星座絵のトランプ2017年09月30日 12時25分00秒

昨日は気象趣味のカードゲームを眺めましたが、今日は「天文トランプ」です。

ウィーンに、ピアトニク(Piatnik)というトランプ・玩具メーカーがあります。
1824年創業の老舗で、今は海外にも支社を展開して手広くやっていますが、ここはオリジナル製品の他に、天文モチーフを含む過去のトランプの復刻も盛んに行なっています。


上の品は純粋な復刻品ではありませんが、「ZODIAC」と題して、古今東西の星座絵を集めた愉しいトランプ(2003年刊)。


カードの裏面デザインは、有名な『ベリー公のいとも豪華なる時禱書』(15世紀)に描かれた、「獣帯人間(Zodiacal Man)」を採り入れた美しい仕上がり。これは、人体各部を司る十二星座を示し、ひいてはマクロコスモス(大宇宙)とミクロコスモス(すなわち人間)が照応関係にあるという、古くからの観念を表現しています。


カードの一部。ご覧のように、カードの絵柄は全て異なり、図の余白にはそれぞれ「ふたご座 17世紀 ヴェネチア」とか、「いて座 14世紀 フランス」とかキャプションが入っています。


上の写真はさそり座(上段)とかに座(下段)を取り出して並べたところ。マーク(スート)や数字と、絵柄との間に規則性はなくて、完全にランダムです(そもそも各星座の枚数もばらばらです)。


ときどき話題になる、「変なさそり座」の例。
サソリというのは、世界中どこにでもいる存在ではありませんから、実物を知らない人が伝聞で描くと、どうしても妙なことになります。星座絵のエキゾチシズムや幻想性は、そういう即物的な理由で生まれた部分も少なからずあるのでしょう。


かに座を見ると、14世紀(左)と16世紀(右)のいずれもトルコで制作された絵に、月が画き込まれています。何かイスラム世界では、蟹と月に深い結びつきがあるのかな…と思いましたが、これはイスラムに限らず、占星術の世界では、かに座と月の結びつきを古くから説くのだそうです。すなわち、黄道十二宮にはそれぞれ「支配星(Ruling Planet)」というのがあって、白羊宮(牡羊座)は火星、金牛宮(牡牛座)は金星、双児宮(双子座)は水星…ときて、巨蟹宮(蟹座)は月が支配星なのだとか。

   ★

古い星座絵を眺めて、強いて落ち着こうとしたのですが、なかなか落ち着いた気分にはなれません。

マクロコスモスとミクロコスモスの照応、そして天地照応の説に従えば、ここ数日の天空には、必ずや何か異変が生じているはずですが、何かそんな象は出ているでしょうか?それとも、こんなコップの中の嵐ぐらいで、天に影響が出ることはないのでしょうか?

機械仕掛けの星占い2017年09月10日 08時43分14秒

星にちなんだ品といえば、これも一寸得体が知れない品です。


黄道十二星座や惑星記号など、占星術にちなんだシンボルが、びっしり描きこまれた紙箱(9.5cm角)。そのサークル上を、黒い金属指針がくるくる回るようになっています。


「MADE IN GERMANY」と英語で書かれているので、ドイツ生まれの英米向け輸出品のようですが、四隅に目を凝らすと、英・米・仏・独でパテント取得済みであることを誇っています。時代的には、1900年前後のものでしょうか。

詮ずる所、座興として星占いをする遊具なのでしょうけれど、その遊び方が全く分からないし、何よりも得体が知れないのは…


裏面にゼンマイを巻くための穴と心棒が見えることです。


蓋を留める金具を外して、そっと箱を開けてみると、果たして中にはゼンマイ仕掛が仕込まれていました。


錆が浮き、埃にまみれた、この歯車がクルクル回る時、運命の指針も回転を始め、厳かに目の前の相手の将来を告げる…。

あまりにも素朴な「デウス・エクス・マキナ(機械仕掛けの神)」ですが、これで十分に物理的なランダム生成装置たりえているならば、その託宣力は、熟達した術者にも、おさおさ劣りますまい(ゼンマイに頼らなくても、サイコロを投げても同じことです)。

完璧な偶然にこそ神意が示される…という観念は、時代と国を超えて強固なものがあるでしょうが、この紙箱もその延長線上にある品だと思います。

星座神話のかけら2017年08月28日 07時06分19秒

一昨日の記事を書いた際、下の幻灯スライドのことを連想しました。


これは「ギリシャ時代のコインに見られる星座の姿」を写したもので、製作者は幻灯メーカーのニュートン社(ロンドン)。


キャプションを見ると、元はイギリスの科学雑誌『ナレッジ Knowledge』(1881~1918)に掲載された図です(同誌は1885年に週刊から月刊になり、巻号表示が変更されたため、以後「New series」と称する由)。

   ★

これが一昨日のモザイク画とどう結びつくかと云えば、ギリシャ・ローマの天文知識を、生の形で(つまり後世のフィルターを通さずに)知る方法はないか?…という問題意識において、共通するものがあるからです。

我々は空を見上げて、ギリシャ由来の星座神話を気軽に語りますが、星座絵でおなじみの彼らの姿は、本当にギリシャ人たちが思い描いた姿と同じものなのか?

まあ、この点は有名な「ファルネーゼのアトラス像」なんかを見れば、少なくともローマ時代には、今の星座絵と同様のイメージが出来上がっていたことは確かで、それをギリシャまで遡らせても、そう大きな間違いではないのでしょう。

   ★

とはいえ、何かもっと生々しい、リアルな資料はないか…?
そこで、コインの出番となるのです。


その表面に浮き出ているのは、星座絵そのものではないにしろ、確かに昔のギリシャの人が思い描いたペガサスであり、ヘラクレスであり、牡牛や牡羊などの姿です。

しかも、その気になれば、それらは現代の貨幣と交換することだってできるのです。
古代ギリシャの遺物を手にするのは、なかなか容易なことではないでしょうが、コインは例外です。絶対量が多いですから、マーケットには今も当時の古銭がたくさん流通しています。

   ★

天文を中心に、『理科趣味』の雅致を、モノにこだわって嘆賞するサイト」の管理人であるところの私が、大昔の星座神話の欠片に惹かれるのは自然です。実際、購入する寸前までいきました。

でも、ここで「待てよ…」という内なる声が聞こえたのは、我ながら感心。
考えてみると、コインというのは、「なんでも鑑定団」でも、それ専門の鑑定士が登場するぐらい特殊な世界ですから、やみくもに突進するのは危険です。

たとえば下のサイトを見ると、粗悪なものから精巧なものまで、贋物コインの実例が山のように紹介されています。

■Calgary Coin: Types of Fake Ancient Coins

これを見ると、世の中に本物の古銭はないような気すらしてきます。実際には、やっぱり本物だって多いのでしょうが、いずれにしても、ここは少し慎重にいくことにします。(上のページの筆者、Robert Kokotailo氏も、「市場に流通しているコインの多くは本物だ。初心者にとって大事なのは、何よりも信頼のおける確かな業者を選ぶことだ」と述べています。至極常識的なアドバイスですが、これこそ古今変らぬゴールデンルールなのでしょう)。

星図をあるく2017年01月28日 08時54分47秒

時と所を替えて現代日本。
心優しい本といえば、先日、月兎社の加藤郁美さんが、こんな優しい本に言及されていました。

(左右は付属のカードと星巡りの「地図」)

花松あゆみ(作)
 星図をあるく Ambulo stella chart
 2013年、24p.

作者の花松さんは、ゴム板に版を彫る「ゴム版画」の作品を主に制作されている方で、本書も星座をモチーフにしたゴム版作品集です。


本書の中で綴られるのは、二人の男の子が、星座から星座へと歩み続ける物語。
そう聞くと、『銀河鉄道の夜』を連想される方もいると思いますが、たしかにそこには共通するものが感じられます。それはプロットだけでなく、情調においてもそうです。


その共通するものとは、「さみしさ」。
優しと淋しさは両立するものでしょう。…というより、両者は本来二つで一つのものではないでしょうか。(「かなしい」という言葉に漢字を当てると、「愛」とも「悲」とも「哀」ともなることを連想します。)


広漠とした星の世界もさみしいし、自らの生を生きることもまたさみしい。
でも、その底にある優しさこそ、賢治は(あるいは花松さんも)伝えたかったのではないかなあ…と、これは私の勝手な想像ですが、そんなことを思いました。


星の旅の最後まで来ると、主人公の男の子たちは、双子座の二人であり、彼らに影のように付き従ってきたのは、こいぬ座だったことが分かります。

(星巡りの「地図」)

(ページの表裏が透かし絵になっていて、光にかざすと、銀河を宿した鉱石の中に、子犬の姿が浮かび上がります。冒頭、この子犬が目を覚ます所から物語は始まるので、本当の主人公は彼なのかもしれません。)

   ★

花松あゆみさんの公式サイトは以下。

AYUMI HANAMATSU WEB SITE
 http://ayumihanamatsu.petit.cc/

そして、花松さんの作品販売を手掛けるお店は以下。

えほんやるすばんばんするかいしゃ
 http://rusuban.ocnk.net/

   ★

余談ながら、2月の声を聞けば、完全に年度末モードに突入し、職場によっては戦場のようになるところもあるでしょう。まあ、戦場は大げさですが、私の身辺もそんな気配があります。自ずと記事が間遠になり、コメントへのお返事も遅くなりますが、どうぞご賢察ください。

天文トランプ初期の佳品: ハルスデルファーの星座トランプ(3)2016年11月03日 06時08分03秒

昨日の記事を読み返したら、「ハルスデルファー」という人名を、自分は途中から「ハデルスファー」と書いているのに気づき、修正しました。こういうことが最近多くて、話し言葉だけでなく、書き言葉でも「ロレツが回らない」状態というのはあるのだなあ…と、身の衰えを感じます。最近は「てにをは」も一寸おかしいです。

   ★

さて、ぼやきはこれぐらいにして、昨日のつづき。

(左:へびつかい座、右:オリオン座)

これもバイエルの図そのままです。

余談ですが、これを見てバイエル星図の不思議さを悟りました。
バイエル星図は地球視点――いわゆる geocentric orientation ――で、星の配列は地上から空を見上げたとおりの形に描かれています(つまり、天球儀上の星座のように、左右が反転していません)。

それなのに、星座絵の方は、天球儀と同じく背中向きに描かれています。結果として、天界の住人は左利きが優勢になって、オリオンもヘルクレスも左手に棍棒を持ち、ペルセウスは左手で剣を構えるという、ちょっと不自然な絵柄になっています。

天球儀を見慣れた目には、背中向きの方が星座絵らしい…と感じたせいかもしれませんが、常にお尻を向けられている地上の人間にとっては、微妙な絵柄。(でも、ふたご座、おとめ座、カシオペヤ、アンドロメダは、ちゃんと正面向きです。一方、むくつけき男性陣は後ろ向き。そこには或る意図が働いているようです。)

(左:ぎょしゃ座、右:くじら座)

昨日も述べたとおり、この美しい彩色は、オリジナルのトランプにはなく、復刻版の著者であるマクリーン氏が、自ら施したものです。ただし、版画に手彩色することは、昔から広く行われたので、オリジナル出版当時も、彩色した例はきっとあるでしょう。


本の最後に登場するのは「ドングリの10」。
羽の生えた奇怪な魚が描かれていますが、これは「とびうお座(Volans)」です。
その脇を泳ぐ、これまた変な魚は「かじき座(Dorado)」。

トビウオの方は、変は変なりに言いたいことは分かります。
むしろ「かじき座」の方が、昔から今に至るまで正体のはっきりしない星座で、文字通りカジキを指すとも、本当は全然別のシイラを指すとも言われます(mahi-mahiはハワイの現地語でシイラのこと)。南海に住む巨魚は、ほとんど区別のつけようがなかった時代ですから、それも止むを得ません。むしろ、この星座絵に漂う奇怪さこそ、南の空と海に対する、当時のヨーロッパ人の<異界感>そのものなのでしょう。

   ★

一組の星座トランプも、仔細に見れば、そこにはいろいろな発見があり、大げさに言えば「時代相」を読み取れる気がします。

天文トランプ初期の佳品: ハルスデルファーの星座トランプ(2)2016年11月02日 07時03分53秒

昨日の文章はちょっと舌足らずだったので補足しておきます。
マクリーン氏の『The Astronomical Card Game』という本は、書名からすると、何となく天文トランプ総説のような感じですが、実際には1656年に出たハルスデルファーの星座トランプを、その絵柄とともにひたすら紹介している本です。


上は冒頭に登場する、おひつじ座を描いた、「木の葉のキング」。

ドイツでも、今や英米式のトランプが一般的だと思いますが、本来は「ダイヤ・ハート・クラブ・スペード」の代りに、「鈴・ハート・木の葉・ドングリ」のスートを用いるのがドイツ式。数字の方は、英米式と同じく各スート13枚から成り、このハルスデルファーのトランプも、都合52枚のカードから構成されています。

   ★

ハルスデルファーのトランプの絵柄は、ドイツのヨハン・バイエル『ウラノメトリア』(1603年)の図を踏襲し、それを簡略化したものです。
サンプルとして、「はくちょう座」の図で比較してみます(参考としてモクソンの図も挙げておきます)。

(バイエルの『ウラノメトリア』)

(ハルスデルファーの星座トランプ)

(モクソンの星座トランプ)

並べてみると、モクソンのトランプは、20年前のハルスデルファーのそれよりも、むしろ古拙な感じを受けます。

  ★

17世紀は、銅版による挿絵印刷技術の進歩を受けて、それまで「星表」という、単なる数字の羅列として記録されてきた恒星の位置データが、正確な星図として表現されるようになった時代です。

中でも、バイエルの『ウラノメトリア』は、後続のヘヴェリウス『ソビエスキの蒼穹―ウラノグラフィア』(1687)や、フラムスティード『天球図譜』(1729)、そしてボーデの『ウラノグラフィア』(1801)と並ぶ、<四大星図>の一角を占め、その嚆矢となった金字塔(※)。

(※)四大星図については、以下を参照。
  ■四天王の共通点 http://mononoke.asablo.jp/blog/2014/11/09/

こうした精緻な星図隆盛の余波が、17世紀中葉以降トランプ界にも及び、星座トランプという新趣向を生み出した…ということなのでしょう。

ついでなので、他にもいくつか内容をサンプルとして挙げておきます。

(この項つづく)

天文トランプ初期の佳品: ハルスデルファーの星座トランプ(1)2016年11月01日 07時15分07秒

一昨日の記事で引用した Darin Hayton 氏によれば、17世紀後半、モクソン以外に天文学・地理学に関するトランプを作った人として、地理学者のJohn Adler と数学者のThomas Tuttelの名が挙がっていました。

イギリスで、モクソンが星座トランプを出したのは1676年前後のことですが、その20年前、ドイツでも星座をデザインしたトランプが出ていたことは、わりとマイナーな事柄と思いますので、書いておきます。

   ★

原著者は、ニュルンベルグの法律家・文筆家である、ゲオルグ・フィリップ・ハルスデルファー(Georg Philipp Harsdörfer、1607-1658。そのトランプの表題は、当時の常で以下のように長いものです。

 『Das Astronomische Kartenspiel: Das ist Kunstrichtige Abbidung aller Gestirne am Himmel / oder und unter der Erden: Zu Behuf der lehrgierigen Jugend / Gleich dem Geographischen und Historischen Spielkarten verfasset.』 (天文カードゲーム。即ち天上ならびに地平線下のすべての星に関する芸術的かつ正確な描写。地理学・歴史学のトランプと同様、これを好学の若者に捧ぐ。)

最後の一句は、トランプの教具化に関しては、地理学や歴史学が先行しており、天文学関係のものは、当時新機軸だったことをうかがわせます。

  ★

ハルスデルファーの星座トランプのことは、以下の本で知りました。


Adam McLean(編・彩色)、Paul Ferguson(訳)
 The Astronomical Card Game
 私家版、2011

これは、イギリスのアダム・マクリーンという人が私家版で出した、ちょっと変わった本です。マクリーン氏は、天文学の専門家でも、トランプの専門家でもなくて、錬金術やヘルメス学の研究者であり、これまであまり知られていない古い文献を「アートブックシリーズ」と銘打って、小部数(各50部)出す試みを続けており、上の本はその6冊目に当たります。

出版にあたって、氏は自らの美意識で彩色も手掛け、上に「編・彩色」と記したのは、そういうわけです。(なお、ファーガソン氏による「訳」というのは、オリジナルのトランプ1枚1枚に書かれたドイツ語の説明文を、英訳したものを指し、本書各ページ下部に書かれたテキストがそれに当たります。)

さて、前置きはこれぐらいにして、その中身を見にいきます。

(この項つづく)

ヒヨコ星2016年10月09日 10時57分34秒

ところで、昨日のリービッヒカードを見て、気になったことがあります。

(画像再掲)

上の真ん中のカードに注目してください。


長いパイプを手に、星界の秘密を語る老天文学者と、思わず身を乗り出す髭の紳士。「あらあら、ふたりとも熱心だこと。さあ、冷たいパンチを召し上がれ」という、奥方の華やかな声が聞こえてきそうなシーンですが、問題はその下の雌鶏とヒヨコの絵です。

このカードはプレアデスを描いたもので、脇の説明文には、
「プレアデスは、『Poussinière』と呼ばれる」とあります。
Poussinière(プシニエール)とは、「卵を抱く雌鶏」や、「ヒヨコを育てる保育箱」の意味だそうで、日本語だと一語で表現しにくいですが、強いて言えば「雛守り(ひなもり)」といったところでしょう。

西洋では(他の多くの地域でも)、プレアデスを七姉妹に喩えるのが普通ですが、フランスではヒヨコに見立てる…というのは初耳でした。

   ★

さっそくフランス語版のwikipediaで、プレアデスの項を見たら、果たしていちばん下の方に、「フランスの田舎では、晩夏の晴れた空に見える〔星の〕一団を「雛守り」と呼んだ。 Dans les campagnes françaises, l'amas bien visible dans le ciel pur des nuits de fin d'été était appelé "la poussinière"」という記述がありました。

ただし、その出典として挙がっているのは、19世紀フランスの作家、アルフォンス・ドーデーの『風車小屋だより』で、ドーデーはたぶん何か根拠があって書いたのだと思いますが、彼の創作が混じり込んでない保証はありません。また、こうした呼び名が、彼の住んだ南仏プロヴァンスを超えて、どこまで広がりを持つのかも不明です。
(『風車小屋だより』はプロヴァンスを舞台にした短編小説集で、その中の「星」という作品に、若い羊飼いのセリフとして、「雛守り」の件が出てきます。岩波文庫では「雛籠」と訳しています。)

   ★

これだけだと、「へえ、なるほどね」で終わってしまいますが、妙に気になったのは、この件を調べる過程で、出雲晶子さんの『星の文化史事典』 (http://mononoke.asablo.jp/blog/2013/04/06/6770289)を開いたら、「七羽のひよこ星」という項目があったことです。

「お、これこれ」と思って読んだら、たしかにそれはプレアデスを7羽のヒヨコに喩えた伝承に関するものでしたが、それは案に相違して、フランスではなくタイの仏教説話でした。以下、短文ですので、全体を引用させていただきます。

「仏教への信仰が厚い老夫婦は一羽のにわとりと七羽のひよこを飼っていた。そこに一人の旅人が来たが出す食料がなく仕方なくそのにわとりを食べようということになった。そのことを知ったにわとりは子供たちに仲良く暮らすよう言い残したが、七羽のひよこたちも母親が煮られている鍋に飛び込んだ。旅人は実はお釈迦さまで、老夫婦に感謝し、七羽のひよこは空にあげて昴とした。」 
(出雲晶子・編著、『星の文化史事典』、p.291)

母鶏のその後が気になりますが、たぶん原型は「一羽の鶏と六羽のヒヨコ」で、全員仲良く空に上って星になった…のではないでしょうか。

   ★

フランスの羊飼いとタイの仏教徒に接点はないでしょう(ないはずです)。
それでもこういう一致が生じるのは、不思議なことです。
それを偶然と見るか、必然と見るか。必然とすれば、それはいかなる必然なのか。

答は有って無いようなものですが、すばるにヒヨコの愛らしさや、母子の情愛を読み取った異国の人の心根に、しみじみ胸を打たれます。その胸を打たれるところが、フランスの羊飼いと、タイの仏教徒と、日本の勤め人に共有されていることが、こうした伝承が世界のあちこちで生まれたベースにあるのは確かだと思います。

目覚め男2016年10月08日 15時44分08秒

さて、そろそろ目覚めなければなりません。
でも目覚めてみれば、世はさらに乱脈を極め、何だかすぐにまた眠りにつきたくなるありさまです。

ここでふと、「このごろ都に流行るもの 夜討 強盗 にせ綸旨…」で始まる、二条河原の落書を想起するのですが、一つの秩序が倒れんとするとき、そこに佞臣・奸賊・梟雄・無頼漢が湧いて出るのは、常に変わらぬ人の世の習いかもしれません。

現今の世相も、まさにエセ、ウソ、虚飾が大手を振ってまかり通る、浅薄にして醜怪な世となっていますが、それを嘆くばかりでなく、今こそ人間社会の「深い真」を学ぶ絶好の機会なのですから、心ある人は肉眼と心眼を見開いて、世の転変を見つめようではありませんか。

このあと、混乱を経て新たな秩序が生まれるのか、混乱がさらに大乱となるのか、いずれにしても、我々は大きな歴史の実験場に立ち会っていることは間違いありません。

   ★

…と、ちょっと大きく出ましたが、この「天文古玩」自体は、「歴史の実験場」とは縁遠い、ごくささやかな愉しみを開陳する場に過ぎません。世間の荒っぽい動きと対照するとき、こういう小市民的な試みが、ちょっと馬鹿っぽく見えるかもしれませんが、しかし、こういう愉しみが否定されねばならないとすれば、それは世の中の方がおかしいのです。

   ★


1903年に出たリービッヒ・カードの「星座シリーズ」、全6枚のうちの3枚。
(リービッヒ・カードというのは、リービッヒ社のスープの素に付いてきた、昔のオマケカードです)。


星空の美しさは、はるかな昔と少しも変わることがありません。


そして、それを見上げる平穏な地上の暮らしもまた無類に貴いものです。
そしてさらに、こういうチマチマしたカードを集める小市民的な愉しみだって、その貴さの1ピースなのですから、大いに大切にされなければ嘘だ…と思うのです。

星の子どもたち2016年03月21日 17時51分55秒

穏やかな春分の日。
桜の開花宣言も出て、季節は春たけなわに向かいつつあります。

   ★

さて、天文古玩におけるマイナー・アイテムというと、たとえば星座の切手。
しかも、こんな切手は間違いなくマイナーだと思います。


ウクライナの12星座切手(2008年発行)。

別に切手としてはマイナーではなくて、かわいい絵柄で一部では人気だと思うのですが、天文古玩趣味からすると、ぜんぜん「must have」ではないでしょう。
単に星座がモチーフという以上の接点はないし、そもそも理科趣味とはまるで関係がありません。…いや、多少はあるんでしょうか?いずれにしても、それも分からないぐらい、天文古玩趣味の中核からは遠いです。

しかし、古代から受け継がれた12星座が、その表現を変えながら、こうして今も重視されているという事実は、我々が文化の連続性の中に生きている証(あかし)であり、一見他愛ない星座占いにしても、一つの文化事象として見た場合、その見た目ほど他愛ないわけではありません。

   ★

…と、無理やり理屈をこねるのはやめて、どうですか、この切手。
かわいくないですか?



かに座やうお座の着ぐるみもかわいいし、



やぎ座やふたご座のポーズもかわいいです。
そして極めつけにかわいいのは、


てんびん座と…


みずがめ座。
これは古代人もびっくりの図像表現。かわいすぎる。

   ★

ここにあふれている「かわいさ」には、古代オリエント・ギリシャの神話以上に、現代日本のサンリオ的な「かわいい文化」が影響している可能性もあるんでしょうか。ちょっとそんな気がします。それとも、ウクライナは―いろいろゴタゴタしていますが―やっぱり子供にやさしい国なんでしょうか。

(背景は金属光沢のあるインクで刷られていて、印刷もきれいです。)