お前はもう死んでいる2018年07月14日 11時47分00秒

客観的に振り返ると、この「天文古玩」というブログに、まがりなりにも元気な血が通っていたのは2013年までです(過去の記事を読み返して自覚しました)。その後は、ひたすら臨終に向って歩みを続け、2016年、ついにその死を迎えたのでした。

自分が死んだことにも気付かず、その後もこうしてゾンビ的に書き続けていたなんて、なんだか落語の「粗忽長屋」みたいで、滑稽も滑稽だし、まさに粗忽もいいところです。
でも、そろそろ本当の終わりにしないといけません。

もちろんブログが終結しても、私自身の天文古玩趣味が終わるわけではなく、現についさっきも、「これは!」という品を目にして、購入の算段に腕組みしていたところです。でも、そうした趣味の活動と、ブログ作成とは、本来まったく別物のはずで、ある意味、その区別がついていなかったから、こんなふうにゾンビ化してしまったのでしょう。

   ★

今後のことについて、簡単に述べておきます。

以前も書いたように、このブログは自分の備忘を兼ねているので、ブログ自体は閉鎖することなく、存続させます。また、記事の更新も不定期で行うつもりです。ただし、今後は他者に読まれることを想定した文章ではなくなるので、これまで以上に不親切で、独りよがりな文章になると思います。

また、画像の使用許諾のように、最低限の事務的な連絡手段は残しておきたいので、コメント欄もそのままとします。ただし、頂戴したコメントは「チェック後公開」の扱いに変更し、原則非公開とします。また、今後は当方からも特にお返事はいたしません。どうぞご容赦ください。

さらに、ブログとツイッターとの連携サービスも終了します。これまでもそうでしたが、ブログ更新以外のことを、ツイッター上で特につぶやくこともありませんので、フォロワーの方は、当方のフォローを外していただいて、何ら実害はありません。

   ★

足掛け13年、ブログを通じて多くの方と交流し、本当に豊かな時間を過ごすことができました。そのことはいくら感謝しても、感謝しきれません。皆様どうもありがとうございました。

私も皆さんとともに、天文と理科趣味の雅致を、今後も変わらず楽しんでいきますので、どこかでお目にかかれたら、どうぞ気軽にお声がけください。

それではまた、いつかどこかで―!

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
このブログのタイトルを平仮名で書くと、「○○○○こがん」です。○○○○に入る4文字は?

コメント:

トラックバック