風を読む幻想の宮殿2017年09月24日 07時00分43秒

今日も絵葉書の話題です。

これはわりと最近――といっても半年前――の記事ですが、西 秋生氏の『ハイカラ神戸幻視行―紀行篇』を取り上げた際、神戸の怪建築「二楽荘」にまつわる、著者・西氏の不思議な思い出話をご紹介しました。

■神戸の夢(2)
 
(画像再掲)

それは一種の桃源探訪記でもあり、神隠し体験のようでもありましたが、その際に載せた二楽荘の画像を見て、私自身チリチリと灼けるようなデジャヴを味わっていました。

   ★

その正体は、しばらくしてから思い出しました。
以前に見た、これまた不思議な建物の絵葉書がそれです。


パリのモンスーリ公園に立つ、イスラム風宮殿建築。
私は二楽荘のことを、「西洋趣味とオリエント趣味を混ぜ込んで建てた、奇怪な建築」と書きましたが、神戸とパリの二つの建物は、いずれも「ムーア様式」と呼ぶのが適当です。すなわち、中東とはまた一味違う、北アフリカで発展した独特のイスラム様式。

(同じ建物を裏から見たところ)

以前、盛んに天文台の絵葉書を集めていた頃、この建物は「Observatoire」の名称ゆえ、頻繁に網にかかりました。でも、気にはなったものの、さすがにこれは天文台ではないだろう…と思いました。

フランス語の「オブセルヴァトワール」(あるいは英語の「オブザベイトリー」)には、「天文台/観測所」の意味のほか、「物見台」や「展望台」の意味もあるので、左右の塔屋を指してそう呼ぶのだと、常識的に解釈したわけです。

   ★

しかし、実はその常識の方が間違っていて、これは本当に観測施設だと知って驚きました。ただし、観測対象は天体ではなく気象、すなわち測候所です。

すぐ上の絵葉書の説明文にもチラッと書かれていますが、元々この建物は、1867年のパリ万博のパビリオンとして建てられたもので、チュニジアの首都チュニスを治めた太守の宮殿をお手本に、それを縮小再現したものです。

そして、万博終了後はモンスーリ公園の高台に移され、1876年以降、気象観測施設となり、また1893年からは、大気の衛生状態を監視する施設としても使われるようになりました。

しかし、建物の老朽化は避けがたく、1974年に観測施設としての運用が終了。
さらに1991年、ついに火事で焼け落ちて、この世から永遠に姿を消したのです。

   ★

神戸の二楽荘が失われたのも、やはり失火が原因でした。
焼失は1932年ですから、消滅に関してはパリよりも先輩です。

   ★

かくして彼らの姿は、今やこうして絵葉書の中にとどまるのみ―。
でも、彼らの戸口の前に再び立ち、さらにその中に足を踏み入れることだって、場合によっては出来ないことではない…西氏の経験はそう教えてくれます。


------------------------------------------------
▼閑語(ブログ内ブログ)

ここ数日の報道に接するにつけ、安倍さんにしろ、麻生さんにしろ、何とも異常な政治家であり、異常な政体だなあ…と再三驚いています。

まあ異常というより、「悪の凡庸さ」というフレーズを裏書きするぐらい凡庸な人間なのかもしれませんが、その突き抜けた凡庸さにおいて、やはり彼らは異常と呼ぶ他ないのではありますまいか。

凡庸も過ぎれば邪悪です。

コメント

_ S.U ― 2017年09月24日 10時43分07秒

この建物の大きな丸窓みたいなのはステンドグラスでしょうか。イスラム様式でもステンドグラスがあるというのは知りませんでした。デザインはアラベスク模様だったのか、そんなことはお構いなしにキリスト教の聖者像だったのか興味があります。

>閑語
 まあ政治が複雑な世界で理屈通り簡単にいかないことはよくわかります。見えるままに政治家を捕らえてよいとは思わないのですが、それにしても、これはないだろうと思いますね。
 何と言っても政治の要諦は「信なくば立たず」であることは衆口一致するところでしょう。選挙だそうですが、始めから「信」を捨てている人をどう評価するのか。

_ 玉青 ― 2017年09月25日 07時17分42秒

>ステンドグラス

まるで意識していませんでしたが、たしかにそうですね。
試みに「islamic stained glass」で画像検索したら、その実例が大量にヒットしました。イスラム世界にもガラス工芸の古い伝統があり、それを建築装飾に取り入れたのもヨーロッパ世界と同じく古いことのようです。ただ、偶像崇拝禁止の故か、デザインはもっぱら幾何学パターンに限られるみたいです。

ちなみに、英語版wikipediaだと「Islamic geometric patterns」の項(https://en.wikipedia.org/wiki/Islamic_geometric_patterns)で、特に「stained glass」の節が設けられていました。

>「信」を捨てている

信もなければ義もなく、仁も、礼も、智も何もない。
もう全くだめです。端的にNOを突き付けるしかありません。

_ S.U ― 2017年09月25日 19時35分28秒

>「islamic stained glass」
 ありがとうございます。イスラムのステンドグラスのアラベスク模様は美しいですね。仕事が細かくなるのがたいへんです。
 測候所のステンドグラスは、セーヌ川の島にあるノートルダム大寺院のそれを思い出させるような菊の花型ですが、これはどんな柄なのか見たいです。でも、火事でもうないのですね。

>信もなければ義もなく
 昨日は、なぜ孔子が「仁義礼智信」の最後にある信を持ち上げたのか疑問だったのですが、お陰様でわかりました。孔子は、下位のものが立たなければ上位のものが立つはずがない、ということを言ったのですね。

 前にも書きましたが、日本の政治家を叱る時は、いつでも中国の故事になってしまいます。いい年した保守政党の重鎮が、悲しいです。
 というか、おっしゃるように、もう全くだめです。つける薬がありません。

_ 玉青 ― 2017年09月26日 07時04分29秒

そういう人を頭にいただく国民の辛さたるや…。
この「好機」を生かし、ぜひこれを最後にしたいものです。

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
このブログのタイトルを平仮名で書くと、「○○○○こがん」です。○○○○に入る4文字は?

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://mononoke.asablo.jp/blog/2017/09/24/8682675/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。