現代の古地図(後編)2018年03月26日 22時55分53秒

かつて、夏から秋へと季節が移るころ、2隻の船が相次いで故郷の港を後にしました。
その姿は、彼らがこれから越えようとする大洋の広さにくらべれば、あまりにも小さく、かよわく、今にも波濤に呑み込まれそうに見えました。

しかし、彼らは常に勇敢に、賢くふるまいました。彼らは声を掛け合い、互いに前後しながら、長い長い船旅を続け、ついに故郷の港を出てから3年後に、それまで名前しか知られていなかった或る島へと上陸することに成功します。その島の驚くべき素顔といったら!

後の人は、彼らが残した貴重な記録をもとに、その島の不思議な地図を描き上げ、2隻の船の名前とともに、永く伝えることにしたのでした…

   ★

勇気と智慧に富んだ2隻の船。それは、ずばり「航海者」という名前を負った、惑星探査機の「ボイジャー1号、2号」です。

1号は1977年9月5日に、2号は同年8月20日に、ともにフロリダのケープカナベラルから船出しました。途中で1号が2号を追い抜き、1号は1980年11月に、2号は1981年8月に土星に到達。(したがって、正確を期せば、2号の方は3年ではなく、4年を要したことになります。)

そして、彼らは上陸こそしませんでしたが、土星のそばに浮かぶ「島」の脇を通り、その謎に包まれていた素顔を我々に教えてくれたのでした。その「島」とは、土星の第一衛星・ミマスです。

   ★


この時のデータを使って、1992年にアメリカ地質調査所(U.S. Geological Survey)が出版したミマスの地図は、確かに「現代の古地図」と呼ばれる資格十分です。


例によって狭い机の上では広げることもままなりませんが、全体はこんな感じです(紙面サイズは約67.5×74cm)。地図は、北緯57度から南緯57度までを描いた方形地図(200万分の1・メルカトル図法)と、南極を中心とした円形地図(122万3千分の1・極ステレオ図法)の組み合わせからできています。


多数のクレーターで覆われた地表面は、何となくおぼろで鮮明さを欠き、データの欠落が巨大な空白として残されています。


そんな茫洋とした風景の中に突如浮かび上がる奇地形が、他を圧する超巨大クレーター「ハーシェル」です。

   ★

ボイジャーがミマスを訪れてから四半世紀近く経った2004年。
別の新造船が土星を訪れ、10年間の長期にわたって土星観測を続けました。
それが惑星探査機「カッシーニ」です。

このとき、ミマスについても一層詳細な調査が行われ、2014年には下のように精確な地図が作られました。

(ウィキペディア「ミマス」の項より)

解像度も高く、空白もないこの新たな地図を手にした今、ボイジャーがもたらした地図は価値を失ったのか…といえば、そんなことはありません。昨日の自分は、こんなことを書きました。

「古地図を見れば、当時の人が利用できたデータの質と量が分かる仕組みで、古地図には<地理的=空間的>データと、<歴史的=時間的>データが重ね合わされていると言えます。〔…〕古地図は古版画芸術であると同時に、人類の世界認識の変遷を教えてくれる、貴重な史資料でもあります。」

ボイジャーのミマス地図についても、まったく同じことが言えます。
繰り返しになりますが、これこそ「現代の大航海時代」が生んだ、「現代の古地図」なのです。(ボイジャーの地図は紙でできている…というのが、また古地図の風格を帯びているではありませんか。)

コメント

_ S.U ― 2018年03月28日 07時06分06秒

昔の世界地図は大好きです。未知の大陸が空白になっていたり、さも自信なげに怪しげに描かれているのもいいですが、堂々と精細に嘘八百が描かれているのもいいです。でも、後者は、航海者の命に関わるものだったでしょう。代わりにそれでヒーロー的な大発見がなされたこともあったでしょう。想像で描かれたのがけっこう真実に似ている場合もあります。

 ミマスのハーシェルクレーターは、スターウォーズのデス・スターで予言されていたという話があるとかないとか。

_ 玉青 ― 2018年03月30日 07時20分02秒

>精細に嘘八百

そういえば、子供のころ熱心に空想の地図を描いていたのを思い出しました。
あれはいったい何のためだったのか、うまく思い出せませんが、自分だけの世界を作りたかったのは確かでしょう。

ふと思い立って、「架空地図」とか「空想地図」で検索したら、いろんなサイトが大量にヒットして驚きました。それはもはや趣味の一ジャンルとして確立しているようでもあります。地図とは「真を写すもの」、少なくとも「真を目指すもの」と思ったのは、どうやら私の狭い了見で、地図とはそれ以上のもののようですね。

昔の地図作者も、そんな気持ちを抱いていたのかもしれません。

_ S.U ― 2018年03月30日 20時07分41秒

>空想の地図

 あぁ、そういうことありましたっけね。玉青さんは、夢多き少年でいらしたようで、すばらしいです。情操教育などと申しますが、子供本人が苦労して紡ぎ出す夢と情操にはどんな教育もかなわないと思います。

 多くの人にある経験だと思うのですが、夢で繰り返し架空の地形や街に行くということがありますよね。私にもなじみの場所が4、5箇所ほどあります。もちろん、すべて架空の場所ですが、そのうちの3つくらいは、私のよく知っているリアルな場所と接続されており、残りは、まったく別のところに孤立しています。

 学校の授業で、想像上の(夢の)街を描けというのがあったと思います。そういう実際の夢で見た街の絵を描いたか、それとも理想郷のようなものを描いたのか覚えていません。

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
このブログのタイトルを平仮名で書くと、「○○○○こがん」です。○○○○に入る4文字は?

コメント:

トラックバック