プラネタリウム自慢2016年01月17日 11時43分55秒

ごそごそと布団の中から這い出し、新聞を手に取ったら、プラネタリウムの記事が載っていました。東海地方のローカル面に載ったものなので、よその土地の人の眼に触れることは少ないでしょうし、何せ病み上がりでもあるし…と言い訳して、ペタッとここにスクラップしておきます。

(ちょっとシワシワですが…。朝日新聞 2016年1月17日、「Asahi+C Extra」面より)

記事は2011年にリニューアルした、名古屋市科学館のプラネタリウムを紹介しています。

   ★

名古屋の人が好んで使うフレーズの一つに、「日本最大級」というのがあります。
地元の施設を紹介するとき、よく聞かれるのですが、「日本最大」と言い切らず、「最大」と言うところがミソ。「日本最大とは言わんけど、日本最大級と言っとけば、まあ嘘でもないし…」という、自慢しつつ卑下するような、卑下しつつ自慢するような、妙に屈折した表現です。

しかし、名古屋市科学館のプラネタリウムは、その大きさにおいて文字通り日本最大です。いや、それどころかギネス認定も受けた、世界最大のドーム径を誇ります。
朝日の記事が真っ先に取り上げているのも、この点です。

(ドームの大きさ較べ。記事によれば国内ではこんな順番だそうです。)

   ★

ここでネットに当ってみたら(“the biggest planetarium in the world”で検索)、トップに表示されたのが以下の記事。


■10 Best Planetariums In The World
 http://10mosttoday.com/10-best-planetariums-in-the-world/

そのランキングは、

第1位 ヘイデン・プラネタリウム (米、ニューヨーク)

1935年オープンの由緒あるプラネタリウムです。2000年にリニューアルし、組織的にはアメリカ自然史博物館の一部門です。リニューアル後は、球状ドームの上半分が「スターシアター」、下半分が「ビッグバンシアター」になり、それぞれが現在の宇宙のドラマと、宇宙創成のドラマを見せてくれている由。

第2位 サミュエル・オースチン・プラネタリウム (米、ロサンゼルス)

こちらも1935年にオープンした、西海岸最古のプラネタリウム。ハリウッド観光の名所であるグリフィス天文台に併設されています。

そして―

第3位 名古屋市科学館 (日本、名古屋市)

おお、来ました。世界中に無数にあるプラネタリムの中で、堂々の第3位です。
リンク先では、こんな風に解説されています。
 「名古屋市科学館は、直径35メートル(115フィート)のドームと350席を備えた、世界最大のプラネタリウムの所在地である。しかもこのプラネタリウムは、単に最も大きいばかりでなく、これまでに建てられたプラネタリウムの中で、最も洗練され、かつ最も高い品質を誇るものの一つである。」
もう、ここまで書いてもらえば十分でしょう。文句なしに立派なものです。

4位以下のランキングは次の通り。

4位 芸術と科学の都レミスフェリック (スペイン、ヴァレンチア)
5位 アドラー・プラネタリウム (米、シカゴ)
6位 H.R.マクミラン宇宙センター (カナダ、バンクーバー)
7位 モリソン・プラネタリウム (米、サンフランシスコ)
8位 アルバート・アインシュタイン・プラネタリウム (米、ワシントンD.C)
9位 ガリレオ・ガリレイ・プラネタリウム (アルゼンチン、ブエノスアイレス)
10位 ピーター・ハリソン・プラネタリウム (英、ロンドン)

文化施設として、世界のベスト3に入るものが、日本に果たしていくつあるか?
こうなると、名古屋人は屈折した思いをサラリと捨てて、堂々と胸を張っていいし、いっそ日本中の人が、わが事としてお国自慢してもいいぐらいです。

   ★

朝日の記事の方は、その「大きさ」以外に、「生解説」にも注目しています。
(以下、記事を引用)

 日本一、世界一に躍り出た名古屋市科学館のプラネタリウム。だが、本当の売りは他にもある。「生解説」だ。
 日本は世界有数のプラネタリウム大国。大小約350館は米国に次ぐ数だ。ただ、その中で生で解説するのは数えるほどしかない。バブル期に自治体が競って建てたこともあり、職員の数が不足。事前につくった番組を流す形式が増え、長期間にわたって知識を蓄える解説者の不足に拍車をかけている面もあるようだ。
 名古屋市科学館にいる解説者は25~60歳の男女7人で、全員が学芸員の資格を持つ。1枠50分、録音に頼らずしゃべりっぱなし。天文主幹で自身も解説者の野田学さん(53)は「時間いっぱいの生解説はやめません」と強調する。客層に合わせた話しぶり、アドリブも交えたトーク、そして、観客が星空を体感するしばしの沈黙……ベテラン職員でも毎回緊張するライブだ。
 日本プラネタリウム協議会の糸賀富美男さんは市科学館をこう評価する。「ハードだけでなく、ソフト面でも日本のプラネタリウムを引っ張ってくれている存在だ」

ハードもソフトも十分に手を掛けているのは貴重です。特に後者の点は、その地道な努力に心底頭が下がります。

   ★

ところで、現在、名古屋グランパスの新スタジアムの候補地に、科学館のある白川公園の名が挙がっているそうです。交通アクセスの良さが最大のアピールポイントで、スポンサーであるトヨタの意向を受け、河村市長も大乗り気だと仄聞します。

そうなると、今ある科学館や美術館は立ち退きということになるのですが、科学館や美術館へのアクセスの良さが失われることは、あまり関係者の念頭にはないようで、世界第3位のプラネタリウムも、いささか旗色が悪いです。

カテゴリー縦覧…プラネタリウム編:ドームを照らす赤い星2015年02月19日 20時07分11秒

昨日の汚れた地球儀が、まだ真新しかった時代。

(西野嘉章、『装釘考』(玄風社)より)

こういう本を見ると、当時の空気がスッと分かるような気がします。
もちろん「気がする」だけで、本当のことは分かりませんが、鉄の匂い、油の匂い、巨大な蒸気ハンマーの音、汚れた前掛け、筋張った手…なんかが、一塊のイメージとなって浮かんできます。ロシアがソ連となり、国内では「主義者」が気勢を上げ、特高と対峙していた頃です。

あの頃のロシアでは、ロシア・アヴァンギャルドと称される芸術運動が展開し、上の本にあふれるデザイン感覚も、その影響圏で生まれたものと思います。

そのロシア・アヴァンギャルドの一分派が「ロシア構成主義」。
建築分野でいうと、鉄・コンクリート・ガラスなどの工業素材を多用した、抽象的・幾何学的造形性を前面に出した様式で、いかにも「新しい時代」を意識した、旧来の建築様式(それはブルジョア趣味として排撃されました)と激しく対立するものでした。

その一例として挙げられるのが、1929年に完成したモスクワ・プラネタリウムです。
歴史的プラネタリウムは数々あれど、モスクワのそれは、ヨーロッパ随一の規模を誇ると同時に、革命後ロシアに芽吹いた芸術運動の落とし子という点に特徴があります。設計者は、若きミハイル・バルシュ(1904-1976)と、ミハイル・シニャフスキー(1895-?)。


その独特のシルエットは、かつて「タルホの匣(はこ)」と称して仕組んだ、シガレットケースにも登場しました。

(タルホの匣については、http://mononoke.asablo.jp/blog/2010/03/31/を参照)

そしてまた、この小さなピンバッジにも、その雄姿は浮き彫りになっています。

(隣は宇宙モノのピンバッジをしまってある、ドロップ缶)


星たちが瞬く空の下、銀色の大ドームが、絞った弓のように盛り上がり、
そのはるか向こうを、赤い流星が真一文字に翔んでゆく…
何だかやたらにカッコいい構図です。

   ★

昨年、85歳を迎えたプラネタリウムは今も現役です。
ただし、その間常に幸福だったわけではなく、2011年に再オープンするまで、17年間も閉鎖されていたという事実を、今回初めて知りました。再開にあたっては躯体をジャッキ・アップして、建物2層分を増築するという離れ業をやってのけたそうです。

■公式サイト(英語): http://www.planetarium-moscow.ru/en/


【参考】 Moscow Planetarium
      http://architectuul.com/architecture/moscow-planetarium


人造星空2014年11月20日 06時30分49秒

昨日の北京天文館とセットで発行された切手。プラネタリウムの内部を描いています。
下の余白に小さく印刷された文字が見えますか?


人造星空―
素敵な表現です。そして実に的確です。
これは日本語に取り入れても良い語彙ですね。「プロジェクターによってドーム内に投影された星空のシミュレーション」を、これ以上過不足なく表現することは一寸難しい。

   ★

この前のティコ・ブラーエの一件以来(http://mononoke.asablo.jp/blog/2014/11/16)、少し切手づいています。まあ、この円安では切手ぐらいしか買えないというのもありますが、それにしても本気で切手収集を始めたら、それこそ無間地獄に陥ってしまいますから、せいぜいストックブック1冊で打ち止めにするつもりです(それだって結構な分量です)。

キリコ天文館2014年11月19日 20時30分13秒


(キリコ、「街の神秘と憂鬱」、1914)

ジョルジョ・デ・キリコ(1888-1978)。
シュルレアリスムの先駆者にして、「形而上絵画」の提唱者。
ちょうど明日(11月20日)が彼の命日です。

   ★

中国のプラネタリウム切手に、ふとキリコを連想しました。

(北京天文館、1959)

「森閑」という言葉が相応しい絵。
静けさと不穏さが同居している感じです。

   ★

北京天文館は1957年に完成したプラネタリウムを中心とする科学館。2004年にはガラス張りのモダンな新館がオープンしましたが、愛すべき旧館も健在です。

北京の天文施設といえば、明代の1442年に創建された、古式天文台(「観象台」)が、観光スポットとして有名ですが↓、両者は結構離れていて、故宮をはさんでちょうど正反対の位置になります。(…と、今知ったばかりのことを、さも知ってるかのように書いています。)

(天文館の公式サイトより。http://www.bjp.org.cn/col/col5/index.html

(左上の青いマーキングが天文館、右下のバルーンが観象台。)

   ★

世の中の動きから目が離せませんが、その合間に敢えて呑気な話をする霜月の晩。

星降るスタードーム2014年08月02日 14時27分08秒

「これを突沸といふんでせうか。」
「左様ですな。えゝ、まったく突沸に違ひありません。」

…と、漱石先生なら書くところです。どうも4月の異動以来、仕事が突沸する危険性と常に隣りあわせで、まことに身の細る思いです。
そんなこんなで、暑い夏をいっそう暑く過ごしていますが、暦も8月となり、もうしばらくすると、秋の話題をつぶやくことになるでしょう。

   ★

最近の買い物から。


ニューヨークのヘイデン・プラネタリウムのスノードーム。
高さ5cmに満たない可愛らしいドームの中に、澄んだ青い星空が広がり、摩天楼とプラネタリウムが、不思議な景観を形作っています。


スノードームに舞い飛ぶのは、本来は粉雪なのでしょうが、ここできらめくのは星たちであり、ドームはそのままプラネタリウムのドームをイメージしているように思います。

ドームの中央に立つのは、名門・ツァイスⅣ型機
初代のツァイスⅡ型機の後継として、1973年に導入されたものですが、そのシルエットは、先代同様、いかにもプラネタリウムらしい感じです。


横から見ると、ちょっと芝居の書き割りめいた可笑しみがありますが、ある意味、「作り物の星空」という、プラネタリウムの本質が現れているようでもあります。


スノードームの背面。

ヘイデン・プラネタリウムは1935年に開館した、ニューヨークの老舗プラネタリウム。
その名前は、建設資金を提供した、アメリカの富裕な銀行家、チャールズ・ヘイデン(1870-1937)に由来しますが、組織的にはアメリカ自然史博物館の一部門であり、公立のプラネタリウムです。

(戦前の絵葉書に見るヘイデン・プラネタリウム。既出画像ですが、大きなサイズで再掲。)

でも、この重厚な建物も、懐かしい投影機も、今はもうありません。
オリジナルの建物は1997年に取り壊され、2000年にリニューアル・オープンするとともに、機械の方も、最新式のツァイスⅨ型機にとってかわられたからです。

(Hayden planetarium at night. Photo by Alfred Gracombe.
 出典:Wikimedia Commons)

(ハンブルグ・プラネタリウムのツァイスIX型機。卵型の黒いボディは、松本零士さんのマンガに出てくるメカのようです。出典:Wikimedia Commons/Public Domain)

地元のオールド・ファンにとっては寂しいことでしょう。でも、子供たちが目を輝かせてドームを見上げてくれるなら、その方がプラネタリウムにとっては幸せだろうと思います。
(それに、上の写真を見る限り、これはこれでそう悪くない風情です。)

神秘の星空2014年04月12日 19時53分48秒

手持ちの古いプラネタリウム絵葉書から。


カリフォルニアのサンノゼにある「薔薇十字プラネタリウム」。
見るからに怪しげな外観ですが、これでも(と言うと失礼ですが)全米で5番目にできた由緒あるプラネタリウムだそうです。

さて、気になるその名称。
説明を聞いても今ひとつよく分からないんですが、何でも薔薇十字団の流れを汲む人(Harvey Spencer Lewis, 1883-1939)が、神秘学に関わる文物を古代エジプトに求め、それらを展観する場として1920年代に開設されたのが「薔薇十字エジプト博物館」で、その付属施設として作られたのが、このプラネタリウムらしいです。

公式サイト Rosicrucian Egyptian Museum & Planetarium
 http://www.egyptianmuseum.org/

このプラネタリウムは今も健在。
写真で見ると、丸屋根は鮮やかなグリーンをしています。

現行のプログラムは、星の一生や宇宙の進化、太陽の素顔などをドラマチックな画像で見せるものらしいですが、以前はどうだったんでしょうね。
神秘主義的な人は、得てして最新の科学成果を切り張りするのが好きなので、当時から意外に「まとも」な、でもそこに一寸奇妙なテイストがまぶされた類のものだったのかなあ…とか、いろいろ想像が浮かびます。

プラネタリウムの名脇役2014年04月11日 06時53分41秒

そういえば…
プラネタリウムで懐かしく思い出すものといえば、スカイラインも名脇役。
ドームに足を踏み入れ、ドームの裾をぐるりと取り囲む、ちっちゃな黒い街並みを見渡すときの気分は、一種独特のものがありました。

(ニューヨーク、ヘイデンプラネタリウム)

(東京、東日天文館)

上の絵葉書はいずれも戦前のもの。
片や摩天楼、片や帝国議会議事堂。
日米のモダン都市の相貌に、当時の子供たちもちょっと誇らしい気持ちを抱いたことでしょう。そして星たちの物語にいっそう気分は高揚し…

スカイラインがあることによって、天と地の対比が生まれ、日常を超えた無窮の世界の存在が印象付けられるわけですから、やっぱりこれは名脇役と言ってよいと思います。

廃プラネタリウム2014年04月09日 21時38分50秒

廃天文台に続き、廃プラネタリウムの話題。

これも他人様の記事の丸写しで恐縮ですが、先週の朝日新聞(4月5日)に、縣秀彦氏の投稿が掲載されていました。60年代にできたオールド・プラネタリウムはもちろん、バブル期に続々とできた瀟洒なプラネタリウムも、遠からず老朽化で廃館の危機を迎えることを憂える内容です。

朝日新聞 「私の視点」欄 (2014年4月5日)
国立天文台准教授  縣 秀彦
「プラネタリウム 地域での活用、広げよう」


縣氏は主に科学リテラシーの涵養という点から、プラネタリウム存続を訴えています。
私はといえば、この件をあまり大所高所から論じる備えはなくて、ただ子供たちがプラネタリウム体験に胸を弾ませる機会が失われ、プラネタリムという独特の空間が身近から消えていくのを情緒的に悲しむばかりです。

大きく倒したシートに身を横たえ、ドームの内面が徐々に暗くなっていくときの気持ち…
感傷だけでプラネタリウムの存続が図られるとは思いませんが、感傷がなければ存続は覚束ないとも思います。

天体議会の世界…天象儀館(2)2013年07月26日 20時57分12秒

理科少年たちの交友を描いた『天体議会』。

天体観測の場面は作中いろいろ出てきますが、プラネタリウムの描写は、この「広告燈」以外には出てきません。でも、当然ながら、少年たちはプラネタリウムに出かける折もあったことでしょう。

昨日登場した、現実の東日天文館は、こんな建物です。

(東日天文館の絵葉書・部分)

いろいろプラネタリウムの効用が謳われている中、「国民教化上に国防上に絶対必要なる国家有用機関」とあります。たしかに戦地では星座の知識が有用であり、そういう時代的要請があったのでしょうが、いかにもキナ臭いですね。

絵葉書の全体はこんな感じです。


富士山をバックに、二重橋や西郷さんと並んで「東京名所」扱いになっているのは微笑ましいですが、銅貨や水蓮が闊歩する「あの街」には、ちょっと似つかわしくない気もします。(建物も、何だかのっぺりした感じで、面白みに欠けます。)

   ★

ですから、彼らが行きつけの天象儀館は、できればこんな外観をしていてほしい。


プラネタリウムの本場、ドイツの戦前の絵葉書です。

いずれも1920年代の表現主義建築の流れをくむ建物。
左は、ハノーファーのホッホハウス(1928年完成)で、最上階のドームがプラネタリウムになっていました。また右は、1926年にデュッセルドルフで開かれた「健康・福祉・体育大博覧会」(ドイツ語の頭文字をとってGeSoLei)のパビリオンとして作られたプラネタリウム。

いずれも建物は現存しますが、今ではドーム部分はプラネタリウムではなく、多目的ホールとして使われているようです。(昔はプラネタリウムが今よりずっと「偉い」存在で、国威発揚的意味合いもあったのでしょう)。
当時の機材は不明ですが、置かれていたのは、当然ドイツが誇るツァイス社の製品だったはずです。

ところで、左側の絵葉書の裏面には1942年の消印が押されています。
それと「例のあの人」の顔と、いかめしい鉄十字のスタンプ


「キナ臭さ」は、残念ながらこちらも逃れ難いようです。

天体議会の世界…天象儀館(1)2013年07月25日 20時54分42秒

突如の雷鳴と豪雨。遠くの街の明かりが霞んで見えないほどです。
さて、「蝶凧(パピイ)」の話題は、ちょっと画像の準備の都合で、後程もういっぺん触れることにして、少しストーリーを先に進めます。

   ★

地下鉄のホームで、水蓮と銅貨が毎朝待ち合わせる場所は決まっています。
そこは、二人にとっては思い出のある、お気に入りの場所。

二人が出会ったのは3年前、こちらの世界で言えば、小学校高学年の頃の、ある冬の日でした。転校生然とした真新しい制服に身を包んだ水蓮に、銅貨の方から声をかけると、水蓮も笑いながら答えました。

「よろしく、ぼくは第七学級〔クラス〕だけど、きみ同じ学年。」
 そう云った水蓮は、頬など透徹るほど白く、端正な顔だちをしていた。
「生憎と、そうらしい。」
 銅貨の人を喰った返事に、ふたりは同時に噴き出した。そのあとプラネタリウムの広告燈〔ネオン〕のことに話がおよび、すぐに意気投合した。銅貨がそれとなく勘づいたとおり、水蓮は偶然ではなく意識してこの広告燈〔ネオン〕の見える場所を選んで、地下鉄を待っていたのだと云う。
 ほとんど乗客のない地下鉄の車内で、銅貨と水蓮は互いに鉱石や天体に強く興味を持っていることを確認しあった。(p.18)

このプラネタリウムの広告が見える場所が、今でも二人の暗黙の定位置。

たいてい水蓮のほうが先に来て、あのプラネタリウムの広告燈〔ネオン〕が正面に見える花崗岩〔みかげ〕の円柱にもたれかかっていた。(p.10)

ここに繰り返し出てくる「プラネタリウムの広告燈」こそ、「未来の世界なのに懐かしい」、この作品世界を象徴する存在だと言えます。かと言って、それはいわゆる「レトロフューチャー」とも違います。いうなれば文字通りのレトロ。つまり近未来に設定された舞台に、異様に古めかしいものが突如顔を出し、しかも全体として違和感がないという、独特の世界描写です。

 そのうちに七時半発の地下鉄が近づいて、轟音にかぶさるように入線案内が繰り返される。
 重く響く鉄輪〔クランク〕とともに闇を突き進んでくる燈火は、地下道の黒ずんだ拱門〔アーチ〕を俄に明るく照らしだした。正面に見えるプラネタリウムの広告燈〔ネオン〕が、ぱッと黄昏〔たそがれ〕のように染まる。銅貨と水蓮がプラットフォームのこの地点を好んでいるのは、ひとえにこの広告燈〔ネオン〕を見たいがためである。南十字の煌〔かがや〕く夜天〔よぞら〕を背景に旧式の投影機を描いた広告燈〔ネオン〕は、もう相当に古びていたが“天象儀館〔プラネタリウム〕”と書いてあるところなど、少年たちはおおいに気に入っていた。(pp.12-13)

   ★

前にも書きましたが(http://mononoke.asablo.jp/blog/2006/03/05/277997)、この古風な広告燈のイメージは、戦前、東京・有楽町にあった「東日天文館」(1938年オープン。戦災で焼失)のパンフレットに拠るものと思えてなりません。

(天象儀館の文字が、いかにもそれらしい1940年版のパンフ)

(パンフの裏面。「年中無休 晴雨不論」と、わざわざ断っていますが、当時は「今日は雨だからプラネタリウムも休みだろう」と思う人がいたんでしょうか?)

(この項つづく)