月を着る2021年09月28日 19時18分54秒

昨日に続いて、メタルピクチャー・ボタンです。
三日月と星と彗星(ないし流れ星)を描いたボタン。直径は25ミリ。


こちらは19世紀後半、ヴィクトリア時代の品と聞きました。


(裏面)

ボタンの丸いベースに、別に作った三日月を爪で留めて、それ以外の星たちは一つひとつ手で彫り込んであります。(焼付け塗装を彫ることで、地金の金色が見えています。)


三日月の顔のまわりがもやッとしていますが、これも錆や曇りではなく、月がぼうっと光っている様を、細かい毛彫りで表現したもので、非常に凝った細工です。

三日月の表現としては、それこそ「月並み」な感じがなくもないですが、肝心なのはこれがブローチとかではなくて、あくまでもボタンだということ。19世紀には確かにこんなボタンの付いた服があり、それを着ていた人がいるのです。洒落てるなあ…と思うし、その星ごころは心憎いばかりです。

それにしても、一体どんな服に付いてたんでしょうね?
そしてどんな人が着ていたのでしょう?

月と舟2021年09月27日 20時24分04秒

先日の記事で、ベネチアの夜を描いた幻灯を見ました。
「月夜のゴンドラ」というのは、非常にポピュラーな画題らしく、こんな小さな細工物にも登場しています。


真鍮製の、いわゆるメタルピクチャー・ボタン
直径は38ミリで、ボタンとしては大型です。時代ははっきりしませんが、あてずっぽうで言うと、20世紀前半ぐらいでしょうか。原産国も不明ですが、売ってくれたのはアリゾナの人です。


夜空には月と星、その下の波立つ川面を金色のゴンドラが進んでいきます。
表現が稚拙な分、いかにも童画チックなかわいらしさがあります。

   ★

「月夜のゴンドラ」が人の心を捉えるのは、もちろんそれがベネチアの風俗と相まって、ロマンチックな連想を呼ぶからでしょうが、さらにまた「月と舟」のシンボリズムが、そこに通奏低音のように響いているから…というのもあるかもしれません。すなわち、月は天上をゆく舟であり、舟は水に浮かぶ月である、というイメージです。

手元の『イメージシンボル事典』(大修館書店)を開くと、三日月は「眠りの小舟」だとあります。またキリスト教の異端、グノーシス派の説くところによれば、月は肉体を離れた魂を運ぶ天上の船だとも書かれています。いずれも出典が書かれてないので、どこまで普遍化できるかは分かりませんが、何といっても日本には、柿本人麻呂の秀歌があるので、月と舟の連想は、ごく自然なものに感じられます。

  天の海に雲の波立ち月の舟 星の林に漕ぎ隠る見ゆ

まあ、あまり難しく考えなくても、三日月とゴンドラは、単純にその形状から似合いのペアですから、空と水に仲良く浮かんでいるのを見るだけで、気分が良いものです。

(Ida Rentoul Outhwaite (1888 - 1960) 作 "The Moonboat Fairy" 1926頃)

雲間の名月2021年09月21日 21時03分19秒

今宵は雨模様のお月見になりました。
秋雨の季節でもありますから、昔から月見に月が見えないことはしょっちゅうで、俳句の季語でも特に「無月」といい、「曇る名月」といい、また「雨名月」ともいい、雲の向こうに名月をしのぶことも、風流のうちに数えるのだそうです。

   ★

本来の天文学とは関係なしに、月夜の幻燈スライドを少しずつ集めています。


上は先日届いた1枚。


タイトルは「Venitian Night」ベネチアの夜


青い光に満たされたベネチアの夜景です。
櫂をあやつり、静かに奏で唄うゴンドリエーレ。二人の女性客を乗せたゴンドラは、月明かりに照らされた川面をすべるように進みます。
ここでは月が煌々と照るのではなく、群雲を通してかすむように光っているのが、いっそう美しく、幻想的に感じられます。

   ★

歳時記を開いたら、次の一句がありました。

  雨の月 どこともなしの 薄明り  越智越人

月は隈なきをのみ見るものではなく、その「気配」をこそ賞美するのだ…というのは、幾分やせ我慢の気味はありますけれど、まあ風流にはちょっぴりやせ我慢も必要です。


【付記】 なお、上のスライドは2枚目の画像にあるとおり、ニューヨークのマカリスター社(T.H. McAllister)の製品で、1880~1900年ぐらいのものと思います。

柳に月2021年03月29日 06時26分37秒

箸にも棒にもかからぬ…とはこのことでしょう。
戦時中のフレーズじゃありませんが、3月は文字通り「月月火水木金金」で、もはやパトラッシュをかき抱いて眠りたい気分です。しかし、それもようやく先が見えてきました。
まあ4月は4月で、いろいろ暗雲も漂っているのですが、先のことを気にしてもしょうがないので、まずは身体を休めるのが先です。

   ★

今年は早々と桜が咲きました。
花びら越しに見上げる月も美しいし、雨に濡れる桜の風情も捨てがたいです。

そして爛漫たる桜と並んで、この時期見逃せないのが若葉の美しさで、今や様々な樹種が順々に芽吹いて、その緑のグラデーションは、桜に負けぬ華やぎに満ちています。

中でも昔の人が嘆賞したのが柳の緑で、その柔らかな浅緑と桜桃の薄紅の対比を、唐土の人は「柳緑花紅」と詠み、我が日の本も「柳桜をこきまぜて」こそ春の景色と言えるわけです。

   ★

「花に月」も美しいですが、「柳に月」も文芸色の濃い取り合わせ。

(日本絵葉書会発行)

この明治時代の木版絵葉書は、銀地に柳と月を刷り込んで、実に洒落ています。

しかも機知を利かせて、「 の 額(ひたい)の櫛や 三日の 」と途中の文字を飛ばしているのは、絵柄と併せて読んでくれという注文で、読み下せば「青柳の 額の櫛や 三日の月」という句になります。作者は芭蕉門の俳人、宝井其角(たからいきかく、1661-1707)。

青柳の細い葉は、古来、佳人の美しい眉の形容です。
室町末期の連歌師、荒木田守武(あらきだもりたけ、1473-1549)は、「青柳の 眉かく岸の 額かな」と詠み、柳の揺れる岸辺に女性の白いひたいを連想しました。其角はさらに三日月の櫛をそこに挿したわけです。


春の夕暮れの色、細い三日月、風に揺れる柳の若葉。
その取り合わせを、妙齢の女性に譬えるかどうかはともかくとして、いかにもスッキリとした気分が、そこには感じられます。

   ★

惜しむらくは、この絵葉書は月の向きが左右逆です。
これだと夕暮れ時の三日月ではなしに、夜明け前の有明月になってしまいます。でも、春の曙に揺れる柳の枝と繊細な有明月の取り合わせも、また美しい気がします。

(絵葉書の裏面。柳尽くしの絵柄の下に蛙。何だかんだ洒落ています。)

月にただよう煙2021年03月12日 12時20分22秒

10年目の3.11から1日が経過しました。
今日は一転して肌寒い雨の日。昼には遠雷の音。

   ★

いつの間にか生活の場から消えたものってありますよね。
ブラウン管TVとか、ハエ叩きとか。
灰皿というのも、いつの間に消えたもののひとつです。わが家の場合、来客用の灰皿が今でもたぶん物置の隅にあると思うんですが、もはや誰も使わなくなりました。

   ★

にもかかわらず、新しく灰皿を買いました。多分永遠に使わないであろう灰皿を。


真鍮でできたムーン・マンの表情に惹かれたのと、まさに二度と使われない運命という点に哀惜の情を感じたからです。時代不詳ですが、20世紀半ばぐらいのものでしょうか。売ってくれたのはイギリスの人です。


昔はどこでも紫煙がただよっていました。当時を思い出すと、ここにシガレットの吸いさしを置いた、その指先の表情までもありありと想像されます。おそらくその中指には大きなペンだこが出来ていて、そこに煙草のヤニがうっすらと染みていたことでしょう。(これは私の祖父の思い出と重なっています。)


こういう品は、裏面の表情にも不思議な味わいがあります。
いわば月男が隠し持つ「裏の顔」ですね。


左は以前登場した(LINK)、フランスのビールメーカーが作った彗星灰皿です。
こうして並ぶと好一対。

まあ、灰皿としては使わないにしても、ペン皿やクリップ入れ、あるいはコイントレーとして使うと、ちょっと気が利いているかもしれません。

月は出ていたか2021年03月11日 18時15分24秒

2011年3月11日は何曜日だったか覚えていますか?
恥ずかしながら私は忘れていました。暦をめくると金曜日です。

3月11日の発災時に何をしていたかは、多くの人が覚えていると思います。
では、その時の天気はどうだったでしょう?暖かかったか、寒かったか?あの日の晩、はたして月は出ていたのか?――覚えているようで、記憶の曖昧な点が多いです。

下は気象庁の「日々の天気図」というページからお借りしました(LINK)。


あの日は冬型の気圧配置で、太平洋側は晴れないし曇り、日本海側は雪。前日から寒気が流れ込んで寒い日でした。午前9時の天気と、最低・最高気温を書き抜けば、以下の通りです。

 盛岡・晴れ (-3.6℃~4.2℃)
 仙台・晴れ (-2.5℃~6.2℃)
 新潟・にわか雪 (-0.6℃~4.7℃)
 東京・快晴 (2.9℃~11.3℃)
 名古屋・曇り (0.6℃~9.0℃)
 大阪・曇り (2.5℃~10.1℃)

   ★

今日、2021年3月11日の月齢は27.3。伝統的な呼び名だと「有明月」、いわゆる「右向きの三日月」です。有明月は夜明け前に顔を出し、夕暮れ前に沈んでしまうので、空を振り仰いでも、今宵は月を眺めることはできません。

では、10年前の3月11日はどうだったでしょうか?
あの日の月齢は6.3、半月には満たないものの、三日月よりも光の強い上弦の月でした。盛岡を基準にすると、月の出は8:42、月の入りは23:50。南中高度72.7°と、月が高々と空を横切ったために、月照時間の非常に長い一日でした。

あの晩、空を見上げた人は、雲間に明るい月を眺めることができたはずです。
逆にいうと、地震発生の瞬間も、それに続く悲劇も、月はすべてを見ていました。

それを無情と見るかどうか。
無情といえばたしかに無情です。冷酷な感じすらします。
でも、本当は無情でも有情でもなく、月はただそこにあっただけです。いつも変わることなく、無言で光り続けるだけの存在だからこそ、月は人間にとって良き友たりうるのだと思います。人はそういう存在を必要としています。

(月明かりに浮かぶサラーニョン島、スイス・レマン湖)

   ★

ともあれ、今宵は静かに思いを凝らし、思いを新たにすることにします。

月に漕ぎだす2021年02月05日 21時14分19秒

月夜の幻灯スライド。


静かな夜の湖。数隻のボートが入江を離れ、ひと連なりに漕ぎだしたところです。
湖面には月光がきらきらと反射し、その光をかき分けるように進むボートの櫂の音、水しぶきの音。「幻灯」の名の通り、幻のように美しい、そしてまた謎めいた情景です。


澄んだ月夜の光景が、見る者の裡に広がり、こちらの心も森閑と澄んできます。

(手書きの文字は「Boating on Lower Lake」)

このスライドは、長方形をしたアメリカン・サイズなので、北米のどこかの景色だと思います。でも、Lower Lakeと名の付く湖はあちこちにあるので、どこを撮った写真かは分かりません。でも、それでいいのです。これはどこにでもあり、どこにもない、「心の中の湖」として眺めるのが良いように思います。



----------------------------------------------
【閑語】

美しいボートから目を転じて、我らが乗り合わせた阿呆船。
こちらもなかなか人材が豊富で、順調に迷走を続けています。

船頭多くして、船、山に登る――。
いったい目的の地、「阿呆国ナラゴニア」にたどり着くのはいつなのか。それともとっくにナラゴニアの奥深くまで達し、さらにエッチラオッチラ山を登っているところなのか。

こちらも幻のように奇なる光景ではあるのですが、もちろん心が澄むことはありません。

大天使の剣2021年01月19日 21時43分13秒



19世紀の幻燈スライド。月景色のスライドを探していて見つけました。


正面はローマのサンピエトロ寺院。
右手の巨大な円筒形の建物は、サンタンジェロ城です。
テベレ川のほとりでは、男女が歌と踊りに興じ、その様子を月が黙って見下ろしています。

   ★

ペストというと14世紀にはじまる「黒死病」のことばかり思い浮かべますが、そのはるか以前、6世紀にも東西のローマ帝国で大流行があったことを、ウィキペディアの「ペストの歴史」に教えられました。

その流行の末期、時の教皇グレゴリウス1世は、古のハドリアヌス帝の廟を改造した城塞・サンタンジェロ城の頂上で、大天使ミカエルが剣を鞘に収める姿を目撃し、さしもの疫病も終息を迎えたことを知った…というエピソードがあるのだとか。


月明かりに照らされて、城の頂に白く光る大天使の像。
この像は1753年に大理石から青銅に作り替えられたそうで、この幻燈画は昔の大理石時代の風俗を描いたものかもしれません。


上部が見切れていますが、側面ラベルには「dissolving pictures」と書かれています。これは幻燈の映写技法の一種、「スーパーインポーズ」のことです。このスライドの場合だと、昼間の景色を描いた別のスライドと重ねて映写し、昼景と夜景の入れ替わりを見せたのでしょう。

   ★

第3ミレニアムの21世紀、コロナの威力はまことに強大で、さしものミカエルも未だ剣を収めかねているようです。でも、神や仏の力を期待するのは、およそ人事を尽くしてからです。我々には、まだ為すべきことや、為さざるべきことがたくさんあるように思います。

月の流れ星2020年12月27日 09時59分00秒

差し渡し2.5cmほどの小さな月のピンバッジ。


不思議なデザインです。月が尾を曳いて翔ぶなんて。
まあ、デザインした人はあまり深く考えず、漠然と夜空をイメージして、月と流星を合体させただけかもしれません。

でも、次のような絵を見ると、またちょっと見方が変わります。

(ジャン=ピエール・ヴェルデ(著)『天文不思議集』(創元社、1992)より)

邦訳の巻末注によると、「天空現象の眺め。ヘナン・コレクション。パリ国立図書館」とあって、たぶん16世紀頃の本の挿絵だと思います。

キャプションには、「月が火星の前を通過することがあるが、この現象を昔の人が見て解釈すると上の絵のようになる。火星は赤い星で戦争の神である。月は炎を吹き出し、炎の先にはするどい槍が出ている。」とあります。


月の横顔と炎の位置関係は逆ですが、このピンバッジにも立派な「槍」が生えていますし、何だか剣呑ですね。

【12月28日付記】
この「炎に包まれた槍」を、火星のシンボライズと見たのは、本の著者の勘違いらしく、その正体は、流れ星の親玉である火球であり、それを目撃したのはあのノストラダムスだ…という事実を、コメント欄で「パリの暇人」さんにお教えいただきました。ここに訂正をしておきます。詳細はコメント欄をご覧ください。

   ★

月による火星の掩蔽(火星食)は、割と頻繁に起こっていて、国立天文台の惑星食のページ【LINK】から最近の火星食を抜き出すと、以下の通りです。

2019年07月04日 火星食 白昼の現象 関東以西で見える
2021年12月03日 火星食 白昼の現象 全国で見える
2022年07月22日 火星食 日の入り後 本州の一部で見える
2024年05月05日 火星食 白昼の現象 全国で見える
2025年02月10日 火星食 日の出の頃 北海道、日本海側の一部で見える
2030年06月01日 火星食 白昼の現象 南西諸島の一部を除く全国で見える

“頻繁”とはいえ、昼間だとそもそも火星は目に見えませんから、月がその前をよぎったことも分かりません。好条件で観測できるのはやっぱり相当稀な現象で、古人の目を引いたのでしょう。


---------------------------------------
【閑語】

幕末の日本ではコレラが大流行して、大勢の人が亡くなりました。
庶人これを「コロリ」と称し、時代が明治となってからも、コロリはたびたび猛威を振るい、それらを「一コロリ」とか「三コロリ」と唱えたものだそうです。
今の世も一コロナ、二コロナ、三コロナと、新型コロナは三度の流行を繰り返し、人々の心に暗い影を落としています。

大地震があり、流行り病があり、攘夷を叫ぶ輩が横行し、士道退廃が極まり…本当に今は幕末の世を見る心地がします。これでスカイツリーのてっぺんから伊勢の御札が降ってきたら、ええじゃないかの狂騒が始まるのでは…と思ったりしますが、昔と今とで違うのは、暗い時代になっても宗教的なものが流行らないことです。その代わりに陰謀論が大流行りで、多分それが宗教の代替物になっているのでしょう。

A Ticket to the Crescent Station2020年10月04日 18時42分21秒

アルバムの隅に、こんな切符がはさまっていました。
「三日月駅」の入場券です。


銀色に光る三日月にはポツンと駅舎が立っていて、この切符があれば、いつでもそこに行けるんだ…。いくぶん幼い夢想ですけれど、そう悪くないイメージです。

それに、夢想といっても、現実に「三日月駅」は存在するのです。
そして、三日月駅を訪れ、この古風な硬券入場券をかつて手にした人がいるのです。

もし夢想の要素があるとすれば、「発売当日限り1回有効」の券を、いつでも使えると思ったことことぐらいでしょう。

   ★

三日月駅は、兵庫県にあります。
姫路と岡山県の新見を結ぶ「姫新線」(きしんせん)に乗り、列車が岡山との県境に近づくと、その手前が佐用(さよう)の町で、その町域に三日月駅は立っています。

江戸時代には、代々森家が治めた「三日月藩」1万5千石の土地ですが、ご多分に漏れず過疎化が著しく、現在は無人駅です。1日平均の乗車人員は140人だと、ウィキペディアには書かれていました。

(グーグルマップより)

とはいえ、駅舎の風情はなかなか素敵ですね。
この駅がある限り、夢のような「三日月への旅」が、いつでも可能なのですから、ぜひ今後も末永く存続してほしいです。

(左下は三日月駅への始発駅…のような風情を見せる、今はなきアポロ劇場(デュッセルドルフ)の建物)