現代の古地図(前編)2018年03月25日 21時49分46秒

昨日はアンティーク天球儀の話をしました。
ああいうアンティークは、300年も400年も前の品だからアンティークなわけですが、そこに表現されている星空自体は、そう現代と変わるわけではありません。

もちろん、地軸のブレ(歳差運動)によって、星図を作るときの座標原点は次第に移ろっていきますし、天球上に「固定された星(fixed star)」であるはずの恒星にしても、それぞれ固有運動をしているので、長年月のうちには、相互の位置関係も微妙に変わってきます。

それでも、400年の時を隔てた2枚の星図の違いは、極論すればデザイン感覚の違いのみだ…と言ってもよいぐらい、今昔の人々が描こうとした対象は、互いに似通っています。(星座絵の有無で、印象はずいぶん違いますが、星図で重要なのはあくまでも星そのものであり、これは昔も今も変わりません。)

(1603年のBayerの『Uranometria』と、1998年のTirion & Sinnotの『Sky Atlas 2000.0』に描かれたカシオペヤ座)

   ★

一方、古星図ならぬ古地図に関しては、かなり事情が異なります。

たしかに、400年前の地形と今の地形だって、地球規模で見れば、物理的にそう大きな違いはないでしょう。しかし、人々が地図によって表現しようとした対象、すなわち集積されたデータの中身が、今昔では全く異なります。

昔の人が利用できたのは、不確かな測量、伝聞に基づく推測や憶測のみで、頼るべきデータが欠落した巨大な空白も同時に存在しました。工夫次第で、いつでも星の位置測定ができる星図作りと、遥かな大地や海洋を超えていかなければ、具体的データが得られない地図作りの、最大の違いはそこです。

(メルカトルが1585年に作成し、ホンディウスが1602年に後刷りを出したアジア地図。出典:国土地理院ウェブサイト(https://kochizu.gsi.go.jp/items/214))

裏返せば、古地図を見れば、当時の人が利用できたデータの質と量が、ただちに分かるわけで、古地図には<地理的=空間的>データと、<歴史的=時間的>データが重ね合わされていると言えます。

古地図は古版画芸術であると同時に、人類の世界認識の変遷を教えてくれる、この上なく貴重な史資料でもあります。

   ★

…と、大きく振りかぶりましたが、そもそも話題にしたかったのは、現代でも「古地図」は絶えず生まれているよ、ということなのでした。それが何かは、一寸もったいぶって、次回に回します。

(この項つづく)

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
このブログのタイトルを平仮名で書くと、「○○○○こがん」です。○○○○に入る4文字は?

コメント:

トラックバック