草下英明と宮沢賢治(4)2024年06月29日 19時21分46秒



草下の第一著書『宮沢賢治と星』(昭和28年、1953)に収められた文章を、発表順に並べ替えると以下のようになります(初出情報は1975年に出た改訂新版による。なお、「10. 総天然色映画…」は、「当時の時点での個人的な感想で、研究というものではなく、今考えても気恥ずかしい文章」という理由で、改訂新版からは削除されています)。


1. 『銀河鉄道の夜』の星
  「農民芸術」第4集、昭和22年9月(昭和28年5月改稿)
2. 賢治と日本の星
  「農民芸術」第6集、昭和23年3月
3. 星をどのくらいえがいたか
  「四次元」第27号、昭和27年3月
4. 賢治の星の表現について
  「新詩人」第7巻4号、昭和27年4月
5. 賢治の天文知識について
  「四次元」第29号、昭和27年6月
6. 賢治の読んだ天文書
  「四次元」第30号、昭和27年7月
7. 三日星とプレシオスの鎖
  「四次元」第31号、昭和27年8月
8. 賢治とマラルメを結ぶもの
  「四次元」第36号、昭和28年2月
9. 県技師の雲に対するステートメント
  「四次元」第42号、昭和28年5月
10. 総天然色映画『銀河鉄道の夜』
  未発表/書き下ろし
11. 宮澤賢治の作品に現れた星
  未発表/書き下ろし

年次を見ると、昭和23年(1948)から27年(1952)まで、少しブランクがあります。
前回述べたように、草下は昭和23年(1948)8月に念願の「子供の科学」編集部入りを果たし、昭和24年(1949)3月13日には、草下の仲立ちで、稲垣足穂と野尻抱影が最初で最後の顔合わせをするという、驚くべき「事件」もありましたが(過去記事にLINK)、基本的に身辺多忙を極め、独自に研究を進める余裕がなかったのでしょう。

(「子供の科学」発行元である誠文堂新光社・旧社屋(1937年築)。ブログ「ぼくの近代建築コレクション」より許可を得て転載)

しかし、その間も草下の賢治への関心は衰えることなく、昭和26年(1951)には5月と8月の2回花巻を訪れています。

〔昭和26年〕五月三~五日 連休を利用して宮澤賢治の故郷、岩手県花巻市を訪れた。「農民芸術」に二回ほど原稿をのせて頂いただけの縁なのに、厚かましくも関徳久彌氏をお訪ねし、さらに賢治の実弟である宮澤清六氏に御紹介頂いたのだから、かなり図々しいものである。〔…〕これまた粘って賢治の生原稿まで見せてもらった。「銀河鉄道の夜」や「夏夜狂躁」という詩の中で、どうしても確かめておきたい疑問の箇所があったからだ。「プレシオスの鎖」という明らかに天体を指すらしい謎めいた言葉と、「三日星(カシオペーア)」を、原稿で確かめたかったからである。〔…〕 (『星日記』127-8頁)

八月五日 友人と再び花巻市を訪れている。そのあと、仙台に移動して有名な七夕祭りに出会わした。〔…〕ただ、おどろいたのは、街を歩いていて、ばったり野尻先生と小島修介氏に出会ったことだ。野尻先生は七夕祭りに招かれて、小島氏はアストロ・サービスという天文普及の仕事兼野尻先生のボディガードで来ておられたのであった。しかし、何十万という人出の中でばったり会うなんて、まったく奇遇というべきであろう。〔…〕 (同128頁)

こうして原資料に当たり、着々と材料を揃え、翌昭和27年(1952)から、草下は立て続けに賢治と星に関する論考を発表していきます。その発表の場となったのが、「宮沢賢治友の会(後に宮沢賢治研究会)」の機関誌「四次元」です。

(昭和24年(1949)10月に出た「四次元」創刊号と、賢治没後25周年の昭和32年(1957)に出た号外の表紙。昭和57年(1982)に国書刊行会から出た復刻版のカラーコピー)

「四次元」については、ネットではよく分からなかったのですが、なんでも賢治全集を出していた十字屋書店(神田神保町)が始めた雑誌だそうで、最初は同社に「宮沢賢治友の会」事務局を置き、書店店頭でも販売していたのですが、1年もたたずに経営難から十字屋が撤退。以後は編集人の佐藤寛氏が「友の会」もろとも機関誌発行を引き継ぎ、葛飾区金町の佐藤宅がその拠点となりました。その後、氏の健康問題により昭和43年(1968)2月の第201号を以て終刊。昭和44年(1969)4月創刊の「賢治研究」(宮沢賢治研究会)がその後継誌となった…ということのようです。

(「四次元」を主宰した佐藤寛氏(1893-1970)。1972年3月発行「四次元 号外・佐藤寛追悼号」より)

   ★

草下が再び賢治研究にのめりこんだ昭和27年から28年(1952~53)は、草下のライフヒストリーでは節目の年です。

昭和27年、草下は誠文堂新光社内で「子供の科学」編集部から「科学画報」別冊編集部に配置換えとなり、そのことと関係があるのかないのか(おそらくあるでしょう)9月で同社を退社。

一時、友人が経営する小出版社に腰掛けで入ったあと、昭和28年(1953)に平凡社に転職して、『世界文化地理体系』というシリーズものの編集を手掛けることになりました。そして同年9月に出たのが第一著書『宮沢賢治と星』です。

(『宮沢賢治と星』1953年版、奥付)

こうして青年期の草下の動きを見ていると、身辺の変化と賢治との関わりが妙にシンクロして感じられます。この辺のことは活字になった『星日記』では明確に書かれていないし、ひょっとしたら草下自身意識していなかったかもしれないんですが、草下は人生の決断をするとき、賢治に何かヒントを求めていたんじゃないかなあ…という気もします。

   ★

以上、草下と賢治のかかわりを、『星日記』をざっと眺めて抜き書きしてみましたが、これは本当のラフデッサンで、これを見取り図として、これからいよいよ「草下資料」を深掘りしていこうという腹積もりです。ただ、時間もかかることなので、この件はしばらく寝かせておきます。

(この項いったん終わり)


【おまけ】
 『宮沢賢治と星』の1953年の初版には含まれず、1975年の改訂新版――こちらは正確には『宮澤賢治と星』と表記します――が出る際、新たに収録された論考についても、参考のため初出年代順に配列しておきます。

12. 賢治文学と天体
  昭和32年8月『宮沢賢治研究』(筑摩書房)掲載(昭和49年12月改稿)
13. SF作家の先駆者としての稲垣足穂と宮澤賢治
  昭和32年9月「宇宙塵」に掲載
  (改稿して「四次元」第100号、昭和33年12月に転載)
14. 『晴天恣意』への疑問
  「賢治研究」第4号、昭和45年4月
15. Xの字の天の川
  「賢治研究」第16号、昭和49年6月

コメント

_ S.U ― 2024年06月30日 06時34分13秒

>「10. 総天然色映画…」は、「当時の時点での個人的な感想で、研究というものではなく、今考えても気恥ずかしい文章」

 私は、これは、その時代の「銀鉄」の映像感覚を良く受け止めていて、今となれば貴重な「研究」であると思います。映画のフィルム技術とプロデュースチームに始まり、音楽はプロコフィエフを使いたかったとか、デ・シーカはこの映画の監督はしないだろうが、彼の映画のイタリア人の少年俳優に出てほしいとかいちいち丁寧に考えてあるように思います。今の感覚なら、また違っていると思いますが、1950年代の名画と思い合わせると、幻想的といっても、アニメ合成、ファンタジー、スペクタクル志向というよりは、シュールレアリスム舞台仕掛け芸術なところを狙っていたように感じます。1950年当時の映画や俳優を特に気をつけて見たことはないので、その辺の研究をしてみるとよいかもしれません。

_ 玉青 ― 2024年06月30日 15時20分25秒

あそこに出てくる映画や舞台関係者の固有名詞は、私にはほとんど分からないのですが、そういう時代性を全面に帯びた文章だからこそ、草下氏としては「若気の至り」として、気恥ずかしく感じたのかもしれませんね。でも、だからこそ時代のタイムカプセルとして貴重という気もします。

当時の草下氏は自分が夢想したこの「脳内映画」をひどく気に入っており、足穂にもそれを手紙で説くし、足穂の方もそれに感化されて、にわかに「銀河鉄道の夜」のファンになった…という文学史上の事件としても、この幻の映画は重要だと思います。

○夜空の大三角…抱影、賢治、足穂(3)
https://mononoke.asablo.jp/blog/2013/02/24/6728939

○夜空の大三角…抱影、賢治、足穂(4)
https://mononoke.asablo.jp/blog/2013/02/25/6730415

_ S.U ― 2024年06月30日 15時50分51秒

私も当時の映画はよくわからないのですが、足穂自身、メリエスやカリガリ博士といったシュールな舞台仕掛け的映画が好きでしたから話が良く合ったのかと思います。なかなか今日の映像メディアの感覚からは理解しにくいところのように思います。永遠の名作「銀鉄」の受け止め方も世につれ人につれというところなのでしょう。

_ manami.sh ― 2024年07月02日 09時26分37秒

掲載誌で確認しました。
数行に過ぎないので、全文転記しておきます。

宮澤賢治と星 草下英明
(B6-146頁、200圓、53年9月 甲文社)
科学ジャーナリストの手になる賢治文学の研究といっても、その作品に
現れた天文関係の字句を考察した素朴なノートである。賢治の文章が
かつて戦前、戦中に、若い人々をいかに慰めたが、そんなことを偲ば
ねばならぬ悪い時勢になった。筆者は酒、煙草はのまぬがよい、のま
ねばその代価でこんな書物を3年に1冊ずつ自費出版できると告白して
いる。これは筋の通った言葉である。賢治をうんぬんして名を売った人
の心掛と比べてすがすがしい読物である。
               「ブックスタンド」『自然』1953年12月号 p.69

「ブックスタンド」は2ページに毎月10冊程度を紹介しており、特に本書
は自費出版であり市販されていたわけでもなく、一般の方には入手し
ずらく、取り上げるべき理由もないと思われます。
おそらく、草下英明氏が雑誌編集部に贈呈したのではないでしょうか。
紹介文にしても、こうしか書きようがないのではないかと思える内容で
すが、いかがでしょうか。
草下英明氏の一連の宮澤賢治についての論考が受け入れられていく
過程をたどって行く上では、重要かもしれません。

_ manami.sh ― 2024年07月02日 09時33分46秒

転記文に私のミスがありましたので、訂正します。

「賢治の文章がかつて戦前、戦中に、若い人々をいかに慰めたか、
そんなことを偲ばねばならぬ悪い時勢になった。」

(誤) 慰めたが → (正) 慰めたか

この文章の意味合いについては、当時の方でなければ、ちょっと
わかりづらいというか、どう解釈したらいいのか、わかりません。

_ 玉青 ― 2024年07月02日 19時32分42秒

ありがとうございます!
これは含蓄があるというか、屈折しているというか、なかなか考えさせられる論評ですね。一読気になるのは、

「そんなことを偲ばねばならぬ悪い時勢」 とは何か?
「賢治をうんぬんして名を売った人」 とは誰か?

という点です。この点は、「戦前、戦中に、若い人々を慰めた賢治像」を、この評者が肯定的に捉えているのか、否定的に捉えているのかで解釈も変わってくると思うのですが、私見では後者、すなわち良くは捉えていないんだと思います。

賢治の「雨ニモマケズ」は、かつて耐乏と共助を称揚する戦時スローガンとして利用された歴史がありますが、戦後は一転して賢治を左派思想家と読み替える人が出現、かと思うと1950年代に入り道徳教育の復活に伴い、賢治はここでも恰好の教材とされた…というわけで、賢治は常に世相に翻弄され、我田引水的・ご都合主義的な引用をされてきたようです。

そうした点を「ブックスタンド」の評者は嘆き、かつ賢治に都合よく群がった人々を皮肉りつつ、「そうした有象無象に比べて、草下の賢治研究のなんとすがすがしいことよ」…と言いたかったのではないかなあと、現時点ではそんなふうに考えています。

(参考文献)
久保田治助・木村 陽子(著)
「第二次世界大戦後の国語教科書における〈宮沢賢治〉像」
鹿児島大学教育学部教育実践研究紀要23巻, pp.151-159, 2014
https://ir.kagoshima-u.ac.jp/record/13125/files/p151-159_BELP23.pdf

_ S.U ― 2024年07月03日 06時23分46秒

この点の感情がどういうことなのか私も興味深いです。戦後に賢治をいろいろと利用しようとした人がいたのは事実で、その意図が目に余ったということでしょうか。

でも、この「ブックスタンド」の評をそのまま読むと史実としては誤解がある(あるいは誤解を招く)ようです。例えば、「雨ニモ負ケズ」の「米三合」の1合減は、戦中から行われ、国定教科書のみならず、十字屋書店版全集でもそうなっていたそうです。
http://e-stageone.org/wp-content/uploads/2018/02/a86476264ef3b9c1cad0bfa7849fbb58.pdf

それで、戦後も引き続き改変が当局の圧力で行われ、それに屈した石森延男氏が悪者にされたようですが、石森氏のは戦後のことですから、それは、戦中からほぼ同様の趣旨で連続して行われていたことです。

https://crayon-shinji.hateblo.jp/entry/56692318

むしろ、戦後の責任は戦中にあることなり、ご紹介の久保田氏、木村氏の論考にあるように、戦中の状況を戦後に引き継いだのだと思います。石森氏が批判されたとしたら、戦後の新体制に戦中を引きずったということで批判されたはずで、「ブックスタンド」の書き方とは視点が反対になるように思います。あっち向きにもこっち向きにも利用されたということでしょうから、よくわかりませんが、戦前戦中が肯定的に懐かしまれる理由はいずれにしてもなく、現時点では戦後当時にも誤解があったものとしておきたいです。

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック