ヴァーチャル雪見(3)2017年01月22日 18時08分04秒



牧草地で乏しい草をはむ羊たち。
先ほどから降り始めた雪は、羊たちの背中にも積もり始めています。
雪は間断なく降り注ぎ、遠くの樹々はすっかり白く霞んで見えます。
暗く重たい空、冷たい大地。いかにも底冷えのする状景。


でも雪が降り止み、風も止んだ後には、一転して明るい世界が広がっています。
大きな木も小さな木も、皆いっせいに白い花を咲かせたようです。


静かな雪の林。時折ザザーと音を立てて、雪が枝から滑り落ち、地面に小山を作りますが、その後はふたたび静寂の世界。
真っ白な枝の複雑な分岐が美しく、まるで1本の木全体が、巨大な雪の樹枝状結晶のように見えます。


こんもりと綿帽子をかぶった大木と、雪の布団で覆われた地面。
「帽子」といい、「布団」といいますが、これには比喩以上の意味があります。
実際、雪の保温効果は相当大きいらしく、吹きっさらしの場所にいるより、雪洞の中の方が温かいのもそのためです(ぽかぽか温かいわけではないですが、外気温がぐっと下がっても、雪洞の中は氷点前後の気温が保たれます)。


空の色もずいぶん明るくなってきました。
こうして雪で守られたその下では、すでに春に向けて、植物や動物の生の営みが、徐々に始まっていることでしょう。


さあ、雪歩きをしているうちに、身体もすっかり冷えてしまいました。
そろそろ屋敷に帰りましょう。


あの門の向うに、温かい部屋と温かい飲み物が待っています。


コメント

_ S.U ― 2017年01月23日 08時34分30秒

中学生・高校生だった頃、大雪のあとで写真を撮りに出かけたことを思い出しました。私のターゲットはいくつかあって、雪の重みで垂れ下がった木の枝、南天の実、ヒヨドリ、サギなどの鳥、それから、屋根から雪が落ちる瞬間(これは一度だけものにしました)などです。

 大雪のあとにふらっと近所に出かけただけですが、結局今までその種類の撮影は2、3回しかできていません。私が何度も出かけた撮影のなかではささいなものですが、なぜか雪の撮影はとりわけ深い思い出になっています。

_ Nakamori ― 2017年01月23日 12時06分44秒

手元にあるスコットランドの本="Hostile Habitats Scotland's Mountain Environment"で気象を調べてみました。

それによるとスコットランドでは西と東で随分、降水量が異なるようで、概して西の方が多く、東で少ない傾向にあるようです。

撮影地のアバディーンは東に位置しますので、案外、冬季の降雪量は少ない場所なのかも知れません。

そんなことを念頭において写真を見ていると、もしかして撮影者はS.U様のごとく、「わーい、雪だ!」という感興の中で撮影されていたのでは、と想像したりしております(失礼)。さて、どうでしょうか?

_ 玉青 ― 2017年01月24日 07時07分25秒

○S.Uさま

いやあS.Uさんはリアル雪見派でしたか。
根っからの湯豆腐派が申すのも僭越ながら、心の柔らかい時期に、そういう経験をされたことは、とても貴重なことと思います。しかも被写体がなべて日本画の粋を尽くしており、実にS.U少年は、中高生にして風流の心を解する好漢だったのですね。(^J^)

○Nakamoriさま

お調べありがとうございます。
なるほど、風向の影響もあるのでしょうか、ちょうど山地をはさんで、東北地方の日本海側と太平洋側の違いのような感じですね。仰る通り、アバディーンのウィルソンが、雪をひたすら「美しいもの」として撮影して回ったのは、雪に苦しんでいない土地の者なればこそ…かもしれませんね。

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
このブログのタイトルを平仮名で書くと、「○○○○こがん」です。○○○○に入る4文字は?

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://mononoke.asablo.jp/blog/2017/01/22/8331375/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。