パテェ・ベビーの画面に星がまたたくとき、タルホが来りて…2010年06月03日 18時25分37秒

…雨脚がだんだん強まる中、この奇妙な会に集まった人たちは、陰鬱に押し黙ったまま、これから何が始まるのか、それぞれに思いを凝らしているようでした。
この家の主は、奇妙な光を帯びた目でそれを眺めながら、おもむろに口を開きました。
「お足元の悪い中、皆さんようこそお越しくださいました。全員お集まりのようですね。では、そろそろ始めましょうか。」

主は立ち上がって電燈をパチンと消し、手探りで映写機のスイッチを入れました。
「これから、画面に現れるものによく注目してください。見えるのはほんの一瞬かもしれません。しかし、必ず見えるはずですので、どうぞお見逃しなく。」

カタカタ…と機械が動き、フィルムが回り始めました。


まず画面に登場するのは、パテェ社の雄鶏マークです。
どこからかシガレットの匂いがかすかにします。早くもタルホの霊気を感じます。

いよいよ物語が始まります。遠い山並みの上に浮かぶ月、そして星。

         天文學 『晝と夜』 モニオール氏作畫 地球の廻轉

                  地球は丸い惑星です。
       巨大で燃え盛るもう一つの球、すなはち太陽に照らされてゐます。


     地球はこんな工合に、一つの方向からのみ照らされてをります。
                一方が晝で、反對側は夜です。


      地球は想念上の心棒、すなはち地軸のまはりを囘つてゐます。

  ★

…仮想上映会はこのあとも続きますが、フィルムの紹介はここまでで終りです。
あんまりフィルムを引っぱり出すと、元に戻せなくなりそうなので。
太陽と地球の物語がこの先どう展開するのか。
そして、上映会に降臨したタルホが何を語るのかは、私も知りません。
他の皆さんとともに想像するのみです。

  ★

百物語は99話で語り納めとするのが、古くからの定法だそうです。

(なお、上の画像はふつうのスキャナーを使い、800dpiで読みました。)

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
このブログのタイトルを平仮名で書くと、「○○○○こがん」です。○○○○に入る4文字は?

コメント:

トラックバック