飛べ、スペース・パトロール2017年10月13日 06時52分33秒

くるくる回るのは星座早見のみにあらず。


1950年代のルーレット式スピン玩具。アメリカから里帰りした日本製です。


紙製の筒箱の脇から突き出た黒いボタンをプッシュすると、


スペースパトロールの乗った宇宙船が、クルクルクル…と高速回転し、やがてピタッと目的の星を指し示します。

   ★

初の人工衛星、ソ連のスプートニク1号が飛んだのが1957年。
それに対抗して、アメリカがエクスプローラー1号を打ち上げたのが1958年。

ここに米ソの熾烈な宇宙開発競争が始まり、わずか12年後(1969年)には、有人月面探査という格段の難仕事を成し遂げるまでになりました。

こうした現実の技術開発を背景として、更にその先に予見された「宇宙旅行」「宇宙探検」に胸を躍らせ、SFチックな「宇宙ヒーロー」に喝采を送ったのが、1950~60年代、いわゆるスペース・エイジの子どもたちでした。

   ★

上の玩具を作ったのは、もちろん子どもではなく大人ですが、そこはかとなく当時の子どもたちの気分を代弁しているかなあ…と思えるのが、「惑星の偉さの序列」です。

まずいちばん偉いのは何と言っても火星で、火星は100点満点。
今でも火星は人々の興味を引く天体でしょうが、この火星の突出した偉さというか、崇めたてまつる感じが、まさに時代の気分だと思います。

火星に次いで偉いのは、太陽系最大の惑星・木星80点、そして土星50点。
金星はややロマンに欠けるのか40点どまり。
さらに、ごく身近なは30点で、地球はなんと0点です。

スペース・エイジの子どもたちの憧れが、どこに向いていたかを窺うに足る数字です。と同時に、当時の「宇宙」イメージが、いかにコンパクトだったかも分かります。

空の旅(17)…『スミスの図解天文学』異聞2017年05月05日 10時10分50秒

(今日は2連投です。以下、前の記事のつづき)

『スミスの図解天文学』についての新知識、それはこの本で最も有名で、最も人気のある最初の図版↓には、元絵があるということです。


このことは、会場でメルキュール骨董店さんに教えていただいたのですが、その元絵とは、Duncan Bradford という人が著した、『宇宙の驚異(The Wonders of the Heavens)』(1837年、ボストン)という本に収められたもの。

(ダンカン・ブラッドフォード著、『宇宙の驚異』 タイトルページ)

スミスの本の正確な初版年は不明ですが(※)、ダンカンの本は、スミスの本におよそ10年先行しているので、こちらが元絵であることは揺るぎません。

その絵がこちらです。


(上図部分拡大)

印刷のかすれが激しいですが、確かにほとんど同じ絵です。
しかし、その舞台背景はエジプトの神殿風ですし、先生役は黒い女神、そして生徒たちは黒いキューピットと、何だかすごい絵です。思わずため息が出る、奔放な想像力。

ブラッドフォードの本を手にしたのは、ずいぶん前のことですが、この挿絵の存在は、メルキュールさんの慧眼によって指摘されるまで気づかずにいました。メルキュールさんには、この場を借りて改めてお礼を申し上げます。

   ★

ところで、ブラッドフォードとスミスの絵には、舞台設定の違い以外にも、天文学史上の時代差が出ています。それは、前者には1846年に発見された海王星が描かれていないことです。

(ブラッドフォードの挿絵・部分。最外周を回るのは1781年に発見された天王星)

片やスミスの方には、当時最大の発見・海王星が、発見者の名をとって「ルヴェリエ」として記載されています(天王星の方は同じく「ハーシェル」)。

(スミスの挿絵・部分)

ちなみに日本の『星学図彙』ではどうかと思ったら、こちらは「海王」「天王」となっていました。

(『星学図彙』・部分)

「Neptune/海王星」、「Uranus/天王星」という新惑星の表記は、欧米でも日本でも、いろいろ揺れながら定着しましたが、日本に限って言うと、この直後(明治9年、1876)に出た『百科全書 天文学』(文部省印行)という本では、すでに「海王星」「天王星」となっているので、神田によるこの過渡的な表記は、ちょっと面白いと思いました。

   ★

さて、いろいろな時代、いろいろな国をたどってきた「空の旅」も終わりが近づいてきました。次回は20世紀に足を踏み入れます。



(※) 連邦議会図書館には、1850年刊のものしか所蔵されていません。手元にあるのは1849年刊で、それでも「第4版(Fourth Edition)」となっています。年1回以上版を重ねることもあるので、おそらく初版は1848年~47年頃と推測します(さっき古書検索サイトを覗いたら、1848年に出たものが売られていました)。

ケプラーの入れ子(後編)2016年12月16日 06時21分57秒

今回、ケプラーの太陽系モデルを注文したのは、現在ボストンを拠点に活躍している造形作家、バスシバ・グロスマンさんのサイトを通じてです。

Bathsheba Sculpture http://bathsheba.com/

バスシバさんは、数学や科学の世界に登場する不思議な「かたち」の数々を、金属やレーザークリスタルで再現した作品を手がけていて、数年前にもガラスの銀河系モデルを紹介したことがあります。


化粧箱を開けると、8センチ角のガラスキューブが顔を出し、ケプラーのモデルはその内部に存在します。


なかなかこれが写真に撮りにくいのですが、真横から見ると下のような姿です。


正多面体の入れ子と、それを覆う球殻層――キューブの右下に見られるように、このモデルでは、全球ではなく半球としてそれが表現されています――が、ガラスの中に浮かんでいます。


このモデルは、ちょうど上の図と同じ形になっていて、正十二面体とそれに外接する火星軌道までが表現されています。(さらに外側の木星と土星まで含めると、全体が大きくなり過ぎて、手で持てなくなるか、逆に中心部が小さくなり過ぎて、何だかわけが分からなくなるせいでしょう。)


微細な気泡が描く、ケプラーのイマジネーション。


裏返しにして、積み重なる球殻層を通して太陽系を眺めたところ。
なんと儚く、美しい宇宙モデルでしょうか。

400年前、天空を見上げるケプラーの目には、透明な球体と巨大な多面体がはっきりと見えていたはずです。

---------------------------------------------------------------

【閑語】(ブログ内ブログ)

最近の日本を見ていて思い浮かぶのは、「自己家畜化」という言葉です。
「自己家畜化」自体は、ヒトという生物種の特殊性を説明するための概念で、別にシニカルな意味は含まないのですが、どうも今の日本ではその域を超えて、急速に家畜化が進んでいるのではないか…と気懸りです。

ケプラーの入れ子(前編)2016年12月15日 10時50分31秒

お釈迦様がいみじくも説かれたように、人の生の本質は「苦」であり、この世はあらゆる業苦に満ちています。今の世界を見渡せば、その言葉の正しさをあえて否定できなかろうと思います。そして、人間の心のうちには、それとは反対のものを求める心がありますから、優しい光を投げかける満月を見上げれば、ふと欣求浄土の念がきざしたりします。昨夜は家路をたどりながら、そんな思いで月を眺めていました。

   ★

さて、ケプラーが「多面体の入れ子」として太陽系をイメージしたことは、これまで折に触れて記事のネタにしてきました。その中でわりとまとまっているのが以下の記事。

■ケプラーの多面体宇宙モデル
 http://mononoke.asablo.jp/blog/2011/07/08/

(画像再掲)

ケプラーの説をいちいち言葉にすれば、こういうことです。

まず太陽の周囲を回る水星軌道を大円とする球を描いてごらん。

次にこの「水星球」に外接する正八面体と、それに外接する球を描いてごらん。
そこに金星軌道が浮かび上がるだろう。

今度は「金星球」に外接する正二十面体と、それに外接する球を描いてごらん。
そこに地球軌道が浮かび上がるだろう。

続けて「地球球」に外接する正十二面体と、それに外接する球を描いてごらん。
そこに火星軌道が浮かび上がるだろう。

さらに「火星球」に外接する正四面体と、それに外接する球を描いてごらん。
そこに木星軌道が浮かび上がるだろう。

最後に「木星球」に外接する正六面体と、それに外接する球を描いてごらん。
そこに土星軌道が浮かび上がるだろう。

…そして「土星球」の外側に、もはや惑星は存在しない。
なぜなら、正多面体はこの5種類でおしまいだからだ。これが宇宙の摂理なのだ。

   ★

もちろん土星外の惑星が発見された今、これは単なる奇説に過ぎません(もし発見されてなくたって、十分奇説でしょう)。
でも奇説にしても、ちょっと美しい奇説です。

この奇説を手に取って眺めたいと思い立ち、いろいろ探しました。
それが黒い箱に入って届いたので、ここで眺めておきます。


(後編につづく)

宇宙競争(前編)2016年09月01日 09時34分36秒



「スペースレース」と題されたカードゲーム2種。いずれも1950年代のものです。


「2種」といっても、版元は同じニューヨークのEd-U-Cards(エデュカーズ)社で、中身も一緒です。結局違うのはパッケージのデザインだけ。


カードは1から10まで、同じ絵柄が2枚ずつ含まれています(つまり2組のカードデッキが1セットになっています)。

ゲームは、2人のプレイヤーが、自分のデッキ(山札)をめくって、1番の「離陸」から10番の「地球着陸」まで、どちらが早く引き当てられるかを競うものです。(意中のカードが出なければ、ハズレカードは隣に積み上げて第2の山札とします。プレイヤーはどちらの山札をめくっても構いません。)

しかし、この旅の行程はかなり奇妙なものです。

地球を出発したプレーヤーは、まずいきなり土星に向います。それから木星→火星と引き返して、今度は一転して天王星へ。さらに海王星→金星→水星を経て、今度は一気に冥王星へ。何だか目が回りそうです。何かここには隠された秩序があるのか、ないのか…?


そしてカードデッキには、惑星カードのほかに、トラブルカードが含まれています。
モーターの故障、宇宙船の修理、燃料補給…etc.、これらのカードを引くと、相手のターンになって、今度は相手が山札を引く番になるというルールです。

   ★

この50年代チックな、微笑ましいカードゲーム。
しかし、そこにはある種の「時代相」が刻まれています。

冒頭、「違うのはパッケージデザインだけ」と書きましたが、実はこの2種類の「スペースレース」には、それ以外にも違うところが1つだけあります。

(この項つづく)

ガラスの宇宙…カテゴリー縦覧:太陽系全般編2015年03月24日 06時53分26秒



ガラスの太陽系。球径は約8cm。
ガラスは完全な球状をしており、専用の載せ台が付属します。
ペーパーウェイトとしては使いづらいので、いわゆる「オブジェ」なのでしょう。


ご覧のように、ポップなオモチャめいた作りですが、惑星は海王星まで一通りそろっていますし、衛星もポツポツ浮かんでいます。


そして見る角度によっては、不思議な光が球の内部を満たし…


そこに別の宇宙が見えてくる気がします。


何だか、水晶玉を覗く魔法使いのようですね。

惑星格付けの謎…カテゴリー縦覧:その他の惑星・小惑星編2015年03月22日 10時23分13秒

ここまで来たら、惑星・小惑星をまとめてドンと登場させます。


南米ベネズエラで発行された惑星切手シリーズ。

1961年にフンボルト・プラネタリウム(この名は、かつてベネズエラを探査した、ドイツの博物学者、アレクサンダー・フォン・フンボルトに由来します)が、首都カラカスに開館し、10周年を迎えたことを記念して、1973年に発行されたものです。(本当の10周年と一寸ずれているのは、細かいことを気にしない国柄もあるのでしょう。)



ささやかな切手とはいえ、こうしてズラリ揃うと壮観です。


冥王星が、現役の惑星として頑張っているのを見るのも嬉しいし、小惑星が切手になっているのはわりと珍しいんじゃないでしょうか。

   ★

それにしても謎なのは、惑星と額面の対応です。ベネズエラの通貨単位は「ボリバル」、100分の1の補助単位は「センティモ」ですが、額面順に並べてみると、

 太陽(5センティモ)
 地球(5センティモ)
 火星(20センティモ)
 土星(20センティモ)
 小惑星(30センティモ)
 海王星(40センティモ)
 金星(50センティモ)
 木星(60センティモ)
 天王星(75センティモ)
 月(90センティモ)
 冥王星(90センティモ)
 水星(100センティモ=1ボリバル)

となっています。一見でたらめですが、ここには何か秘められた秩序があるのでしょうか?何か秘密の暗号とか?

春の永日、この壮大かつ暇なクイズ―と言っても、答があるかどうかは定かでありませんが―に挑むのも、また一興ではありますまいか。

土星キャラ立ち史(その4)2015年03月19日 06時51分40秒

いわゆるポピュラー・アストロノミーの本、つまり天文学の専門書ではなく、児童や一般向けに書かれた入門書類は、これまでいろいろ買いました。ほぼ積ん読状態とはいえ、もしその気になれば、ある時代にどんな知識が一般に流通していたのか、覗き見ることぐらいはできるはず…と、当人は踏んでいます。

でも、今気になっている土星の擬人化の歴史」のようなテーマには、それも無力です。いかに一般向けとはいえ、一応は天文学の本ですから、さすがに帽子をかぶった土星は登場しないからです。こういうのは、新聞や雑誌とか、よりエフェメラルな資料に当らないとダメっぽいです(文学作品への登場は、もうちょっと調べようがあるかもしれません)。

というわけで、調べるのはかなり難しそうですが、例えば…ということで、パッと思いついたものを挙げておきます。

(以前登場したハレー彗星の本 http://mononoke.asablo.jp/blog/2009/05/25/4323377 から勝手借用)

1910年のハレー彗星回帰を当て込んだ絵葉書の隅に登場する土星2態。



テーマがテーマなので、ここでは土星も脇役ですが、下の絵葉書を見ると、ハレー彗星の陰で「Mir ist der Sternschnuppe ! ボクも流れ星だよ!」と、盛んにアピールをしています(ドイツ語が×なので、このセリフの意味が今いち分からず)。

   ★

下は1900年に発行されたStollwerck社(ドイツ)のチョコカード。

(6枚で1つのシリーズを構成しています)

コミカルに擬人化された月や太陽や彗星にまじって、土星がさかんにプカプカやっています。この土星はいかにも人を煙に巻きそうな、ヒネた顔つきですが、土星だけに輪を作るのは上手いようです。

   ★

1900年は19世紀最後の年。土星の擬人化が、19世紀のもっと早期にさかのぼることは、ほぼ確実でしょうが、今はこれ以上材料がありません(もちろん、ここで言う擬人化には、ギリシャ神話由来のサトゥルヌス像のようなものは含みません)。

結局、いつものように答は何一つ分からぬまま、問題提起だけで終わってしまいますが(嗚呼…)、類例は引き続き探してみます。

(この項いったん中断)

くるくる回せばくるくる回る2014年05月31日 12時28分53秒

頂戴したコメントに触発されて、「そういえばアレはどうしているかな」と思いました。アレというのは、我が家に眠るオーラリーのことで、ずいぶん苦労して買ったわりに、置き場所がないため普段はお蔵入りしているという、とてもかわいそうな存在です。


こうして見るとやっぱりいいですね。
差し渡しは30cmほどですから、そう大きなものではありません。



真鍮の輝きに満ちた太陽系。
ここには太陽と地球を含む六大惑星(水金地火木土)、そしてその衛星たちが表現されています。


土星の表情。太陽と惑星は真鍮、衛星は貴石削り出しです。


ゆっくりハンドルを回せば、


くるくると歯車が回り、


太陽系の役者たちが踊りだします。

   ★

以下は商品情報。
この品は、米コロラドにあるScience Artというメーカーの製品です。

カタログを見ると、上の Grand Orrery には1,695ドルの値段が付いています。もちろん気軽にポンと出せる額ではありません。それでも何とかなったのは、同社はorrerydesign 名義でeBayにも出品していて、そちらの最低落札価格は、定価よりもだいぶ手前に設定されているからです。

ただし、メーカーとはいっても、ここはジョン・ベネットさんという方が自作自売している個人商店のようなところで、常時在庫があるわけでもなく、私も落札してから納品までだいぶ待たされました。さっきチェックしたら、今日現在、eBayにも出品がありませんでしたが、ときどきお名前は見かけるので、営業はしているはずです。

これは私にとってずいぶん高い買い物でしたが、オーラリーの相場を知っている方からすると、かなり安いと感じられるはずです(アンティークならばそれこそ天文学的値段ですし、現代の品でも、精巧な品はすぐウン十万円になってしまいます)。

そこには秘密があって、それがこのオーラリーのちょっと残念な点でもあります。
実はこのオーラリー、主要パーツこそ木と真鍮ですが、肝心の歯車は金属ではなく、レジン(樹脂)製なのです。それがコスト削減にどれだけ寄与するのか、門外漢には分かりかねますが、現実に照らせばかなり寄与しているのでしょう。

まあ、そうした経営努力のおかげで、こうして庶民にもオーラリーが買えるのは嬉しい話にはちがいなく、私も十分納得しています。

星の道によせて2013年11月27日 20時58分53秒

(W. Peck, A Popular Handbook and Atlas of Astronomy, 1890 より)

天に天道、地に人道。
人には人の、星には星の道があり、各々道を守ってこそ世界の調和が保たれる…と古人は説きます。


本来、人の道もこれぐらい単純明快なものだと思いますが、現実の人間は絶えざる摂動によって、概ね予測不能なコースをたどります。軌道要素を定めることもままならぬ、まさに無道な振る舞い。


それを迷いと見るか、「味」と見るか。まあせいぜい良い味になってほしいものです。
ゆめ「非道」な振る舞いとなりませんように。

(自分でも何を言ってるのかよく分かりませんが、とにかくいろいろ思わしいことの多い日々です。)