逝く年の思い出に2017年12月29日 15時43分30秒

なんだかずいぶん長い時が経ったような気がします。

旅先で拾った風邪が予想外に長引き、この間、ずっとぼんやり過ごしていました。別に高熱を発してうなされていたわけではありません。でも、身体がどこか本物でないような感じがして、文章を書くことを控えていました(こういう時は、自分の書く文章が、ひどくつまらなく思えます。)

ひょっとしたら、「ジジイ」というような、汚い言葉を使った罰が当たったのかもしれません。風がうなり、雪が降りしきる音を寝床の中で聞きながら、言葉というのは、もっと丁寧に――お上品という意味じゃありません――使わねばならん…と、反省したりもしました。

   ★

ゆく年くる年の話題もすでに早すぎるということはないでしょう。
下は「1908年12月23日」の消印が押された年始カード。


月男が手にした灯りに照らされて、時の流れを司る天使たちが、土星の輪っか?をクルクル回して遊んでいます。時刻はただいま午後11時55分。鐘の音とともに、新年が訪れるのももうじきです。

「どうか実り多き良き年を!」


   ★

…というような、通り一遍の記事で年を締めくくってもよかったのですが、その後、上の絵葉書の「続編」を見つけて、また少し気分が変わりました。


時刻は移って、新年を迎えた午前0時5分です。
今度はラッパを手にした、まん丸の月がやってきて、天使たちにご挨拶です。

「新年おめでとう!」

この絵葉書が投函されたのは、1910年3月15日。別に年末でも年始でもないのですが、それでもこの送り主はどうしても、この年始カードを知人に贈りたい思いに駆られました。


「このカードは母が永遠の世界に旅立ったとき、彼女の手元に残されたものです。」

元の持ち主によって、決して出されることのなかった形見のカード。
そのふくよかな笑顔に、送り主は亡き人の面影を見ました。

("Mother")

なんだか粛然とします。
時の歩みは、人々の一生をも飲み込んで、容赦がありません。
それでも、そこに永遠の憩いと安らぎがあるならば…。

   ★

年末にあたり、多くの人への思い出にこの記事を捧げます。

コメント

_ S.U ― 2017年12月29日 16時33分56秒

この無邪気で聡明そうな天使がいいですね。人間の喜びも悲しみもすべて理解してくれているように見えます。

 旅先でひろった風邪は、免疫性に乏しい上に、帰宅してどっと疲れが出たときに発症してやっかいですね。ご自愛下さい。

 本日、私どもの天文同好会の会誌の新号を、発行をいたしました(↑のURL)。
  行く年のつれづれに・・・、ご自愛のつれづれに・・・(ならんか)
 御笑覧下さいますれば幸甚に存じます。

_ 玉青 ― 2017年12月30日 15時23分58秒

お見舞いありがとうございます。幸い新年を前に何とか復調しました。
ときに会誌のご紹介をいただき、重ねてどうもありがとうございます。早速拝読しました。長屋の皆さんもますますお元気なようで何よりです。皆様どうぞ良い春をお迎えくださいますように。

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
このブログのタイトルを平仮名で書くと、「○○○○こがん」です。○○○○に入る4文字は?

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://mononoke.asablo.jp/blog/2017/12/29/8757355/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。