洋墨に浮かぶムーン・フェイズ2017年08月25日 10時32分45秒

この一週間は、いろいろ波があって、記事が書けませんでした。
そして今日はようやく遅めの夏休みです。

そんなバタバタの中、ゆうべは日没がずいぶん早くなったことに気付きました。
あとひと月もしないうちに秋分ですから、それも当然です。今年の夏も永遠に過ぎ去りつつあるなあ…と、今ツクツクボウシの声を聞きながら思います。

   ★

さて、土星堂活版舎が最近仕入れた中で、出色の品がこれ。


月の満ち欠けを彫った印刷ブロックのセットです。
各ブロックの版面サイズは21×34mmですから、小さな消しゴムぐらいの大きさ。


この品を最初写真で見たとき、鋳造した金属板を板に貼り付けてあるのかと思いましたが、それは面取りした辺縁部に光が反射してそう見えただけで、実際には「一木造り」でした。

(版面に浮かんだ木目と陽刻された満月)

つまり、これは金属版ではなく、木口(こぐち)木版で作られた印刷ブロックです。
版画技法としての木口木版は、もちろん今でもありますが、それが商業印刷に使われたのは、せいぜい1930年代までらしいので、この月たちもそれ以前のものでしょう。


自信に満ちた新月。



そして、不安気な三日月と、悲嘆に暮れる有明月(注)

   ★

この文句なしにタルホチックな品、秋の夜長と共に活躍の機会が増えるといいのですが、今や土星堂の経営状態は、上の有明月のような感じなので、油断はできません。


【注】 本当は「ファースト・クウォーター」は上弦の月、「ラスト・クウォーター」は下弦の月で、それぞれ半月の姿ですから、この絵柄はちょっとおかしいのですが、ここでは絵柄の妙に免じて、三日月・有明月ということにしておきます。

この世ならざる天体写真展2017年08月10日 06時06分05秒

人気のない小学校の校庭、誰かの家のホオズキの朱い実…そんなものに、そこはかとない詩情を感じる時期です。立秋も過ぎ、昨日は青い空に赤とんぼが一匹飛んでいるのを見ました。

   ★

さて、前回、前々回の続きです。
遠い宇宙を極微の世界に眺める、不思議な天体写真展。


手元にあるのは、以前5枚セットで売っていたものです。


画題となっているのは、以前もご紹介した「満月」と「アンドロメダ銀河」のほか、「半月」、「モアハウス彗星」、そして「土星」という顔ぶれ。

月、彗星、土星、銀河…と来れば、ポピュラーな宇宙イメージは尽くされており、写真展の開催に不足はありません。でも、ラベルに振られたナンバーを見ると、1番のアンドロメダ銀河から、12番のモアハウス彗星まで、番号が飛び飛びです。ですから、本来はもっと充実したセットで(12番以降もあったかもしれません)、私が持っているのは、その一部に過ぎないのでしょう。

   ★


オリジナルは1910年に、シカゴ近郊のヤーキス天文台で撮影された写真。
ごつごつした、良い面構えの月ですね。硬派な感じです。

それにしても、この小さな感光面に、顕微鏡でようやく見えるぐらいのクレーターまで鮮明に写し込むとは、写真術とは大したものだなあ…と改めて驚きます。

なお、この写真は、マイクロフォトグラフの創始者、J.B.ダンサーが1896年に店を閉じた後に撮影されたものですから、マイクロフォトグラフ化したのも、ダンサー以降の人ということになります。

   ★


1908年に接近したモアハウス彗星。

この彗星は、世界中で競って写真に収められましたが、このマイクロフォトグラフの原版は、月と同じくヤーキス天文台で撮影されたものです。
その姿は身をくねらせる竜を思わせ、今にも「シュー」という飛翔音が聞こえてきそうです(上下反対にすると、花火っぽい感じもします)。

   ★


むむ、これは…?

これも現実の写真を元にした画像だと思うのですが、露骨に補筆したせいで、まったくマンガチックな表情の土星になっています。

なんだか不真面目な気すらしますが、でも、足穂先生に言わせれば、「本当の星なんてありゃしない、あの天は実は黒いボール紙で、そこに月や星形のブリキが貼りつけてあるだけだ」そうですから、むしろこの方が真を写しているのかもしれません。

   ★

首をひねりつつ接眼レンズを覗き、
レンズから目を離して、ふたたび首をひねり、
スライドグラスに載った粒状のフィルムを見て、みたび首をひねる。

―夏の夜の夢、不思議な写真展にようこそ。

偽りの月、幻の夜2017年05月30日 22時10分29秒

昨日の月齢は3.3、ちょうど三日月でした。

少しぼんやりした月が、夕闇の中に浮かんでいるのを見ると、目前に迫った「六月の夜の都会の空」(by タルホ)を意識しないわけにはいきませんし、月を追いかけるようにして、今にもポン彗星が空を飛びそうな錯覚に襲われます。

下はそんな幻想の夜にふさわしい絵葉書。


巨大な望遠鏡が宙をにらむ、ベルリンのトレプトウ天文台
本ブログにはすでに何回も登場している、おなじみの場所です。
ここは市民にも公開されている一種の観光名所なので、絵葉書もずいぶん作られましたが、上に載せたのは、まだ開所まもない、1900年頃に出た石版刷り。

雲間に浮かぶ月は、ちょうど今日あたりの四日月でしょうか。
昼間の景色に手描きの月を加えて、強引に夜景に仕立てているのですが、その不自然さが、画面に一種不穏な感じを与えており、今にも怪しいドラマが幕を開けそうです。

   ★

そんな気分に任せて、今年もまた「タルホ的なるもの」を探してみます。
首尾よくそれらが手元に届いたら、またご一緒に夜の散歩に出かけることにしましょう。

死者を照らす月2017年02月05日 14時00分33秒

今日は一日冷たい雨。

   ★

心が索漠とした夜。
不安を抱えて眠れない夜。
そんなときは、そっと寝床を抜け出して、暗い世界に足を踏み入れ、闇の存在と言葉を交わす方が、いっそ気持ちが安らごうというものです。


深夜の散歩者を気取りたくなる、手彩色の幻灯スライドを手にしました。


時代は19世紀末、メーカーはおなじみのニュートン社。
(参照 http://mononoke.asablo.jp/blog/2014/02/10/7218715


被写体となっているのは、イングランド中部のレスターシャー州ラターワース(Lutterworth)の町に建つセント・メアリー教会。小づくりな教会ですが、現在の建物は13世紀にさかのぼる歴史遺産だそうです。

この教会では塔のある方角が西なので、満月の位置を考えると、現在の時刻は、未明から明け方に移る頃合い。我々の深夜の散歩も、そろそろ終わりが近いことを告げています。

それにしても、見るからにゴシック趣味に富んだ画題ですね。
工業化が日に日に進む社会を横目に、当時の人はこういう風情を愛でながら、ブラム・ストーカーの『ドラキュラ』を読みふけったりしたのでしょう。

   ★

余談ながら、わが家は隣が墓地なので、墓石ごしにお寺の本堂の屋根を見上げると、ちょっと似た構図になります。

望月の欠けたる晩2016年11月23日 11時52分03秒

昨日は津波警報でヒヤッとしましたが、大きな被害もなく、まずは良かったです。
とまれ用心を。

   ★

こんな版画を見つけました。

(最初から額に入ってました)

額縁全体は21.5×32cm、中央の窓枠は10×20cmほどですから、ごく小さな作品です。


読みにくいサインですが、ドイツの売り手はこれを「S. Feigl」と読んでいました。
でも、そういう名のアーティストは、探しても見つかりませんでした。
あるいは職業画家ではなく、日曜画家の趣味の作品なのかもしれません。(その脇にある「8 / ’99」というのも、1999年8月作という意味なのか、99枚刷った内の8枚目というエディションナンバーなのか、判然としません。)


そんな無名氏の作ですが、それでも買う気になったのは、もちろん安かったというのもありますが、この絵の不可解さを面白く思う気持ちがあったからです。
そもそも、これは日食なのか、月食なのか?

これは金環食の場面ですから、日食とすれば、こんなふうに辺りが真っ暗になるはずがありません。これは明らかに深夜の空の色でしょう。かといって、月食とすれば地球の影の方が、月本体よりもずっと大きいので、「月食の金環食」というのはありません。

…というわけで、真面目に考えるといろいろ理屈に合わないのですが、これは無名氏の想像力が生んだ「幻のエクリプス」であり、町中の人々がいっせいに眠りに落ちた晩にだけ生じる、不思議な「金環月食」の光景だ…と見るのが、いちばんスマートではないかと思います。


【11月24日付記】

いえ、全然スマートじゃありません。
この絵の真相は、コメント欄でS.Uさんが見事に謎解きされていますので、ぜひお読みください。

月星合戦2016年11月19日 10時31分42秒

『武州治乱記』、文明十年(1478)八月の条は、古河公方配下の成田顕泰が、扇谷上杉家配下の忍胤継と、当時混乱を極めた関東の覇権をめぐって、大利根の原野で激突した「星川合戦」について記しています。(その覇者・成田氏は、この地に堅固な忍城を築き、その裔・成田長親をモデルにしたのが、あの小説『のぼうの城』。)

ときに、この「星川合戦」の「星川」というのは、すなわち今の「忍川」のことで、「忍(おし)」という姓も、元来は「星」から転じたものです。星氏は千葉氏の流れを汲む氏族ですから、千葉氏一門の習いとして、その紋所は「星紋」でした(星氏ならびに忍氏が用いたのは、主に七曜紋)。

対する成田氏は、「月紋」(月に三つ引両)を用い、月と星の旗指物が一面に入り乱れた「星川合戦」は、別名「月星合戦」とも称され、血なまぐさい中にも、美々しい合戦の状景を今に彷彿とさせます(その様は、行田市郷土博物館が所蔵する「星川合戦図絵巻」に生きいきと描かれています)。

   ★

…というのは、たった今思いつきで書いた、純然たるフィクションです。
そもそも『武州治乱記』などという本は存在しません。

なぜそんな埒もないことをしたかといえば、ひとえに「月星合戦」という言葉を使いたかったからです。実際にそういう合戦があればよかったのですが、なかったので、今作りました。

   ★

さて、これが今日の主役。本当の「月星合戦」の主戦場です。

(ボードの大きさは約20cm角)

「ティク・タク・トゥ」、日本でいう「まるばつゲーム」。
この盤上で、黄色い月と青い星が死力を尽くした大一番(と言うほどでもありませんが)を演じるのです。

売ってくれたのは、アンティークショップというよりも、単なるリサイクルショップで、これもわりと新しい品のように見えますが、でも、これで遊んだ子供たちも、今ではいい大人でしょう。


メーカー名の記載は特にありません。おそらくは売り手の住む、米バーモント州の地元で作られた木工品じゃないでしょうか。ボードは合板ではなく一枚板なので、結構重いです。


戦国絵巻もいいですが、月と星の合戦に流血は似合いません。
ときどき涼しい火花がパチッと飛ぶぐらいが、ちょうど良いです。


【閑語】

安倍晋三氏は、ひょっとして先祖の長州人の血が騒ぎ、かの人物と刺し違える覚悟でニューヨークに向かったのかな…と思ったら、どうもそんなことはなくて、ゴルフクラブをプレゼントして、ニコニコ握手するだけで終わったようでした。
「ふたりはゴルフが好きなんだな」ということは得心できましたが、他のことは皆目わからず、煙に巻かれた思いです。

砕けた月2016年11月16日 20時30分08秒

古物を買うときのゴールデンルールは、「状態の良いものを買え」ということです。
将来、買ったものを売却することを、ちょっとでも想定しているなら、このルールを守らないと、相当痛い目に遭うことは必定です。

もちろん、これは個人の気ままな蒐集には当てはまらないことで、私自身、買ったものを売ったことは(本を除けば)これまで一度もありませんから、このルールに従う必要はないのですが、それでも室内の余剰スペースが乏しくなるにつれ、購入対象を選別する必要に迫られて、コンディションということを少し気にするようになりました。

   ★

しかし…というふうに話が続くので、何となく言い訳がましいのですが、昨日の記事で触れた「秘密」というのは、このガラスのステレオ写真が大きく破損していることです。

(下は紙焼きのステレオ写真)

ご覧のように、向かって左側の写真に大きなひびが3本入っています。
だから私でも易々と買えたので、無傷だったら簡単に右から左とはいかなかったでしょう。


もう少し細部を見ておきます。
デ・ラ・ルーの肩書が、紙焼きの方では単に「FRS FRAS &c」(王立協会会員、王立天文学会会員、等々)となっていたのに、このガラススライドでは、「〔…〕Pres RAS」(王立天文学会会長)となっています。彼が同学会の会長をつとめたのは、1864~66年のことなので、このスライドが出たのもその頃だと分かります。


そして製作者も「Charles Panknin」から「Smith Beck & Beck」に変っています。
以前の記事(http://mononoke.asablo.jp/blog/2016/10/26/)で書いたように、このステレオ写真は、Beck社のステレオスコープと抱き合わせで販売されたらしいので、1865年頃には、Beck社も自前のステレオ写真製造体制を整えたか、あるいは外注にしろ、自社の名前を表示させるよう方針を変えたのでしょう。


これが砕けた月のアップ。
そして、この品のもう1つの秘密がここに明かされています。

脇の説明文に書かれているように、これは単純な満月の写真ではなく、実は「月食の写真」なのでした(地球・太陽との位置関係から、月食のときは必ず満月です)。

月食はそう頻繁に起こるわけではありませんし、月食の日が晴天とは限りませんから、立体視に好適な写真を2枚揃えるのは、なかなか大変なことです。このステレオ写真では、1858年2月と1865年10月の2枚の月食写真を組み合わせることで、何とかそれを実現しています。

   ★

前置きが長くなりました。
デ・ラ・ルーの苦労をしのびつつ、150年前の満月を拝むことにしましょう。


月食時の月は光量が乏しいせいで、普通のときよりも撮影が難しかったのか、1858年の写真は、像がややぼんやりしています。1865年は相対的に鮮明で、これは彼の技量の向上を物語るものかもしれません。


地球の影に包まれた、砕けた月。
いかにも無残な感じですが、「砕けた月」という言葉には、何となく詩情も漂います。

月を想う2016年11月15日 20時28分07秒

夕べは湯船の中で、降り続く雨の音に、じっと耳を澄ませていました。
それはそれで心の落ち着くひと時でしたが、話題のスーパームーンは、ぼんやり想像するほかありませんでした。

今宵はと言えば、雲を透かして、ぼんやりとした月影が隣家の屋根越しに見えます。
そんな折柄、満月の話題です。

   ★

先日、満月にちなむものを見付けました。
といって、それは特段目新しいものではなく、最近の記事で既に言及したものです。
すなわち、ウォレン・デ・ラ・ルーの月のステレオ写真。

先日登場したのは、半月の頃合の、紙焼きのステレオ写真でした(http://mononoke.asablo.jp/blog/2016/10/25/)。

(画像再掲)

その翌日の記事で触れたように(http://mononoke.asablo.jp/blog/2016/10/26/)、このデ・ラ・ルーの写真には、ガラススライド式のものもあって、透過光で覗き見る月の表情はいっそう幻想味に富むだろう…と想像されました。

とは言え、ガラス・スライド式の品は、紙焼きタイプよりもさらに数が少ないようで、その実物を目にしたことは、これまでありませんでした。

しかし、です。
世の中には不思議なタイミングというのがあって(皆さんも経験があるでしょう)、デ・ラ・ルーのことを話題にした直後、偶然にも1枚だけ売りに出ているのを見つけました。そして、それこそが満月を写した1枚だったのです。


上の写真はその「裏側」。
実は、この品にはある「秘密」が伴うのですが、その秘密と、表側の表情はまた次回に。

(もったいぶって、この項つづく)

デ・ラ・ルーとその時代(6)2016年10月26日 07時00分56秒

今日はオマケの話題です。

デ・ラ・ルーによる月のステレオ写真を知ったのは、天文アンティーク界隈で著名な、スウェーデンのトマス・サンドベリ氏の「SCIENTIFIC CURIOSITIES」の下のページでした。

Set of R&J Beck Glass and Paper Stereoview of the Moon
  -- Photographed by Warren De La Rue

 http://www.blenders.se/ebay/me/astro/beck.html

サンドベリさんの説明を読むと、このデ・ラ・ルーのステレオ写真は、もともと R & J Beck 社(19世紀半ばにロンドンで営業した光学機器メーカー)のステレオスコープと、抱き合わせで販売されており、紙焼きタイプのものと、ガラススライド式のものとがあったようです。

ガラススライド式のステレオ写真というのは、以前もチラッと登場しましたが↓、透過光で眺めることによって、一層興ある3D体験をする目的で作られたものらしく、月はまさにうってつけの対象です。


   ★

サンドベリさんによる紹介写真にあるように、この月のステレオ写真は、本来いろいろな月齢のものがセットになっていたはずですが、私自身はセットで売られているのを見たことがありません。それに、バラ売り状態でも結構強気の値付けがされていて、購入を控えていました。でも先日、ようやく値ごろの品を見つけ、1枚だけ手にしたのが、昨日の品です。

…思えば、昨年の師走に、渾天儀の模型を手にして以来(http://mononoke.asablo.jp/blog/2015/12/19/)、今年は以前から待望していたモノとの出会いがいくつもあって、その方面ではなかなか充実した年でした。

そんな回顧記事を年末に書くかもしれません(書かないかもしれません)。

デ・ラ・ルーとその時代(5)2016年10月25日 06時31分47秒

問題のデ・ラ・ルーの月写真というのはこちら。


版元はロンドンのCharles Panknin と読めますが、このメーカーについては詳細不明。


さて、これをステレオビュアーで見るとどうか?
実際にやってみると、確かに丸みを帯びて立体的に見えます。

でも、ボールのような真ん丸ではなくて、卵を尖った方から眺めているような、ちょっと不思議な形に見えます(「厳密に計測すると、月はわずかにレモン型をしている」…という話も聞きますが、そういうレベルを超えて、はっきり尖って見えます)。

   ★

眺めているうちに、実際そういう奇説を唱えた人がいたのを思い出しました。
それは足穂がエッセイに書いていたことで、奇説の主は、ペーター・ハンゼン(Peter Andreas Hansen、1795-1874)。ウォレン・デ・ラ・ルー(1815-1889)から見ると、ちょっと年長の同時代人です。

 「彼はゴータ大学に教鞭を執り、ゼーベルグ天文台の台長だったが、月の運動の特異性に基いて、「月は球体に非ず」という説を立てた。お月様はむしろ玉子形である。鶏卵の尖った方が常に地球に向いている。この、巨大な山と云ってよい部分は月の気圏の上まで突出しているから、山頂に空気は無い。大気も水も裏側に廻っている。従って、月人も裏側に棲み、其の他、動物も植物も見られることに相違ないと。」
稲垣足穂 『月は球体に非ず!―月世界の近世史』


これだけだと文字通りの奇説に過ぎませんが、ハンゼンは王立天文学会のゴールドメダルや、王立協会のコプリー・メダルを受賞した、当時一流の天文学者でしたから、その影響力はずいぶん大きかったことでしょう。

となると、このステレオ写真の不思議な見え方も、ひょっとして意図的に狙ったのかなあ…という気もするのですが、確証はありません。

   ★

月の立体写真というのは、単に同じ写真を並べても――あるいは普通の立体カメラを使ったぐらいでは――両眼視差の効果が得られないので、立体には見えません。

でも、月のわずかな首ふり運動(秤動;ひょうどう)を利用して、似たような月齢で、しかも一寸違った角度を見せている写真を並べると、そこにヴァーチャルな立体感が生まれます。これを最初に思いついた人は、相当の知恵者だと思います。

(ステレオ写真の裏面)

デ・ラ・ルーの写真も、1858年5月と1859年2月に撮った、別々の2枚を並べて立体感を出しています。


1859年、今から157年前の半月。
月古きが故に貴からず。でも、そういう目で見れば、何となく古雅な感じが漂います。

   ★

月観測の功績から、デ・ラ・ルーは、今や月面地形の名称にもなっています。

(A. ルークル著『月面ウォッチング』、地人書館より)

月の「氷の海」の傍らにある、崩壊した壁平原(大型クレーターの名残の地形)がデ・ラ・ルー。


これは父親のトーマスが、ガーンジー島のパブの名前になったよりも格段にすごいことで、たとえ地元では忘れられても、ウォレンがあえて不平を唱えることはないでしょう。(でも、月面にパブが開店し、「ウォレン・デ・ラ・ルー」という看板が出たら、一層喜ぶかもしれません。)