アトラス出現2017年09月13日 23時47分19秒

ネットで古い星図帳を探そうという段になると、「celestial atlas」や、それに類する検索語を入力して探すわけですが、そうすると古代のアトラス神の像が頻繁にヒットして、ノイズになります。

まあ、アトラス像そのものは、天文趣味の守り神みたいなものですから、それ自体は別にかまわないのですが、ただ出てくるのが、


こんな人とか、


こんな人とか、今出来のマスプロ製品ばかりなので、アトラス像はちょっと鬼門でした。

   ★

でも、先日こんな真鍮のアトラス像を見つけました。


台座を除く高さが15cm の、かわいらしい像です。


これにしたって、19世紀の品ですから――ベルギーの売り手はそう主張しています――格別古いわけではありません。ただ、造形がいかにも古朴で、金の月星を散らした濃紺の天球も洒落ているし、何と言っても場所をとらないのが大きな魅力でした。


ベルギーの人が述べるように、この台座はおそらく後補。像の足下から延びるネジを切った金属棒は、台座中央の穴に挿してあるだけで、像と台座は固定されていません。

想像ですが、この像は元々独立した彫像として制作されたのではなしに、何か別の用途(建物や細工物のデコレーション)に使われていたのを取り外して、後からこんな風に一本立ちさせたのではないでしょうか。


独立した像と見るには、細部がちょっと雑過ぎるのも、そう考える理由です。 

   ★

そんなわけで、ちょっと曰くつきの像ではありますが、世界を支えるこの小さな巨人の存在によって、今いる部屋に一本芯が通ったような気がします。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
このブログのタイトルを平仮名で書くと、「○○○○こがん」です。○○○○に入る4文字は?

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://mononoke.asablo.jp/blog/2017/09/13/8676437/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。