空の旅(9)…『コスモグラフィア・ウニヴェルサリス』2017年04月26日 22時52分50秒

いつでも、どこでも、そこに人がいる限り、星との関わりが生まれ、星をめぐる物語が生まれ、そしてまた「物語をものがたるモノ」も生まれます。そんなモノを眺めながら、時代と国を越えて歩き続ける「空の旅」――。

何だか、ひどく大層なことにも聞こえます。
これが金満的な大規模展、例えば、今年の正月まで六本木の森美術館でやっていた、宇宙と芸術展とかなら分かるのですが、わびし気な天文古玩の管理人がチマチマとやれることなのかどうか…?

まあ、侘しかろうが何だろうが、多少の土地勘と想像力さえあれば、どんなに遠い旅だって、できないことはないぞ…と、幾分強がりまじりに思います。
それはちょうど、小口径の望遠鏡しか持たない人や、都会のひどく貧弱な星空の下で暮らす人でも、想像力でそれを補えば、いくらでも星の世界に分け入ることができるのと同じでしょう。

   ★

…と、言い訳をしたところで、旅を続けます。
これまで古代オリエントから出発して、イスラム世界、インド亜大陸、モンゴルの大地をたどってきましたが、ここで踵(きびす)を返して、西洋の天文学に話題を戻します。

イスラム世界からバトンタッチを受けて、試行錯誤をしながらも、天文学を大きく前進させたのは、ルネサンス以降のヨーロッパの人々であることは間違いありません。そんな時代の記憶を伝える紙物2点。


 「いずれも、ゼバスチアン・ミュンスター(Sebastian Münster, 1488?-1552)『一般宇宙誌(Cosmographia Universalis)』から取った一頁(元は1552年のバーゼル版か)。古代のプトレマイオスや、アラブ世界の天文学者について記す章の挿絵ですが、おそらく同時代の天文学者や占星術師の姿を反映した絵柄。手にしているのは四分儀です。」


ラテン語の説明文はさっぱりながら、「In parallelo qui transit per 72. dies maior est trium…」で始まる頁冒頭からボンヤリ眺めていると、「sphaerae mundi」とか、「parallelus conplectitur 24 horas diei et noctis」とか、何となく天文学や地理学の話題を語っているのだろうなあ…と感じられるものがあります。


まだ望遠鏡登場以前のこの時代、天体観測を表わすイコンは四分儀でした。
…というわけで、次回は四分儀です。

(この項つづく)

コメント

_ S.U ― 2017年04月27日 18時10分58秒

>小口径の望遠鏡しか持たない人や、都会のひどく貧弱な星空の下
 その土地土地の事情に身近により詳しく触れようと思えば、豪華客船の旅よりもヒッチハイク、ホームステイの貧乏旅行のほうがよいように、一人の人間として宇宙を体感するには貧弱な物揃えのほうがよいかもしれません。また、そのほうが、道々で助けてくれる人も多いでしょう。

_ 玉青 ― 2017年04月29日 13時56分58秒

心に沁みるお言葉、ありがとうございます。
当分は夜空のお遍路さんを続けますので、S.U大人には、引き続き同行二人の御大師様のお導きを賜りたく思います。

_ S.U ― 2017年04月29日 18時54分29秒

弘法大師はあまりに畏れ多いので、ここは路傍で喜捨を乞う旅僧くらいにしておいてくださるようお願いいたします。
 
 ところで、我らが天文同好会のほうでも会誌の新号を発行いたしました。上のリンクで御笑覧下さい。今回は、「天文古玩」さんのパクリといわれても仕方ないかもしれません。

_ 玉青 ― 2017年04月30日 11時53分38秒

あはは。人間本来無一物、何から何まで進んで喜捨申し上げすので、どんどんパクッてやってください。(笑)

_ S.U ― 2017年05月01日 06時59分23秒

ありがとうございます。
 モノを盗るわけにはいきませんが、アイデアは今後も遠慮なく寸借させていただきます。この「コレクション」は、まだ今しばらく続ける予定ですので、よろしくお願いいたします。

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
このブログのタイトルを平仮名で書くと、「○○○○こがん」です。○○○○に入る4文字は?

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://mononoke.asablo.jp/blog/2017/04/26/8500961/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。