無理矢理な月(第3夜)…ルナパークへようこそ2018年04月18日 20時40分03秒

今日は夕暮れ空に三日月と金星がスキッと並び、惚れ惚れするような眺めでした。
記事の方は月光幻灯の2枚目。今日は月明かりの公園です。


青い空に白い月。
無人の公園では、池がぼおっと虹色の光を放ち、ほとりに立つ四阿(あずまや)と、遊歩道沿いの若木たちが、おもむろにヒソヒソ話を始め…。
何だか賢治作品の冒頭シーンにありそうな光景です。


でも、例によってこれは日中に撮った写真を青く塗った、偽りの夜景です。
影の具合からすると、夜空どころか真っ昼間の時分でしょう。
これまた無理矢理ですね。

   ★

それにしても、こういう写真ばかり眺めていると、だんだん眼前のどんな景色も、手彩色ならぬ「脳彩色」によって、ただちに月夜の光景に変換できる力がついてきます。今朝も、仕事の労苦を抱えて出勤する道すがら、朝の駅前を一瞬で満月の晩に変えて、大いに心を慰めたのでした。我ながら涙ぐましい話です。

(この項つづく)

コメント

_ S.U ― 2018年04月19日 08時09分33秒

>「月夜の幻灯」
 月夜の野外で動物たちが幻灯会をするというそれこそ宮沢賢治の童話ばりの企画かと思ったのですが、違ったのですね。幻想的と見せかけて、ちょっと腰が抜ける感じがします。

 でも、需要があったんでしょうね。素人を騙したのか。仲間内で見せ合って喜んだのか。

_ 玉青 ― 2018年04月20日 06時51分51秒

当時は、役者は舞台で、一般の人は写真館で、描き割りをバックに真面目な顔で芝居をしたり、気取ってポーズをとったりしていましたから、こういう拵え事の「ウソの景色」に、あまり違和感がなかったのかもしれませんね。もちろん、頭の隅ではウソと理解しつつも、「それを本当の景色とみなす無言のルール」が世間的にあって、皆その中で生きていたと言いますか。そういうルールは、(なかなか自覚されにくいですが)今も少なからずありそうです。

_ S.U ― 2018年04月20日 07時50分52秒

>そういうルールは、(なかなか自覚されにくいですが)今も
 広く解釈すれば、昨年流行語大賞にもなった「インスタ映え」というのもこういうお約束ごとに基づいているといえそうですね。顔の部品の大小や位置まで操作するそうですから、景色もいじるにちがいありません。

 本日ご紹介の路面電車の写真は、もうこれは日本の「劇画」調に見えますが、これはアメリカ製か何かなのですか?

_ 玉青 ― 2018年04月21日 12時46分29秒

どこの町かは分からないんですが、このスライドはアメリカ製なので、この光景も1900年ごろのアメリカのどこかの町だと思います。

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック