老いの思案2024年04月25日 19時02分03秒

こないだ「博物蒐集家の応接間」にお邪魔した際、「何せ円安だし、送料は爆上がりだし、それに現地物価の高騰という三重苦」…といったことを、会場でしんみり話したと書きました。

私事ながら、今年度からはさらに役職定年に伴う給与カットも加わり、実質収入が半減、これは上の3つを足したよりも、さらに大きな影響を私に及ぼしています。もちろん世代間の公平性確保は喫緊の課題ですから、単に愚痴をこぼすだけではいけないのですが、「もう大きなモノは買えんなあ…」というのは、寂しいことには違いありません。

   ★

モノの値上がりと収入の減少。
買い物が困難になる原因として、これらはよく分かります。でも、さっき懐手をしながら考えていて、自分がもう1つ別の困難に直面していることに気が付きました。

(AIが思い描く老コレクターのイメージ)

例えば奮発をして、50万円の天文アンティークをドンと買ったとします(私の手元にそんな品はありませんが、仮にの話です)。買ったのが30歳のときで、80歳まで大切にしたとしたら、50万円で50年間愉しめるわけです。すなわち年額1万円。

でも同じ品を60歳のときに買ったら、愉しめる期間は20年間ですから、年額にすると2万5千円で、コストパフォーマンスはだいぶ悪くなります。趣味の話にコスパを持ち出すのは不粋ですが、そんなことが頭にちらつけば、「残りの人生も少ないし、無理をするのはやめようか…」ということに、どうしてもなるでしょう。

   ★

上のことを裏返せば、若い時の買い物はそれだけコスパがいいわけです。
そして、若い時から経験を積めば、それだけ目も肥え、知識も増え、趣味の階梯を上がっていくことで、その後の人生はいよいよ豊かなものになるんじゃないでしょうか。

まあ、何をもって豊かな人生というかは人それぞれだし、上に書いたことは多分に自己弁護の色彩があるので、ちょっと眉につばをつけてお読みいただきたいですが、若い方に「世の中にはこんな考え方もある」と伝われば望外の幸せ…とかなんとか。

コメント

_ S.U ― 2024年04月26日 07時20分07秒

人生ふしぶし、いろいろとご苦労が絶えないようですね。
と人ごとのように言っていますが、もちろん、私も同様です。

コスパの件ですが、そうだなあとご同意申し上げるとともに、必ずしもそうではないかなと思うところがあります。それは、若い時にアンティーク趣味に入っても、途中で飽きてきて売ってしまう可能性があると思うのです。玉青さんのようなご幼少の砌から一貫した博物趣味を持ち続けておられる方はそんなことはないでしょうし、止めて手放すなどと申すとご不快と存じますが、一般には大人になってから始めた年寄り趣味が長続きするとは必ずしも思いません。年月とともに奥が深いことはわかると思いますが、自分の新たな感動がなくなってくる(可能な出費の範囲では)のではないかと思います。

さらに無粋な話になりますが、若いときにアンティークを買う場合は、年とともに値段が下がりそうにないものをどーんと買っておいて、老人になったときに売るという選択肢も視野に入れておけば、実質出費さほどなしで楽しめる可能性が残ることになります。特に、年金支給年齢が70歳からなどということになったら、数年間、無収入に近いこともあり得るので、少なくとも不安を減らすタシにはなりそうに思います。

_ 玉青 ― 2024年04月27日 10時55分59秒

いやあ、お説ごもっともです。まあ、上のことはすべて<自己弁護>の四文字からくる強弁なので、そこはどうか割り引いてください。

S.Uさんのおっしゃる通り、ずっと同じ趣味の道を邁進できればともかく、途中で興味が薄れると、上のコスパ論も怪しくなりますよね。私にしても、「天文古玩」スタート時と今とではけっこう路線も変わっていますから、コスパも良いような悪いような、なかなか一筋縄ではいきません。

>年とともに値段が下がりそうにないものをどーんと買っておいて、老人になったときに売るという選択肢も視野に入れておけば、実質出費さほどなしで楽しめる

これは至極賢明な戦略で、買い値と売り値が相殺するような品を購入すれば、必要なのは初期費用だけで、後は品物を売ったり買ったりプラマイゼロで趣味を楽しめる理屈で、実際、昔の財界に君臨した数寄者なんかは、そんなやり方をしていたと思います(やはりその手の人は経済観念が発達していたのでしょう)。ただ、それを可能にするには相当な初期費用が必要ですから、やっぱり一般人にはなかなか真似ができないですね。

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック