稲垣足穂大全 Summa Tarhologica (前編)2010年05月03日 18時22分52秒

今年は年頭から足穂の話題が多かった気がします。
そろそろ賢治の世界に回帰しようと思うのですが、その前に足穂本について書いておきます。

前にも書いたように、私は足穂の愛読者ではないので、その作品をあまり読んだことがありません。しかし、足穂への言及が増えるにつれて、それでは何かと不便なことが多くなってきました(読んでないのに言及するんですから、考えてみれば無茶な話で、不便で当り前です)。そこで、その作品を一通り手元に置いて参照できるようにしたい…と、遅ればせながら考えました。

もちろん現時点でベストな選択は、筑摩から2000年に出た「稲垣足穂全集」全13巻を買うことです。行き届いたテクスト校訂には定評がありますし、各巻の構成が作品テーマ別になっているのも、参照する際に便利そうです。クラフト・エヴィング商会による装丁も軽やかで、21世紀のタルホ読者には、申し分のない出来栄え。

しかし…と、私は考えました。
「何か、もうちょっと怪人が呼吸していた世界に近いものがほしい…いつか彼の全作品がオンラインで読めるようになっても、依然として<本>であることに意味がある本…単なるテクストを超えた<モノ>としての存在感を持った本…」

そういうフェティッシュな願いをこめて目をつけたのが、足穂の生前、1969年に現代思潮社から出た「稲垣足穂大全」全6巻です。ここには主要作品がほとんど収められていますし、一般に「大全」収録の形をもって標準テクストと見なされることが多いようでもあります。それに場所も「全集」程にはとらない…というのも、重要な要因。

(↑ちょっとピントが甘くなりました)

「大全」はまた本としての表情がいいのです。特に総革装の特装版。
足穂は根っから無所有の人なので、こういう奢侈は一見ふさわしくないようにも見えます。しかし、その精神の王国を飾るには、それに相応しい衣装があってもよく、これもまた足穂世界の一側面ではないかと思います。少なくとも、澁澤龍彦が「わが魔道の先達」と呼んだ怪人の世界には、こういう趣向がお似合いです。


特装版は、足穂自身の趣味で、本の「天」が紫に染められています。
彼の菫色への傾倒や、精神的貴族主義の表れを感じます。


表紙には Summa Tarhologica の金文字があります。このラテン語タイトルは、英語にすると Summary of Tarhology (足穂学大要)といった意味らしく、「大全」が最初から、<全集>ではなく、<選集>を意図していたことが分かります。なお、このラテン名の考案者は、詩人の西脇順三郎だそうです。

(この項つづく)

コメント

_ shigeyuki ― 2010年05月04日 01時01分38秒

限定75部とかいう、特装版の揃いですか。さすがです。
野暮な話、下手すると現行の全集が二セットくらい揃いそうな値段でしょうが、確かに格好いいですね。
足穂は、変わった特装版がたくさんあるので、もしそれを全部集めようとか思うと、大変なことになってしまいそうですね。

_ 玉青 ― 2010年05月04日 21時00分35秒

いやあ…面映ゆいです。
真相は今日の記事をご覧ください。
これまた野暮な話、このセットは「全集」よりもずっと安かったんですよ。
まあ古書肆の評価はそんなものかもしれませんが、こちらとしては三日月イラストだけでも十分元はとれた気がします。

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
このブログのタイトルを平仮名で書くと、「○○○○こがん」です。○○○○に入る4文字は?

コメント:

トラックバック