月光を身に浴びて2018年03月31日 08時38分16秒

一昨日の晩のことです。

空には満月にちょっと足りない真珠色の月。
頭上からは風に吹かれて紛々と舞い散る花びら。

それだけでも春の情緒満点なのに、その宵空を、さらにあるものが飛んでいるのを見た時の心持ちといったら! 
…紺闇の中を飛んでいたもの、それは一羽の「こうもり」でした。

春、桜、月、そして蝙蝠。
こう並べると、そこに或る深い情趣が感じられないでしょうか。

ぼんやり灯がともった御宮の脇を歩きながら、「現実界から幻想界へと通じる門が開くのは、こういうときかもしれないなあ…」と感じました。


翌朝、明るく晴れた公園を歩きながら、木々の若芽が、もはや若葉と言っていいぐらいに開いているのに気付いたとき、ふたたび驚きを感じました。
自然が演じる手妻の何と鮮やかなことか。

にわかには信じがたいですが、もうじき新緑の季節がやってくるのですね。

   ★

  桜日記 三月尽と 書き納む   子規

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
このブログのタイトルを平仮名で書くと、「○○○○こがん」です。○○○○に入る4文字は?

コメント:

トラックバック