自惚れ(うぬぼれ)を やめれば他に 惚れ手なし2018年04月07日 15時40分22秒

…という古い川柳があります。

アゴ足つきで遠い国から人を呼んできて、ひたすら日本を褒めてもらおうという、なんだか妙な番組がありますが(そのための人選がまた大変なんだそうです)、あれを見るたびに、この川柳を思い出します。

あんな夜郎自大的な番組を、汗水たらして作らなくても、もっと等身大の日本を見てもらって、いいところも、悪いところも、等身大の評価をしてもらえばいいと思うんですが、それだけの自信もないのでしょうか。

   ★

そんなことを思ったのは、次のようなレポートを読み、「やっぱり見ている人は見ているな」と思ったからでした。



A Tour of Tokyo’s Bookstores(by Colin Laird)
 東京の書店めぐり(コリン・レアード)

古書検索サイトのAbeBooksが時々配信している古書関連ニュースのひとつで、その周辺的話題である古書店を紹介する内容です。

 「神保町は大学に囲まれた町で、町名は17世紀のサムライの名にちなむ〔註:神保長治という旗本の屋敷があったそうです〕。この地区は1913年の大火で焼け、その焼け跡から最初に復興した商売の1つが本屋であり、これは後に岩波書店へと発展した。
 その後、さらに多くの書店と出版社が続き、さらに喫茶店やバー、レストランも開店して、この町は読書家・蒐書家・学生たちの活動の中心地となった。今では約175軒の書店があり、そのうちの約50軒は古書専門店である。」

レポーター役のコリン・レアードさんは、この「愛書家の天国(pure heaven for booklovers)」を2015年に訪れ、何軒かの古書店主にインタビューして、記事をまとめているのですが、その前に、いかにも日本らしい読書風景を紹介しています。

 「多くの東京人は電車や地下鉄で移動するので、どこでも物理的な本を読んでいる人の姿を見かける。しかし、彼らが何を読んでいるのか知ろうと思っても難しい。多くの書店では本に専用のカバーをかけてくれるからだ。これには本を良い状態に保つことと、人出の多い街中の雑踏でプライバシーを護ることの二つの目的がある。また、本を「さかさまに」読む人の姿に慣れるまでに、しばらく時間がかかる。というのは、日本の本は読み手に対して、文章が右から左へ、そして上から下へと提示されるからだ。そのため日本の読者は、英語の本の読者なら本の裏表紙と考える位置から本を読み始めるのだ。」

なるほど。
ブックカバーの習慣も、文字の書き方も、今さら感はありますが、でもやっぱり英語圏の人からすると珍しいのでしょう。考えてみれば、漢文の本家・中国でも、横書きがスタンダードになって久しいですし、今や文字を縦書きするのは、日本の専売特許のようです(モンゴル語も縦書きですが、こちらは行が左から右に並ぶそうです)。

そして、電子書籍以外の本をわざわざ「物理的な本(physical books)」と呼んでいるのも、こちらからすると意外です。アメリカあたりでは、そんなに紙の本が減少しているんでしょうか。

   ★

さて、コリンさんの古書店探訪記。
彼が紹介しているのは、老舗の一誠堂書店、小川図書、それから神保町を出て駒形橋の近くにある「Infinity Books」、それに日本橋丸善の中にある「ワールド・アンティーク・ブック・プラザ」の4軒です。

一誠堂は、明治36年(1903)に新潟県の長岡で創業し、後に神田に移転。関東大震災(1923)後に、最初に再建された書店の1つで、今や神保町の顔とも言える店です。

   ★

…というところで、私の下書きは終わっています。
この記事を書きかけたのは、今から2年前です。何となく他のことを書いているうちに、記事にするタイミングを逃して、そのままになっていたのでした。

そのことを思い出したのは、今朝の新聞を開いたら、番組欄に「ニッポン視察団!こんなに豊かな食文化はない…私たちが毎日食べる“普通の食事”に今、世界が大注目!」というのが載っていて、それが3時間半もの時間を費やして放映されると知ったからです。

世帯のエンゲル係数が上昇し、子ども食堂に頼らざるを得ない今の日本。
「私たちが毎日食べる“普通の食事”」に、「世界」(とは何?)が「大注目!」しているとは思えないし、端的に言ってこれは虚言でしょう。でも、半ばウソと知りつつも、少なからぬ人が、この手の番組にチャンネルを合わせるのはなぜでしょう?

   ★

2018年現在、改めて考えると、こういう日本スゴイ系の番組を、幼稚な夜郎自大番組と嗤うことは簡単ですが、その一方で日本人、特に若い世代の自己肯定感の低さや、自信の顕著な乏しさを指摘する記事に接することも多くて、この2つの現象をどう整合させるかが、悩ましい問題として残ります。

いちばんシンプルな捉え方は、ああいう夜郎自大的発想や発言は、極端な自信のなさの裏返しであり、それを補償するためにある…というものでしょう。もし、自分の価値の不確かさを補ってくれるものとして、人々がああいう番組を好んで見るのだとすれば、何だか涙ぐましい話です。

そして、ことはテレビに限らず、書籍にしても、評論家の言説にしても、人々が「日本スゴイ」的観念に縋(すが)りたいとき、その人の心中に分け入ってみれば、そこには非常に索漠とした不安が広がっているのではないか…と想像します。

さらに連想を進めれば、安倍政権を支持する心意にも、そうした要素があるのかもしれません。私はこれまで、安倍政権が日本の国運を傾けたことに、再三抗議してきましたが、視点を変えると、実は国の衰運に際会した人々の無意識こそが、安倍政権というダークなファンタジーを生んだのではないか…という疑念も湧きます。

もちろん、それによって現政権の正統性が示されるわけではなくて、人々の不安につけ入って、やりたい放題やっているとすれば、いっそうその罪は深いと言うべきでしょう。でも、普通に考えれば、安倍氏は自他の不始末によって、何度退陣してもおかしくないのに、いまだにあの顔をテレビで見るということは、そこに何か理性を超えた機序が作用しているのではないか…という気がするのです。いずれにしても、あの生命力は尋常ではありません。

   ★

無意識の力と働きは正しく畏れるべきですが、それを理性に優先させては、人の人たる基礎が掘り崩されてしまうし、蛮勇を捨てて真の勇に従うことを私は欲します。

コメント

_ S.U ― 2018年04月07日 19時23分42秒

重要なのは、文化の多様性や重層性に目を向けることであって、「日本スゴイ」ということではないように思います。実際、日本の広い意味の文化には、当然、優れているところも劣っているところもあります。例えば、私の好きな日本の江戸時代科学(思想)史でも、麻田剛立、三浦梅園、志筑忠雄、高橋至時などがいて、いずれもいくらスゴイと言っても言い足りないほどの人たちですが、さりとて特に我々が「だから日本はスゴイのだ」と高言せねばならないほどのことはないように思います(外国人がそう言ってくれるのなら素直に嬉しいですけど)。

 また、彼らがいたから日本がスゴイということがないのなら、他のどんな分野でも同様に何かがあったから日本が特にスゴイということはないのではないかと思います。スゴイところはスゴイといくら評価してもいいですが、無理にそういうのを集めて日本中のカラ元気を煽らないといけないことはないですね。

 いずれにしても、安倍氏一派のために、これまで優れた文化を培ってきた日本が滅びてしまってはご先祖様に申し訳ないので、国を守るためにはとにかく退陣していただくしかないと私は思っています。退陣しないならさせるしかありません。それにも関わらず、彼がいまだにその座にいるのは、(少なくとも相対的に)良いところがあると思っている人が多いのでしょう。一つ考えられるのは、消極的な反知性主義とでもいうものかもしれません。

 これまで、自分は賢い、と言ってきた人がいろいろ政治をやってきたが何もよいことはなかった、この際、正しいか正しくないかはわからないが、わかりやすいことを言って単純に信念を貫いているような人に好きなようにやってもらおう、それでだめなら、だめでもそのほうが理由がはっきりしてわかりやすい、いよいよだめになれば辞めてもらえばよい、というような考えの人がけっこうあるのではないでしょうか。何となくわからないでもありません。

 もちろん、このような考え方は間違っていて、政治は、常に筋を通して、同時代の人ができるだけ広く納得できるように、ベストエフォートで臨むべきもので、適当に単純に意志を貫いて失敗してもよいなら、自意識の強い人なら誰が首相をしてもよいことになりますし、被害を被った人々を切り捨ててよいことになります。

 現状は、それなのに、自民党やアメリカがしっかり付いているように見えるので、特別の才能があるというような錯覚を起こしているのではないかと思います。アメリカのほうは最大限従属しておけば間違いない、とことんベッタリならそれにこしたことがない、という接着剤の宣伝のような単純な考えの支持者が多いので仕方ないことと思いますが、残りは各与党議員の矜持の問題ではないかと思います。

_ 玉青 ― 2018年04月08日 16時22分37秒

羽生結弦さんがいくらスゴくても、羽生家の5軒隣のおじさんが、「羽生君を生んだ、この町内はスゴいぞ!どうだ、大したもんだろう。エッヘン」と威張っても、滑稽なだけですよね。「羽生君がこの町内に住んでたのは、たまたまでしょ。引っ越そうと思えば、いつでも引っ越せるじゃないの。現に彼はもうこの町内に住んでないし…」と言われるのがオチです。さらに、「この町内がそんなにスゴイんなら、他にどうスゴイっていうの?おじさんも何かスゴイことやったの?」と追い打ちをかけられるかもしれません。

これは町内を日本に広げても全く同じことで、やっぱり滑稽なことですが、どうも範囲を広げると滑稽さが薄まるのか、あまり滑稽と感じない人も出て来るようです。

麻田剛立が、三浦梅園が、羽生結弦がスゴイという事実から、「日本スゴイ」と主張することは、その間に決定的な論理の飛躍があることに、日本スゴイ系の人には気付いてほしいですね。(いっそ、さらに「日本スゴイ!アジアスゴイ!世界スゴイ!人間スゴイ!!!」という博愛路線に突っ走るなら、それはそれで「あり」かなと思いますが、はるか手前の日本スゴイで止まってしまうのが、ちょっとセコイ感じです。)

_ S.U ― 2018年04月09日 07時40分25秒

>論理の飛躍
 冷静に考えてみれば、日本が戦争をしている時の論理の飛躍はすさまじく幾重にもありました。

1.元寇は大風で撃退された。これは「神風」である。
 (大風で撃退されたのかわからないし、そうだとあっても、普通の季節的な嵐だったかも)

2.神風が吹いた日本は「神国」である
 (神様の風が吹く国がすべて神の国とは限らないだろう)

3.神国は戦争に絶対に負けない
 (いくら神様でも、どんな戦い方をしても必ず勝てるというものでもなかろう)

 1.か2.で食い止めておけば、美談で済んだかもしれないのでしょうが、無理が通れば道理がへっこみ、どんどん3.までつき進むものなのでしょう。現首相の解釈改憲、改憲案にもすでにそうとうの論理の飛躍が生じていますので、こう段階が進む前に阻止せねばなりません。

_ 玉青 ― 2018年04月10日 07時15分04秒

日本スゴイ系の番組がいかに猖獗を極めているか。それこそ日本が世界に冠たる奇現象と思うので(どうでしょう、違いますかね?)、その手の番組の異様な隆盛ぶりを異国の人に見てもらって、そのことについて「日本スゴイ!」と言ってもらう…。そんな一周回った番組なら、私もちょっと見てみたい気がします。

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
このブログのタイトルを平仮名で書くと、「○○○○こがん」です。○○○○に入る4文字は?

コメント:

トラックバック