コメント

_ 清水 ― 2018年05月16日 07時31分17秒

玉青さま

先日はこちらにて拙ブログを御紹介いただき、
ありがとうございました!
発見とお礼が遅れまして申し訳ありません。

大変的確な言葉で表現していただき、
その上過分な誉め言葉までいただき、恐縮です。
ヴンダー熱(笑)はもうここ何十年も続くもので、
掘り下げても掘り下げても奥が深く、飽きることがありません。
蒐集狂たちの楽しい暴走ぶりの裏にはいろいろなストーリーがあり、
その人たちが造り上げた空間にはそれぞれ独自の雰囲気があり
見るたび聞くたび、これは記録しておかねば!
という気持ちにさせられます。
私はモノは特に集めていませんが、
ヴンダー物語の蒐集家を目指しているという感じでしょうか?

そんな意味からも、玉青さんのブログを
半ば感心し、半ば呆れながら(←良い意味です)
楽しく読ませていただいています。

普段は日本向けの執筆の仕事をしていますが、
今年はとある英北部の大学博物館からの依頼で
初めてイギリスの本の編纂と(一部の)翻訳を手がけており、
この長期プロジェクトに忙殺されて
もはや自分のブログは更新停止中。
(とほほ。何とか今月中には復活したいのですが)
こちらのブログにお邪魔するのも久しぶりとなってしまいました。
しかし、相変わらず冴えていますね~!
時間がないのに引き込まれて困ります(笑)。

長くなりましたが、お礼まで。

清水
※政治コメントにも全面共感です。

_ 玉青 ― 2018年05月16日 20時51分35秒

これは丁寧なコメントを頂戴し、まことに恐縮です。
勝手に記事にしてしまい、かえってご迷惑だったかなあ…と少なからず気にしておりましたが、温かいコメントを拝読し、ホッといたしました。とにもかくにも、ブログを拝見した際の己の感動を、人に伝えずにはおれませんでした。意のある所をお汲み取りいただければ幸いです。

私の方は相変わらずの低徊趣味ですけれど、清水さんはますますのご活躍、そして身辺ますますご多忙のご様子ですね!素晴らしい成果を挙げられますことを、当地よりお祈りしております。そしてもちろん、「『ヴンダー物語』の物語」が、遠からず再開され、さらにさらに深く濃く豊かに展開しますように。一読者として、その日を心待ちにしています。

とまれ、今後ともどうぞよろしくお願い申し上げます。

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
このブログのタイトルを平仮名で書くと、「○○○○こがん」です。○○○○に入る4文字は?

コメント:

トラックバック