明治科学の月影さやか2010年09月22日 21時43分12秒

今日は旧暦8月15日。
残念ながら全天雲に覆われて、今夜は月の見えないお月見です。
でもふり返れば、そこに真ん丸い月が。


本棚にかかっているのは、明治40年(1907)発行の学校掛図。
ラベルには「天文地文空中現象掛図 第一輯 六軸之内 五」とあって、天文・地学教材として作られた、シリーズ物のうちの1枚のようです。

明治時代の掛図は、後のものに比べて小さいと以前書きましたが(http://mononoke.asablo.jp/blog/2008/05/20/3531187)、実際この掛図もサイズは約86×56cmしかありません。

編纂は大阪教育社、著作発行・兼印刷者は、大阪市西区の「集画堂・吉江治平」となっています。集画堂(大阪集画堂)は、教育用掛図の古い版元で、戦後も昭和30年頃迄まで存続していましたが、その後廃業したのか、消息を聞きません。


月の海や光条の表現が独特で、ザラザラした砂目石版による表面の陰影とも相まって、何とも不思議な表情の月です。おそらく何か外国から来た元絵があると思うんですが、いまだに見当がつきません。


ちょっと画像をいじると、いっそう幻想的な雰囲気に。
(画面の輝度を調節すると、きれいな満月が浮かび上がります。)


明治の科学少年の目には、名月がこう映ったのかもしれません。

コメント

_ S.U ― 2010年09月22日 23時27分32秒

 天気が悪くなる前に少しの間だけ名月が見られました。

 これは、何とも不思議な月面図ですね。昭和期の岩崎賀都彰(一彰)氏の絵を思い浮かべました。
 この光条と海を見ていると、「月面図」というよりは「菊水図」のようにも見えます。案外、日本的なのかも?

_ 玉青 ― 2010年09月25日 09時22分39秒

なるほど!
この月面を岩肌と見れば、これは確かに伝統的な日本画(何派かはっきりしませんが)の描き方ですね。そして繊細な管菊のような光条。
この画面全体にモヤモヤと漂う、不思議なエキゾチズムの正体は、新時代の科学的説明図を、旧来の和の筆法で描いてしまったところが変なのでした。
そのことが分かり、俄かにスッキリしました。
ご指摘ありがとうございました。

_ L4RI_JP ― 2017年12月02日 14時24分23秒

S.U様の「菊水図」は謂い得て妙ですが、この「月面らしからなさ」具合からして、望遠観測や撮像を直接見ての絵とは到底思えません。何かしら、既に描かれたものを參考に想像で描き直した結果、こういう不思議な図になってしまったのではないでしょうか。

候補としてひとつ思いつくのは、東京造画館から明治36年に出された『天地現象掛圖』第二輯五枚組のうちの「月の圖」で、こちらの方は多分舶来の元図か写真かを基に描いたものらしく、まずまずそれらしく見えます。

大阪集畫堂は時期からしても社名からしても、何となく造画館が掛図で当てたのを知っての、利に敏い大坂商人の肖り商売だった、という可能性も考えられます(明治期はそういうパターンの起業と紛いもの批難の応酬が盛んだったらしいことが、当時の新聞広告を追っていくとよくわかります)ので、あながちないことでもないかなぁ、と思っております。

なお『天地現象掛圖』は、インターネットで検索してみた限りでは奈良女子大学附属図書館「明治教育文庫」に第四輯の一部が所蔵されているとのことですが、シリーズの全貌は今のところ明らかになっていないようです。

_ 玉青 ― 2017年12月03日 16時45分41秒

どこかから元絵を引っ張ってきて模写したというのは、まず間違いないところでしょうね。
さらに、先行する掛図の丸パクリというのも、大いにありうることですが、先行図もまたどこかに元絵があったはずですから、仮に造画館から難詰されても、集画堂側は「いや、たまたま同じ絵を模写しただけでしょう」と、しれっと言い抜けるつもりだったかもしれませんね。(^J^)

明治の天文・地学の掛図類は、奈良女子大所蔵のものと同一のものを含め、何点か手元にあるので、いつか記事にしたいと思っています。(なお、奈良女子大にあるのは、紐でぶら下げるボード式に調製してありますが、手元にあるのはすべて普通の巻物式の掛図になっています。)

_ L4RI_JP ― 2017年12月03日 21時32分12秒

では記事をたのしみに待つことにいたしましょう。

数をみておりませんので断言はできませんが、明治期の(意外と小振りの)掛図はぺらっとした組ポスターという感じのものが多く、紐を取り付けてぶら下げて使えるようにしたのはユーザである学校側の仕事だったのでは……という感じがしております。少なくとも、先の三省堂の全天恒星図などは、寧ろ例外的にしっかり造られているのではないかしらん。

_ 玉青 ― 2017年12月05日 21時52分46秒

>ユーザである学校側の仕事

私も同意見です。たぶん、最初から版元で掛図に仕立てたものと、「まくり」状態の廉価版の両方が流通していたんじゃないでしょうか。

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
このブログのタイトルを平仮名で書くと、「○○○○こがん」です。○○○○に入る4文字は?

コメント:

トラックバック