宇宙の謝肉祭(その4)2017年11月14日 23時05分24秒

これまたエクスに登場した天文モチーフの山車。
題して、「月の恋人たち(Amoureux de la lune)」


キャプションには年次も回数も記載がありませんが、消印から1915年の出し物と分かります。


それにしても、これは何なんでしょう?
アンパンマン的な何かと、バイキンマン的な何かを、大勢の天文学者が望遠鏡で覗いている情景ですが、いったいこれは何を言わんとしているのか?

(一部拡大)

そのコスチュームとタイトルを見比べて、じっと考えた結論として、これは「太陽と月の結婚」である<日食>を表現しているのではないかと思いつきました。つまり、白いのが太陽、黒いのが月で、彼らがひたと頬を寄せ合うとき日食が起きる…という、古くからのイメージを表現した出し物という説です。

(Pinterestで見かけた出典不明の画像)

ただ、この前後にフランスで皆既日食が見られたら、話がきれいにまとまるのですが、どうもそういう事実はなくて、1912年4月17日に観測された皆既日食(+金環食のハイブリッド日食)が、ちょっとそれっぽく感じられる程度です。

(パリ天文台が行った飛行船観測による画像。

まあ、いくら100年前でも、3年前の出来事が「時事ネタ」になることはないでしょうから、これは特定の日食を表わしているというよりも、天文趣味に染まった山車の作り手の脳裏に、この年はたまたま日食のイメージが浮かんだ…ということかもしれません。

   ★

エクスの町における「宇宙の山車」の始点と終点は不明ですが、少なくとも1910-12年と1915年に登場したのであれば、当然、中間の1913-14年にも作られたでしょうし、その前後も含め、まだまだ奇想の山車はあるはず…と睨んでいます。

今後も類例が見つかったら、随時ご報告します。(我ながら酔狂な気はしますが、まあ実際、酔い狂っているのですから仕方ありません。)

(この項いったん終わり)

空の旅(15)…日食地図2017年05月04日 10時23分20秒

今回の「空の旅」はレプリカも多くて、ちょっと展示に弱さがありました。
それを補う、何かアクセントになるものを入れたいと思って、19世紀初めに出た美しい「日食地図」をラインナップに加えました。

(販売時の商品写真を流用)

■Cassian  Hallaschka(著)
 『Elementa eclipsium, quas patitur tellus, luna eam inter et solem versante
  ab anno 1816 usque ad annum 1860』
 (地球と月、そしてそれらが巡る太陽との間で生じる1816年から1860年までの
 日食概説)


「1816年にプラハで出版された日食地図。1818年から1860年にかけて予測される日食の、食分(欠け具合)と観測可能地点を図示したもの。日食の予報は、天文学の歴史の中でも、最も古く、最も重要なテーマのひとつでした。」


オリジナルは107ページから成る書籍ですが、手元にあるのは、その図版のみ(全22枚ののうちの11枚)を、後からこしらえたポートフォリオ(帙)に収めたものです。
その表に貼られているのは、オリジナルから取ったタイトルページで、図版はすべて美しい手彩色が施されています(各図版のサイズは、約25.5cm×19.5cm)。

(タイトルページに描かれた天文機器)

   ★

ここでネット情報を切り貼りして、補足しておきます。

著者のフランツ・イグナーツ・カシアン・ハラシュカ(Franz Ignatz Cassian Hallaschka、1780-1847)は、チェコ(モラヴィア)の物理学者。
ウィーンで学位を取り、母国のプラハ大学で、物理学教授を長く勤めました。今回登場した『日食概説』も、同大学在職中の仕事になります。

上記のように、日食の予報は洋の東西を問わず、天文学者に古くから求められてきたもので、その精度向上に、歴代の学者たちは大層苦心してきました。

そうした中、ハラシュカが生きた時代は、ドイツのヴィルヘルム・ベッセル(1784-1846)や、カール・ガウス(1777-1855)のような天才が光を放ち、天文計算に大きな画期が訪れた時代です。ハラシュカの代表作『日食概説』も、日食計算の新時代を告げるもので、そうした意味でも、「空の旅」に展示する意味は大いにあったのです。


さらに、この地図の売り手が強調していたのは、当時まだ未踏の北極地方の表現が、地図史の上からも興味深いということで、確かにそう言われてみれば、この極地方のブランクは、科学の進歩における領域間の非対称性を、まざまざと感じさせます。(北極以外も、このハラシュカの地図には、16世紀の地図のような古拙さがあります。)


遠くの天体の位置計算がいかに進歩しようと、足元の大地はやはり生身の人間が目と足で確認するほかないのだ…などと、無理やり教訓チックな方向に話を持って行く必要もないですが、当時はまだ広かった世界のことを思い起こし、そこから逆に今の世界を振り返ると、いろいろな感慨が湧いてきます。


----------------------------------------------------------
▼閑語(ブログ内ブログ)

ハラシュカの地図じゃありませんが、生活者たる身として、遠い世界と同時に身近な世界のことも当然気になります。

安倍氏とその周辺は、公然と改憲を叫び、共謀罪の成立を目指しています。
その言い分はすこぶるウロンですが、それを語る目元・口元がまたウロンです。

何せ、スモモの下では進んで冠を正し、瓜の畑を見ればずかずかと足を踏み入れ、そして袂や懐を見れば、何やらこんもり重そうに膨れている…そんな手合いですから、その言うことを信じろと言う方が無理です。

彼らは冠よりもまずもって身を正すべきです。
議論は全てそれからだと私は思います。

古暦2016年12月31日 19時43分54秒

年賀状も書き、大掃除も済ませ、さてカレンダーを掛け替えようと思ったら、「そういえば、まだカレンダーを買ってなかったな」と気づき、買いに行ってきました。

何となく買い置きがあったような気がしたのですが、よく考えたら、それは一昨年の年末のことで、自分の頭の中では2年前と今の記憶がごっちゃになっていて、そんなことがあると、自分もいよいよか…と思います。

用済みの暦はそのまま捨ててしまいましたが、一年間世話になった古暦というのは、何となく人間臭さが伴うものです。俳句では歳末・冬の季語。

  引き裂いて鰯包むや古暦   高井几董
  古暦水はくらきを流れけり  久保田万太郎

古暦は過去の象徴として、懐かしくもあり、同時に振り捨ててしまいたいものでもあり、それはちょうど新しい暦が、期待と不安を感じさせるのと対になるものでしょう。

   ★

気前よく鰯を包むのに使われたりする一方で、暦はお上から特に許しを得た版元しか発行できない時代が長かったので、貴重なもの、有難いものという観念も伴っており、昔は古暦を大事にとっておく人が少なからずいました。今でも昔の暦がたくさん残っているのは、そのせいでしょう(和紙が貴重だったということもあるかもしれません)。


上は嘉永二年(1849)の会津暦。
会津暦は会津地方で印刷された地方暦の一種ですが、暦の日付けそのものは、江戸の幕府天文方の暦算に拠っています。(脇に書かれた「江戸暦 鈴木より至〔到〕来」というのは、その辺の事情を何か伝えているのかもしれません。)

この年は酉年で、干支でいうと己酉(きゆう、つちのととり)。
干支は周知のように60年で一回りするので、1849年の次は、1909年、1969年…と来て、来年の次の酉年、すなわち2029年は再び己酉の年になります。前回の酉年のことを思うと、2029年の酉年も、きっとあっという間に訪れることでしょう、

「明治百年」の祝賀行事を記憶する者として、黒船の時代からもう180年か…というのも感慨深いですが、アポロの月着陸から数えてもう60年か…というのは、いっそう驚きです(いずれも12年後の話です)。そして、蒸気船から月ロケットまで、わずか120年で走り抜けた人類の速力にも改めてビックリです。


まあ、何にしてもそれほど遠い昔のことではないのですが、江戸の人はマゲを結って、こんな暦を使って、煤けた家に暮らしていたわけです。

   ★


ときに、暦をめくっていたら、日食の記事があって「おや?」と思いました。
すなわち二月一日の項には、「日そく〔蝕〕九分半 五時三分右の上より欠けはじめ四時甚だしく四時八分左の上におはる」とあります。

Wikipediaを見たら、果たして「1849年2月23日(嘉永2年2月1日)江戸をわずかに外れて金環食が通った」とあって、煤けた家でマゲを結っていても、やっぱり幕末の人は、かなり正確な時の流れの中で生きていたのだなあ…と再び思い直しました。

   ★

…と古暦を見ながら、いろいろ思いにふけっているうちに、いよいよ今年も終わりが近づいてきました。
今年一年、「天文古玩」にお付き合いいただき、ありがとうございました。
来たる年が、どうか皆さんにとって良い年でありますように!


【付記】

なお、上の暦に押された「禁出門 治三郎文庫」の朱印は、印刷業界人にして日本印刷史の研究家でもあった、故・牧治三郎氏(1900-2003)の旧蔵品であることを示し、虫喰い跡のある古暦を丁寧に補修したのも、おそらく同氏の仕事でしょう。

デ・ラ・ルーとその時代(4)2016年10月24日 06時59分20秒

さて、トランプの話題から、「天文家ウォレン・デ・ラ・ルー」の話題に移ります。

   ★

ウォレンの父親である、トーマス・デ・ラ・ルー(デ・ラ・ルー社の初代社長)の方は、出身地ガーンジー島に同名の人気パブがあったり、また自治領発行の5ポンド紙幣に肖像画が描かれたりしたおかげで、今でも地元では有名人です。それにひきかえ息子ウォレンは、そのすばらしい科学的業績にもかかわらず、半ば忘れ去られた存在となっています。

…というのは私が言っているわけではなく、BBCのページにそう書かれていました。
まあ、BBCがそう言うのですから、ウォレンは一般には過去の人には違いないのでしょう。

(港の見えるパブ 「トーマス・デ・ラ・ルー」。
http://www.liberationgroup.com/pubs/thomas-de-la-rue

   ★

しかし、ウォレンの名は、天文趣味の歴史において決して落とすことができません。
何と言っても、彼はアマチュア天文家として、天体写真の撮影に熱心に取り組んだ最初期の一人であり、現代の天体写真マニアにとって偉大な先達だからです。

ウォレンの名は、小暮智一氏の『現代天文学史』にも1か所だけ登場します。
それは1860年のスペイン日食の際の業績で、彼はこのとき得意の写真術を使って、太陽光球部の縁に「赤い炎」――すなわちプロミネンスを見出したのでした。
このニュースが、やはり当時はまだ一介のアマチュア天文家だった、ノーマン・ロッキャー(1836-1920)に、プロミネンスの分光観測を決意させ、やがて新元素「ヘリウム」の発見につながったのです(同書177-8頁)。

(ウォレンの写真を元にした石版画。アメデ・ギユマン『Le Ciel』より)
 

  ★

そして、ウォレンの名をいっそう高めているのが、月面写真家としての顔です。

彼は太陽以前に、月の写真撮影に熱心に取り組み、それによって月面の地形変化を探ろうと試みました。その試みは必ずしも成功しなかったのですが、彼の手になる月写真は、19世紀人の嗜好に叶い、立体写真の形で一般にも広く流通しました。

月のステレオ写真というと、ヤーキス天文台の写真を元にしたキーストーン社のものがポピュラーで、ほかにも19世紀末から20世紀にかけて、いろいろなメーカーから出ていますが、1850年代(江戸時代!)にさかのぼるデ・ラ・ルーの月写真は、その嚆矢と言えるもので、歴史的に大きな意味があります。

(1910~20年代に出たらしい、キーストーン社のステレオ写真)

(長くなったのでここで記事を割ります。この項つづく)

1878年、パリでのある試み2016年06月26日 10時17分17秒

無線通信技術の歴史は、1872年、アメリカのマーロン・ルーミス(1826-1886)が、無線通信に関する特許を取得したことに始まります。その後、エジソンやマルコーニらの技術開発競争があって、無線通信は急速に実用化されていきました。

ちょうど同じ頃、1877年に、イタリアのスキャパレリが火星の「運河」を報告し、高度な文明を持った「火星人」の存在が、急速に実証科学の研究対象として俎上に乗ることになりました(火星人の存在そのものは、それ以前から多くの人の好奇と思弁の対象となっていましたが、それが改めて「観測」の対象となったわけです)。

   ★

こうした科学と技術の大変革期に開催された、1878年のパリ万博では、数々の奇想科学の成果が花開きました。

フランスのオーギュスタン・ムショー(Augustin Mouchot、1825-1911)による、火星人――あるいはさらに遠くの異星人――と、電波を使って会話するという試みは、その最大のものといってよく、ムショーの天才が生み出した銀色のパラボラアンテナは、夕闇迫るパリの公園から天空を睨み、火星人や金星人との対話という、前代未聞のデモンストレーションを繰り広げて、人々を大いに驚かせたのです。

(A. Mouchot, La Chaleur Solaire et ses Application Industrielles. Gauthier-Villars (Paris), 1879. 挿図より)

   ★

…というのは、まったくのウソです。

19世紀のパリに、本当にパラボラアンテナが登場していたら、オーパーツ的で面白いのですが、もちろんそんなはずはありません。上の品の正体は「太陽光集熱器」です。

先日、antique Salonさんを訪ねたとき、オーナーの市さんが「そういえば、こんなのを送ってきましたよ」と言って、フランスの某古書店のカタログを貸してくださり、パラパラ見ていたら、上の図が目に留まり、瞬時に上のような空想が浮かんだので、出来心でウソをつきました。すみません。

ときに、私はぜんぜん知らなかったのですが、ムショーは太陽エネルギーの利用史では有名な人だそうで、「Augustin Mouchot」で検索すると、上の図も含め、その発明品の数々が、ずらずら出てきます。

まあ、通信はウソにしても、天体から放出された電磁波を受け止めて、それを人間の役に立てた…という意味で、ムショーが偉大な先人であったことはウソではありません。

疾走する太陽の光2016年06月06日 07時01分38秒



いつもの棚から窓辺に移された砂時計。


モノ自体は、木枠に収められた、何の変哲もない砂時計です。
しかし、この砂時計はある「事実」を表現しており、それ自体シンボリックな存在です。


木枠に刻された文字。
In this time: sunlight reaches Earth

太陽から地球までの距離は、光の速さで約8分20秒。
すなわち、我々が目にする太陽は、8分20秒前の姿です。
その8分20秒という時間を、砂時計で表現したのが、この「太陽の光の砂時計」なのでした。

   ★

この品は、有)リビングワールドhttp://www.livingworld.net/)から2008年に発売され、今も売られている現行商品です。

太陽の光の砂時計(木枠版)
 http://www.livingworld.net/shop/sol_frame/


サラサラと落ちる白い砂。


二つの世界を結ぶ通路を滑り抜け、砂は「こちら」と「向う」を行き来します。

これは時を測る実用品ではなしに、それを見て何かを感じるための品です。
それは太陽の存在であったり、宇宙の大きさであったり、長大な空間を越えて光が走る姿であったり、人によって様々でしょうが、たしかに人はそれを見て何かを感じます。

   ★

私がこれを購入したのは2009年11月、今から6年6か月前のことです。
あの日太陽を出発した光は、今やケンタウルス座α星やバーナード星といった、太陽に最も近い恒星たちを越えて、さらに遠い旅を続けているはずです。

そして、それは太陽の光だから、そんな壮大な旅をしているわけではなくて、部屋の窓から洩れる微かな灯りも、やっぱりそんな途方もないスピードで、宇宙空間を駆けているに違いなく、そんなことを思いながら、この砂時計を眺めると、たしかに何かを感じます。

アインシュタイン賛江2016年02月12日 17時32分51秒

雑事でバタバタしている間に、世界は重力波観測のニュースで沸き立っています。
重力波はきわめて微弱なものだそうですが、それが宇宙の一角にこれほど顕著な影響を及ぼすということは、物理的な力以外に「情報」というものが、この世界において、いかに大きな役割を果たしているかを示すものではありますまいか。

   ★

重力波の存在を予言したアインシュタイン博士にちなみ、今日はこんな絵葉書です。


これが何かといえば、


「相対性原理を証明したる日蝕写真」だというのです。


東京本郷の矢吹高尚堂製。
この絵葉書の形式は、これが大正7年(1918)~昭和7年(1932)に発行されたものであることを示しています。矢吹高尚堂がどんな店かは知りませんが、たしかに高尚な絵葉書です。


これが問題の日食写真。
本当は真っ暗な太陽本体の周囲を、明るいコロナが取り巻いているはずですが、これはネガなので、明暗が逆転しています。太陽の周囲に描き込まれた「― ―」の記号は、太陽周辺に浮かぶ恒星の位置を示すもの。


そして、こちらが観測の際に使われた機材。
即ち「英国日蝕観測隊の用ゐたる望遠鏡」です。

   ★

調べてみると、これは1919年5月19日の日食の際のもので、英国隊の遠征先は、アフリカ大陸の西に浮かぶプリンシペ島でした。

皆既日食の際に、太陽近傍(といっても実際にはそのはるか向うですが)に浮かぶ恒星の位置を測定したら、理論値よりもほんの僅かなずれが検出され、これこそ太陽が重力レンズの働きをした証拠であり、相対性理論の正しさを証明するもの…と、当時の人々は、100年後の重力波検出と同様、大いに沸き立ったのでした。

この機材を使い、この日食写真を撮った人は、ケンブリッジ大学のアーサー・エディントン(1882-1944)で、エディントンについては、その自筆葉書を偶然手にしたことを、以前記事にしました。

■ケンブリッジ大学天文台
 http://mononoke.asablo.jp/blog/2012/02/08/6326676
■近頃ちょっと驚いたこと
 http://mononoke.asablo.jp/blog/2012/02/09/6327839

(画像既出)

とはいえ、この2枚の絵葉書が私の中で結びついたのは、ついさっきのことです。
それによって、そこに明白な「意味」が生まれ、一人の人間の心にさざ波を立てたとしたら、これまた情報というものの働きを物語るものでしょう。

暗い日2015年09月26日 13時35分42秒

世間の動きとは別に、気ままにモノを買うことは続いています。
しかし、そんな日々の買い物にも、その時々の思いは自ずと反映するものです。


先日届いたガラス製のステレオビュー(19世紀イギリス製)。

普通のステレオ写真は紙焼きですが、これは幻燈スライド風の画面を左右に並べて、光にかざして眺めるようにできています。
なぜこういう手の込んだことをするかといえば(製造費も輸送費も、紙焼きよりずっと高くついたはずです)、同じ絵柄でも、反射光で見るのと透過光で見るのとでは、印象がかなり異なり、それによってリアリティが増したり、モノによっては幻想味が濃くなったりするからではないでしょうか。

―とはいえ、これも今では省みられることのない、過去の視覚玩具に過ぎません。


この朽ち寂びた風情が、今の気分にとてもしっくりきます。
今の私は、いささかデカダンスの気分に流されているのでしょう。

   ★


そこに写っているのは、これまた陰鬱な情景です。
黒い雲に太陽が呑み込まれる寸前の光芒。
これはまさに透過光向けの画題で、この光と影のニュアンスは、反射光ではよく味わえないでしょう。

見かたによっては美しいとも、壮麗とも見えるかもしれませんが、今の私にはひたすら昏く寂しい光景に見えます。でも、その暗さこそが、大いなる慰藉を与えてくれます。

カテゴリー縦覧…太陽・日食編:サンライトイエロー2015年02月26日 07時05分04秒

仕事の方は相変わらずですが、3日間不在にするので、取り急ぎ1回更新します。


太陽と黒点を描いた19世紀半ばの幻灯スライド。
手描きのガラス絵を木枠に嵌めたのは、当時の標準スタイルで、まだ幻灯に写真が応用される前の時代のものです。スライドの丸窓全体を太陽に見立てて絵にしているのが、ちょっと面白い工夫。


木枠にプレスされたメーカー名は、19世紀前半~20世紀初頭まで存続した、ロンドンの科学機器メーカー、Carpenter and Westley。


枠の上部に「5」のナンバリングがあります。
おそらく、セット物の天文教育スライドの内の1枚でしょう。


裏面はこんな感じ。


ガラス絵を別のガラスで覆い、金属環で固定してあります。
こういう風にガラスで絵柄をサンドイッチしてあるものは、一般に保存状態良好ですが、中にはカバーガラスのないものがあって(メーカー製ではない、個人が作製したものに多い)、そういうのは絵の具の剥落が激しく、手元に届いたらガッカリ…なんていうこともあります。


疾走する波紋の源。
山吹色の恒星面でうねり、ねじれる強大な磁場の影。

でも、19世紀人は太陽黒点の正体を知らなかったので、この幻灯上映会を見ても、何となくユーモラスな、どちらかといえば静穏な太陽像を、心に抱いたかもしれません。

博物蒐集家の贈り物(2)…燃える世界2015年02月03日 06時47分40秒

dubhe(ドゥーベ)さの紹介ページは以下。
http://ameblo.jp/salon-histoire-naturelle/entry-11974740018.html

dubheさんからは、激しく燃え、沸き立ち、煙を噴き上げる、太陽の手彩色銅版画を贈っていただきました。

(善き哉、博物学の佳趣…)

原図は綺想の科学者、アタナシウス・キルヒャー(1602-80)の手になるもので、彼の著した『地下世界(Mundus subterraneus)』(1665、1678)に収められています。

一見して強烈な印象を与える図柄で、その訴求力から、後世繰り返しコピーされたようです(日本でも、司馬江漢が「太陽真形図」と称してコピーしています)。そのため、いただいた版画の直接の出所は不明ですが、おそらく1700年代のものの由。


見れば見るほどすさまじい絵です。

でも、太陽が高熱を発する球体であり、地球とは別の世界がそこに広がっていると見抜いた人が、その知識を図示するとしたら、いったい他にどんな絵が描けただろうか…とも思います。

高温を発する現象として、物質の燃焼しか知らなければ(かなり近い時代までそうでした)、太陽では目もくらむほどの火柱が立ち、絶えず煙が上がっていると考えても不思議ではありません。



21世紀を生きる我々だって、光球上にうねる巨大なプロミネンスの写真を見て、漠然と「炎のようなもの」と思っているのではないでしょうか。人間の心の中では、太陽は依然真っ赤に燃えており、このキルヒャーの絵こそ、より「心の真実」に適う姿のような気がします。

そして、Hαフィルターを用いた最近の太陽写真は、再びキルヒャーの絵に接近してるようでもあります。


人が純粋な研究目的にとどまらず、こういう画像をついつい撮りたくなるのは、やっぱり上のような理由が伏在しているからだ…と睨んでいます。