旅人未満2017年03月19日 09時24分42秒

永六輔・作詞、中村八大・作曲でヒットした「遠くへ行きたい」。

 知らない街を 歩いてみたい
  どこか遠くへ行きたい
 知らない海を ながめてみたい
  どこか遠くへ 行きたい 

ウィキペディアによれば、この歌の発売は1962年で、ずいぶん古い歌です。
私の耳に残っているのは、その後1970年に始まった旅番組、「遠くへ行きたい」の主題歌として、頻繁に流れるようになってからのことと思います。

   ★

知らない世界を求めて、「今ここ」から「どこか遠くへ」と向かうのが旅。
その中には、知らないモノを求めてさまよう「蒐集の旅」というのもあります。
世界中を自分の足で歩き、不思議な店の門をくぐり、にぎやかなマーケットを覗き、未知のモノを探し出して、トランクに詰め込む。

できれば私もそんな旅がしたいのですが、己の性格と生活環境のしからしむるところにより、自室のディスプレイの画面を、老いた釣り師の如くじっと眺めて、未知のモノが針にかかるのをひたすら待つ…ぐらいが今は関の山です。

   ★

以前ご紹介した(http://mononoke.asablo.jp/blog/2017/02/25/)、「第5回 博物蒐集家の応接間 “避暑地の休暇 ~旅の絵日記~”」の開催まで、あと一週間を切りました(会期は3月25日(土)~29日(水)まで)。

この旅をテーマにしたイベントに、旅をしない自分が、どう関わればいいのか迷いましたが、考えてみれば、人間は――大きく言えば人類は――世界と自分を知るために、長い長い旅を続けているようなものですし、星の世界とのかかわりも、そんな旅の1ページなのだ…と達観することにしました。

そんなわけで、天文の歴史を旅になぞらえた「空の旅」という小さなコーナーを、会場の隅に作っていただくことになりました。

例によって品数が少ないので、その展示意図が伝わらないといけないと思い、あえて「洒落の解説」のような不粋な真似をしましたが、私のささやかな意図はそういうことです。

   ★


先日、針にかかったミッドセンチュリーのタイピン。


彗星を収めた小さな宇宙空間。
この「星界の旅人」を胸元に覗かせて、三省堂の会場内を、旅人のような顔つきで歩いている人がいたら、それは私です。


-------------------------------------------------
▼閑語(ブログ内ブログ)

政治というのは利権が絡むものですから、政治家の中には悪に手を染める人もいる…というのは、時代劇を見ても分かる通りで(そういえば、最近時代劇が少なくなりましたね)、そのことに驚く人はいないでしょう。

それにしてもです。
特定秘密保護法とか、安保関連法とか、共謀罪創設とか、働かせ放題法とか、その他何とかかんとか。安倍氏とその取り巻きが、これほどまでに遠慮会釈なく、大っぴらに悪事を重ねるのを見て、怒りも恐怖も通り越して、一種の異界感すら覚えます。

彼らは、なぜこれほどやりたい放題を続けられるのか?
もちろん、議会の多数を占めているという根本原因があるのですが、話を聞いてみると、それ以外にもいろいろカラクリがあるのだそうです。

例えば、政治家と官僚は、癒着もする一方で、互いに強く反目しているわけですが、その抵抗をそぐための手法が、人事(と予算)の掌握です。安倍氏の場合、第2次政権の発足と同時に、以前からあった内閣人事局構想の具体化に向け全力で動き出し、これによって官僚を無力化することに成功したことが、その権力のベースにあるという話。これは、官僚を意のままに操ることのできる、いわば「魔法の杖」です。

そして、この魔法の杖をぶんぶん振って、司法人事にも介入し、検察や裁判所までも骨抜きにしてしまおう…と狙っているのだとか(その完成も間近だそうです)。

さらに、時の権力者が、ダークな力をふるうための便利な財布が、内閣官房機密費で、これは政権の如何によらず、昔からあるのだそうですが、完全に使途不明のお金だけに、やろうと思えば何でもできてしまうという、これまた実に恐ろしい「杖」です。マスコミが急速に無力化した背景には、この後ろ暗いお金の存在があるらしい…と風聞します。実際、鼻薬を嗅がされた人、弱みを握られた人も相当いるのでしょう。

こんなふうに、抵抗勢力を排除する手法を洗練させ(嫌な洗練ですね)、うまく排除に成功したのが安倍氏とその周辺で、実に鮮やかな手並みと言わねばなりません。我々庶民は、「お上」にうまうまとやられぬよう、こういうことを「世間知」として知っておく必要があると思います。

安倍氏に限らず、その手法に学ぶ政治家は、今後も必ず出てくるからです。


再びハリーとハレー2017年01月04日 07時25分47秒

ハレー彗星と、その発見者であるエドモンド・ハレーに関する昨日の記事に、常連コメンテーターのS.U氏からコメントをお寄せいただきました。それに対してお返事を書いていたら結構な分量になったので、他の方からのご教示も期待しつつ、以下にその内容を記しておきます。S.Uさんの元のコメントと併せてごらんいただければと思います。

   ★

S.Uさま
 
ご教示ありがとうございます。
以前、S.Uさんが目にされたメーリングリスト上の議論に接していないので、あるいは単なる蒸し返しになるかもしれませんが、私なりに考えたことを下に記してみます。

   ★

まず、外来語の表記について、お上が何か言っているかな?と思って調べたら、文科省がずばり「外来語の表記」という内閣告示を出していました。
http://www.mext.go.jp/b_menu/hakusho/nc/k19910628002/k19910628002.html

でも、これはものすごくゆるくて、ほとんど何も言ってないに等しいです(慣用があるものは慣用に従え、語形に揺れがあるものはどっちでも良い、特別な音の書き表し方は特に制限を設けず自由に書いてよい…etc.)。他の決め事も、全てこれぐらい大らかだと結構なのですが、それはともかくとして、今に至るまで外来語の表記について、しっかりした官製ルールはないように見受けられます。

   ★

「-ley」の日本語表記が揺れているのは、Halleyの他にも、Stanley(スタンレー、スタンリー)やBentley(ベントレー、ベントリー)のように、いくらもあるでしょうが、私見によれば、この揺れの背後にある根本原因は、横文字を日本語で表記する際の「2大ルール」がコンフリクトを起こしていることで、その根はなかなか深いと思います。

全くの素人談義ですけれど、その2大ルールとは「原音主義」と「ローマ字準拠主義」で(勝手な命名です)、たとえば同韻の単語でも、potatoは原音主義により「ポテト」、tomatoはローマ字準拠により「トマト」となるように、英単語の表記は、この両者の間を歴史的に絶えず揺れ動いてきました。

前者は、音声言語でやりとりする際に利があり、後者は日本語から原綴を復元しやすく、文字言語でやりとりする際に利があります。(まあ、これはスペルと発音の乖離が著しい英語だから悩むのであって、独仏語なんかの場合は、ローマ字を持ち出すまでもなく、それぞれの発音ルールにしたがって音写すればことが足ります。)

ハリーとハレーの差も、結局は原音主義をとるか(ハリー)、ローマ字準拠主義をとるか(ハレー)の違いによるもので、それぞれ一長一短がありますから、なかなかすっきりと結論は出そうにありません。

   ★

ただ、ハレーに関していうと、これはやや中途半端な表記で、完全にローマ字準拠主義をとるなら「ハルレイ」となるはずで、実際、明治期にその用例があります(下述)。おそらく、その後「ハルレイ」→「ハレイ」→「ハレー」という変化を経て、ハレーが定着したのでしょう。

昭和8年(1933)に出た、山本一清・村上忠敬著の『天文学辞典』では既に「ハレー」となっており、この頃には既にハレーがかなり一般化していたことを窺わせます(同時期、荒木俊馬は「ハレイ」を使っていて、昭和戦前は「ハレイ」と「ハレー」が混在していたようです)。

参考までに手元の明治期の本を見ると、

○小幡篤次郎 『天変地異』(1868) ハルリー
○西村茂樹訳・文部省印行 『百科全書 天文学』(1876) 哈勒(「ハルレイ」とルビ)
○文部省印行 『洛氏天文学』(1879) ハルレー
○横山又次郎 『天文講話』(第5版、1908) はれー
○本田親二 『最新天文講話』(1910) ハリー
○須藤傅治郎 『星学』(第9版、1910) ハーレー

となっており、「リー」と「レー」の間で、表記がずっと揺れていますが、どうもこの頃から「レー」が優勢だった気配もあるので、ハレーの普及を抱影翁一人の責めに帰すのはやや酷かもしれません。(でも「あの」抱影がハレーと書けば、全国の天文ファンも当然右にならえしたでしょうから、抱影の影響も必ずやあったことでしょうね。)

   ★

なお、抱影がどこからそれを引っ張ってきたかは不明ですが、「エドマンド」は明らかに「Edmund」を意識したものと思います。

姓は針井、名は江戸主水2017年01月03日 11時42分36秒

新年から小ネタです。

なんとなくウィキペディアのハレー彗星の項を見ていたら、この「ハレー彗星」という表記は間違いで、「ハリー彗星」と書くのが正しいのだ…という議論があることを知りました。ウィキペディアだと、本編の記述ではなく、ノートのページでその議論が行われています。傍から見ると、かなり感情的な言葉の応酬で、ちょっと身構えるものがありますが、そこまで情熱的になれるのは、ある意味すごいことです。

   ★

「ハリー派」の論拠は、主にネイティブの発音は「レー」より「リー」に近いというもので、私の耳にも確かにそう聞こえます。

でも、そうすると Edmond Halley のファーストネームの方は「エドモンド」のままでいいのか、NHKのアナウンサーはこれを「江戸主水」と同じ読み方をするでしょうが、これは元の「Edmond」の発音とは相当距離があって、そっちはそのままでもいいのか?…という疑問が頭をもたげます。

では、他にどう書けばいいのか?と問われても、特に名案はなくて、結局のところ英語の音韻を、日本語の五十音(限られた子音と母音)で表記するのは、最初から無理なのだ…と達観するほかない気もします。その意味では、ハレーもハリーも五十歩百歩だというのが、偽らざる感想です。

   ★

で、今日改めて知ったのは、実はこのハレー彗星とエドモンド・ハレーの発音をめぐっては、ネイティブの間でも意見が分かれているということです。ただし、それは「レー」と「リー」の違いではなく、冒頭の「ハ」の字の部分です。

Wikipediaの「Halley's Comet」の項(https://en.wikipedia.org/wiki/Halley's_Comet)を見ると、一番最初に「発音 Pronunciation」という節があって、

 「ハレー彗星は、通常『valley』と同韻の /ˈhæli/〔ハリー〕、もしくは『daily』と同韻の /ˈheɪli/〔ヘイリー〕と発音される。Edmond Halley の名前の綴りは、彼が在世当時、Hailey、Haley、Hayley、Halley、Hawley、Hawlyと様々であり、同時代にどのように発音されたかははっきりしない。」

と書かれています(出典として、ニューヨークタイムズの「サイエンスQ&A」の記事が挙がっています)。要は「ハリー」か「ヘイリー」かで、向うの人も悩んでいるようなのです。

このことは、「Edmond Halley」の項(https://en.wikipedia.org/wiki/Edmond_Halley)を見たら、「発音と綴り Pronunciation and spelling」の節で、さらに詳しく書かれていました。ざっと適当訳してみます(改段落は引用者による)。

 「Halley という姓には3通りの発音がある。
イギリスでも
アメリカでも、最も普通なのは、/ˈhæli/〔ハリー〕である。これは、現在ロンドンで暮らしている Halley 姓の人の多くが、自ら用いている発音である。

それに代わる/ˈheɪli/〔ヘイリー〕というのは、ロックンロール歌手のビル・ヘイリーと共に育った世代が、エドモンド・ハレーとその彗星を呼ぶ際に、しばしば好んで用いる発音である。ビル・ヘイリーは、ハレー彗星の読み方として、当時〔1950年代〕のアメリカでは一般的だった発音〔ヘイリー〕をもじって、自分のバックバンドを「コメッツ」と呼んだ〔最初は「Bill Haley with Haley's Comets」、後に「Bill Haley & His Comets』が、そのグループ名〕。

ハレーの伝記作家の一人であるコリン・ロナンは、/ˈhɔːli/〔ホーリー〕という発音を好んだ。

同時代の記述は、ハレーの名前をHailey、Hayley、Haley、Haly, Halley、Hawley、Hawlyと綴っており、おそらく発音も同様に多様だったろう。」

   ★

そして、「エドモンド」というファーストネームについても議論があるようで、Wikipediaは上の説明に続けて、

 「そのファーストネームに関していうと、1902年の〔タイムズ紙掲載の〕ある記事は、『Edmund』という綴りの方がずっと一般的ではあるが、『Edmond』こそ、ハレー自身が用いた綴りだとしている。

しかし、2007年の『International Comet Quarterly』誌掲載の論文は、これに異を唱えている。同論文は、ハレーの公刊された著作の中で、『Edmund』は22回も使われているのに、『Edmond』はたったの3回しか使われておらず、また他にもラテン語化された『Edmundus』のような、いくつかのバリエーションが用いられていることを指摘している。

こうした議論の多くは、ハレーが生きた時代には、英語の綴字の慣習はまだ標準化されておらず、したがってハレー自身も複数のスペリングを用いたという事実に由来している。」

と、その間の事情を明かしています。

   ★

こういうのは、行き過ぎると「言葉咎め」や、さらには「言葉狩り」のようになって良くないですが、しかし一歩踏み込んでみると、興味深い事実が分かりますし、いろいろ考えさせられます。

(本人自身がどう発音していたかは、最も重要な基準でしょうが、これも行き過ぎると、「宮沢賢治を欧文表記するときは、“Miyazawa Kenzu”が正しい」…ということにもなりかねません。)

彗星が見た夢2016年11月21日 07時09分00秒

何だか辛いことが多くないですか?
ひょっとして、若い人は辛いことがデフォルトになっていて、そう感じないかもしれませんが、それはそれで辛いことです。

   ★

古絵葉書を一枚。


タイトルに「五番街とブロードウェイ」とありますが、ニューヨークではありません。
ここはインディアナ州ゲイリーの町。

 街灯のともる、静かな夜の街角。
 窓から洩れる明かりに、人々の暮らしの確かな温もりが感じられます。
 左手には誇らしげにはためく星条旗。
 それと競い合うかのように、空一面に星がまたたき、
 ハレー彗星がスッと横切っていきます。


美しい、まるで夢の中で見る光景のようですが、これは1910年5月20日、人々の目に確かに写った光景です。

   ★

…でも、やっぱりこれは「夢」なのかもしれません。
アメリカという国と、そこに住む人々が見た美しい夢。

以下、ウィキペディアの記述から、そのまま引用します。

 「ゲーリーは1906年、USスチール社が同地に新工場を設立したことによって誕生した。市名は同社の社長の名にちなんでいる。以来、同市はアメリカ合衆国における製鉄業の隆盛と共に隆盛を迎えた。」

ゲイリーは、当時驚くほど新しい町でした。上の絵葉書は、新しい町が生まれ、人々が最も活気と希望に満ちていた時代のものなのです。

 「しかし、ゲーリーの凋落もまた、製鉄業と運命を共にするように訪れた。その原因は、1960年代に全米の多くの都市同様、レイオフで大量の失業者が出たことであった。〔…〕今日においても、同市は失業・財政問題・犯罪といったさまざまな都市問題を抱えている。〔…〕ゲーリーは全米有数の犯罪都市として悪名が高い。モーガン・クイットノー社の調査では、同市は1997年・1998年と2年連続で『全米で最も危険な都市である』と報告された。」

ここは、アメリカのラストベルト(錆ついた地帯)のど真ん中であり、今や最も活気と希望から遠い場所です。変化を求めて、トランプ氏を熱狂的に支持したのも、この地の人々でした。

   ★

ハレー彗星が、前々回の接近時(1910)に見た地上の光景と、前回(1986)見た光景は、驚くほど違いました。

次回(2061)は果たしてどうなっているでしょう?
夢、活気、希望…そんな言葉を、人々は口にできているでしょうか?

人間の自由意思を信じる人ならば、「どうなっているかを問うのではなく、我々がどうしたいかを問え」と言うかもしれません。私は自由意思万能論者ではないので、そこまで強い言い方はできませんが、でも、夢や活気や希望というのは、周囲に流されるときには生まれ難く、自ら決断するときに生まれることが多い…というのは、経験的に正しい気がします。

ともあれ、45年後の再開を期して、今からいろいろ夢を紡いでおきたいです。

彗星奉祝2016年07月06日 07時10分16秒

過去記事フォローシリーズ。
今年のはじめ、フランスのカーニバルに取材した、一寸妙な絵葉書を載せました。



上は南仏・エクサンプロヴァンス(Aix-en-Provence)の「エクスの謝肉祭」の光景。「流れ星の天文学」と題して、星をかたどった山車が練り歩いているところです。

下も同様に南仏の光景で、こちらはニースの町のカーニバルです。奇怪極まりない造形ですが、キャプションに「彗星の作用」とあるように、こちらは明瞭に彗星をテーマにしたものです。

いずれも1910年頃の絵葉書で、片や流れ星、片や彗星と称しているものの、年代を考えれば、2枚とも1910年に接近したハレー彗星にちなむ演目ではなかったか…と、上の記事では見当を付けました。

   ★

で、今回また新たに類例が見つかったので、載せておきます。


フランス西部、レンヌの町に繰り出した「彗星の山車(Char de la Comète)
こちらはカーニバルではなく、「花祭り(Féte de Fleurs)」の情景だそうです。


この絵葉書は1910年と年次が刷り込まれているので、これはもうハレー彗星一択で間違いないでしょう。と同時に、冒頭の2枚もやっぱり「ハレー彗星ネタ」である確度が、一層高まりました。


お付きを従えた彗星の女王。


その裳裾は星屑をちりばめて、後方に高々と掲げられています。


塔の上でも…


地上でも、女王様の姿をひと目見ようと渇仰する天文学者でいっぱいです。

こちらは髭面の男が、酒壜を手に気勢を挙げたりすることもなく、少年少女が主体となっての出し物。「謝肉祭」と「花祭り」の違いもあるのか、「フルール(花)」の語感も相まって、実に愛らしい行列です。

   ★

こうした一連の絵葉書を見ると、1910年当時の世界は、ハレー彗星を恐れたり忌み嫌ったりするばかりでなく、歓呼して迎えるムードも一方にはあったことを知ります。

タルホ的なるもの…彗星トランプ2016年05月10日 20時49分46秒

トランプというのはちょっと気になるアイテムです。

それは数字と記号からなる、冷やっこい数理の世界を連想させるいっぽう、その対極ともいえる、トリックやマジックのような妙に人間臭いものも連想させます。そして、絵札の人物たちの、あの謎めいた表情…。

そこには『不思議の国のアリス』のイメージが漂うし、プーシキンの怪奇幻想譚、『スペードの女王』の連想も働きます。

足穂氏の実作品に、どれだけトランプが顔を出すかは不案内ですが、もろもろ考えあわせると、トランプもタルホ的世界の住人たる資格が十分あると感じます。
そして、これは私一人の感じ方にとどまりません。


たとえば、青土社から2008年に出た足穂拾遺物語の表紙デザインも、トランプがモチーフでしたし、もっと昔、1970年代に出た『多留保集(全8巻)も、まりの・るうにい氏の装画による、素敵なトランプ柄で仕立てられていました。

  ★


上はハレー彗星回帰の1986年に、アメリカで出たトランプ。
トランプと彗星の組合せとなれば、これはもう「タルホ的なるもの」間違いなしです。


カードの裏では、ジョーカー2枚を含め、54個のハレー彗星が、青紫の空をくるくる回っています。

76年周期のハレー彗星が、太陽を54周しようと思ったら、4100年余り。
まあ、星の世界ではごく短い時間で、人類が文字を持つようになってからでも、すでにそれぐらいは、彼を空に眺めた勘定です。(でも、実際に記録に残っているのは、その半分ぐらいだとか。)

(表側はごく普通のトランプ)


このトランプの色合いは、モニターで見ると青味が強いですが、実際はもっと紫がかった色です。上の画像は、それに近づけるべく努力しましたが、どうしても再現できませんでした。この辺は何となく、足穂氏の捉え難さと通じるものがあります。

(『彗星問答―私の宇宙文学』、潮出版社、1985(新装版)。装画:まりの・るうにい。発行年を見ると、これもハレー彗星を当て込んだものかも)

赤の書…金彩の天文台2016年02月20日 17時46分58秒

先ほどから雨脚が強くなってきました。
ザザッ…ザザッという音を聞きながら、今日も天文古書の話題です。


昨日の青金の表紙に正面から対抗し得るのは、この朱金の本ぐらいですが、これは9年前に既出(http://mononoke.asablo.jp/blog/2007/05/27/)。でも、そのときは、自前の写真でご紹介できなかったので、今日は9年ぶりに再登場してもらうことにします。


■Edmund Weiss,
 STJERNHIMMELN I BILDER: Astronomisk Atlas
 Oscar Lamm, Stockholm, 1888

ドイツ語の原題は『Bilderatlas der Sternenwelt(星界の絵地図)』といい、これはそのスウェーデン語版です。


各地の天文台をモチーフにした表紙絵は、ドイツ語版と共通ですが、ドイツ語版のカラーリトグラフに対し、スウェーデン語版では豪華な金蒔絵風のデザインを採用しています。


こんな風にドームの「穴」から、ぬっと望遠鏡が突き出ることは現実にはありませんが(筒先は常にドームの中にあって、開閉式のスリットごしに空を観測します)、子供たちにとっては、この方が天文台らしく感じたかもしれません。

以下、いくつかサンプルページ。

(土星)

(1858年のドナティ彗星)

(北天星図)

スウェーデン語はさっぱりでも、挿絵の美しさだけでも十分愛蔵するに足る本。

   ★

おまけ。こんなふうにライティングを変えると、また印象が違って感じられます。



おぼろな彗星2016年02月05日 22時29分50秒

昨日のPCの不調の話。

起動直後はいいのですが、操作しているうちに、どんどん動きが重くなって、最後は頼みのタスクマネージャーも止まってしまい、再起動もままならない…。 一昨日からそんな症状に悩まされていました。あれこれしているうちに、OSを更新したら何となく直ったものの、根本的な原因は、例によって不明のままです。

人間が機械に翻弄されることに、今では慣れっこになってしまっていますが、本当は良くないことだと思います。

   ★

さて、ハレー彗星の話をさらに続けます。

南仏の人が、派手に山車を引っ張ってお祭り騒ぎに興じるいっぽう、こんな瞑想的な気分でハレー彗星を見上げていた人たちもいます。


「ハレー彗星。オックスフォードからの眺め。1910年5月22日」

彗星は4月に地球に最接近した後、さらに光度を挙げながら近日点に向けて虚空を飛び、この5月には、夜明け前の空にその姿を茫と見せていました。


黒々とした樹々のシルエット、かすかに底光りする雲、その隙間にぼんやりと浮かぶ彗星。撮影者も十分に絵画的効果を意識した、一種の芸術写真ですが、そこに漂う情調は、昨日の絵葉書とはずいぶん違います。

まあ、オックスフォードの人だって、時には馬鹿騒ぎもするでしょうが、こういうのを見ると、何となく国民性というか、住民かたぎというはやっぱりあるんだなあ…という気がします。

(消印は、翌1911年4月7日、オックスフォード投函。若い女性が、北イングランドに住むお母さんに宛てた絵葉書です。)

彗星まつり2016年02月03日 20時31分00秒

ひと月前、ちょっと妙な絵葉書を載せました。
大きな星をかたどった山車を引いて練り歩く、南仏プロヴァンスのカーニバルの情景を写した絵葉書です。


そもそも、なんで星なのか?
…というのが、まったくもって謎でしたが、コメント欄でのやりとりを通じて、ふと1910年のハレー彗星回帰にちなむものじゃないかと思いつきました。ちょうど絵葉書の発行年がその頃と思われたからです。

   ★

その後、この推測を裏付けるような絵葉書を見つけました。


前回の絵葉書は、エクサンプロヴァンス(Aix-en-Provence)という町でしたが、こんどのは同じ南仏でも、ぐっと東に寄ったニースの町のカーニバルです。


キャプションには「ニースのカーニバル。彗星の作用」とあって、ペン書きで1910とメモされています。これぞ間違いなくハレー彗星をネタにした出し物でしょう。


何が彗星の作用なのか、さっぱり分かりませんが、奇怪な彗星を乗せて山車はしずしずと進み、山車から手を振る人も、それを見送る人も、町はお祭りムード一色です。




明るい南仏の陽光と、大戦前の欧州の華やぎが、何とも眩しく感じられます。

星降る夜に耳をすませば2015年12月24日 19時33分51秒

今宵はクリスマスイブ。

「キリスト教徒でない者にとって、クリスマスは別にめでたくもないが、クリスマスを祝うことができるのは、つくづくめでたい…」と、ゆうべ湯船につかって、師走の雨の音を聞きながら思いました。こんなキナ臭い世の中ですから、なおさらその思いが深いです。

   ★


静かな夜の訪れとともに、
子どもたちの願いをかなえる鈴の音が、今日は世界中を巡るそうです。
どうか地に平和を、そして幼き者に笑顔を―


(A. ギユマンの『Le Ciel』 -1877-より、12月20日深夜のパリの星空)