竜と蛇とドラゴンと日食のはなし2024年01月22日 18時42分18秒

昨日書いたことに触発されて、思いついたことを書きます。
昔の中国人は竜が太陽をかじると日食になると考えた…という話のおまけ。

日食というのは、当然のことながら、天球をぐるっと一周する太陽の通り道黄道)と月の通り道白道)が交わるところで生じます(太陽と月がピタッと重なれば皆既食や金環食だし、微妙にずれれば部分食になります。もちろん軌道が交わったからといって、そこに本物の天体がなければどうしようもないので、日食というのはやっぱりレアな現象です)。

黄道と白道は、いずれも天球上の大円ですから、両者は必ず2箇所で交わります。

(角度にして5度ずれて交わる黄道と白道。両者の交点が昇交点(Ascending node)と降交点(Descending node)。ウィキペディアより)

上図のように、これを現代では「昇交点」「降交点」と呼び、また古代インドの人はそこに日食を引き起こす魔物が住んでいると考え、「ラーフ」「ケートゥ」とネーミングしました。この名は漢訳仏典とともに日本にも伝わり、それぞれ「羅睺(らごう)」「計都(けいと)」と呼ばれます。インドのラーフとケートゥはもともと蛇身の神らしく、それを引き継いでいるのか、日本の羅睺と計都も頭部に蛇が生えた姿で描かれます。

(羅睺と計都。同上)

一方、西洋の占星術では、古くから昇交点と降交点をドラゴンヘッドドラゴンテールと呼ぶと聞きます。


…となると、日食をめぐる中国の竜と、インドの蛇と、西洋のドラゴンとの間に、何かつながりがあるのかどうかが気になります。つながりがないとするのは、かえって不自然な気がするんですが、この間の事情にうといので、いまだ真相は不明のままです。詳しい方のご教示をいただければと思います。


コメント

_ S.U ― 2024年01月23日 08時00分18秒

前項についてのご返事ありがとうございます。
龍と天文との関係の話なので、こちらに移動させていただきます。
前の前のコメントの、鬼と星宿の話は思い出しました。龍と日食、鬼と星宿、なんとなく共通する雰囲気ですね。ドラゴンヘッド/テール、鬼宿、いずれも黄道上にあります。
 それから、さそり座の文献は完全に記憶に残っていませんが、龍が出てくると、中国では青龍という巨大星座の主要部分だったし、さそり座で黄道上にあるので、関係があるかもしれません。

 かなり高度で、私には直ちに理解できないのですが、
https://toroia.hatenadiary.jp/entry/20090725/1248448264
この著者の方は、神話学から、おもに、竜による日食の考えは、西方起源(おそらくトルコより西)→中国という仮説を立てて研究されているように見えます。
 まあ、私個人としては、竜の日食を描いた最古の文献か画が、どちらが古いかというのがまずは大事だと思うのですが、それらの成立以前に神話が成立していたと言われたらそのとおりなので反論はできません。言うなら、天地神話は権力者が作ったもので、すぐに遺物にしただろう、というくらいでしょうか。

_ 玉青 ― 2024年01月24日 05時04分19秒

うわ!これはドンピシャリの情報をありがとうございます。
世の中には、こういう博識な方がいらっしゃるのですねえ。感嘆のほかありません。

私も今、順次各項を拝読しているところですが(そして読んだからといって理解できるとも限らないのですが)、何となくではあれ、この問題の広がりが分かってきました。そして議論する上での概念整理(下記)をしていただいているのが、私自身モヤッとしていた点なので、とても有益でした。

■竜の頭と尾を追跡する4 いろんな観念の区別
https://toroia.hatenadiary.jp/entry/20161111/1478796465

これからさらに読み進めてみます(例の中国の龍観念についての本と同時並行です)。
なお、青竜については現在温めていることがあるので、後ほど別記事に登場する予定です。

_ S.U ― 2024年01月24日 08時20分55秒

ご指摘のページは、天文の歴史の問題としてきれいに整理されていますね。このサイトさんは、世界の神話学に通じていらして、私は神話学は苦手ないので、そちらについていけないことは明らかなので、よろしくご検討をお願いします。天文学史、文化史の観点では、もちろん関心があります。

 江戸時代の日本の哲学(大坂商人の哲学?)に富永仲基という人がいて、「加上説」というのを仏教批判として打ち立てたそうです。この説は、天文とは関係ありませんが、宗教に関して、一言で言えば、「古げにみ見えるものこそ、本当の歴史は新しい(早い話が偽装)」ということを宗教者の論理と心理から仮説立てたもので、世界的にも画期的な発見だったそうで、これをちょっと思い出しました。天文宇宙に結びつけられた神話というのは、案外新しい(他の全てが出来てから最後に来た?)可能性があると思います。

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック