コレクター宣言2020年09月14日 21時05分32秒

「博物蒐集家の応接間」に触発されて、ぼんやり考えたこと。

   ★

私は理系アンティーク、ないし天文アンティークが好きで、いろいろなモノを手にしてきましたが、自分では決してコレクターではないと思っていました。それは、収集方針が系統立ってないし、収集フィールドもひどく曖昧だからで、「そういうのを収集家とは呼ばないだろう」と、常識的に判断したわけです。

でも、継続は力なり。時と共に、やっぱり自分はコレクターなんじゃないか…という気がしてきました。

   ★

そもそも、上で述べたコレクター観はいささか偏狭に過ぎたのではないか?
コレクターの中には、たしかにシジミチョウや、フランスの19世紀挿絵本や、トミカのように、自分の収集フィールドをしっかり決めて、そのフィールドの中で悉皆コレクションを目指す人も多いとは思います。

でも、たとえば「ビーチコーマー」、すなわち浜辺の漂着物探しはどうか?
あれも収集の外延が曖昧で、コンプリートすることも原理的にありえませんが、それでもビーチコーミングを楽しむ人は多いし、その収集をコレクションと呼ぶことに、いささかの支障もありません。


私がやっているのも、要はビーチコーマータイプの収集行為なのだと思います。

   ★

では、一体何を拾い集めているのか?
…といえば、「Popular Astronomyに関わる品」です。

ポピュラーアストロノミーを「通俗天文学」と訳すと、文字通り俗っぽくなってしまいますし、「一般向けの天文学」でもまだ不十分です。「万人の中にある星ごころの発露」と敷衍すると、ようやく腑に落ちます。そういうくくり方をすれば、自分がなぜ正統派の天文アンティーク以外に、天体をモチーフにしたゲームや、エフェメラや、アクセサリーにも魅かれるのか、自分でも理解できるし、人にも説明ができます。

まあ、「万人の中にある星ごころの発露」と言っても、外延のはっきりしない表現であることに変わりはないんですが、少なくとも内包ははっきりしています。私がそこに「星ごころ」を感じるか否か、当の私にとっては至極明瞭だからです。他の人からすると、「なんじゃそりゃ」と思われるかもしれませんが、そこがビーチコ-ーマーの自由さで、そういう気ままなコレクションを、これからも続けたいなあ…というのが、今の気持ちです。

   ★

正統派天文学は、もちろん星と人間のかかわりの最も太い幹ですが、それ以外にも星にかかわる人々の営みはいろいろあって、それぞれの色合いで「星ごころ」が濃く薄くにじんでいます。そうした品々が、私の「博物蒐集家の応接間」に、あたかも星座のように並んでいてほしいと思うのです。

コメント

_ S.U ― 2020年09月15日 19時24分32秒

>「万人の中にある星ごころの発露」

おぉ、これは、天文民俗学ではないか! とピピッと来ました。
 私は、子どもの時からの野尻抱影ファンでして、日本天文民俗学と玉青さんのおっしゃる天文アンティークコレクションをむりやり結びつけることを考えました。

 日本の天文民俗学の白眉は、「生業に関わる天文民俗」で、生業に生かされる天文現象の知恵だと長年されてきました、その関係で収集されるモノとなると、それは農具とか漁具とかの道具ということになります。それらには、星に関係ある名前がついていたりします。しかし、これらは文字通り「生きるための道具」ですから、「星ごころ」はありません。

 では、星ごころがまったくないかというと、生業を星と結びつける背景には、星に関する伝承とか天体への敬愛というものがあり、これらは確かに「星ごころ」であります。でも、伝承や敬愛はモノではないのですね。だから、天文民俗に関する(生業関係でなくてもよいので)有形のモノで「星ごころ」のあるものがないかということが問題です。ところが、これがちょっと思い浮かばないのです。趣味的なものも、信仰の対称的なものまで広げてもほとんど思い当たりません。(七夕やお月見のお供え物は、消耗品で、グッズではありませんし、庚申塔や十九夜塔も動かせるモノではありません。)

 何かありませんでしょうか? なぜこれにこだわるかというと、これが見つかれば、モノに残る「星ごころ」を集めて日本の天文民俗に迫るというまったく新しい研究手法が将来に向けて残せるのではないかと思うからです。時代もメディアも変わっていくので、何か新しい方向を考えたいと思っています。

_ 玉青 ― 2020年09月16日 06時55分04秒

モノでたどる天文民俗学、というわけですね。
考えてみると、これはいろいろありそうですよ。
七夕関係のものだと、七夕人形とか七夕の民画が過去に登場しています。

■七夕人形
http://mononoke.asablo.jp/blog/2018/07/07/8911084
■天文名画 (付・ 七夕の話)
http://mononoke.asablo.jp/blog/2015/01/31/7560797

記事中、具体的なモノには言及していませんが、星辰信仰に由来する祭具もきっと伝来していることでしょう。

■天の河原に流れるものは…
http://mononoke.asablo.jp/blog/2012/07/23/6520222

庚申信仰にかかわるものだと、青面金剛像の掛け軸なんかがありますね。あれも庚申の晩に民家の座敷に掛けて、その前で祭りをしたのでしょう。また各地の寺院が頒布した素朴な刷り物にも星辰系のものがいろいろあって(妙見像など)、掛け軸に仕立てられて民間に伝来しています。

それ自身、庶民が作り出したとは言えませんが、各種の暦も庶民生活と切り離せませんし、南部めくら暦なんかは、いかにも民俗っぽいですよね。

文様化した月は、日常のあちこちに顔を見せていますし、染付雑器で星宿を描いたものを見たこともあります。お月見にしろ、七夕にしろ、初日の出にしろ、たびたび浮世絵の画題になっていて、それ自体純粋な民俗とも言い難いですが、庶民生活に天象が入り込んでいた例にはなるでしょう。(西郷星やほうき星の明治錦絵にも、庶民の心意がうかがえます。)

他にもいろいろあると思いますが、まずは思いつくままに。

_ S.U ― 2020年09月16日 08時05分00秒

おぉっ、ありがとうございます。 
これは、大いに参考になりました。ちょっと、整理してみます。

 掛け軸は貴重な視点だと思います。掛け軸を作るのはプロですが、一般人の「コレクション」と言えますね。付け替え、譲渡も可能ですし。それに、近所の人と鑑賞し拝むもので、いかにも「民俗」ぽいです。

 浮世絵、錦絵、暦も同様ですが、これらは、すでに天文民俗で注目されてきました。これらの周辺を拡張していくといいとわかります。

 すると、掛け軸とか食器とかに行き当たります。ただ、これらは、庶民が私費で買う時は高価で「一生の買い物」だと思うので、「星ごごろの発露のコレクション」としてなら、もうちょっと単価の安いものがありがたいです。やはり、浮世絵や暦クラスの価格帯ということになりますか。名所の寺社のお土産とか、身につける安物の装飾具とか・・・はどうでしょうか。

_ 玉青 ― 2020年09月17日 11時02分13秒

あれこれ考えると、いろいろ見つかりそうですね。
掛け軸にしろ、食器にしろ、何せ数が作られたので、昔も今もそう高価とは言えません。以前も述べた気がしますが、昔のものはおしなべて上質で高価だというのは、残存確率から来るバイアスで、同時代で考えれば、当然安価で粗末なものの方が多かったでしょう。社会の上層とは縁遠い、民俗チックなものは尚更です。そして骨董ブーム・民芸ブームが去った今、そうした品はほとんど需要がないので、たとえ上質な品と言えど、価格は等しく暴落傾向だと思います。ぜひS.Uさんのコレクションにバンバン加えていただければと思います。

_ S.U ― 2020年09月17日 16時05分59秒

なるほど。日本にも庶民向けの安くて星ごころのある作品があればすばらしいですね。

昔の人にも今の人にも懐に優しい品があるか注意してみましょう。

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
このブログのタイトルを平仮名で書くと、「○○○○こがん」です。○○○○に入る4文字は?

コメント:

トラックバック