スミスの図解天文学2006年02月04日 09時50分49秒


エイサ・スミス 『スミスの図解天文学』

Asa Smith
Smith's Illustrated Astronomy Designed for the Use of the Public or Common Schools in the United States.
New York, Cady & Burgess, 1849 (4th ed.)
68pp, 24.5x30cm

長年月のうちに、表紙はかなり傷んでいます。
しかし、中身の方なかなか見応えあり(これから順次ご紹介します)。

著者のスミスは、ニューヨーク市第12パブリックスクールの校長先生で、同じ出版社から「スミス・シリーズ」と銘打って地理学や幾何学の教科書も出している教育者。

初学者向けに、全巻見開きで片方に図版、他方に一問一答集と構成にも工夫を凝らしています。第1課は次のような問答から始まります。

問 我々がその上に住んでいる物体は何と呼ばれますか?
答 それは地球、または世界と呼ばれます。
問 古代人は地球の形についてどのような考えを持っていましたか?
答 丘や山によって凹凸した広大な平面だと彼らは信じていました。
問 なぜ彼らは広大な平面だと考えたのでしょう?
答 彼らはその見かけだけで、判断を下したからです。

……………………………………………

授業はこうして地球、月、惑星の運行を順々に説き起こし、最後に「第54課 星雲」の章で終わります。

なお、この本は早くも明治4年(1871)に、神田孟恪訳『星学図説』として日本でも紹介されています。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
このブログのタイトルを平仮名で書くと、「○○○○こがん」です。○○○○に入る4文字は?

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://mononoke.asablo.jp/blog/2006/02/04/239166/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。