偉大な科学者の死を悲しんだ。

 そんなある日、もはや解散寸前となった科学探検倶楽部のもとに、一通の手紙が届けられた。どこをどのようにして配送されて来たかは不明だが、様々な異国のスタンプがびっしりと押され、まっ黒になった手紙の差し出し人の名を見ると、Doctor Hoop on the Moon, と、ペン書きされていた。

   (たむらしげる「月からの手紙」、『フープ博士の月への旅』、青林堂、1980所収)


   ★

先月の初め、ドイツから荷物(星座に関する本)を送ってもらいました。
それが待てど暮らせど来ないので、先方にトラッキングナンバーを確認しました(3度聞いて、3度目にやっと教えてくれました)。

さっそく追跡してみたところ、ドイツからは難なく飛び立ったものの、なぜか降り立った先はカナダ。そのままカナダの税関を通って(それも解せない話)、ひと月たった今もカナダの郵便局にあると知って、ちょっとやるせない思いです。

しかし、最初はカナダの大西洋岸にあった荷物が、今は太平洋岸の都市までにじり寄って来ていることを、トラッキング情報は告げています。このまま太平洋を越えて、日本まで送り届けるつもりかもしれません。あるいは結局ドイツに返送されるのか?はたまた「彼」は、更に多くの国を経て、たくさんの土産話を携えて日本にやって来るのか?

何だかやけに長くなったトラッキング情報を見て、フープ博士のことを思い出しました。

   ★

今回の配送業者はDHLですが、DHLは以前も同じようなミスで、到着が大幅に遅れたことがあります。ネット上でもあまりいい評判を聞きませんし、DHLはちょっと鬼門です。とりあえずフープ博士の手紙を待つつもりで、もう少し待ってみます。

虹のかけら(7)…虹の正体2014年02月15日 11時36分44秒

虹にちなんで、このシリーズも7回で語り納めにしますが、これまで書いたことには、実は大きな誤りがあります。というのは、虹の正体は決して光のスペクトルなどではなのです。この点に関して、読み手の誤解を招いたことを、幾重にもお詫びします。

   ★

虹が単なる光学現象ではない証拠に、北半球の中緯度地方にある、「虹の谷絵具工場」では、固形化した虹を削り取って絵の具の材料にしていることが、早くから報じられています。(1)


虹は明らかに手で触れることのできる、物質的存在です。

   ★

しかし、実は虹にも多くの種類があって、そのすべてが物質的存在というわけでもないことに注意してください。中には記号の連鎖から構成された、すぐれて抽象的な虹も存在することが分かっています。(2)


その記号を解析すれば、世界のすべての謎が解ける…そう確信した某少年は、記号の転写を熱心に試みますが、何度やっても途中でごちゃごちゃになってしまうことを嘆いていました。

しかし、ある日、少年はその目で見ます。山高帽の男たちが、精巧な装置を用いて、虹の記号をこの上なく正確に読み取っているのを。


男たちの正体と、虹の記号が物語る世界の真実が何であるかは、残念ながらまだ明らかではありませんので、少年のさらなる探求に期待したいと思います。

   ★

虹には、まだまだ多くの秘密があります。
虹の収集と分類こそ、21世紀の博物学にとって恰好のテーマではないでしょうか。


【参考文献】
(1)たむらしげる、『PHANTASMAGORIA』(架空社、1989)、p.13.
(2)コマツシンヤ、「記号の虹」、『睡沌気候』(青林工藝舎、2011)、pp.28-33.

青い宇宙を翔ぶ2014年01月16日 22時55分49秒

この時期、ちらちら白いものが舞うと、鴨沢祐仁氏のことを思い出します。
氏は孤独死されたので、正確な忌日は不明ですが、推定2008年1月12日没。
早いもので、今年はもう七回忌です。

先日、天文ゲームの話題があったので、鴨沢氏やクシー君が好みそうなゲームを、お供えとして載せておきます。


フリドリンの宇宙旅行ゲーム。
フリドリンは、1920年代のドイツ語圏で絶大な人気を誇った少年雑誌「愉快なフリドリン」のタイトルロゴとなったキャラクターで、イルカ号に乗って縦横に飛び回る人物として造形されています。


このゲームは同誌の版元 Ullstein 社が出したもので、外袋の裏を見ると、他にもいろいろゲームが出ている中、これはその第1作。袋絵とゲーム盤のデザインは、同誌に漫画を連載していたフェルディナント・バーログ(1895-1955)が手掛けました。


イルカ号を駆って空をゆくフリドリン。


ゲーム用の駒とか、カードとか、他にも付属品があったように思いますが、今残っているのは、外袋とこのボードのみです。
明るく輝く星々と、その背後に広がる青い宇宙。この石版で刷った青色が、何ともいいですね。

   ★

冬の星座が木々の梢越しに震える晩、赤々と燃えるコメットクラブの暖炉脇に陣取り、こんどクシー君や鴨沢氏とこれで遊んでみようと思います。

【参考】
■「愉快なフリドリン」誌について
 http://members.aon.at/zeitlupe/derheiterefridolin.html
■フェルディナント・バーログについて
 http://www.lambiek.net/artists/b/barlog_ferdinand.htm