阿呆船2020年09月17日 10時51分46秒

菅内閣が発足し、また新たな人間観察の機会が与えられました。
ここまで来たら、もはや動じることなく、腰を据えて観察したいです。

   ★

ときに、一連のニュースを見ていて、思い浮かんだワードがあります。

  『阿呆船』

15世紀末にドイツで出版され、16世紀を通じて各国でベストセラーとなった風刺文学です。ちなみに、私はずっと「あほうぶね」と読んでいましたが、さっきウィキペディアを見たら、そちらでは「あほうせん」と読んでいました(この辺は好みでしょう)。

私はタイトルを聞きかじっただけで、これまで内容を読んだことはないんですが、ウィキペディアの記述【LINK】を見たら、ひどく面白そうに思えてきました。

 「ありとあらゆる種類・階層の偏執狂、愚者、白痴、うすのろ、道化といった阿呆の群がともに一隻の船に乗り合わせて、阿呆国ナラゴニアめざして出航するという内容である。全112章にわたって112種類の阿呆どもの姿を謝肉祭の行列のごとく配列して、滑稽な木版画の挿絵とともに描写しており、各章にはそれぞれに教訓詩や諷刺詩が付されている。〔…〕その他にも、欲張りや無作法、権力に固執する者などが諷刺されている。本書は同時代ドイツにおける世相やカトリック教会の退廃・腐敗を諷刺したものとされる。」

こういう本が好まれ、長く読み継がれたという事実は、これこそ人間社会のデフォルトであることを示しているのではありますまいか。
しかも、その阿呆の群れの先頭を行くのが、

 「万巻の書を集めながらそれを一切読むことなく本を崇めている愛書狂(ビブロマニア)であり、ここでは当時勃興した出版文化の恩恵に与りながら、有効活用もせず書物蒐集のみに勤しむ人々を皮肉っている。」

…というのですから、まさに私自身、阿呆船の一等船客の資格十分です。

   ★

今回ウィキペディアに恩義を感じたのは、上の項目から「ナレンシフ(小惑星)」にリンクが張られていたことです。

「ナレンシフ(Narrenschiff)」は、『阿呆船』のドイツ語原題。
旧ソ連の女性天文家、リュドミーラ・ゲオルギイヴナ・カラチキナが1982年に発見命名した小惑星で、正式名称は「5896 Narrenschiff(1982 VV10)」。火星と木星の間の小惑星帯を回り、絶対等級は13.8となっています。光学的観察からは、サイズ・形状ともに不明ですが、小惑星イトカワ(絶対等級19.2)が直径330mですから、2、3km~数kmのオーダーでしょう。

それにしても、カラチキナはなぜこれを「阿呆船」と名付けたのか?
この空飛ぶ阿呆船が目指す阿呆国「ナラゴニア」はどこにあるのか?

たいそう気になりますが、皆目わかりません。
そして、カラチキナの機知に感心しつつも、『阿呆船』と優先して命名されるべき天体は、他にあるような気がします。

【2020.9.18付記】 ナレンシフの命名者と命名理由について、コメント欄でS.Uさんにご教示いただきましたので、併せてご覧ください。

   ★

そんなこんなで、私は『阿呆船』を注文することにしました。
たとえ積ん読になっても、それ自体が『阿呆船』の世界に入り込む行為ですから、それもまた良いのです。いずれにしても、あの顔もこの顔も、みな同船の客と思えば、親しみを持って観察できようというものです。

コメント

_ S.U ― 2020年09月17日 18時05分13秒

『阿呆船』知りませんでした。ボッシュの絵は見たことがあると思いました。

 小惑星(5896)Narrenschiff の命名理由は、IAU MPCが発表しています。あっさりした名前の由来の紹介だけのコメントが多いのですが、これについては出版500周年という動機が載っていて有用だと思います。

https://minorplanetcenter.net/db_search/show_object?object_id=5896

命名提案者は、カラチキナとは別人の、 L. R. Nemirovskij となっています。

 なぜこの天体が「阿呆船」に値するのかどうかは、また別途考えたいと思います。

_ 玉青 ― 2020年09月17日 21時23分19秒

おお、これは有益な情報をありがとうございます。
なるほど、発見者と命名提案者は別だったのですね。それと小惑星の命名手順をよく知らずにいたのですが、1494年の『阿呆船』出版から500周年を記念してのネーミングとすると、仮名称が付与されてから固有名が決まるまで、結構時間がかかるものなんですね。
まあ、その名は単なる思いつきかもしれませんが、はるかな空を阿呆船がくるくる旅している様を想像すると、地上の阿呆船に乗り合わせた苦々しさをしばし忘れます。

_ S.U ― 2020年09月18日 07時48分51秒

小惑星番号確定から命名手続きまでのスケジュール、命名提案権の譲渡などについては、かすてんさんがお詳しいと思います。機会があればお尋ねしたいなどと思っています。

 命名提案者のネミロフスキーについては不詳です。天文学、物理学、数学の論文著者のデータベースでは見つかりませんでした。

 小惑星ナレンシフの軌道は、円に近く傾斜も3°と普通に小さく、特に舟形で傾いているとかいうこともありませんので、何百何千と発見される中から、なぜこの小惑星がナレンシフに選ばれたのかはわかりません。たぶんたまたまなのでしょう。

 とはいっても、地上の阿呆船のほう、あまりにいまいましいので、できることなら『阿呆船(あほうぶね)』という題名の演歌を作詞作曲して(あるいは誰かに依頼して)、鳥羽一郎さんか島津亜矢さんあたりに大声で歌っていただいて、大いにウサをはらしたいところです。

_ 玉青 ― 2020年09月18日 08時05分14秒

ネミロフスキー自身も小惑星になっていて、その発見者がこれまたカラチキナという、何だかややこしいことになっていますが、
https://ssd.jpl.nasa.gov/sbdb.cgi?sstr=4861
改めて考えると、別にそうややこしくもないか…と思い直してみたり。カラチキナが敬愛する近しい人物だったように想像しますが、この小惑星が発見された1987年には、既に故人だったかもしれませんね。

_ S.U ― 2020年09月18日 08時25分25秒

あぁ、そっちから調べるといいのですね!

発見者、命名提案者は自分の名前は提案しないかわりに、相互命名はよくあるみたいです。

https://minorplanetcenter.net/db_search/show_object?object_id=4861

芸術的建築家とでもいうことになるのでしょうか。

_ 玉青 ― 2020年09月18日 12時58分02秒

追加情報をありがとうございます。ネミロフスキー氏を故人扱いにしてしまい申し訳ありませんでした。

>相互命名

何だか落語の「花見酒」みたいな具合ですが、まあ、それで帳尻が合うなら、ネミロフスキー氏も無事よみがえったことですし、まずは目出度い…とかなんとか、これぐらいの阿呆さ加減がちょうどいいんじゃないでしょうか。

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
このブログのタイトルを平仮名で書くと、「○○○○こがん」です。○○○○に入る4文字は?

コメント:

トラックバック