日本の星座早見盤史に関するメモ(10)…三省堂『新星座早見改訂版』(上)2020年06月20日 18時13分09秒



「星座早見」星座早見」になり、さらに「新星座早見改訂版の時代へ。(以下、それぞれを「旧版」「新版」「改訂版」と呼ぶことにします。)

(ジャケット裏面。文字情報を確認できるよう、大きな画像にしてあります)

改訂版は発行年が明記されていて、1986年7月が第1刷。年号でいえば昭和61年、まさに昭和の掉尾を飾る早見盤です。(手元のは1998年6月の第17刷ですが、「版」ではなく「刷」ですから、中身は当初のままのはず。)

お値段1200円というのは、「新星座早見」が1970年代(推定)当時1000円だったことを思うと、ずいぶんお安く感じますが、これは物価上昇の鈍化に加え、素材の変化によるところが大きいと思います。


(裏面)

新版は星座盤が金属製でしたが、改訂版はオールプラスチック製。
錆びる心配がなくなったし、持ち運びにも便利ですが、あえていえばペラペラで安っぽい感じです。これも軽薄短小化という時代の流れを受けたものでしょう。ただ、薄くなった分、直径は24cmと、大きさは心持ち大きくなっています。

(改訂版と新版)

カラーリングも、昭和30年代がこだましていた新版とは、ずいぶん印象が異なります。


機能面でいうと、新版が「4等星以下」としていた部分を「4等星」「5等星」に分けて、その分、記載星数が増えたのと、対応緯度が30度までだった新版に対して、改訂版は25度まで対応しています。(そのため南天星座(円周部)がボリュームアップし、それが直径が大きくなった理由の1つでしょう)。

   ★

ところで、ジャケットの中には「ご利用の参考に」という解説リーフレットが同封されているのですが、これを読んで一寸驚いたことがあります。


(この項つづく)

コメント

_ S.U ― 2020年06月21日 15時05分27秒

また、些細な質問で申し訳ありません。

 三省堂の「新星座早見」の青色でない色つき透明板のバージョンで、天文薄明線というのは実用可能なのでしょうか。透けが悪そうでかなり見にくそうに思うのですが。

 実は、私は、この機能を使用したことはいちどもありません。ひょっとすると役に立つこともあるかなと思いますが、その機能がある星座早見を所有したことがないのだと思います。また、この機能を使った人がどれほどいらっしゃるかというのも疑問です。

_ 玉青 ― 2020年06月22日 07時06分20秒

オレンジも青も、実際に見ると下が透けて見えるので、実用に問題はなさそうです。
ただ、天文薄明線そのもののニーズがどれぐらいあるのかは、私も正直ピンときません。普通の星好きだと、夜の8時とか9時、あるいは深夜0時ぐらいまでが活動時間だと思いますが、その頃は天文薄明を気にする必要はないですよね。思うにこれは、「はくちょう座は今どこかな?」というレベルを超えた、たとえば新天体捜索派とか、特殊な天文ショー狙いとか、そういう天文薄明「だけ」を気にする、ディープな層に向けた機能かもしれませんね。

_ S.U ― 2020年06月22日 08時50分06秒

透明板のご確認ありがとうございます。おかげさまで、半分は安心いたしました(笑)。

 残りの半分はぜんぜん解消されません。星座を探したい初心者も、新天体を探したいディープ層もほとんどの人は天文薄明の終了を待つことはないと思うのです。経験上、日没後40~50分後で観測態勢にはいるのではないかと思います。

 一つ思い当たるふしがあって、日本天文学会編ですから、写真測光や光電管測光する人が研究者にけっこういて、そういう人は天文薄明終了を待って観測開始したのかもしれません。プロならば対象は恒星、アマならば流星の測光がありえます。しかし、今度はそういう専門家がこの目的に星座早見を使うかという問題になります。それなら、あらかじめ観測地に合わせて計算して表かグラフを作っておくでしょう。

 こういう研究者たちによる何か深い教育的意図があってこの機能が入れられたのだと思うと興味深いのですが、それが具体的に何かは読み取れません。

_ 玉青 ― 2020年06月22日 20時40分07秒

ここは古人の意見を聞こうと思って、昭和32年に出た「新天文学講座」(恒星社)の第1巻『星座』を見たら、三省堂の星座早見をそのままパクったような早見盤の自作法が解説されていました。さらに、そこで出来上がった早見盤の活用例を読むと、「天文薄明の始まりと終わりの時刻が分かる」とあって、「いや、分かるのは、分かるように作ったから当たり前で、それが分かってどうするんだ?」という部分が完全に欠落していて、狐につままれたような気分でした。

まあ、薄明を気にしないといけないような観測も現にあるわけですから、分かれば便利なのでしょうが、一般向けの星座早見盤にもそれがあるべきだと考えた動機は、果たして何であったのか?

薄明線のなぞは、まさに薄明のごとくぼんやりしていますね。。。

あるいは、結構複雑な計算を経て割り出した薄明時刻を、己が掌中で思いのままに読み取ることができること自体に、知的快感が伴ったとか…?

_ S.U ― 2020年06月23日 07時59分24秒

お調べをありがとうございます。天文薄明線の設置動機については「薄明のごとくぼんやり」でも当面支障はありません。また今後の検討課題とさせていただきます。

 ここで、天文薄明と星座早見との関係で、決定的な説明とは思っていませんが、昨日、私が気づいたことを2点記録させていただきたいと存じます。

 一つは、モデルがヨーロッパになかったかということです。「世界星座早見」を見ればわかると思いますが、東京あたりでは、天文薄明は、季節を問わず日没後1時間半くらいで終わりますが、高緯度地方に行くと季節による異同が大きくなり、北緯48.6度以北では夏至には天文薄明は終わらず夜中じゅう続く計算になります。北緯48.6度はパリのへんですから、ヨーロッパでは天文薄明の終わりというのは、たいへんシリアスな問題となります。歴史的に、ヨーロッパでの意識が先行モデルとして日本に持ち込まれたことがなかったかと思います。

 もう一つは、日本国内版のことですが、たとえば、三省堂発行の星座早見には、6等星までは出ていませんが、アンドロメダ星雲、二重星団、プレセペ星団などが記載されています(種類によって異動があるようです)。これらの星雲(銀河)・星団は、かつては空の暗い地方なら肉眼で比較的楽に見られたものでした。が、さすがに、天文薄明が残っているとぐっと見にくくなるので、こういう星雲星団を見たければ天文薄明終了を待つ必要があったという理屈は成り立つと思います。これは単なる屁理屈ではなく、高度経済成長期以前の日本の広い範囲で、星座を探し覚えることとこれらの星雲星団を肉眼で探すということが両立したことは、野尻抱影の星座本を見てもわかることですし、私も証言しておきたいと思います。

_ 玉青 ― 2020年06月23日 21時10分00秒

なるほど!淡くぼんやりした天体を観測するのに重要というのと、高緯度地方の天文家のニーズに応えるため…というのは、すこぶる説得力のあるご説明ですね。

後者に関して、下はヨーロッパではなくアメリカの例ですが、1860年代に遡る古い例です。地平窓の脇に左右の眉毛のように見えているスリットが薄明線です。
https://www.georgeglazer.com/archives/maps/archive-celestial/whitall/whitallD.html

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
このブログのタイトルを平仮名で書くと、「○○○○こがん」です。○○○○に入る4文字は?

コメント:

トラックバック