旅のあとさき2024年07月11日 06時05分48秒

前回の文章を読み返すと、我ながらいくぶん屈折したものを感じます。

私の家は赤貧洗うが如き…とまでは言わないにしろ、あまり豊かな家ではなかったので、こうした「貧」のテーマと、自己憐憫の情は、自分の中に澱のように潜在していて、このブログがやたらとモノにこだわるのは、そうした欠落感を埋めるための試みに他ならない…といえば、まあ8割がた当たっているかもしれません。

「銀河鉄道の夜」を読んで、ジョバンニに肩入れしたくなるのも、そういう個人史が影響していると思います。

   ★

連想で話を続けると、ジョバンニのカムパネルラに対する思いも、なかなか複雑なものがあったんじゃないでしょうか。

そこにあったのは、おそらく単純な友情だけではないでしょう。
カムパネルラを独占したいという気持ちも当然あったし、彼に対する微妙な嫉視とねたみもまたあったろうという気がします。

ですから意地悪な見方をすると、カムパネルラが死んだとき、ジョバンニの心のどこかに、それを喜ぶ心がわずかに混じっていた、そして「僕ががカムパネルラの死を望んだから、カムパネルラは死んだんだ」という罪悪感にジョバンニは苦しめられた…なんてことは「銀河鉄道の夜」のどこにも書いてありませんけれど、きっと山岸凉子さんあたりが「銀河鉄道の夜」を作品化したら、その辺が大きなテーマになるのかもしれません。

「銀河鉄道の夜」を勝手に深読みするといえば、昔、「銀河鉄道の夜」のアフターストーリーを考えたことがあります。


■その後のジョバンニ

2010年の記事ですから、ずいぶん昔に書いた文章ですけれど、読み返してみて、なかなかいいことが書いてあるなあと自画自賛しました。

「銀河鉄道の夜」は、物語としてはああいう形で決着していますが、物語内の世界線はさらに「可能な未来」に向かって伸びているわけで、登場人物たちのその後の人生には、必然的に「カムパネルラ溺死事件」が、暗く重い影を落とし続けたはず…と想像したものです。

   ★

考えてみると、風の又三郎にしろ、グスコーブドリにしろ、旅立った者と残された者、それぞれに「その後」があり、それを想像すると物語にまた違った味わいが生まれてきますね。(物語の読み方としては、いくぶん邪道かもしれませんが。)

コメント

_ S.U ― 2024年07月11日 07時50分42秒

たまたま昨日、近所の店で、映画版のDVD「銀河鉄道の父」(門井慶喜原作、成島出監督)が目立つよう並んでいたのに目がとまったので、借りて観ました。これを見ると賢治は、本が売れなかった、身体が弱いのに修行や農業や創作をして身体を壊した、というのはありますが、親の支援がいつでもあったので、貧乏の苦労はまったくしていないようです。おそらくは、童話は、宗教心が熱い時に書いた作品で、とにかく他人の幸せのためにがんばろうという素直な趣旨だったように思います。また、この映画では、他人の幸せのためにがんばろうと思ったのも、素直に、自分が家族や(映画には出てきませんが)友人に恵まれて感謝したためではないかと感じます。ネタバレはいけませんので、誰でも考えるであろう感想だけにとどめておきます。

 賢治は、経済的、学問的に恵まれた環境でこの考えに至ったわけで、自分一人が生きていくのさえ難しいジョバンニは賢治と立場が違い、むしろ賢治が高みにいる先生で、ジョバンニが教え子なのかもしれません。ジョバンニは、まだまだ先生に反発するかもしれませんね。賢治先生は、ジョバンニよりは、もう少し確固とした「ほんたうの幸い」の考えを持っていたようです。どうも、ジョバンニが賢治という感じはしません。では、カムパネルラは何なのか、ジョバンニが賢治なら、カムパネルラは保阪嘉内とかトシ説が合うでしょうが、前提を外すとその必然性はなくなりそうです(もちろん、登場人物のモデルとして見ることは依然可能ですが)。その場合は、カムパネルラは、人間でなくてもよいのかもしれません。例えば、宇宙の生き物とか、動物とか、神様の使いとか、生物でなくて自然物でもいいのかもしれません。
 賢治は宗教と科学から何か確固とした信念で、これを書いた気がしますが、答えは小説には与えられておらず、読む人がそれぞれ勝手な解釈で描くわけで、だからこそ優れた文学ということなのでしょう。

_ 玉青 ― 2024年07月12日 19時00分32秒

>読む人がそれぞれ勝手な解釈で描くわけで、だからこそ優れた文学

私の勝手解釈は脇に置いて、これが文学の要諦なのでしょうね。

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック