マテマティ家の紋章…カテゴリー縦覧:数学・図形編2015年05月23日 16時25分10秒

さて、カテゴリー縦覧はさらに進んで数学へ。


しかし、数学の話題になると、こんなふうにすぐ早蕨の萌えいづる春となって、私の理解を超えてしまいます。ですから数学の話題といっても、このブログでは、せいぜいが四則演算止まりです。


キーボードの隅にちょこんと置かれたのは、


極小のピンバッジ。その大きさは小指の爪ほどしかありません。
しかし、四則の演算記号を紋章風にあしらったデザインは秀逸で、最初見たとき、安野光雅画伯の数学絵本の表紙絵のようだと思いました。

このピンバッジ、より正確に言うと「ラペルピン」という奴で、いわゆる襟章です。

上部に書かれた「COMPTOMETER」とは、アメリカで1880年代に生まれた機械式計算機の名称で、熟練したオペレーターの手にかかると、日本のソロバン同様、素晴らしい速さで加減乗除をこなしたものだそうです。コンプトメーターは、その高い実用性から、戦後も長いこと現役であり続け、1970年代まで製造が続けられたとか。

この襟章は、その熟練オペレーターを賞するためにメーカーが授与したもので、1920年代頃のものと聞きました。


本来はゴールドのチェーンがあしらわれていたようですが、今は失われています。

   ★

ところで数学記号の由来は、諸説入り乱れていて、中にはずいぶんと怪し気な説も耳にします。まあ由来はともかく、その初出年代については、以下のページが信頼できそうです。

Table of mathematical symbols by introduction date(Wikipedia)
 http://en.wikipedia.org/wiki/Table_of_mathematical_symbols_by_introduction_date

これによると、四則に関していちばん早く登場したのは、「+」の1360年頃。
以下、「-」1489年、「×」1618年、「÷」1659年となっているので、仮に上の紋章が実在するとしても、17世紀後半以降のものということになります。

コメント

_ S.U ― 2015年05月23日 18時55分01秒

COMPTOMETERというのは機械式のレジスターみたいなものですね。
 こんな桁スライド機構のないもので掛け算・割り算ができたのかと疑問に思って、

http://www.vintagecalculators.com/html/operating_a_comptometer.html

を見ると、87x56は、87を6回押して、870を5回押すようです。そんなので掛け算ができることになるのでしょうか。

 でも、この四則演算記号のバッジのデザインはスグレモノです。

_ 蛍以下 ― 2015年05月24日 03時21分00秒

数学・・・!
高校一年の三学期。基礎解析に入る頃に数学を放棄しました。(^^;
勉強全般において中途半端に終わった高校時代でした。
進学した大学の近所で、研数学館の建物を見たときには、「チャート式」などの参考書を思い出して「もっと勉強しときゃよかったな」と思ったりしたものです。
そんなことを想い出していると、「旺文社の大学受験ラジオ講座」とかいうラジオ番組があったなぁ、などと昔の記憶が蘇ってきました。

_ 玉青 ― 2015年05月24日 20時21分39秒

○S.Uさま

>87x56は、87を6回押して、870を5回押す

あはは。掛け算をしているとも言い難いですが、していないとも言い難い、何だか微妙なところですが、まあCPUの中で機械がやっていることも、大同小異の力技でしょうから、まあ良しとしましょう。

ときに、コンプトメーターは、多桁の数字を同時に入力できるのが速算のポイントだったそうで、その計算原理はエレガントと言えないにせよ、そのオペレーターの指さばきは、タイピストとよりもピアニストに近い優雅なものだったかもしれませんね。

○蛍以下さま

私も数学には泣かされました。
人並みに努力はしたんですが、どうしてもダメで、「数学の能力的差異は、生物学的基盤があるに違いない。おそらくは遺伝的要因が大きいのであろう」と確信するに至りました。でも、その後息子が理系に進むに及んで、その確信も揺らぎ、やっぱり努力の仕方が間違っていたのかな…とも思います。いずれにしろ、手遅れでしょうが、「いや手遅れではない、今から頑張れ」と言われるとシンドイので、手遅れで良かったなあ…と思うことにしています。

_ S.U ― 2015年05月25日 20時09分56秒

>大同小異の力技
 そうですね。「手回し計算機(タイガー計算機)」も「大同小異」で、56を掛ける時は、 

ハンドル5回回す→手動で表示部の桁送り→ハンドル6回回す

でした。ただ、回す回数に従い、56 と 表示されるところが重要な特長で、これで素人でも掛け算が間違いなくできたので、手回し計算機は1970年代に電卓が普及するまで使われました。

 一方のコンプトメーターは、熟練者がやると電卓よりも足し算が速かったので、1990年まで生き残ったのだと思います。算盤も、足し算は、熟練者は、電卓に負けなかったと思います。

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック