星明かりの水の塔2017年07月25日 22時40分14秒

ハンブルグ・プラネタリウムのつづき。


日盛りに立つ孤愁のプラネタリウムが、夜になると何やら華やぎに満ちてきます。
夜はやっぱり夢と幻の世界だから…でしょうか。

まあ、これだけ星がまばゆければ、プラネタリウムは不要な気もしますが、生の星空の魅力と、プラネタリウムの魅力は、やっぱりちょっと違うのかもしれません。あたかも海辺のホテルにプールがあるが如し。

上の紙片は、ハンブルグ・プラネタリウムの宣伝チラシで、裏面はその案内になっています。


プラネタリウムがもたらす星の知識。小一時間で巡る星界の旅。
望遠鏡とカメラが解き明かす大宇宙の神秘。
世界に誇るツァイス社の驚異の新技術…!

そんな煽り文句に続けて、ハンブルグ・プラネタリウムには、星に捧げられた学問と信仰の歴史をめぐる、貴重な文化財が所蔵されていることを太字で特筆しています。

その文化財とは、高名な美術史家・文化史家である、アビ・ヴァールブルク(Aby Moritz Warburg、1866-1929)の収集にかかる、天文学と占星術に関する貴重書コレクションのことで、ヴァールブルクの没後、オープン間近のプラネタリウムに寄贈されたものの由。そのこと自体「へえ」と思いますが、それがナチス台頭後も散佚せず残されたことは、いっそう喜ぶべきことです。

ともあれ、ここは星の世界と人間世界の関わりについて、いろいろなことを考えさせる場所です。

入道雲と水の塔2017年07月23日 16時54分44秒

入道雲は力強いと同時に、言い知れぬ寂しさを感じさせます。
それは夏そのものの寂しさにも通じます。

夏の盛りを寂しく感じるのは、盛りの果ての終末の気配をそこに感じ、さらに自分や他者の人生をも重ねて見るからでしょう。

   ★


入道雲の湧く夏空をバックに立つ、不思議な塔。
無人の広場にたたずむ躯体の凹凸を、くっきりとした影が強調し、明るい中にも「孤愁」という言葉が似合う光景です。

この印象的な建物は、ドイツのハンブルグ・プラネタリウム
オープンは1930年で、上の絵葉書も当時のものでしょう。

なぜこのような不思議な形のプラネタリウムが出来たかといえば、元々ここはプラネタリウムではなくて、1912~1915年にかけて建設された、ハンブルグ市の給水塔を改装して作られたからです。

(この建物の出自を示す「Wasserturm」の語。英語にすれば「Water Tower」)

とはいえ、このハンブルグ・プラネタリウム。
絵葉書を眺める私の個人的な思い入れとは別に、その後もリノベーションを繰り返し、今も大いに頑張っているようです。

ハンブルグ・プラネタリウム公式サイト(独)

(サイトのトップページには、「あなたの目標天体の座標は?」の文字が浮かび、宇宙空間を高速で飛翔する動画が流れます。)

現在の投影機は、ツァイスの最新鋭機、「Univerarium Model IX」。
ニューヨークのヘイデンや、ロサンゼルスのグリフィス、国内だと名古屋市科学館と同型機になります。

(玄関ホール天井を飾る星座のフレスコ画。独語版Wikipedia「Planetarium Hamburg」の項より。https://de.wikipedia.org/wiki/Planetarium_Hamburg

   ★

水の惑星に立つ「水の塔」。
水気(すいき)は母なる恒星の熱によって高空へと導かれて巨大な白雲と化し、水気を慕って塔に集った人々の意識と思念は、さらに白雲をも超えて、無限遠の世界へと旅立つのです。



夜明けのプラネタリウム2017年06月07日 06時58分02秒

暗い夜が明け、鳥たちのさえずりが静かに聞こえます。
美しい朝焼け空を背景にしたブール・プラネタリウム。


プラネタリウムが目覚めると同時に、星たちは眠りにつき、今度は星々の見る夢が、はなやかに円天井に投影される番です。もうすぐ「夜の幻」の上演が始まり、子どもたちの歓声が、にぎやかに聞こえてくることでしょう。

   ★

…というふうに書いたら、一連の記事がきれいにまとまりそうですね。

でも、さっき方位を確認したら、ブール・プラネタリウム(現・ピッツバーグ子どもミュージアム別館)の建物は、南側が正面で、絵葉書に描かれている彩雲は、北の空に浮かんでいる格好になります。したがって「朝焼け空」と見なすのは一寸きびしいかも。

それに、上の絵葉書は過去記事(http://mononoke.asablo.jp/blog/2009/10/27/)の単なる使い回しに過ぎません。現実はなかなか思い通りには御しがたいです。


------------------------------------------------
▼閑語(ブログ内ブログ)

 織田がつき 羽柴がこねし 天下餅
  座りしままに 食うは徳川

安倍政権がいよいよ泥船化し、おそらく党内には「我こそ徳川たらん」と、情勢の見定めに余念のない御仁もチラホラいることでしょう(すでに観測気球らしきものも見受けられます)。しかし、「あっさり明智となって終わるのは御免だ…」ということで、さまざまな駆け引きが、水面下で必死に行われているように想像します。

こういうとき、世間が「安倍さん以外なら誰でもいい」という倦み疲れた気分に覆われていると、思わぬ奸雄・梟雄(かんゆう・きょうゆう)にしてやられる可能性があります。
「いざ!」と名乗りを上げた人を英雄視する前に、その心底をよくよく見定める必要があると、これは強い自戒を込めて思います。

真夜中のプラネタリウム2017年06月05日 22時37分29秒

ブール・プラネタリウムの第2弾。
昨日とほぼ同じ構図ですが、これまたガラッと雰囲気が変わって、こちらはモノトーンの闇が支配する光景です。


今宵は星の光も地に届かず、空に雲がうねっているのが見えるのみ。
楽しいはずのプラネタリウムを、なぜこれほどまでにダークな存在として描いたのか?
その真の意図は不明ですが、この背景を描いた画家は、おそらくプラネタリウムを「夜の世界の住人」としてイメージし、そのようなものとして視覚化したかったのでしょう。

たしかにプラネタリウムは、「人工の夜」を作り出す装置ですが、だからこそ本来は、「昼の世界の住人」であるべきで、その辺のイメージの混乱がプラネタリウム草創期にはあったのかなあ…と、そんなことをチラと思いました。


裏面の解説を見ると、このプラネタリウムが、当時全米に5館しかなかったうちの1つであること、そしてその建設には110万ドルの巨費が投じられたことを、誇らしげに書いています。

ブール・プラネタリウムの建設は、大富豪ヘンリー・ブール氏の篤志に加えて、多くのピッツバーグ市民の協力があってこその壮挙であり、ここにもまた希望に満ちた「アメリカの夢」を見てとることができます。

しかし―。
その後のブール・プラネタリウムのたどった足取りを記したのが以下の記事で、読み返すと、やっぱり「夢」を見続けるのは、なかなか難しいことだなあ…と感じます。


■ブール・プラネタリウム…アメリカの夢、理科少年の夢。(前編・後編)

夜のプラネタリウム2017年06月04日 10時08分48秒

1939年、ニューヨーク万博でプラネタリウムを開設する計画が頓挫したこの年、無事開館にこぎつけたプラネタリウムがあります。

それがピッツバーグのブール・プラネタリウム


昨日の絵葉書同様、これも開館と同時期に作られたリネンタイプの絵葉書ですが、そこに漂うムードはまったく異なります。昨日のにぎやかさに比べて、こちらは人っ子一人いない、無人のプラネタリウム。何だか静かすぎて怖いぐらいです。


森閑とした夜のしじま。
この無音の世界で活動するのは、青くまたたく星たちのみ。

昨日のニューヨーク万博のプラネタリウムは、現実のようでいながら、はかない幻に過ぎませんでした。ブールの方は確かな現実のはずなのに、やっぱりどこか夢で見る光景めいて、いっそ超現実的な感じすらします。

   ★

プラネタリウムが寝静まる頃、空には星が輝き出します。
夜空の星こそ、プラネタリウムが見る夢なのかもしれません。


ニューヨーク、夢のプラネタリウム2017年06月03日 16時45分57秒

勢いでプラネタリウムの絵葉書をさらに載せます。


1939年のニューヨーク万博(New York World's Fair of 1939)のパビリオンとして作られた巨大なプラネタリウム。
なんだかヒロ・ヤマガタの絵のような、カラフルな祝祭ムードにあふれています。

(絵葉書の地紙は、当時流行ったリネン(布目)調)

円天井は夜空を欺く星々をちりばめ、ドームの外では巨大な星条旗がはためく、これぞ世界に冠たる「星たちが輝くところ(WHERE STARS WILL SHINE)」。

アメリカの古いプラネタリウムといえば、まずはシカゴのアドラー(1930)、次いでロサンゼルスのグリフィス(1935)、そしてニューヨークのヘイデン(1935)が御三家で、それらに続くのが、このプラネタリウムということになります。
まことに壮大な、夢のような星の殿堂。

   ★

…と最初は思ったものの、調べてみると、どうも勝手が違います。
いくら検索しても、このプラネタリウムに関する情報が見つからないのです。

さらによくよく話を聞いてみると、この絵は計画段階のイメージ図に類するもので、実際に開設されたパビリオンは、直径55メートルの球体建築「ペリスフィアPerisphere」と、高さ186メートルの高塔「トライロンTrylon」から成る、ひどくモダンな姿に変身していたのでした。


そして展示内容も、夜空を鑑賞するプラネタリウムから、夢の未来都市のジオラマへと変更され、まあそれはそれで楽しかったでしょうが、結局、この絵葉書に描かれたプラネタリウムは、文字通り「夢のプラネタリウム」として終わった…というのが、この話のオチです。

ちなみに、現在、世界最大のプラネタリウムである名古屋市科学館の球形ドームが直径35メートルですから、かつてのペリスフィアがいかに大きかったか想像できます。こんなプラネタリウムが本当に作られたら、すごいでしょうね。

(撮影・名古屋太郎。Wikipediaより)

A Dreamy Blue Night2017年06月02日 21時19分27秒



机の上に置かれた絵葉書の向うに広がる青い夜景。
白亜のドームと見渡す限りの光の海。


ドームの前を行き交う車が残した光曳。

   ★

1935年にオープンした、ロサンゼルスのグリフィス天文台
ご覧のように都市の真ん中にある天文台ですから、星を眺めるには不適で、「天文台」とは名乗っていても、ここはプラネタリウムがメインの観光天文台です。

それにしても、この夢のような光景を見ると、「夜空の星も美しいが、地上の星もまた美しい」と、単純素朴に思います。

この絵葉書、ごく最近の景色のようにも見えますが、実際には1950年代のものですから、同時代の日本のことを振り返ると、当時のアメリカが世界に見せつけた、圧倒的な豊かさを感じないわけにはいきません。

   ★

言うまでもなく、「アメリカの夢」には、多くの光と影がありました。
今、「夢醒めてのち」、「宴のあと」を生きる人々の心情を思いやると、そこにはまたいろいろな感慨が浮かびます。

―それでも、やっぱりこれは美しい光景に違いないと、再度絵葉書を見て思います。

スピッツ式プラネタリウム vs. 日本の中学生2017年05月31日 21時35分35秒

ニューヨークにほど近い、アメリカ北東部の都市、スタンフォード(コネチカット州)。
そこに1936年にオープンした「スタンフォード・ミュージアム&ネイチャー・センター」は、児童を対象とした理科学習の聖地として構想された施設で、天文学もその主要なテーマでした。

同館にプラネタリウムが整備されたのは1958年。
そして、天文台が完成したのは1960年(メイン機材である22インチ望遠鏡の設置は1965年)のことです。

そのプラネタリウムの絵葉書が以下。


ここで注目すべきは、見目麗しいプラネタリアンではなく、彼女が操作している投影機本体です。特徴的な正12面体のフォルムこそ、米スピッツ社が手がけた「スピッツA型」のそれ。


独・ツァイス社のいかめしい機械に比べると、ちょっと素朴な感じを受けますが、この素朴さこそ、「誰でも、どこでも買える」廉価なプラネタリウムを追求した、スピッツ式プラネタリウムの真骨頂。

アーマンド・スピッツ氏による第1号機は1947年に完成し、その後1949年には会社組織となって量産体制を整えましたが、1950年代以降、米ソの宇宙開発競争が始まると、政府の科学教育振興策を追い風に、アメリカ全土の学校や地方都市に大いに普及したのでした。

   ★

この絵葉書を思い出したのは、先日コメントを頂戴した「ふーさん」のサイトで、驚くべき記事を拝読したからです。

そこには、中学生時代のふーさんが、卓越した技巧で完成させた自作プラネタリウムの思い出が、写真とともに紹介されていました。

ふーさんの「天文とビデオと音楽と」:自作プラネタリウム

それは昭和35年(1960)に完成し、全国学生科学賞でも賞を得た堂々たる機械なので、ぜひリンク先をご覧いただきたいですが、時代的にはまさにスタンフォード・ミュージアム(とアメリカ中の町々)に、スピッツ式プラネタリウムが設置されたのと同じ時期です。

当時は日本でも、理科教育振興の声が高まっていた頃で、もちろん日米の経済格差は大きかったですが、太平洋を挟んで登場したふたつの正12面体こそ、まさに「時代の子」と呼ぶべきもの。その余香は、私の子供時代にも及んでおり、当時の科学館の匂いや、学習百科事典の紙面レイアウトなんかに、私は手放しの郷愁を感じます。


【参考】
伊東昌市(著)『地上に星空を―プラネタリウムの歴史と技術』、裳華房、1998
(スピッツ式プラネタリウムについては同書 pp.81-97を参照)

【2017.6.1付記】
文中、「正20面体」は「正12面体」の誤記ですので、訂正しました。

プラネタリウム自慢2016年01月17日 11時43分55秒

ごそごそと布団の中から這い出し、新聞を手に取ったら、プラネタリウムの記事が載っていました。東海地方のローカル面に載ったものなので、よその土地の人の眼に触れることは少ないでしょうし、何せ病み上がりでもあるし…と言い訳して、ペタッとここにスクラップしておきます。

(ちょっとシワシワですが…。朝日新聞 2016年1月17日、「Asahi+C Extra」面より)

記事は2011年にリニューアルした、名古屋市科学館のプラネタリウムを紹介しています。

   ★

名古屋の人が好んで使うフレーズの一つに、「日本最大級」というのがあります。
地元の施設を紹介するとき、よく聞かれるのですが、「日本最大」と言い切らず、「最大」と言うところがミソ。「日本最大とは言わんけど、日本最大級と言っとけば、まあ嘘でもないし…」という、自慢しつつ卑下するような、卑下しつつ自慢するような、妙に屈折した表現です。

しかし、名古屋市科学館のプラネタリウムは、その大きさにおいて文字通り日本最大です。いや、それどころかギネス認定も受けた、世界最大のドーム径を誇ります。
朝日の記事が真っ先に取り上げているのも、この点です。

(ドームの大きさ較べ。記事によれば国内ではこんな順番だそうです。)

   ★

ここでネットに当ってみたら(“the biggest planetarium in the world”で検索)、トップに表示されたのが以下の記事。


■10 Best Planetariums In The World
 http://10mosttoday.com/10-best-planetariums-in-the-world/

そのランキングは、

第1位 ヘイデン・プラネタリウム (米、ニューヨーク)

1935年オープンの由緒あるプラネタリウムです。2000年にリニューアルし、組織的にはアメリカ自然史博物館の一部門です。リニューアル後は、球状ドームの上半分が「スターシアター」、下半分が「ビッグバンシアター」になり、それぞれが現在の宇宙のドラマと、宇宙創成のドラマを見せてくれている由。

第2位 サミュエル・オースチン・プラネタリウム (米、ロサンゼルス)

こちらも1935年にオープンした、西海岸最古のプラネタリウム。ハリウッド観光の名所であるグリフィス天文台に併設されています。

そして―

第3位 名古屋市科学館 (日本、名古屋市)

おお、来ました。世界中に無数にあるプラネタリムの中で、堂々の第3位です。
リンク先では、こんな風に解説されています。
 「名古屋市科学館は、直径35メートル(115フィート)のドームと350席を備えた、世界最大のプラネタリウムの所在地である。しかもこのプラネタリウムは、単に最も大きいばかりでなく、これまでに建てられたプラネタリウムの中で、最も洗練され、かつ最も高い品質を誇るものの一つである。」
もう、ここまで書いてもらえば十分でしょう。文句なしに立派なものです。

4位以下のランキングは次の通り。

4位 芸術と科学の都レミスフェリック (スペイン、ヴァレンチア)
5位 アドラー・プラネタリウム (米、シカゴ)
6位 H.R.マクミラン宇宙センター (カナダ、バンクーバー)
7位 モリソン・プラネタリウム (米、サンフランシスコ)
8位 アルバート・アインシュタイン・プラネタリウム (米、ワシントンD.C)
9位 ガリレオ・ガリレイ・プラネタリウム (アルゼンチン、ブエノスアイレス)
10位 ピーター・ハリソン・プラネタリウム (英、ロンドン)

文化施設として、世界のベスト3に入るものが、日本に果たしていくつあるか?
こうなると、名古屋人は屈折した思いをサラリと捨てて、堂々と胸を張っていいし、いっそ日本中の人が、わが事としてお国自慢してもいいぐらいです。

   ★

朝日の記事の方は、その「大きさ」以外に、「生解説」にも注目しています。
(以下、記事を引用)

 日本一、世界一に躍り出た名古屋市科学館のプラネタリウム。だが、本当の売りは他にもある。「生解説」だ。
 日本は世界有数のプラネタリウム大国。大小約350館は米国に次ぐ数だ。ただ、その中で生で解説するのは数えるほどしかない。バブル期に自治体が競って建てたこともあり、職員の数が不足。事前につくった番組を流す形式が増え、長期間にわたって知識を蓄える解説者の不足に拍車をかけている面もあるようだ。
 名古屋市科学館にいる解説者は25~60歳の男女7人で、全員が学芸員の資格を持つ。1枠50分、録音に頼らずしゃべりっぱなし。天文主幹で自身も解説者の野田学さん(53)は「時間いっぱいの生解説はやめません」と強調する。客層に合わせた話しぶり、アドリブも交えたトーク、そして、観客が星空を体感するしばしの沈黙……ベテラン職員でも毎回緊張するライブだ。
 日本プラネタリウム協議会の糸賀富美男さんは市科学館をこう評価する。「ハードだけでなく、ソフト面でも日本のプラネタリウムを引っ張ってくれている存在だ」

ハードもソフトも十分に手を掛けているのは貴重です。特に後者の点は、その地道な努力に心底頭が下がります。

   ★

ところで、現在、名古屋グランパスの新スタジアムの候補地に、科学館のある白川公園の名が挙がっているそうです。交通アクセスの良さが最大のアピールポイントで、スポンサーであるトヨタの意向を受け、河村市長も大乗り気だと仄聞します。

そうなると、今ある科学館や美術館は立ち退きということになるのですが、科学館や美術館へのアクセスの良さが失われることは、あまり関係者の念頭にはないようで、世界第3位のプラネタリウムも、いささか旗色が悪いです。

カテゴリー縦覧…プラネタリウム編:ドームを照らす赤い星2015年02月19日 20時07分11秒

昨日の汚れた地球儀が、まだ真新しかった時代。

(西野嘉章、『装釘考』(玄風社)より)

こういう本を見ると、当時の空気がスッと分かるような気がします。
もちろん「気がする」だけで、本当のことは分かりませんが、鉄の匂い、油の匂い、巨大な蒸気ハンマーの音、汚れた前掛け、筋張った手…なんかが、一塊のイメージとなって浮かんできます。ロシアがソ連となり、国内では「主義者」が気勢を上げ、特高と対峙していた頃です。

あの頃のロシアでは、ロシア・アヴァンギャルドと称される芸術運動が展開し、上の本にあふれるデザイン感覚も、その影響圏で生まれたものと思います。

そのロシア・アヴァンギャルドの一分派が「ロシア構成主義」。
建築分野でいうと、鉄・コンクリート・ガラスなどの工業素材を多用した、抽象的・幾何学的造形性を前面に出した様式で、いかにも「新しい時代」を意識した、旧来の建築様式(それはブルジョア趣味として排撃されました)と激しく対立するものでした。

その一例として挙げられるのが、1929年に完成したモスクワ・プラネタリウムです。
歴史的プラネタリウムは数々あれど、モスクワのそれは、ヨーロッパ随一の規模を誇ると同時に、革命後ロシアに芽吹いた芸術運動の落とし子という点に特徴があります。設計者は、若きミハイル・バルシュ(1904-1976)と、ミハイル・シニャフスキー(1895-?)。


その独特のシルエットは、かつて「タルホの匣(はこ)」と称して仕組んだ、シガレットケースにも登場しました。

(タルホの匣については、http://mononoke.asablo.jp/blog/2010/03/31/を参照)

そしてまた、この小さなピンバッジにも、その雄姿は浮き彫りになっています。

(隣は宇宙モノのピンバッジをしまってある、ドロップ缶)


星たちが瞬く空の下、銀色の大ドームが、絞った弓のように盛り上がり、
そのはるか向こうを、赤い流星が真一文字に翔んでゆく…
何だかやたらにカッコいい構図です。

   ★

昨年、85歳を迎えたプラネタリウムは今も現役です。
ただし、その間常に幸福だったわけではなく、2011年に再オープンするまで、17年間も閉鎖されていたという事実を、今回初めて知りました。再開にあたっては躯体をジャッキ・アップして、建物2層分を増築するという離れ業をやってのけたそうです。

■公式サイト(英語): http://www.planetarium-moscow.ru/en/


【参考】 Moscow Planetarium
      http://architectuul.com/architecture/moscow-planetarium