旅人未満2017年03月19日 09時24分42秒

永六輔・作詞、中村八大・作曲でヒットした「遠くへ行きたい」。

 知らない街を 歩いてみたい
  どこか遠くへ行きたい
 知らない海を ながめてみたい
  どこか遠くへ 行きたい 

ウィキペディアによれば、この歌の発売は1962年で、ずいぶん古い歌です。
私の耳に残っているのは、その後1970年に始まった旅番組、「遠くへ行きたい」の主題歌として、頻繁に流れるようになってからのことと思います。

   ★

知らない世界を求めて、「今ここ」から「どこか遠くへ」と向かうのが旅。
その中には、知らないモノを求めてさまよう「蒐集の旅」というのもあります。
世界中を自分の足で歩き、不思議な店の門をくぐり、にぎやかなマーケットを覗き、未知のモノを探し出して、トランクに詰め込む。

できれば私もそんな旅がしたいのですが、己の性格と生活環境のしからしむるところにより、自室のディスプレイの画面を、老いた釣り師の如くじっと眺めて、未知のモノが針にかかるのをひたすら待つ…ぐらいが今は関の山です。

   ★

以前ご紹介した(http://mononoke.asablo.jp/blog/2017/02/25/)、「第5回 博物蒐集家の応接間 “避暑地の休暇 ~旅の絵日記~”」の開催まで、あと一週間を切りました(会期は3月25日(土)~29日(水)まで)。

この旅をテーマにしたイベントに、旅をしない自分が、どう関わればいいのか迷いましたが、考えてみれば、人間は――大きく言えば人類は――世界と自分を知るために、長い長い旅を続けているようなものですし、星の世界とのかかわりも、そんな旅の1ページなのだ…と達観することにしました。

そんなわけで、天文の歴史を旅になぞらえた「空の旅」という小さなコーナーを、会場の隅に作っていただくことになりました。

例によって品数が少ないので、その展示意図が伝わらないといけないと思い、あえて「洒落の解説」のような不粋な真似をしましたが、私のささやかな意図はそういうことです。

   ★


先日、針にかかったミッドセンチュリーのタイピン。


彗星を収めた小さな宇宙空間。
この「星界の旅人」を胸元に覗かせて、三省堂の会場内を、旅人のような顔つきで歩いている人がいたら、それは私です。


-------------------------------------------------
▼閑語(ブログ内ブログ)

政治というのは利権が絡むものですから、政治家の中には悪に手を染める人もいる…というのは、時代劇を見ても分かる通りで(そういえば、最近時代劇が少なくなりましたね)、そのことに驚く人はいないでしょう。

それにしてもです。
特定秘密保護法とか、安保関連法とか、共謀罪創設とか、働かせ放題法とか、その他何とかかんとか。安倍氏とその取り巻きが、これほどまでに遠慮会釈なく、大っぴらに悪事を重ねるのを見て、怒りも恐怖も通り越して、一種の異界感すら覚えます。

彼らは、なぜこれほどやりたい放題を続けられるのか?
もちろん、議会の多数を占めているという根本原因があるのですが、話を聞いてみると、それ以外にもいろいろカラクリがあるのだそうです。

例えば、政治家と官僚は、癒着もする一方で、互いに強く反目しているわけですが、その抵抗をそぐための手法が、人事(と予算)の掌握です。安倍氏の場合、第2次政権の発足と同時に、以前からあった内閣人事局構想の具体化に向け全力で動き出し、これによって官僚を無力化することに成功したことが、その権力のベースにあるという話。これは、官僚を意のままに操ることのできる、いわば「魔法の杖」です。

そして、この魔法の杖をぶんぶん振って、司法人事にも介入し、検察や裁判所までも骨抜きにしてしまおう…と狙っているのだとか(その完成も間近だそうです)。

さらに、時の権力者が、ダークな力をふるうための便利な財布が、内閣官房機密費で、これは政権の如何によらず、昔からあるのだそうですが、完全に使途不明のお金だけに、やろうと思えば何でもできてしまうという、これまた実に恐ろしい「杖」です。マスコミが急速に無力化した背景には、この後ろ暗いお金の存在があるらしい…と風聞します。実際、鼻薬を嗅がされた人、弱みを握られた人も相当いるのでしょう。

こんなふうに、抵抗勢力を排除する手法を洗練させ(嫌な洗練ですね)、うまく排除に成功したのが安倍氏とその周辺で、実に鮮やかな手並みと言わねばなりません。我々庶民は、「お上」にうまうまとやられぬよう、こういうことを「世間知」として知っておく必要があると思います。

安倍氏に限らず、その手法に学ぶ政治家は、今後も必ず出てくるからです。


孤愁の人2016年08月18日 16時38分45秒


(背景ははくちょう座の網状星雲(NGC6992)。1901年10月5日、シカゴのヤーキス天文台撮影)

星の世界をひとり歩む天文学者。
足下には微かに輝くガス星雲が、一本の道のように続いています。

(つま先から帽子のてっぺんまでは約75ミリ)

とんがり帽子、長いマント、星の縫取り模様…
19世紀にイメージされた「昔の天文学者」の姿を、そのままなぞって作られた、当時のブローチです。


光にかざすと、マントの部分は、あずき色の半透明の素材を使っていることが分かります。一見プラスチックのようですが、これは貝殻を削ったもので、そこに銀製パーツを留めてあります。


背後のピンが欠損しているため、このまますぐにブローチとして使うことはできませんが、アメリカの売り手は、ペンダントトップにすることを勧めていました。

この品、天文学者をかたどったブローチというだけでも珍しいのですが、それが愁いを帯びた後姿である点に、言い知れぬ魅力を感じました。

銀の月、ガラスの月2016年03月12日 13時22分46秒



白く輝くスターリングシルバーの月。


ダブルムーン。


地球照のように仄暗く輝くのは凸レンズ。


この品はペンダントのように胸元にぶら下げて、ルーペとして使うもので、最初はオブジェのつもりで手にしましたが、このところの目の衰えを考えると、これを実用の品として使う日も近いでしょう。


月の裏の顔。
ひょうきんな表の顔と打って変わって、物思わし気な憂いの表情が浮かんでいます。
人間も月もこの辺は同じですね。

   ★

今日の月齢は3。
気まぐれな雲さえなければ、文字通りの三日月がきれいに眺められるはず。

或る夜の事件2016年02月18日 20時45分56秒



部屋のドアを開けたら、


お星さまが立っていた。

…と、タルホの『一千一秒物語』風に書きたいピンバッチ。

高さ2.5cmほどのかわいいサイズですが、ちょうつがいでドアの開け閉めができる仕掛けになっています。

   ★


刻印に見られるJJこと「Jonette Jewelry」は、1935年に創業し、2006年に廃業した米ロードアイランド州のアクセサリー・メーカー。そのカジュアルで多様なデザインから、熱心なコレクターも多いと聞きます(以上、ネット情報の切り張り)。
なお、上のピンバッチは1980年頃の製品だそうです。

機械仕掛けの月2016年02月02日 20時28分07秒



歯車とばねで覆い尽くされた月…に見えるブローチ。


もちろん、本当の歯車ではなくて、金メッキした銀線を用いた線条細工(フィルグリー)が、ここではそのように見えています。


三日月の中に星があったり、さらに小さな三日月があったり、非常に込み入った細工です。


裏面から見たところ。
この手のものにうといので、ちょっと正体不明ですが、宝飾品を扱っている売り手によれば、ヴィクトリアンからエドワーディアンにかけて、すなわち1900年前後のものだそうです。


歯車っぽい外観はもちろん、その色や質感に、何となくスチームパンク風の味が出ているようでもあり、と同時に、古いケルトの装飾文様のようでもあり、何だか不思議な雰囲気です。

   ★

これを私が身に着けるわけにはいきませんが、こうして何となく手元に置いて、月の装飾性について思いを凝らすことは許されるでしょう。


星降る夜に耳をすませば2015年12月24日 19時33分51秒

今宵はクリスマスイブ。

「キリスト教徒でない者にとって、クリスマスは別にめでたくもないが、クリスマスを祝うことができるのは、つくづくめでたい…」と、ゆうべ湯船につかって、師走の雨の音を聞きながら思いました。こんなキナ臭い世の中ですから、なおさらその思いが深いです。

   ★


静かな夜の訪れとともに、
子どもたちの願いをかなえる鈴の音が、今日は世界中を巡るそうです。
どうか地に平和を、そして幼き者に笑顔を―


(A. ギユマンの『Le Ciel』 -1877-より、12月20日深夜のパリの星空)

足穂氏、微苦笑す2015年12月20日 08時45分18秒

老いの繰り言はまだ続きます。

   ★

(海の幸にめぐまれた明石を象徴する商店街、「魚の棚」。2015年)

私は4年前の夏に、神戸の西の町・明石を初めて訪問しました。

作家・稲垣足穂は、神戸の学校(関西学院)を卒業し、その後も神戸を舞台にした作品を多く書いていますが、彼は明石の両親宅から神戸まで通っていたので、そのホームタウンはあくまでも明石です。

このとき明石を訪ねたのは、彼の足跡をたどるためでした。

   ★

今回、神戸を訪ねたついでに、私は4年前から心にかかっていたことを実行するため、明石を再訪しました。それが何かは、以下の記事に書かれています。


かいつまんで言うと、明石には、かつて少年時代の足穂が憧れの目を向けたハイカラな西洋雑貨店があり、驚くべきことに、そこは今も営業を続けているのです。
私は冥界の足穂に手向けるため、何かそこでモノを買わないといけないような気が、ずっとしていました。


今回、そこで目にしたのが、この土星のカフリンクス。
英国生まれのピューター製で、深みのある青のベルベットに、銀色の土星が鎮座している様は、いかにも足穂好みだと思えました。


糊のきいた真っ白な袖口に、鈍い銀の土星が顔をのぞかせているなんて、ちょっと素敵ではありませんか。

   ★

…というのは、つまらない「嘘」です。
このカフスは、全然別のところで買いました。

かつてのハイカラ雑貨店も、今では地方の商店街に立つ小体(こてい)な洋品店以上のものではなく、そして地方の商店街は、現在おおむね苦境に立たされているのです。

宇宙的郷愁を感じさせる品を求めて、勢い込んで店に飛び込んだ私が、背中を丸めて店から出てきたとき、手にしていたのは、エコノミーで実用的な小銭入れでした。


まあ、「悄然」というほどでもないですが、なかなか現実と脳内イメージは一致しがたいものだ…と、いくぶん塩辛い気持ちになったのは確かです。(はたから見たら、きっと落語の「酢豆腐」に出てくる若旦那みたいな、滑稽な姿に見えたことでしょう。)

宇宙は何から出来ているか(3)2015年11月24日 06時27分59秒

昨日挙げた「五大要素」の話。
過去記事を探したら、こんな美しい例もありました。


この「恒星、土星、彗星、月、望遠鏡」の宇宙イメージは、かなり強固なもので、21世紀に入っても、まだまだ健在です。


上のAKTEO(仏)のデザイン・ウォッチなんか、まさにそれですね。
ここでは時針が月、分針が土星、秒針の両側が望遠鏡と彗星(流星?)になっていて、恒星が散った文字盤の上をくるくる回っています。


これこそ、19世紀以来今日に至るまで、人々に広く共有されている「宇宙」イメージなのでしょう。

   ★

下は今から3年前(2012.8.18)、朝日新聞のコラム「お金のミカタ」に載ったイラスト(画・深川直美氏)。


私はこの一コマ漫画にいたく感動し、ずっとHDに保存して座右の銘としていたのですが、今回話題にした「宇宙イメージ」という点からも興味深い作例で、やはりこの辺が現代の最大公約数的な宇宙の描き方かと思われます。

(ちなみに、この日の「お金のミカタ」のテーマは、「高金利でお得な定期預金!?にはカラクリが/うまい話は転がってない」というものでした。まあ、たしかにうまい話はないですね。でも、広い宇宙のどこかには…)

胸元をかざる宇宙のヒーロー…カテゴリー縦覧「こまごまグッズ」編2015年08月12日 06時04分14秒



以前も登場したスプートニク3号のシガレット。
http://mononoke.asablo.jp/blog/2015/04/04/7603862

今日は「こまごまグッズ」なので、その中身を見に行きます。
中身はこれ以上ない…というぐらいこまごましたピンバッジ。


1950年代~70年代、東西冷戦下で展開された、米ソの宇宙開発競争。
現在の中高年世代は、そのころの世間の空気をよくご存知と思います。
スペースロマンと国威発揚がないまぜになった宇宙開発の話題は、当時恰好のプロパガンダツールでしたが、このソ連製ピンバッジも、そんな時代の空気を今に伝えています。


宇宙時代到来のたしかな道筋をつけた、ロケット工学の父・ツィオルコフスキー(1857-1935)。本物のロケットが飛ぶ頃には、すでに過去の人でしたが、ソ連ではずっと英雄扱いでした。

(決めゼリフは「地球は青かった」)

ボストーク1号(1961)で、人類初の有人宇宙飛行を成し遂げた勇士、ガガーリン(1934-1968)。

(同じく「ヤー・チャイカ(わたしはカモメ)」)

ボストーク6号(1963)で、女性として初めて宇宙飛行をしたテレシコワ(1937-)。

   ★

ガガーリンも、テレシコワも、今では注を付けないと伝わりにくいかもしれません。
とはいえ、人々に感動を与えたその有名なセリフも、多分に誤訳・誤伝によるもの…なんてことは、さっきウィキペディアで知ったばかりなので(※)、私にしても、そう偉そうに言うことはできません。

(※)わりと即物的な通信内容だったのが、いろいろ潤色されて「名セリフ」になったらしいです。まあ、そこが報道記者の腕の見せ所だったのでしょう。


ガガーリンが乗り込んだボストーク1号。すっきりしたデザインがカッコいい。


黒地に金が映える宇宙船。ボストーク1号の本体(左側の球体)とロケット最上段。


ボストーク計画に先行したスプートニク


何だかよく分からないけれども、うねうねと遊泳する宇宙飛行士。
変な絵柄ですが、背景の緑がきれいです。

   ★

カッコよくもあり、かわいくもあり。
たかがピンバッジとはいえ、そのデザイン力はなかなかあなどれません。
冷戦下の鬱屈した思いが、地上に託せぬ夢をせめて宇宙に託そうと、こういう瑣末な対象に自ずとはけ口を求めたせいかもしれません。

「星を売る店」のドアを開ける(12)…黒き道士、虎山(こざん)に星を逐ふ話2015年07月05日 20時10分42秒

今日は所用で京都へ。
所用の合間に、以前から気になっていた「ウサギノネドコ」さんを訪問し、その後Lagado研究所で、オーナーの淡嶋さんから近況などを伺い、大いに心のコリがほぐれました。会って話をすることって、やっぱり大事ですね。

   ★

さて、「星」は主にエジプトで商われているとはいえ、その産地はエジプトから更に遠く離れたエチオピアです。

 ここにリー大尉と申すのはすぐる大戦に相当名を売った、飛行機乗りだそうでございますが、このリー氏がなんでもカイロのバーで、隣席のアラビア人同志のあいだに交わされていた、ふしぎな話を耳にしたのでございます。かれはその会話に語られていたことの真相をきわめるべく、アラビア人のひとりをやとって、エチオピア高原のどこかにある奇蹟の地を訪れたのでございますね。その結果が、あのポスターにえがかれたのとそっくりのことを、眼の前に見ることになったのでございます。

古代より続く栄えある王国の版図内、冷涼なエチオピア高原の一角に、その奇蹟の地は存在します。そこは容易く星に手が届く、「世界でいちばん天に近い場所」。


その実景を髣髴とさせる絵葉書を見つけました。


アビシニアはエチオピアの古名です。
乾いた大地にそびえる奇峰は、「モンターニュ・デュ・ティーグル」、英語風にいえば「タイガー・マウンテン」。しかし不思議なことに、フランス語にしろ、英語にしろ、この地名で検索しても、現在エチオピア国内には該当する場所が見つかりません。絵葉書になるぐらいですから、有名な場所だと思うのですが、何だか狐につままれたような気分です。

まあ、探し方がまずいだけかもしれませんが、しばし「これぞ神秘の霧に閉ざされた謎の山」ということにしておきましょう。


浅黒い男たちが、この頂で盛んに網をふるって、星を捕える有様が思い浮かびます。

 〔…〕さてそうとした時に、なぜ世間がそれを知っていないか?これまたもっともな疑問でございましょう。世界中で一等天に近い所だという前述の場所では、星を取ることについて何とかいう長老が取り締まっているのだそうで、このハッサン・エラブサという男のきげんを取りむすばないことには、この星は手に入れがたいのでございます。こういう事情にあって、―当店はドイツの東洋更紗商人が経営しておりますが、いまここにあるだけの星を蒐め得たのは、めずらしいことだと同業者間にうわさされているほどでございます。


「それと申しますのも、当店のあるじがそのエチオピアの長老と格別昵懇のため、特に許しを得て卸してもらっている次第でして。―これは彼の地の族長が親しく身に着けていたのを贈られた指輪だそうでございます。」

…という風に、ここでも空想に尾ひれが付きますが、これがエチオピアの銀製指輪で(元の持ち主はそう述べています)、私がそれをドイツの人から入手したことは空想ではなく、たしかな事実です。


月星マークは、イスラムモチーフなのでしょうが、ここでは「星捕りの長老のしるし」ということにしておきましょう。

   ★

 こう申し上げたところで、はたして皆さんがどこまで信用あそばすやら……いやそんなことより、この小さな店をあずかっているわたくしにして、うちのあるじがいかような手段でこの品を集め、どれくらいのねだんで売るつもりやら、またこれから先、どうして行くつもりやら……そんなこと一切にまるで見当がつかないのでございます。

店員の発言は妙にフワフワしていますが、物語はいよいよラストへ―。

(この項つづく)