庚申信仰2020年09月21日 07時16分17秒

(今日は2連投です。前の記事のつづき)

その干支のひとつに「庚申(こうしん/かのえさる)」があります。
西暦でいうと、直近は1980年で、次は2040年。

ただし、干支というのは「年」を指すだけでなく、「日」を指すのにも使います。だから旧暦を載せたカレンダーを見ると、今日、9月21日は「丁卯」で、明日は「戊申」、あさっては「己巳」だ…というようなことが書かれています。

そういうわけで、庚申の日も60日にいっぺん回ってきます。近いところだと先週の月曜、9月14日が庚申の日でした。次は11月13日です。庚申塚とか、庚申講とか、いわゆる「庚申信仰」というのは、この庚申の日に関わるものです。

   ★

庚申信仰について、ウィキペディアばかりでは味気ないので、紙の本から引用します。

 「〔…〕庚申(かのえさる)にあたる日には、特殊な禁忌や行事が伝えられている。とくに庚申の日に、眠らないで夜をあかすという習俗は、もともと道教の説からおこったものである。人の体に潜む三尸(さんし)という虫が、庚申の日ごとに天にのぼり、その人の罪を天帝に告げるという。そこで、その夜には、守庚申といって、眠らないで身を慎むのである。

〔…〕庚申待ちの礼拝の対象は、一般に庚申様と呼ばれている。しかし、もともと庚申の夜には、特定の神仏を拝んだわけではなかった。初期の庚申塔には、山王二十一社や阿弥陀三尊などがあらわれ、江戸時代になって、青面金剛(しょうめんこんごう)が有力になってくる。さらに神道家の説によって、庚申が猿田彦に付会され、道祖神の信仰にも接近した。

〔…〕庚申信仰の中核となるのは、それらの礼拝の対象とかかわりなく、夜こもりの慎みであったと考えられる。そのような夜こもりは、日待ちや月待ちと共通する地盤でおこなわれていたといえよう。」
 (大間知篤三・他(編)、『民俗の事典』、岩崎美術社、1972)

   ★

引用文中に出てくる「青面金剛」の像を描いた掛け軸が手元にあります。(元は文字通り掛け軸でしたが、表装が傷んでいたので、切断して額に入れました。)


憤怒相の青面金剛を中心に、日月、二童子、三猿、それに二鶏を配置しています。
庚申の晩は、これを座敷に掛けて、近隣の者がその前で夜通し過ごしたのでしょう。といって、別に難行苦行というわけではなくて、ちょっとしたご馳走を前に、四方山の噂をしたり、村政に関わる意見を交わしたり、村人にとっては楽しみ半分の行事だったと思います。


線は木版墨摺り、それを手彩色で仕上げた量産型で、おそらく江戸後期のもの。
改めて庚申信仰を振り返ってみると、

○それが暦のシステムと結びついた行事であること、
○道教的宇宙観をベースに、人間と天界の交流を背景にしていること、
○日待ち・月待ちの習俗と混交して、日月信仰と一体化していること、
○夜を徹して営まれる祭りであること

…等々の点から、これを天文民俗に位置づけることは十分可能です。まあ、この品を「天文アンティーク」と呼べるかどうかは微妙ですが、このブログで紹介する意味は、十分にあります。

   ★

ところで、手元の品を見て、ひとつ面白いことに気づきました。


この掛け軸は、絵そのもの(いわゆる本紙)は、割と保存状態が良かったのですが、一か所だけ、三猿の部分が著しく傷んでいます。特に「言わざる」の口、「聞かざる」の耳、そして「見ざる」に至っては顔全体が激しく摩耗しています。

おそらくこれを飾った村では、見てはいけないものを見た人、聞いてはいけないことを聞いた人、言ってはいけないことを言った人は、庚申の晩に、対応する三猿の顔を撫でて、己の非を悔いる風習があったのではないでしょうか。そうした例はすでに報告されているかもしれませんが、私は未見なので、ここに記しておきます。

(上の想像が当たっているなら、その摩耗の程度は、当時の「三悪」の相対頻度を示すことになります。昔は見ちゃいけないものが、やたら多かったのでしょう。)

火の山へ2019年03月21日 06時57分57秒

以前、書斎の写真集をめくっていて、「おや?」と思う光景を目にしました。

(E. Ellis, C. Seebohm & C.S. Sykes、『At HOME with BOOKS』(Clarkson Potter、1995)より。ニューヨーク在住のStubb夫妻の書斎)

よく見ると、中央の額も、足元に無造作に置かれた額も、すべて画題が火山になっていて、「なるほど、世の中には<火山趣味>というのがあるんだな」と、悟りました。

   ★

火山の噴火は、もちろん恐ろしいものです。
昔のポンペイにしろ、浅間山にしろ、近くは木曾御岳にしろ、噴火によって一瞬で命を奪われた人が大勢います。火山はまずもって畏怖の対象。と同時に、その人智を超えた巨大なエネルギーが人の心を捉え、ときに神格化され、またときにこうして絵姿に描かれます。

   ★

火山の絵というと、手元にもなかなかの優品があります。
しかし、それは「火山美」を描いたものではなく、かといって、火山災害の恐ろしさを説くものでもありません。それは火山のジオグラフィーを科学的に描いた、学校教育用の掛図です。


大阪教育社編纂、明治40年(1907)刊行の「噴火山」の図。
ずいぶん前に登場した月面図と同じく、同社の「天文地文空中現象掛図」シリーズ中の一本です。

こうした明治の地学掛図は、かなり珍品の部類に属するので、大いに自慢したいところですが、残念ながら上の画像は自前ではなく、商品写真の流用です(以下同じ。現物は戸棚の奥にしまいこまれ、容易に取り出すことができません。悲しむべきことです)。

   ★

この絵は構図からして、たぶんナポリのヴェスヴィオ火山の写真ないし絵を元にしているのでしょう。

(ヴェスヴィオ火山の絵葉書。20世紀初頭)

それにしても不思議な絵です。


火山が大噴火しているのに、慌てふためいて戸外に走り出る人もなく、町はいたって静かです。煙突からはゆっくりと煙が上り、湾内の船舶もみな錨を下して、おとなしくしています。この町では、こんな噴火が日常茶飯事で、誰も驚かないのでしょうか。


さらに、ここに並ぶ建物群がまた独特で、現実感が希薄というか、なんとも言えないシュールな味わいです(ナポリの町とはまるで違います)。幻燈が暗闇に映し出す外国風景や、昔の文明開化の記憶、それに汽車から一瞥した神戸の街並みといった、断片的イメージを、画工が脳内でつきまぜてこしらえあげた、「この世に決して存在しない西洋風景」のように見えます。

科学的な絵でありながら、やっぱりここには不思議な美が漂っています。

こうした「空想の異国」は、関西の画工の脳内にきざすと同時に、東北に住む賢治の胸裏にも浮かび、彼はそれを「イーハトーヴの世界」として描きました。

ここで賢治を持ち出したのは、もちろん『グスコーブドリの伝記』の連想からです。ブドリがたどり着き、命をかけて救った町は、きっとこんなたたずまいだったに違いありません。さらに火山の断面図が発する科学の香りには、クーボー大博士の咳払いや、ペンネン技師の横顔も重なって感じられます。

   ★

明治40年、賢治は11歳で小学校の高等科の生徒でした。すでに「石っこ賢さん」の異名をとるほどの鉱物好きで、2年後には県立盛岡中学校に入学し、その鉱物趣味や天文趣味にさらに磨きがかかります。

賢治が学校時代に似たような掛図を見せられ、それが記憶に潜在し、後のグスコーブドリの物語が生まれたのだ…となると、話としては面白いのですが、そんな論考がすでにあるのかどうか、寡聞にして知りません。

暦を買う2015年12月29日 08時52分19秒

歳末の風物詩といえば、新しいカレンダーを買うこともその一つ。
俳句で「暦売り」は、冬の季語となっています。

  打ちつゞく 寒き好き日や 暦売    松根東洋城

   ★

皆さんはもう買われたでしょうか。
もしまだの方は、こんな一風変わった品を検討されてはいかがでしょうか。

(「Anaptár ― 芸術と科学が出会うところ」。http://anaptar.com/

ハンガリーのグラフィック・デザイナー、Anna Farkas氏が手掛けた天文カレンダー、「Anaptár(アナプタール)」。100×70cmサイズの、1枚物のポスター形式の暦です。
上記リンク先のページにある「SHOP」から購入可能です。

(同封のフライヤー)

私も1枚買いました。定価は35.43ユーロ、約4,600円と、決して安いものではありませんが、送料は無料でした。

このカレンダーは「Radial Calendar」(放射状カレンダー)の一種です。
すなわち、1年を円で表現し、円周を366分割して(来年はうるう年です)、各日ごとに様々な天文情報を表現し、それらが連続的に変化することで、グラフィカルで美しい曲線や模様が画面に浮かび上がっています。

表現されているのは、月の満ち欠け、日の出・日の入り、月の出・月の入り、太陽と月の南中時刻、常用薄明(太陽が地平線下マイナス6度までの位置にある時間帯)、地球-月の距離変化、月の高度(赤緯)変化、月の近地点・遠地点・交点(黄道と白道が交わる昇交点と降交点)の表示…etc.  

   ★

なかなか情報量豊富ですが、このカレンダーには1つ残念な点があります。
それは日本対応版がないことです。

上記データは観測地点によって異なるため、このカレンダーは世界の各都市に対応したものが作られているのですが、現在あるのはブダペスト、ニューヨーク、ロンドン、ベルリン、コペンハーゲン、ウィーンだけです。

(今回購入したのは、グリニッジへの敬意と言語表記の問題からロンドン版です)

したがって、買ってもそのまま使えるわけではありません。
しかし、ポスターフレームに入れて、アート作品として観賞するだけでも、この作品の存在意義は十分あります。

(来年の1月1日と、それに接する来年の12月31日)

(カレンダーの中心には美しい星図が置かれています)

…と言いつつも、今の部屋には、それだけのスペースがありませんし、たとえ一時的にせよ広げて眺めることもなかなか困難です。


なんだか全く無駄のようですが、積ン読本には積ン読本の効用があるように、丸めたままのカレンダーにも、それなりの意味はあるものです(それが何かは即答できませんが)。

掛図師のこと2015年06月02日 20時13分32秒

(昨日のつづき)

フィリップス社の掛図で気になるのは、あれは本当に掛図なのか?ということです。いや、もちろん掛図なんですが、当初から掛図として販売されていたのかどうか?
…というのは、あの星図と同じものが、もう1つ手元にあるんですが、見た目がまったく違うんですね。


そちらは、紙表紙を付けた折り図式のものです。


1940年の版権表示も含め、ご覧の通り中身は全く同じ。サイズも同一です。
掛図の方は、星図部分の地色がいくぶん緑がかって見えますが、それは表面にニスが引いてあるせいでしょう。

で、結論から言うと、これは折り図が本来の出版形態で、掛図はそれを購入した人が二次的に加工したものではないか…と推測しています。

(下部をめくり上げたところ)

この掛図は、紙の図をキャンバス地で裏打ちし、木製の軸を打ち付けてあるのですが、イギリス(や他国)には、ちょうど日本の表具師のような、専門の裏打ち職人がいるんじゃないでしょうか。その辺の事情にうといのですが、古い大判の地図にも、布地で裏打ちを施したものが折々あって、あれもそういう職人に個別に頼んだものだと思います。(絵画修復師とか、装幀師とかが、裏打ち商売を兼ねているのかもしれません。)

涼しい星空…カテゴリー縦覧:掛図編2015年06月01日 20時45分21秒

早くも六月、水無月。
時の流れの速さはもう慣れっこですが、それにしても…と呆れます。

   ★

さて、今日は来たるべき夏を乗り切るために、涼味満点の星図を載せます。


どうですか、この浅葱色の夜空の風情は。
星図を吊るす棒の長さは125cm。正味のチャート部分だけでも、幅 118cm ありますから、掛図としては大判の部類です。


中央を真一文字に横切る天の赤道をはさんで、南北両天、赤緯にして±60度の範囲の空を描いています。中央をゆるやかに蛇行している曲線は黄道。
古風な星座絵と決別した、そのグラフィカルな星座表現も、またスキッとした涼味を感じさせます(天体は5等星までを表示)。



版元はアンティーク星座早見でおなじみの、イギリスのフィリップス社で、1940年のコピーライト表示が見えます。


この星図の見所は、とにもかくにも「涼し気」という点にありますが、掛図として見た場合、ちょっと気になる点があるので、そのことを次回書きます。

(この項つづく)

螺旋蒐集(7)…存在の始原へ2014年01月05日 08時01分42秒

夢枕獏氏の『上弦の月を喰べる獅子』は、「SFマガジン」誌に連載され、後に日本SF大賞を受賞しました。ですから、一般にはSF小説に分類されるのでしょう。ただ、いわゆるサイエンス・フィクションとは遠いテーマであるのも確かです。以下、作品の終盤。

   ★

賢治と「螺旋蒐集家」が融合することによって異界に突如出現した男、アシュヴィンは、数々の経験を経て、ついに蘇迷楼(スメール、世界の中心にそびえる須弥山のこと)の頂にある獅子宮の中に足を踏み入れます。

 螺旋蒐集家は、螺旋階段を登り、最後の一段を踏み出したのであった。
 岩手の詩人は、オウムガイの対数螺旋の極に、たどりついたのであった。

そこでアシュヴィンを待ち受けるのは二つの問。もし彼がそれらに正しく答えられたら、世界は消滅すると言い伝えられていました。しかし、アシュヴィンは己の運命に従い、問と正面から向き合います。その二つの問とは、汝は何者であるか?、そして朝には四本足、昼には二本足、夕には三本足の生き物がいる。それは、何であるか?」というものです。

もちろん、二番目の問は有名なスフィンクスの謎ですが、答は単純に「人間」なのではありません。ここで仏典を連想させるやりとりがいろいろあって、アシュヴィンは見事二つの問に答を与えます。と同時に、問う者と問われる者の合一が生じ、ここに最後の問が自ずと発せられます。

 「野に咲く花は幸福せであろうか?」
 問うた時、そこに、答はあった。
 問うたその瞬間に答が生じ、問がそのまま答となった。
 野に咲く花は、すでに答であるが故に問わない。
 もはや、そこには、問も答も存在しなかった。


これが作品のクライマックスで、この後、現世における螺旋蒐集家と賢治の死、それに釈迦の誕生シーンがエピローグ的に描かれて、作品は終っています。(それによって、2人の物語は釈迦の“過去世”を説く本生譚だったことが明らかとなり、時空を超えた不思議な螺旋構造が読者に示されるわけです。)

   ★


昨年のクリスマス・イヴに、インドの古都から届いた古い巻物。
ここには生命の根源的秘密が図示されている…
と、無理やり話を盛り上げる必要もありませんが、でもまんざら嘘でもありません。


届いたのはインドの学校で使われていたDNAの掛図です。表面のニスの加減でずいぶん時代がついて見えますが、1985年のコピーライト表示が見えるので、比較的新しいものです。

まあ、DNAの掛図を、わざわざインドから取り寄せる必然性は全くないんですが、当時は獏氏の本を読んだばかりだったので、インドと生命の螺旋というタームが心にいたく響き、ぜひ買わないといけない気がしました。


私たちの体が2個の蝸牛のみならず、何千兆もの螺旋体で満ちあふれ、それが生命そのものを律しているのは紛れもない事実ですから、インド云々はさておき、螺旋蒐集上やっぱりこれは見逃せない品だと思うのです。


まあ、監修者のデシュ・バンドゥ・シャルマ博士にしてみれば、およそ妙なこだわりと感じられるに違いありません。平均的日本人にとって、インドは依然何かしら神秘と結びつく国だと思いますが、あるいは先方からすれば、日本こそ怪しい国なのかも。

   ★

いつも同様、さっぱり要領を得ないまま、ひとまず螺旋の話題はこれで終わります。

月まろし2013年09月20日 21時21分05秒

昨日は十五夜。
今日もまだまだ丸い月が皓々と冴え返っています。
これだけ月が明るくては、あに月の話題なかるべけんや。

なにか満月にちなんだものはないかな…と、部屋の中を見回したら、月の掛図を見つけました。


詳細は忘れましたが、たしか「これさえあれば雨の日でもお月見ができるぞ」という単純な思い付きで買ったのでした。
こうして掛けてみれば、直径50センチの月が明るく書斎を照らし、たしかにお月見気分を満喫できます。(もちろん、今日は掛図を眺めるよりも、本物の月を眺める方が、気が利いているでしょうけれど。)

上の画像を見ると、非常に精細かつリアルな月に見えますが、ちょっと近寄ってみると、リキテンスタインばりの網点がくっきりと浮かんで、なんとなくモダンアートっぽい感じもします。しかも、この月は白ではなく、銀のインクで刷られているので、なおさらです。


右下にはくねくねしたサインが書かれていますが判読不能。


モノとしてはごく新しく、最近もeBayで新品が売られているのを見た記憶があります。

オー・ソレ・ミオ!2013年04月17日 20時40分49秒

イタリアといえば、以前、こんなものを手に入れました。
これもジョバンニの教室をイメージしてそうしたのですが、結局出番がないまま、徒花で終わった品です。

(軸を除いたサイズは約96×64㎝。傷みが激しく、紙が真ん中で折れてしまっています。)

ご覧のとおり、画題は地球の公転と季節変化。
イタリア製の天文掛図はわりと珍しく、私が持っているのはこれだけです。
版元のAntonio Vallardi 社はミラノの出版社で、聞くところによると、今や260年以上の歴史を有する、とんでもない老舗だとか(1750年創業)。


印刷は砂目石版で、発行年は書かれていませんが、おそらく1910年代ころのものでしょう。


それにしても、この太陽はすごい。
別に各国の掛図を全部調べたわけではありませんが、でも、よその国だったら、太陽は単なる円盤か、あるいはそこに光を添えるにしても、こんなふうに太陽本体が見えないくらい光を描き込むことはしないような気がします。

(地球軌道を越えて伸びる太陽光の描写)

さんさんと降り注ぐ陽光に、どうしようもなくイタリアを感じます。


【おまけ】

下は明治時代の日本の掛図。「日出ずる国」でも、陽光はやや控えめです。


明治の Kawaii 博物掛図2012年12月23日 10時08分52秒

(一昨日の記事のつづき)

いとおしい明治の博物掛図。その現物を手元において、その妙を味わう。
常識的には難しい課題ですが、そこは蛇の道はヘビ。
こんな可愛い抜け道がありました。
 

 
松川半山(註解)『博物図教授法(全)』
 岡島宝玉堂、明治16(1883)再版(初版=明治10年)
 18.1×12.3cm

新書版よりちょっと大きいぐらいの、和紙・和本仕立ての本です。
この本は、いわば当時の「先生用虎の巻」で、掛図に描かれた対象を挿絵入りで説明した解説書。そして、ご覧のようにオリジナルの掛図を縮小した、木版多色摺りのミニアチュ-ルが収められています。

昨日のカボチャの掛図も以下の通りばっちり。
 


 もちろんオリジナルほどの細密さはありません。
しかし、この雛道具のような掛図は、愛らしさにおいて、オリジナルよりもむしろまさっているかもしれません。

愛しさのあまり、たくさん写真を撮ったので、いっぱい貼っておきます。
 
(「第四博物図」)

左にちらっと見えているのは、上掲書の続編で、同じ著者による『博物図教授法(動物第四・動物第五・植物第五 全)』(明治16年再版;初版は明治12年)です。

そもそも、明治の博物掛図は「第一博物図」~「第五博物図」の植物篇5図と、「動物第一」~「動物第五」の動物篇5図計10図からなります。
上に書誌を挙げた、『博物図教授法(全)』の初版が出た時点では、後から刊行された「第五博物図」「動物第四」「動物第五」の収録が間に合わなかったので、この3図のために続編が作られました。(したがって両方揃わないと、本当の意味での「全」にはなりません。)
 
(上図の拡大。かわいいキノコたち。)
 
(「動物第一/獣類一覧」。明治の子供が初めて触れたであろう元祖・動物図鑑。)
 
(獣類一覧解説ページより。江戸時代の本草書からあまり隔たっていない雰囲気。)
 
(「動物第四/多節類一覧」。まだ標準和名が定まっていない時期の虫名が興味深い。)
 
(これまた極め付きに可愛い「動物第五/柔軟類多肢類一覧」。)
 

タコノマクラにサルノマクラ。後者は今でいうスカシカシパンのことだそうですが、海の生物には、昔から優しい、ユーモラスな名前が多いような気がします。

   ★

なにもなにも ちひさきものはみなうつくし。(枕草紙)

かぼちゃ、明治博物風。2012年12月21日 20時39分50秒

今日は冬至。
季節の風物詩、カボチャからの連想で記事を書きます。

天文古玩的にカボチャというと、1枚の古い掛図が思い出されます。

(明治6年刊、「第二博物図」。 出典: 国立公文書館デジタルアーカイブ
 http://www.digital.archives.go.jp/gallery/view/detail/detailArchives/0000000933

(上記部分図)

   ★

明治の始め、初等教育の場に初めて自然科学が登場したとき、何をどう教えればいいのか、極端に言えば、誰も知りませんでした。西洋の科学啓蒙書の翻訳・翻案は、続々と行われていましたが、まったく素養のない子供たちに、新時代の学問をどう教えるべきか?

そこに登場したのが掛図です。
掛図は当時、西洋の学校でも盛んに使われていたので、お手本には事欠きませんでした(直接的には、アメリカの掛図が参照されたようです)。また日本の場合、昔から絵解きの伝統があったので、それを受け入れやすい素地があったのかもしれません。
掛図は子供たちの視覚と好奇心に訴えようという、いわば明治版AV教材。


(↑玉川大学教育博物館で平成15年に開催された、『明治前期教育用絵図展』の図録。同じく平成18年開催の『掛図にみる教育の歴史』図録と併せて、明治期の掛図について知るには便利な1冊。)

   ★

博物掛図で興味深いのは、大根やスイカやカボチャなど、誰でも知っている卑近なものを、改めて「学問」の対象として、その俎上に載せていることです。
青物屋の店先にゴロゴロしているものが、多様な植物の姿を学ぶ生きた教材として提示されたとき、そこに新たな価値と意味が生まれた…とすら言えるでしょう。

博物掛図には、遠い異国の見慣れない獣類なども登場するのですが、しかし野菜に限らず、「雑草」や「虫けら」など、子供たちの身の回りの生物が、新たに「観察と学習」の対象として取り上げられたことは、「自然科学的態度」の涵養に、いっそう大きな意味があったはずです。

いわば博物掛図は、新たな科学的認識の先兵でもあったのではないでしょうか。

   ★

例によって大上段に振りかぶって論じていますが、本当は文明開化の日本で、サイエンスと木版摺りの伝統が融合し(さらに細かく見ると、図自体も銅版墨刷と木版色刷の和洋折衷です)、興味深い一連の作品が生まれたことを指摘し、その鑑賞に徹したほうが滋味豊かかもしれません。博物掛図には、それだけの「味」がありますから。

ただ、その「味」を知るには、やはり現物を手にしたいところ。
しかし、明治初期の掛図は、今や立派なミュージアムピースですから、それを入手することはきわめて困難です。私もハナから諦めていましたが、その後、意外な形でその壁が崩れたので、そのことを以下に書きます。

(この話題つづく)