稲垣足穂大全 Summa Tarhologica (後編)2010年05月04日 21時03分49秒



本全体の表情はこんな感じです。天の方から逆さまに見たところ。


第1巻の遊び紙には、足穂による三日月のクレパス画と、おなじみのイソギンチャク・スタンプが押されています。左上はカットされていますが、最初からそういうデザインなのか、何かがここに書かれていたのかは不明。他の特装版ではどうなっているんでしょうか?(ご存知の方は、お教え下さい)


余白と活字の組み方がゆったりしているのもいいですね。読みやすそうです。

   ★  ☆

ところで、この特装版。こういう金満的な品がなぜ私に買えたかといえば、ずばり安かったからです。というのは、このセットは外函のない裸本で、しかも月報まで欠けているという、<商品>としては重大な欠陥があったため、非常に廉価で売られていました。

私はこれを愛蔵する気はなく、ふつうに読む目的で買ったので、それで不都合はないのですが(二重箱入りの‘美本’だったら、とても気安く開いたりできませんから)、気になるのは、そもそもなぜそういう状態のセットが存在するかです。彼のファンが愛蔵するために買ったのなら、函や月報を処分するはずがない。たぶん元の所有者は、あまり愛蔵という観点からこの本を考えなかったのでしょう。

買ってから気付いたのですが、この特装版「大全」は、限定75部のうち通し番号が2番(!)で、妙に番号が若い。ひょっとしたら、このセットは、足穂もしくは「大全」出版企画の周辺にいた人に寄贈されたものではないか…とも想像されます。

で、上に書いた遊び紙のカット部分の件ですが、これがもし意図的なデザインではなく、ここに何らかの識語や献辞が書かれていて、それを故意に切断したのだとしたら、誰がどういう心模様でそうしたのか…少なからず興味をそそられる点です。

現在の持ち主として、私にはそれを知る権利がある…かどうかは知りませんが、できることなら知りたいと思っています。

コメント

_ S.U ― 2010年05月04日 22時19分43秒

あぁ、よい買い物をされましたね。
私も「大全」をと思ったこともありましたが、2年に1冊くらいずつ文庫や単行本をばらで買っているうちに買いそびれてしまいました。いまや置き場所もありません。

 今日は、武石浩玻の忌日だったので「白鳩の記」を引っ張り出して読みました。

_ 玉青 ― 2010年05月05日 10時12分19秒

少なくともこの第1巻は、足穂が手に取り、手垢をなすりつけたものですから、彼の存在がなんとなく身近に感じられます(第1巻だけは、タイトルページも足穂の肉筆です)。ちょっと嬉しい気がします。

>武石浩玻の忌日

ああ、そうだったんですね。私もさっそく読んでみることにします。

_ S.U ― 2010年05月05日 14時29分02秒

 本の寄贈についてですが、足穂は自著を保管しなかったそうですから、足穂自身が自分に関心のない人に義理だけで寄贈することはあまりなさそうに思いますがどうでしょうか。このご本は出版社関連の人に贈られたか、特別の事情があったものではないかと想像します。いずれにしてもお値打ちもんです。

 ところで、萩原朔太郎の件に戻りますが、足穂は朔太郎に昭和15年に自著(『山風蠱』か)を寄贈しています。朔太郎全集の書簡集で見つけました。彼らは珍しく気持ちの合う友人だったようです。もし放送局から朔太郎に七夕の文学について相談があったならば、ほぼ間違いなく足穂の名を挙げたと思いますので、ラジオ放送のコネの最有力候補としたいと思います。
 望遠鏡については、別にコメントさせていただきます。

_ Mg ― 2010年07月29日 23時18分18秒

特装版「大全」遊び紙のカット部について

はじめまして

私が所有する特装版「大全」は限定75部のうち通し番号が60番台と後半の番号ですが、左上がカットされた同じデザインになっています。限定75部すべて同じデザインではと私は思うのですが。
クレパス画も同じ三日月が描かれています。

ちなみに、私の特装版「大全」には「稲垣足穂大全完結御礼」と題する文章が付いていました。現代思潮社の原稿用紙に足穂氏本人が書いた完結御礼と特装版購入者へ直筆短冊を別途送る旨の文章です。(昭和45年10月24日の日付)ただし私のは直筆でなく当時のコピー機による複写でした。もしかしたら、関係者へ寄贈したものには直筆の「御礼」が送られていたかもしれませんね。

_ 玉青 ― 2010年07月30日 08時35分38秒

Mgさま

お知らせいただき、ありがとうございました!
ずっと気になっていたので、スッキリしました。
何とも凝ったことをするものですが、後世の者を悩ませる、罪作りなデザインとも言えますね(笑)。

私の大全に「完結御礼」はありませんでしたが(何せ月報すら欠けているぐらいですから)、なるほど、特装版にはいろいろ特典があったのですね。たぶん短冊なんかは今ごろ単品で珍蔵されているのでしょうけれど、ちびた筆でせっせと短冊を書いている足穂氏の姿を思うと、ちょっと微笑ましいような気がします。

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
このブログのタイトルを平仮名で書くと、「○○○○こがん」です。○○○○に入る4文字は?

コメント:

トラックバック