「アルビレオ」 という雑誌があった2012年08月07日 21時34分01秒

『夏帽子』 が出た1994年。宮沢賢治だけをテーマにした「アルビレオ」という、ちょっと変わった雑誌が創刊されました。副題は「賢治といっしょに森羅万象を楽しむ」。

(雑誌保護用のカバーがかけてあります。)

賢治の地元の岩手放送がお金を出して始めた雑誌です。
当時はまだ山一証券が破たんする前で、バブルの残照が世の中をほのかに照らしており、企業にも、まだこういう趣味的な雑誌を出すだけの余裕があったのでしょう。

(創刊特集は「メモ・フローラ 賢治の夢見た花々」)

(1993年にCD「宮澤賢治―メンタル・サウンド・スケッチ―星めぐりの歌」を出した細野晴臣氏へのインタビュー。)

(細野氏も、中沢新一氏も、今見るとずいぶん若いですね。否応なく時の流れを感じます。)

しかし、そうした余裕も長くは続かず、この雑誌はわずか3号で姿を消しました。文字通りの「3号雑誌」です。残念といえば残念。

   ★

賢治受容史のあだ花ともいうべき、この雑誌の主要記事を、後のために表紙から書き抜いておきます。

創刊号…<創刊特集 メモ・フローラ 賢治の夢みた花々>、<ロングインタビュー 細野晴臣「星めぐりの歌」>、<ますむらひろし・小岩井農場でアルビレオを観測する「みかん色の宝石が回る夜」>

第2号…<新連載 イーハトーブ幻想図鑑 細川剛=撮影>、<特集 シルクロード幻想 金子民雄他>、<インタビュー 中沢新一「はじまりの宮沢賢治」>、<ますむらひろし「胡桃化石の中は賢治の向う岸」>

第3号…<ロングインタビュー 武田鉄也(賢治を語る)>、<特集 賢治TOKIOを行く 宮沢賢治「東京歌集」 賢治の上京 ルポ・鶯谷から菊坂へ 福島泰樹他>、<アルビレオ探検隊 ますむらひろし>、<イーハトーブ幻語図鑑 細川剛=写真>

   ★

さて、この雑誌のことを突然思い出したのは他でもありません。その最終号には「幻の第4号」として、次のような予告が載っているからです。


当時の長野まゆみさんが、賢治のことをどう評価し、何を語ろうとしていたのか。
とても気になりますが、その内容は幻とともに消え去り、今や知る由もありません。
…でもやっぱり気になります。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
このブログのタイトルを平仮名で書くと、「○○○○こがん」です。○○○○に入る4文字は?

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://mononoke.asablo.jp/blog/2012/08/07/6535166/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。