人体模型の面相学(2)2011年08月21日 18時05分24秒

(今日は字ばかりです)

京都・伏見にある京都科学を訪問した村上・安西の両氏を案内してくれたのは、同社営業課の横山さんで、以下は横山さんの話。

「顔には苦労しますねえ。新製品、必ずどこかクレームついて、またやり直しなんかしてますよ。結局まあ、うける顔っていうとまず優しくて可愛いということになりますね。だからタイプが決まっちゃって、たとえばある顔が気に入られたら、それじゃ次も同じようにしようか、ということはありますね。

 そういうのは『こういうのはどうですか?』といって持っていった看護学校の先生の判断に影響されるわけなんですよね。だから、Aという先生はこれでいいわと言っても、ほかの学校行ったら『なんですか、これ、もうちょっとなんとかなりませんか』というような、よくそういう話はしていますね。我々の立場からするとしょうもない話なんですけどね。教育にどう関係あるのかとは思うんですけど、実際はなかなか…」

人体模型の「顔」を決めたのは市場だった…ということがよく分かる話です。

   ★

そういう「うける顔」を安定的に作り出すことを可能にした技術的バックボーンが、樹脂成型の技法でした。樹脂製の人体模型は、京都科学自身が戦後に開発したもので、無個性な表情の人体模型が世間に行き渡るようになったのには、そういう実際的な理由もあったと言えます。

以下は、村上・安西両氏が京都科学を訪問した、1986年当時の人体模型製造工程です。

「工場の入口を入るとまず樹脂の成型工程がある。この部分には特殊なものは何もない。〔…〕つまり肝臓を作るなら肝臓の形をした金型に樹脂を注ぎ、鯛焼きみたいに焼いちゃうわけである。その辺にはいろんな金型があり、胎児の首やら骨盤やらがずらりと並んでいて、異様といえば異様だが、工程そのものは洗面器を作ったりするのと同じことで、技術的に特筆すべきことは何もない。」

現代のマスプロ化した人体模型が生まれる現場の様子です。
ただ、そこには人体模型ならではのこだわりもあって、彩色の段階になると、そこに微妙な「個性」が生まれるのだともいいます。

「そこを通り抜けて階段をとんとんと上っていくと〔…〕彩色部です。下の工場で成型されたものがここに運ばれて、職人さんの手でひとつひとつ彩色される。」
「この作業場の仕事は一人一人の職人の独立性がかなり強く、仕事の分担というのは殆どない。ある人が始めた仕事は本人が終らせるというのが原則のようである。だから大きな人体模型みたいなものでも、一人が一体全部やってしまう。」

再び営業の横山さんの話。

「〔…〕単にね、平面的なものにバッと色を塗るというんであれば、これは機械でもできるんです。しかしね、色わけを細かくしたりとか、質感を出すために独特の彩色〔…〕をするとなると、これは機械では無理です。熟練した人が手でこなしていくしかないわけです、今のところ」

   ★

そして、さらに昔にさかのぼれば、型づくりから職人の手作業ですから、個性あふれる人体模型が生まれたのは理の当然です。

京都府が出している「きょうと府民だより」の2004年4月号に、同社のベテラン職人である、鶴岡邦良さんへのインタビュー記事が載っていて、鶴岡さんが入社した昭和34年(1959)当時の状況がこう語られています。

「就職した当時まだ模型は和紙製で、張り子の要領で固めた和紙を彫刻刀などで削っていくという地道な作業でした。手取り足取り教えてもらえるわけでもなく、先輩の技を見て覚える。まさに職人の世界ですね。人体の構造を昼夜問わず猛勉強し、実際の人体の解剖に立ち会ったことも」

京都科学の「沿革」(http://www.kyotokagaku.com/jp/corporation/history.html)によれば、同社が合成樹脂製の人体模型の製品化に成功したのは、昭和29年(1954)ですが、上の鶴岡さんの話によると、旧来の紙塑製人体模型は、昭和30年代に入ってからも依然として作られ続けていたようです。当時はその方がコストが安かったせいかもしれません。

しかし、各校に理科室備品が急速に普及する「理科室大躍進期」に入ると、樹脂による製造法に大きなスケールメリットが生まれ、個性的な紙塑製人体模型は、急速に没個性的な樹脂製人体模型によって置き換わったのだと想像します。いずれにしても、昭和30年代というのは、人体模型史における一種の過渡期だったように思います。

   ★

さて、以上のような流れを念頭に置いて、具体的な人体模型の「顔」のバリエーションを見て行くことにしましょう。(なお、以下の画像は、主にネットオークションでの商品紹介画像の借用であり、画像の著作権は各出品者の方にあることをお断りしておきます。)

(この項つづく)

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック