「ヴォルベルのこと」への補足2016年12月04日 10時32分19秒

【補足1】

星座早見盤を「アナログ計算機」と書きましたが、あんまり計算機っぽく見えないなあ…と感じる方もいらっしゃると思います。

星座早見盤の普通の使い方は、日付と時刻を合せて、そのとき空に見えている星座を知る…というものでしょうが、これは見方を変えると、日付と時刻から、各恒星の地平座標上の位置(方位と高度)を読み取っていることに他なりません。(実際、現在市販されている早見盤の多くは、地平座標を読み取りやすいよう目盛が入っています。)

(地平座標線が入った渡辺教具製の早見盤)

星座早見盤に可能なのは、星の見え方を知ることだけではありません。
特定の星が南中するのは今日の何時か、あるいは同じ星が午後7時に地平線から昇るのは何月何日か、早見盤を使えばたちどころにその答が分かります。

結局、このシンプルな装置の中には、日付・時刻・星の地平座標上の位置という、3つの変数の取り得る組合せが全て格納されており、円盤を回すことで、知りたい情報を自在に取り出せるという意味で、これは非常に高度で洗練された計算機なのです。


【補足2】

昨日、和式ヴォルベルとして密教占星術の本を載せましたが、天文学の本流からすれば、いかにも「変格」であることは否めません。でも、「正格」な作例もいろいろあります。

オランダ・バロック絵画と古地図・天文資料のコレクターであるtoshiさんについては、以前ご紹介しましたが、toshiさんはこの和式ヴォルベルに関しても、資料をいろいろ蒐集されていて、ご自身のブログ「泰西古典絵画紀行」(http://blog.goo.ne.jp/dbaroque)で、その見事な例を紹介されています。


発明の才にかけては、江戸の人もイスラム黄金時代やルネサンス期の人におさおさ劣らぬものがあって、ちょん髷を結った人が、こういうハイカラな道具をクルクル回している姿を想像するのは、ちょっと楽しいものです。

ヴォルベルのこと2016年12月03日 14時06分47秒

身過ぎ世過ぎと言いますが、なかなか人として世を送るのは大変なことです。
今週は生業が突沸して、記事を書く余裕が持てませんでした。

その間も政権周辺はまさにやりたい放題、トランプやプーチンに恥を掻かされた恨みを、ここぞとばかりに国内で晴らして、溜飲を下げているようにも見えますが、結局は恥の上塗りをしているだけのことです。まあ、廉恥心のかけらもない手合いですから、その辺はどうでもよいのでしょう。

それにしても、お上公認の賭場を開帳するとなると、その周辺で蠢く有象無象の懐には、いったい幾らぐらい入るものなのでしょうか。そんないかがわしい利権のために、我々の身過ぎ世過ぎの成果を使うのはやめてくれと、声を大にして言いたいです。

   ★

…と、怒りをあらわにしたところで、おもむろに記事を再開します。

前回までの記事で、アピアヌスの『皇帝天文学』を眺めましたが、あそこで多用されていたのが「回転盤」、横文字でいうと「ヴォルベル(volvelle)」で、紙製の円形パーツをクルクル回すことで、天文現象をシミュレートする仕掛けでした。

天体とその運行は、基本的に球と円(あるいは楕円)に還元できる部分が多いので、素朴なヴォルヴェルでも、かなりの精度で各種の現象を再現できる…というのが、ヴォルベル盛行の要因でしょう。

今、「盛行」と書きましたが、実際ヴォルベルはアピアヌスの前からあちこちで用いられていたようです。英語版Wikipediaの「volvelle」の項を見ると、ヴォルベルは、アブー・ラインハーン・ビールニーといった碩学の働きによって、すでに11世紀のイスラム世界では多用されていたようなことが書かれています。そして、オリエント世界でヴォルベルから生まれた傑作が、あのアストロラーベというわけです。

アナログ計算機としてのヴォルベルは今も現役です。
お馴染みのところでは、星座早見盤がその直系の子孫。
なお、星座早見盤のルーツをアストロラーベとする資料もあって、たしかに両者は似ているのですが、アストロラーベからダイレクトに星座早見盤が生まれたというよりは、ヴォルベル一族の多様な進化の中で、片やアストロラーベが生じ、片や星座早見盤が作られ、両者が似ているのは、多分に偶然の産物だ…というのが真実に近いと思います。

   ★

日本にもヴォルベルはあります。


上は嘉永2年(1849)の序文を持つ『宿曜経撮要』という和本。
内容はさっぱり分かりませんが、要は日の吉凶を卜す、密教占星書の類でしょう。
その中に、和式ヴォルベルが登場します。


右側のは(最外周から)二十八宿、七曜、日付の3層構造、左側のも同じく3層構造で、こちらは本命星(占いの際は二十八宿から牛宿を除いて二十七宿として扱う由)と「運勢」の対応を見る「三九秘要法」のためのものらしいです。



まあ、何のことやらですが、宇宙と人間の照応関係をめぐる省察の歴史は、ヴォルベルの歴史以上に長く、他愛ない星占いとは言え、その根はなかなか深いです。

(でも、最近は人々の意識のあり様もちょっと変わって来て、外界が人間に与える影響の大きさよりも、むしろ人間が外界に与える影響の方を重視して、思いひとつで世界は変る…みたいな物言いを好むようです。人間の力が相対的に強まったせいでしょう。)


至宝の秘密2016年11月28日 06時25分08秒

(昨日のつづき)


さらにページをめくると、冒頭の星図に続き、ひたすら美麗な図版が続きます。


「LATITVDO SATVRNI」、すなわち「土星の(天球座標上での)緯度」を計算するための回転盤…らしいのですが、詳しい使い方は不明。昨日も書いたように、本複製には別冊の解説書が付属しており、そちらを読むと、個々の図版の詳しい用法が分かると思うのですが、まだじっくり読んだことはありません。


中には、こんなふうに見開きで2つの図が並んでいるところもあります。
左側はタイトルページにも登場したドラゴン。


『誰も読まなかったコペルニクス』の中で、著者ギンガリッチ博士が、「一番複雑に組み合わされたボルベルは7層に重なり、プトレマイオス説の周転円の理論をシミュレーションして水星の経度を見つけるという、アナログコンピュータの機能をもっていた」と書いていたのが、これだと思います。


いくつもの紙製パーツが紐でページに留めらられて、互いにクルクルと動きます。非常に手の込んだ作です。

「しかし」と、ギンガリッチ氏は続けます。

 「しかし残念なことにこの本は、印刷は見事だが可動部分の組み立てがお粗末きわまりなく、ボルベルのなかには、間違ったページに取りつけられたものや、糊で貼りつけられたためにうまく動かないものがあった。私は《ジャーナル・フォー・ザ・ヒストリー・オブ・アストロノミー》誌上で、この組み立てのひどさを訴えた。すると、しばらくしてエディツイオン・ライプツィヒ社は、専門的な意見を求めて私を東ドイツに招待した。」  (邦訳p.210)

これぞ「至宝の秘密」。この複製が完璧に見えて、実は完璧でない点です。
『誰も読まなかったコペルニクス』の本文には、この箇所にさらに註がついていて、巻末の註を読むと、そこに事の顛末がこう記されていました。

 「エディツイオン・ライプツィヒは『皇帝天文学』の修理用キットを印刷することに同意してくれたが、本を買った側に、このような改善の必要性に気づく人があまりいなかったために、このプロジェクトは取りやめになった。そのとき以来、私は中止になった修理プロジェクトのカラー校正刷りを使って、10冊以上の本を直した。1冊を修理するのに、普通で8時間近くかかった。それ以外にも、本の持ち主たちに10組以上の修理キットを配った。」 (邦訳p.352)

まめな人ですね。ギンガリッチ氏は、この修理キットをその後も長く手元に置いていたらしく、わりと最近も(2~3年前?)、希望者にこのキットを進呈する旨、メーリングリストでアナウンスしていた記憶があります。譲ってもらえばよかったかな…と思う反面、とても8時間かけて正確に修理する自信はありませんし、失敗したら元も子もありませんから、これはやめておいて正解です。

まあ、いずれにしても「至宝」は“使ってなんぼ”ではなく、恭しく拝んでこそのもの。「このような改善の必要性に気づく人があまりいなかった」のもむべなるかな、です。(アピアヌスの意気込みはそれとして、きっと献じられたカール5世だって、「ふーん」と眺めたぐらいで、この本を真面目に使ったりはしなかったんじゃないでしょうか。)

   ★

以下、おまけ。
前の記事で書いたように、東京三鷹の国立天文台の図書室にはこの複製本があって、開館時には誰でも閲覧できます。図書室の利用方法も含めて、以下のページにその紹介がありました。

マイナビニュース:
 宇宙 日本 三鷹!天文ファン御用達『国立天文台三鷹図書室』はビギナー歓迎

 http://news.mynavi.jp/articles/2010/10/19/mitaka/


至宝の扉を開く2016年11月27日 08時21分59秒

(昨日のつづき)


革でくるまれた表紙をめくると、これが動画にも登場していた、ドラゴンのタイトルページ。

(ちょっとピントが甘くなっています)


欄外の書き込み、手ずれでできたシミや汚れ、いずれもほぼ完璧に原本が再現されています。1967年当時のいかなる技術を使ってこれを製版したのか、私には想像がつきませんが、拡大しても網点が見られないので、オフセット印刷でないことは確かです(石版かもしれません)。


上のページをさらにめくると、神聖ローマ皇帝カール5世(CAROLVS QVINTVS)」への献辞と、皇帝の紋章が麗々しく掲げられています(この「V」は「U」と同じ)。


ここにも多面体を前にした人の姿が。
彩色は手彩色で、ところどころ金彩も見られます(上のMの字がそうです)。

   ★

ここで改めて書誌を確認しておきます。
本書の末尾には、以下の情報が記されています。


この番号入り複製本は総数750部で、州立ゴータ図書館(Die Landesbibliothek Gotha〔現・ゴータ研究図書館Die Forschungsbibliothek Gotha〕)所蔵のオリジナル(所蔵記号 Math. Fol. p.38)に基づく。1~200番の複製は、バイエルン州立図書館所蔵のオリジナル(所蔵記号 rar. 819)に従い、完全な彩色を施した。本複製は414番である。」

…というわけで、複製本にもグレードがあって、エディションナンバーが200番までの「上級品」には、特別な彩色が施されているそうです。手元にあるのは「並品」で、それでも私の目には十分美しく見えますが、さらにその上をいく彩色とはどんなものか?気になりますが、具体的な違いは今のところ不明です。

また、本複製には別冊の解説書(英独併記)が付属しており、そちらに書かれた情報も記しておきます。

「この複製本は、ドレスデン「人民の友愛」印刷所(Druckerei “Völkerfreundschaft”)で印刷され、ライプチヒのシャウアー彩色研究所で手彩色された。表紙に用いた革はハイニヒェン皮革製造公社の提供によるもので、ライプチヒのアルトマン製本所で製本された。付属の解説書は、ライプチヒのオフィツィン・アンダーセン・ネクセ(Offizin Andersen Nexö)公社で製版・印刷された。」

   ★

何せ「至宝」ですから、ここはもったいを付けて、さらに次回に続けます。

(この項つづく)

至宝登場2016年11月26日 14時57分36秒

『皇帝天文学』については、天文学史の泰斗、オーウェン・ギンガリッチ氏が、著書(邦題 『誰も読まなかったコペルニクス、早川書房、2005)の中で、それにまつわるエピソードを紹介しています。


その1つが、『皇帝天文学』が世に出てから40年後、1580年にティコ・ブラーエがこの本を大枚はたいて購入し、謎の多い天文学者パウル・ヴィッティッヒへの贈り物にした逸話で(そのときヴィッティッヒは、客人としてティコの城に滞在していました)、ティコの献辞が入ったその現物は、現在、シカゴ大学図書館にあるといいます(邦訳139頁以下、「第7章 ヴィッティッヒ・コネクション」参照)。

ギンガリッチ氏は、地動説が知識層にどのように受容されていったか、それをコペルニクスの『天球の回転について』の欄外書き込みを比較考証して跡付けるという、聞くだに大変な研究――何せ『天球…』の初版に限っても世界中に分散所蔵されているのですから――に手を染め、そのあれこれの追想記が、この『誰も読まなかったコペルニクス』で、まあ一種の「古書探偵譚」です。

氏の探索の手は、同時代の天文学書にも及び、『皇帝天文学』の書誌も当然のごとく熟知し、それについてさらにこう記しています(邦訳p.210。途中改行は引用者)。

 「エディツイオン・ライプツィヒは、すばらしい印刷の美術書や、図書館にある貴重な本の複製を刊行してドルを稼ぐことに熱心な東ドイツの大手出版社だった。

16世紀の出版界における偉業の一つは、『回転について』のわずか3年前に出版された、ペトルス・アピアヌスの『皇帝天文学』で、ブラーエが熱烈な思いをこめてヴイツティッヒに贈った豪華な本だ。この本は、回転円盤〔ボルベル〕がふんだんについた天体図をいくつも収め、人の手ですばらしい彩色を施した巨大な二つ折り判だった。一番複雑に組み合わされたボルベルは7層に重なり、プトレマイオス説の周転円の理論をシミュレーションして水星の経度を見つけるという、アナログコンピュータの機能をもっていた。

 エディツイオン・ライプツィヒは、チューリンゲン州中部のゴータの図書館にあった一冊のばらばらになった本をもとにして豪華な複製本を作り上げた。」

これが即ち昨日言及した複製本で、1967年に、全部で750部が作られました。
国内では東大の駒場図書館や、国立天文台の三鷹図書室が所蔵しており、千葉市はオリジナルの他に、複製本も持っているそうです。

複製本の方は、オリジナルのように何千万円ということはなくて、何十万円…というのも言い過ぎで、古書価だと十何万円です(「何十万」と「十何万」は似て非なるもの也)。


だから、我が家にもあります。
十何万というと、「お宝鑑定団」では「はい残念でした」レベルですが、言うまでもなく我が家にあるモノの中では最も高価な部類で、ボーナスをはたいて買った、まさに「我が家の至宝」。

このささやかな至宝を眺めながら、さらにギンガリッチ博士の言葉に耳を傾けてみます。

(この項つづく)

皇帝天文学2016年11月25日 22時22分17秒

昨日登場したペトルス・アピアヌス(1495-1552)。

一般に与えた影響という点では、1524年に出た『Cosmographia (宇宙誌)』が、彼の主著とされますが、天文古玩的には何といっても、1540年に出た『Astronomicum Caesareum (皇帝天文学)』を挙げなければなりません。

本書は、時の神聖ローマ皇帝・カール5世(在位1519-1556)に捧げられたもので、仰々しいタイトルは、それに由来します。

高さが50cm近くある堂々たる判型。美しい彩色図の数々。
そして何と言っても、天体の運行や天文現象を可視化するため、ヴォルベル(回転盤)を多用した、いわば「仕掛け絵本」の元祖というべき特異な造本。
まさに皇帝の目を喜ばせるに足る快著…というか奇書です。


その中身は、「Astronomicum Caesareum」で検索すれば、↑のような感じでバーッと出てきますが、そんな中、イギリスの王立天文学会が「王立天文学会の至宝(Treasures of the RAS)」と称して、この本を動画で紹介しているのが目に付きました。


約1分半の短い動画ですが、本の質感や、頁をぺらっとめくる感じがよく伝わると思います(探したら、他にも同書を紹介した動画はいくつかありました)。

   ★

個人的な思い出を述べると、以前、千葉市立郷土博物館で開かれた星図展を見学した際、本書をガラスケース越しに眺め、「!」と、声にならぬ声を上げた記憶があります(同館では『天文学教科書』の名称で展示していました)。

本書は1960年代に東独で精巧な複製が作られ、所蔵する館も少なくないですが、16世紀のオリジナルを所蔵するのは、国内では千葉市だけ(のはず)で、これは「千葉の至宝」として、大いに自慢してよいことです(下世話な話、この本は過去のオークションでは、ウン千万円の値が付いています)。

(この項つづく)

過去記事フォローシリーズ…天文学者と正多面体2016年11月24日 20時32分13秒

以前、ちょっと変わった画題のコーヒーのおまけカードを載せました。


■ルネサンスの天文学者に捧げるカード
 http://mononoke.asablo.jp/blog/2016/08/19/

この天文学者が巨大な正多面体を前にしているのは、自ら正多面体を研究をし、正多面体の入れ子構造として太陽系を考えた、ヨハネス・ケプラー(1571-1630)に対するオマージュではないか…と、そのときは考えました。

でも、それは間違いで、この絵には元ネタがあったことを知りました。
下の絵がそれです。右下の人物をモチーフとし、手にした器具を差し替えたのが上のカードの絵だったのです。


元絵は、ドイツの数学者・天文学者である、ペトルス・アピアヌス(Petrus Apianus(Peter Apian)1495-1552)が、1533年に著した『器具の書』(Instrument Buch)の扉絵。言うまでもなく、これはケプラーが生まれるよりも、ずっと前に出た本です。

『器具の書』は、その名が示すとおり、当時の数学・天文分野で用いられた計測・観測機器の解説書のようです。上の画像は下のページから寸借したもので、そこには本書についての簡単な解説も載っています。


ルネサンス期には、天文学者は一方では数学者と混じり合い、他方では占星術師と混じり合う存在でしたが、例の多面体は、その数学者としての相貌をシンボリックに表現したものなのでしょう。


【付記】
西暦2000年は「世界数学年」で、上でリンクしたページは、それに協賛してイギリスで作られた、「Count On」という数学・算数の総合教育サイトの1ページです。トップページはこちら。コンテンツを見ると、「Sudoku」とか、「Origami」とかあって、日本のその方面の貢献も興味深いです。)


望月の欠けたる晩2016年11月23日 11時52分03秒

昨日は津波警報でヒヤッとしましたが、大きな被害もなく、まずは良かったです。
とまれ用心を。

   ★

こんな版画を見つけました。

(最初から額に入ってました)

額縁全体は21.5×32cm、中央の窓枠は10×20cmほどですから、ごく小さな作品です。


読みにくいサインですが、ドイツの売り手はこれを「S. Feigl」と読んでいました。
でも、そういう名のアーティストは、探しても見つかりませんでした。
あるいは職業画家ではなく、日曜画家の趣味の作品なのかもしれません。(その脇にある「8 / ’99」というのも、1999年8月作という意味なのか、99枚刷った内の8枚目というエディションナンバーなのか、判然としません。)


そんな無名氏の作ですが、それでも買う気になったのは、もちろん安かったというのもありますが、この絵の不可解さを面白く思う気持ちがあったからです。
そもそも、これは日食なのか、月食なのか?

これは金環食の場面ですから、日食とすれば、こんなふうに辺りが真っ暗になるはずがありません。これは明らかに深夜の空の色でしょう。かといって、月食とすれば地球の影の方が、月本体よりもずっと大きいので、「月食の金環食」というのはありません。

…というわけで、真面目に考えるといろいろ理屈に合わないのですが、これは無名氏の想像力が生んだ「幻のエクリプス」であり、町中の人々がいっせいに眠りに落ちた晩にだけ生じる、不思議な「金環月食」の光景だ…と見るのが、いちばんスマートではないかと思います。


【11月24日付記】

いえ、全然スマートじゃありません。
この絵の真相は、コメント欄でS.Uさんが見事に謎解きされていますので、ぜひお読みください。

彗星が見た夢2016年11月21日 07時09分00秒

何だか辛いことが多くないですか?
ひょっとして、若い人は辛いことがデフォルトになっていて、そう感じないかもしれませんが、それはそれで辛いことです。

   ★

古絵葉書を一枚。


タイトルに「五番街とブロードウェイ」とありますが、ニューヨークではありません。
ここはインディアナ州ゲイリーの町。

 街灯のともる、静かな夜の街角。
 窓から洩れる明かりに、人々の暮らしの確かな温もりが感じられます。
 左手には誇らしげにはためく星条旗。
 それと競い合うかのように、空一面に星がまたたき、
 ハレー彗星がスッと横切っていきます。


美しい、まるで夢の中で見る光景のようですが、これは1910年5月20日、人々の目に確かに写った光景です。

   ★

…でも、やっぱりこれは「夢」なのかもしれません。
アメリカという国と、そこに住む人々が見た美しい夢。

以下、ウィキペディアの記述から、そのまま引用します。

 「ゲーリーは1906年、USスチール社が同地に新工場を設立したことによって誕生した。市名は同社の社長の名にちなんでいる。以来、同市はアメリカ合衆国における製鉄業の隆盛と共に隆盛を迎えた。」

ゲイリーは、当時驚くほど新しい町でした。上の絵葉書は、新しい町が生まれ、人々が最も活気と希望に満ちていた時代のものなのです。

 「しかし、ゲーリーの凋落もまた、製鉄業と運命を共にするように訪れた。その原因は、1960年代に全米の多くの都市同様、レイオフで大量の失業者が出たことであった。〔…〕今日においても、同市は失業・財政問題・犯罪といったさまざまな都市問題を抱えている。〔…〕ゲーリーは全米有数の犯罪都市として悪名が高い。モーガン・クイットノー社の調査では、同市は1997年・1998年と2年連続で『全米で最も危険な都市である』と報告された。」

ここは、アメリカのラストベルト(錆ついた地帯)のど真ん中であり、今や最も活気と希望から遠い場所です。変化を求めて、トランプ氏を熱狂的に支持したのも、この地の人々でした。

   ★

ハレー彗星が、前々回の接近時(1910)に見た地上の光景と、前回(1986)見た光景は、驚くほど違いました。

次回(2061)は果たしてどうなっているでしょう?
夢、活気、希望…そんな言葉を、人々は口にできているでしょうか?

人間の自由意思を信じる人ならば、「どうなっているかを問うのではなく、我々がどうしたいかを問え」と言うかもしれません。私は自由意思万能論者ではないので、そこまで強い言い方はできませんが、でも、夢や活気や希望というのは、周囲に流されるときには生まれ難く、自ら決断するときに生まれることが多い…というのは、経験的に正しい気がします。

ともあれ、45年後の再開を期して、今からいろいろ夢を紡いでおきたいです。

月星合戦2016年11月19日 10時31分42秒

『武州治乱記』、文明十年(1478)八月の条は、古河公方配下の成田顕泰が、扇谷上杉家配下の忍胤継と、当時混乱を極めた関東の覇権をめぐって、大利根の原野で激突した「星川合戦」について記しています。(その覇者・成田氏は、この地に堅固な忍城を築き、その裔・成田長親をモデルにしたのが、あの小説『のぼうの城』。)

ときに、この「星川合戦」の「星川」というのは、すなわち今の「忍川」のことで、「忍(おし)」という姓も、元来は「星」から転じたものです。星氏は千葉氏の流れを汲む氏族ですから、千葉氏一門の習いとして、その紋所は「星紋」でした(星氏ならびに忍氏が用いたのは、主に七曜紋)。

対する成田氏は、「月紋」(月に三つ引両)を用い、月と星の旗指物が一面に入り乱れた「星川合戦」は、別名「月星合戦」とも称され、血なまぐさい中にも、美々しい合戦の状景を今に彷彿とさせます(その様は、行田市郷土博物館が所蔵する「星川合戦図絵巻」に生きいきと描かれています)。

   ★

…というのは、たった今思いつきで書いた、純然たるフィクションです。
そもそも『武州治乱記』などという本は存在しません。

なぜそんな埒もないことをしたかといえば、ひとえに「月星合戦」という言葉を使いたかったからです。実際にそういう合戦があればよかったのですが、なかったので、今作りました。

   ★

さて、これが今日の主役。本当の「月星合戦」の主戦場です。

(ボードの大きさは約20cm角)

「ティク・タク・トゥ」、日本でいう「まるばつゲーム」。
この盤上で、黄色い月と青い星が死力を尽くした大一番(と言うほどでもありませんが)を演じるのです。

売ってくれたのは、アンティークショップというよりも、単なるリサイクルショップで、これもわりと新しい品のように見えますが、でも、これで遊んだ子供たちも、今ではいい大人でしょう。


メーカー名の記載は特にありません。おそらくは売り手の住む、米バーモント州の地元で作られた木工品じゃないでしょうか。ボードは合板ではなく一枚板なので、結構重いです。


戦国絵巻もいいですが、月と星の合戦に流血は似合いません。
ときどき涼しい火花がパチッと飛ぶぐらいが、ちょうど良いです。


【閑語】

安倍晋三氏は、ひょっとして先祖の長州人の血が騒ぎ、かの人物と刺し違える覚悟でニューヨークに向かったのかな…と思ったら、どうもそんなことはなくて、ゴルフクラブをプレゼントして、ニコニコ握手するだけで終わったようでした。
「ふたりはゴルフが好きなんだな」ということは得心できましたが、他のことは皆目わからず、煙に巻かれた思いです。