草下英明と宮沢賢治(2)2024年06月23日 13時45分18秒

ふと思ったんですが、今年は草下英明氏の生誕100周年ですね(12月1日が誕生日)。別に狙ったわけではありませんが、そのことを思うと、今回草下氏を取り上げることになったのも、何か偶然以上のものがあるような気がします。

   ★

前回、草下に賢治の存在を教えた人として、後に彫刻家として名を成した阿井正典(1924-1983)に触れました。それについて、草下の『宮澤賢治と星』(初版1953、改訂新版1975)にも関連する記述を見つけので、挙げておきます(「宮澤/宮沢」の表記は原文に従います)。

(『宮澤賢治と星』、1953年版(手前))

 「私が初めて宮沢賢治の名を知ったのは、「アメニモマケズ」の詩人としてでもなく、『風の又三郎』の作者としてでもない。殆どそうした予備知識なしに、或る友人から星をよく描く童話作家として教えられたのが、太平洋戦争末期であった。従って私が賢治を知った限りにおいては、比較的日も浅く、かりそめにも賢治の研究家などといえた義理ではない。だから、このささやかな著書も、あくまで賢治の研究書というようなものではなくて、賢治の作品に輝やく星を観察し分析してみただけのもので、主題は星にあるといってよい。」 (『宮澤賢治と星』、1953年版「あとがき」より)

「或る友人」とはもちろん阿井のことで、阿井は「星をよく描く童話作家」として賢治を語ったというのですから、阿井もまた具眼の士であり、阿井がそういう色彩で賢治を紹介したからこそ、草下の脳裏に賢治の名が刻まれたのでしょう。これはまことに幸運な出会いだったと思います。

(阿井正典 《果》 1968年、木、神奈川県立近代美術館蔵。

   ★

草下がただの賢治ファンでなかったのは、その作品を愛読するばかりでなく、独自の研究を進めたことです。草下は、昭和22年(1947)になっても、大学にはまったく足を踏み入れず、友人が始めた古本屋の手伝いをしながら過ごしていましたが、その間にせっせと賢治研究を進めました。

 「〔1947年〕四月二日 宮澤賢治の名作「銀河鉄道の夜」に描かれた星についての研究をまとめた私の文章が、風樹荘〔…というのは件の古本屋〕の経営者、月田亨氏を通じて、月田氏の家に同居していた賢治研究家、堀尾青史氏に紹介された。岩手県花巻市で、賢治の縁戚にあたる関登久也編集「農民芸術」にのせてもらうことになった。九月一日発行の「農民芸術」第四輯に生まれて初めて活字となった。」 (『星日記』、104頁)

このとき「農民芸術」に掲載された「『銀河鉄道の夜』の星」は、改稿した上で、前述の『宮澤賢治と星』に収録されました。これについて、草下は以下のようにも述べています。

(『宮澤賢治と星』、1975年版)

 「『銀河鉄道の夜』の星について」は、大学二年生の頃、暇にまかせて書き綴った幼稚な一文を、友人を通じて堀尾勉(青史)氏が目を通して下さり、花巻の故関登久也氏の許に御紹介頂いて、初めて活字になったもので、なんとも懐かしい思い出がある。」 (『宮澤賢治と星』、1975年版「あとがき」より)

ちょっと先回りすると、草下はこの後も精力的に賢治について文章を書き続け、それらをまとめたのが『宮澤賢治と星』です。昭和28年(1953)の出版当時のことを、草下は後にこう回想しています。

 この種の研究や文献資料は当時殆ど無いといってよく、私の試みが賢治文学を考える上での一ヒントにでもなったとすればこの上ない幸せである。

 原本刊行後も、科学者の目で、或は科学的な手法によって、賢治文学の分析が試みられた例は極めて少ない。私の知る範囲でも、須川力氏(水沢緯度観測所、天文学)の「宮澤賢治と天文学」(「四次元」、第九十三号、昭和三十三年五月)がある位で、他に昭和三十四~三十六年頃、庄司善徳氏が「秋北新聞」、「秋田文化」、「文芸風土」(いずれも秋田県地方誌)に、しばしば賢治と星の関係について言及した文章を発表している程度である。」 
(同上)

本当は、『宮澤賢治研究資料集成』(日本図書センター、全23巻)や、『宮沢賢治初期研究資料集成』(国書刊行会)のような基礎資料に当たって、草下の言い分の裏取りをしないといけないのですが、今はそこまでする必要もないでしょう。草下の視界にそれが入ってこないぐらい、「星の文学者・賢治」は当時マイナーなトピックであり、草下がこの分野のパイオニアの一人だったことは確かです。

草下は上の一文につづけて、さらにこう書きます。

 「しかし、最近は賢治のすべての草稿を比較検討分析していくという精緻無類な天沢退二郎、入沢康夫両氏の研究方法が大きな刺激となり、斎藤文一氏(新潟大学、地球物理学)、宮城一男氏(弘前大学、地質学)といった純粋科学畑の人の研究が現れたし、星の分野でも川崎寛子、阿田川真理といった若き俊秀がおられて、私なども啓発されること多大である。どうやら科学と文学の切点の問題として、賢治の作品が見直される機運が盛り上ったといってよいだろうか。」 (同上)

ここでいう「最近」とは、今から約半世紀前の1975年当時の「最近」です。1970年代頃から、賢治像にはある種の変化が――いうなれば、「アメニモマケズ」や『風の又三郎』の作者ではない賢治像が目立つようになってきた…と草下はいうのです。

こうした変化は論文や研究書ばかりでなく、一般のメディアにも及び、「星の文学者・賢治」は急速にポップカルチャー化、あるいはサブカルチャー化して、ますむらひろし鈴木翁二、あるいは鴨沢祐仁といった人たちが、賢治に取材した作品を次々と発表し、その先に松本零士の「銀河鉄道999」(「少年キング」、1977年連載開始)もあったように思います。

(新作・旧作を交えて構成された「ガロ 特集・宮澤賢治の世界」1995年9月号)

(同上掲載作、森雅之「宮沢賢治 星めぐりの歌」より)

その流れは天文界にも及び、アマチュア向けの天文雑誌である「天文ガイド」(1965~)「星の手帖」(1978~1993)あたりを丹念に見れば、賢治作品、特に「銀河鉄道の夜」に言及した記事や読者投稿が、70年代以降急速に増えていくさまを確認できるはず…と個人的には睨んでいますが、これは将来の課題とします。

(当時、京都の福知山で星好きの少年たちが結成した「西中筋天文同好会」が会誌「銀河鉄道」を創刊したのが1972年と聞けば、当時の天文界の空気が何となくわかります。この件は同会の中心メンバーであり、本ブログにいつもコメントをいただくS.Uさんから、またお話を伺う機会があると思います。)

   ★

話が前に進み過ぎたので、昭和20年代の草下の動向に話を戻します。

(この項つづく)

コメント

_ S.U ― 2024年06月23日 15時54分27秒

 今年は草下氏の生誕100周年ですか。それは、祝うべき年ですね。

>「星をよく描く童話作家」
 星の好きな人がいて、賢治を知って、それを星の好きな人に紹介する。そういうことが、昭和20年頃から細々とあったのですね。そういうタイプの慧眼の人の最初が誰だったかというのは興味があります。野尻抱影に十字屋書店版全集の天文用語の註解を依頼したのは編者の藤原嘉藤治でしたが、抱影に依頼することを決めたのは藤原自身だったのか、藤原自身が星に詳しかったかどうかわからないので何とも言えません。同じ編者に名をつらねる高村光太郎はリアルの天文学に詳しそうですので、一応、候補とさせてください。
 
 我らが天文同好会会誌のご紹介ありがとうございます。今から思えば、時代を刻む位置にいたのですね。驚きました。「銀河鉄道」の初期版・最終版の校本が出たのは1973年がはじめで、それ以前は、初期版(いわゆる「ブルカニロ博士版」)が標準だったのでしょうか。私が読んだのはもっぱら現代版のほうですが、当時は、2つがあって、どちらかというと初期版が伝統的なオリジナルで、現代版が後の人の研究による改編という雰囲気の受け止めだったかもしれません。

_ 玉青 ― 2024年06月24日 05時35分07秒

>草下氏の生誕100周年

そうなんですよ。ということは、自動的に来年は「昭和100年」というわけで、子供の頃に「明治100年」を経験した身としては、“なるほど今の昭和は当時の明治なのか…”と思って、本当にびっくりです。

まあ、明治100年(1968)と明治最後の年(1912)の差は56年もあって、その間に未曽有の戦争も挟まっているのに対して、昭和100年(2025)と昭和最後の年(1989)の差は36年間に過ぎず、政治体制も相変わらずですから、昭和は当時の明治よりもずっと身近なはずですが、それでも一抹の感慨なきにしもあらず(子供たちにしてみれば、昭和はやっぱり遠い過去でしょう)。

>十字屋書店版全集の天文用語の註解

この件は賢治と「銀鉄」受容史における最重要事項の一つですね。
本文中に挙げた資料集成のどこかに手掛りはないものか…と思案しますが、ぜひ引き続きご考究をお願いします。

>天文同好会会誌

勝手にお名前を出してしまい申し訳ありません。でも貴会誌「銀河鉄道」は、賢治が天文趣味に与えた影響を考える際、それが賢治と特にゆかりのない丹波地方の少年たちにも及んでいたことを示す点で、至極重要な事例と思います。(ときに「銀河鉄道」という誌名に決定するまでの経緯は、すでに会誌のどこかに書かれているのでしょうか?)

_ manami.sh ― 2024年06月24日 10時00分32秒



青玉さま,S.Uさま こんにちわ。
いろいろ考えながら、楽しく読ませていただいております。
ある意味でスリリングです。

阿井氏との件は、草下英明「「賢治と星」につながる人びと」『児童文芸』1988年8月号pp.43-47にも記されています。

「私の隣のベッドには同じく柔弱な候補生の一人で、東京美術学校彫刻科出身の阿井正典氏がいた。寝物語りで彼と文学談義に花を咲かせているうちに、宮澤賢治の話が出た。童話の中に星がたくさん描かれているというのである。終戦後、阿井氏の考えどおり、夢中になって賢治の作品を探し廻ったのが、「賢治と星」の最初のきっかけであったのだ。」


草下英明氏の「宮沢賢治と星」の最初の書評は、金関義則氏(科学評論家)によるもので「自然」1953年12月号、中央公論社にあるのですが、私は未だ見ていません。 (この機会に、見ておきたいと思っています)


それにしても、阿井氏は宮沢賢治のどの作品を読んだのでしょうか。
ここでは、童話と一括りにされていますが、宮沢賢治には詩もありますし。
阿井氏は、高村光太郎と同様に彫刻科の出身です。
宮沢賢治と高村光太郎とは一回しか会っていないし、草野心平に至っては文通のみ。
次回も楽しみです。

_ manami.sh ― 2024年06月24日 19時55分00秒

玉青さま

失礼しました。ネーム、間違ってしまいました。

_ S.U ― 2024年06月25日 08時30分43秒

>天文同好会(会誌タイトル)の経緯
 幸か不幸か、特に経緯というものはありませんでしたので、載っておりません。「会誌を出そう」と提案したメンバーがこのタイトルも共に提案し、当時は会を立ち上げれば紙の会誌を出すのが当たり前でしたので、タイトルごとに一瞬に決定した次第です。スタート時は3人でしたので、提案者のほかは1名の賛成で可決でした。

 それでも、1970年代にこのタイトルや宮沢賢治文学への思いや感想を書いた関係者はあったと思うので、またまとめてあとで私信でお送りします。多少、気長にお待ちくださるようお願いします。

 ここでは、玉青さんと全国の天文古玩ファンの皆様へ、私からの問題提起を込めて、関連する視点を紹介いたしたいと存じます。それは、銀河(天体)は天文同好会だったから当然として、「鉄道」の比重も当時は案外大きかっただろうということです。鉄道ブームは繰り返し全国的に起こっていますが、1970年前後は、1975年に蒸気機関車が廃止されるということから全国の地方を中心にしたSLブームがありました。また、ディスカバー・ジャパンという国鉄の地方旅行を促すキャンペーンもありました。思えば、この頃が、日本の地方への鉄道の旅で旅情を簡単に味わえる最後の時代だったのかもしれません。周遊券というたいへん便利なものもありました。

 それで、福知山は、賢治とは無関係ですが、鉄道はメッカでして、京阪神と日本海を繋ぐ要衝にあり、国鉄機関区がありました。1970年までは何種かの蒸気機関車が見られましたが、1972年当時は、ディーゼル機関のみでした。また、地図を見ていただくとわかりますが、福知山からは、東西南北の四本の鉄道線が出ていますが、いずれも相当の区間で川が線路に沿って流れていて、京阪神から来るにしても日本海から来るにしても「銀河鉄道」が体感しやすい場所です。発祥の地、西中筋地区(旧村名)も川沿いの鉄道の地でした。少なくとも我々に関して言えば、会誌名が自分たちの地元の鉄道と全国的な鉄道ブームに半分くらいは影響されていることは間違いないと思います。また、全国的にも、鉄道が川沿いにあるところは決して少なくはなく、おそらくは、当時の賢治の「銀鉄」のブームの中興も松本零士氏の「999」も当時の鉄道や地方旅行のブームと無縁ではないでしょう。

>阿井氏は、高村光太郎と同様に彫刻科
 manami.sh様、コメントありがとうございます。東京美術学校の先輩、あるいは、準先生格ではあったようですが、阿井と高村の天文への趣味が連携しているかどうかはまだわかりませんね。賢治を世に広めた人たちの天文趣味に賢治が影響しているのか、また、天文趣味を持つが故に賢治に注目したのか、また関連の情報がありましたらお教えくださるようにお願いします。

_ 玉青 ― 2024年06月25日 21時29分53秒

○manami.shさま

おお、これは痒いところに手の届くような情報をありがとうございます!
引用された一文、草下氏と阿井氏のやりとりする様子が髣髴とする記述ですね。
そして事実上の自費出版だった『宮沢賢治と星』に対して、発刊後ただちに反応があった、しかもメジャーな中央公論社の雑誌にそれが載ったというのも、同書の影響力を考える上ですこぶる重要な情報と思います。その内容につき、ぜひ続報をお願いいたします。

○S.Uさま

お手を煩わせ申し訳ありませんが、たいへん興味をそそられますので、往時の少年たちの思いのたけをお知らせいただければ大変嬉しく思います。

>SLブーム

たしかにありましたねえ。となると、「銀河」もカッコいいイメージだし、「蒸気機関車」もカッコいい、だから「銀河鉄道」はまさにカッコよさの二乗で、大いに当時の少年少女の心を捉えた…というのは、いかにもありそうなことで、当時を知る私としても一読納得できるものがあります。その辺は、おそらく当時の鉄道ファンサイドからなされた「銀河鉄道」への言及などを材料に考証すれば、見えてくるものがあるかもですね。

_ geomet ― 2024年06月26日 11時04分54秒

よこっちょから素人が失礼します。
1970年代の鉄道のイメージが銀河鉄道受容プロセスの重要要素というSUさんのご指摘にハッとなりました。
SLブームの関連は言われてみれば大きそうですが、個人的にはちょっと違うところで当時の鉄道と銀河鉄道を結びつけていたので以下にご報告します。
私は70年代の前半〜半ば頃に「銀河鉄道の夜」の魅力に目覚めたのですが、当時迂闊にも、銀河鉄道を蒸気機関車としてイメージしそこなっていました。銀河鉄道に関する私の脳内イメージは、煙や煤やシュッシュッポッポとは無縁な、もっとクリーンで静かで抽象的な列車的乗り物でした。そんな私にとって銀河鉄道を体感できたのは夜行列車でした。寝台ではなく、普通の座席でやたらと停車時間が長く取られた鈍行列車です。深夜にゴトゴト、進んでは止まり、止まっては進むを繰り返す。駅や駅間で停車するとシーンと静寂につつまれ、夏だと窓からの夜気が心地よく、虫の音も聞こえたりして侘しさがつのります。窓外には複雑に交錯する線路と、(ここが重要なのですが)シグナルやら何やらの光がぽつぽつと目に入ります。私にとってはこれが銀河鉄道をイメージ際の基調となりました。鈍行夜行列車の趨勢が銀河鉄道受容史に一定の役割を果たしたという可能性はありませんかね。

_ 玉青 ― 2024年06月27日 06時17分52秒

貴重なコメント、ありがとうございます。
ひょっとしたら…ですが、geometさんの印象に影響したのは、次の一節かな?と想像しました。

■現行版(筑摩・新修全集版)より
「ぼくはもう、すっかり天の野原に来た。」ジョバンニは云ひました。
「それにこの汽車石炭をたいてゐないねえ。」ジョバンニが左手をつき出して窓から前の方を見ながら云ひました。
「アルコールか電気だらう。」カムパネルラが云ひました。
 ごとごとごとごと、その小さなきれいな汽車は、そらのすゝきの風にひるがへる中を、天の川の水や、三角点の青白い微光の中を、どこまでもどこまでもと、走って行くのでした。

…これによると、銀河鉄道はシュッポシュッポと煙を上げて走らない、まさにクリーンな静音仕様のはずで、そうなると夜行列車のイメージはぴったりですね。そういえば、1970年代は「去り行くもの」としてのSLブームもありましたが、「現役の人気者」としてのブルートレインブームもありましたから、その車窓の景色に銀河鉄道の情景を重ねた人が多かったかもしれませんね。その一方で、「999」の方は派手に煙を上げて宇宙を疾駆しており、松本零士さんの中ではやはり「ザ・蒸気機関車」のイメージが強かったのでしょう。

_ S.U ― 2024年06月27日 08時43分43秒

geomet様、玉青様、
コメントありがとうございます。夜行の鈍行列車の思い出も貴重なものになりましたね。今は、深夜に乗っても電車の通勤快速という感じになったので、独特の風情はなくなりました。私の記憶では、ブルートレイン(特急、急行)の時代にあって、本当の鈍行の夜行は、東京-大垣間に走っていたのが最後で、これは京阪神までは届いていなかったと思います。(鉄道に詳しい方がいらしたら訂正ください)。鈍行の夜行が山陰のほうを走っていたかは記憶にありませんが、京都で夜まで遊んでいると、鈍行で帰ると実質的に夜行状態になりました。また、修学旅行用の貸し切りが走っていたことは確実です。私自身が乗りました。
 列車の窓からの明かりで、沿線の川面が見えるイメージで、まさに銀河鉄道です。木製の車両だと、999の目の光る車掌さんが回って来そうな感じでした。

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック