アオイカメラ2014年08月24日 08時36分53秒

青い光を切り取るカメラが欲しいと思いました。
といって、カメラ趣味はないので、実際に切り取ることはしません。
イメージの中での話です。


真っ青なボディの35ミリ二眼レフ。


旧ソ連(現ウクライナ)にあったカメラメーカー、FED(F.E. Dzerzhinsky factory)が、1959年に発売した普及機、「FED Zarya」をベースにした、スプートニク打ち上げ記念モデル。


スプートニク1号は1957年10月4日に打ち上げられた、人類初の人工衛星。
その製造年からいって、このカメラはスプートニク打ち上げと同時ではなく、それよりも後に作られたものと思いますが、いかにもその時代の空気をまとっている感じがあります。




長野まゆみさんの『天体議会』の少年たちは、ぜひこんなカメラを手にして、ライカ犬のタバコをくわえながら、シャッターを切ってほしい。

コメント

_ 蛍以下 ― 2014年08月24日 22時21分35秒

おっしゃるとおり『天体議会』にぴったりですね。現像はどうしましょうか?
鉱石倶楽部の入ったビルに昔ながらの写真屋があるという設定などいかがでしょうか。

_ 玉青 ― 2014年08月25日 06時49分30秒

あそこに写真屋があれば万事好都合ですね。
あるいは、学校の暗室を使って、自分たちで現像している可能性もありそうです。

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック