石の色(2)2019年07月26日 06時55分05秒

岩絵具の話のつづき。


この繊細な色合いと、ずらっと並んだ標本感に、私は言い知れぬ魅力を感じますが、鉱物趣味の観点からこのセットを眺めた場合、ひとつ不満が残ります。
それは原料の鉱物種が不明なことです。


絵具の中には、「黒曜石末」とか、「岩辰砂」とか、鉱物名をそのまま色名にしたものもあるのですが、それ以外は「柳葉裏」とか、「朽葉色」とか、優美ではあるけれど、元の鉱物名とは無縁の名前が付いています。この点は、メーカーであるナガガワ胡粉絵具さんのサイトを見ても同様で、そこにも原料鉱物の解説はありません。

   ★

でも、ふと気づきました。
岩絵具の色は、鉱物の微粉末の色であり、それは結局「条痕色」と同じだと。

鉱物趣味の方はご存じでしょうが、条痕色とは鉱物種を判別する手掛かりの一つです。鉱物を素焼きの板(専用の条痕板や、茶碗の糸底など)にこすりつけると、鉱物によって特有の色が出ることから(出ないものもある)、その素性を知るヒントになるというもの。塊としての鉱物の色と、条痕色は一致するときもあるし、一致しないときもあって、条痕色のメカニズムは、なかなか奥が深いです。

条痕色に思い至ったのは、我ながら上出来。
ここで具体的に、鉱物と条痕色の対応を知るために、取り急ぎ以下の本をアマゾンで注文しました。

(松原聰、『図説 鉱物肉眼鑑定事典』、秀和システム、2017)

   ★

ただし――と、急いで付け加えますが、岩絵具の奥深さは、岩絵具の色と鉱物種が1対1対応しているわけでもない点にあります。

たとえば、緑系の岩絵具の原料は、ほぼ孔雀石(マラカイト)一択ですが、ひと口に孔雀石といっても、その色味は多様ですし、人工的に加熱することによって、さらに黒みを増すこともできます。他の色も同様で、多くの場合、1つの鉱物種はいろいろな色に対応しています。

そのことは、岩絵具の歴史を知るために、本棚から下の本を引っ張り出してきて、パラパラ読んだら分かりました。さらに、鉱物質の顔料としては、岩絵具のほかに、土を原料とした「泥絵具」も重要だとか、日本で「新岩絵具」と呼ばれる、色ガラスを原料にした顔料も、西洋では15世紀には使用が始まっており(青いコバルトガラスを原料にした「スマルト(花紺青)」)、その歴史は長い…とか、岩絵具とその周辺の話題は、なかなか尽きないのでした。

(クヌート・ニコラウス(著)、黒江光彦(監修)、黒江信子・大原秀之(訳)『絵画学入門―材料+技法+保存』、美術出版社、1985 /東京芸大大学美術館『よみがえる日本画―伝統と継承・1000年の知恵』展図録、2001)

   ★

これで、今年の夏の自由研究のテーマは決まりです。
この夏は石の色の謎を追って、涼やかに過ごせるといいのですが、あんまり入れ込むと暑くなってしまうので、その辺の力加減が難しいです。


-------------------------------------
【余談】

ときに、「色って本当にあるのかな?」…と疑問に思ったことはありませんか。

色はたしかに物理的基礎を持っています。それは光のふるまいによって生まれる性質であり、物理学の言葉で客観的に記述することができます。

と同時に、「色そのもの」は「色彩経験」としか呼べない性質も有しており、純然たる主観世界の住人のようにも思えます。たとえば、赤いリンゴの「赤さ」は、リンゴの側ではなく、我々の心の側にあるのではないか…という気もします。

この辺の事情は、たぶん色彩心理学の分野で、詳しい概念整理が行われてきたと思いますが、結論から言えば、「色」とは主観と客観が出会うところに発するものでしょう。

禅宗のお坊さんは、手をポンと叩いて、「今の音は右の手から出たのか、左の手から出たのか」と謎をかけたりしますが、「色」もその類で、主―客接するところにポンと発するのが色なんじゃないかと思います。

「これぞ色即是空、空即是色のことわりなり」…とか言うと、ちょっと尤もらしいですね。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
このブログのタイトルを平仮名で書くと、「○○○○こがん」です。○○○○に入る4文字は?

コメント:

トラックバック