気象趣味のこと(附・ガリレオ温度計の祖型)2017年09月25日 07時02分27秒

昔から言われる天文趣味の大きな特徴は、「星は遠くから眺めるしかできない」こと。

天体は、昆虫や鉱物と違って、直接手に取って愛でたり、収集したりすることができません。したがって、フェティッシュな喜びから遠い…という意味で、いささか抽象度の高い趣味なのかもしれません。

   ★

しかし、星よりもはるかに身近でありながら、いっそう抽象度の高い趣味があります。
それが気象趣味です。

「え、気象趣味なんてあるの?」と、思われるかもしれませんが、趣味の延長で、気象予報士を目指す人が、毎年おおぜいいる事実を思い起こしてください。昔、19世紀のイギリスにも、自宅に気象観測機器を一式備え付けて、毎日律儀に記録を付ける紳士がたくさんいたと聞きます。

思えば、気温、湿度、気圧、風速、風向…これら気象学の主な観測対象は、すべて目に見えません。もちろん、計器の示度は読めますが、そこで測られる当の相手は、まったくインビジブルな存在です。

確かに雨は目に見えるし、雲は飽かず眺めるに足る存在でしょうが、しかし、いかにも取り留めがないです。そこには星座のようにピシッと決まった形もなければ、その運行もまったくの風任せです。

   ★

そうした取り留めのない対象の背後に、一定のパターンを見つけ出すことで、現象を説明し、予測する…そこに気象趣味の醍醐味はあるのでしょうが、やっぱり抽象度の高い趣味だと感じます。私が気象趣味に対して、何となく「高尚」な印象を勝手に抱くのも、その抽象度の高さゆえです。

   ★

とはいえ、この本↓はさすがに「ビジュアル」を謳うだけあって、見るだけで楽しいです。


ブライアン・コスグローブ(著)
 『気象』(ビジュアル博物館 第28巻)
 同朋舎出版、1992


大気の立体的な運動の解説も分かりやすいし、


古風な観測機器の図が、天文古玩の情趣にも合います。


中でも、このガラス製温度計の美しさときたらどうでしょう。

 「初期のフィレンツェの気象学者は、ヨーロッパで最も技術の高いガラス細工師の助けを借りることができた。このガラス吹きつけ技術のおかげで、多くの計測器具を実現できた。ここに見られる精巧で美しい温度計は、ガリレオの少しあとの時代のものである。管に満たした水中を色のついたガラス玉が上下して温度を表示した。」 (本文解説より)

   ★

話が枝葉に入りますが、上の説明にはちょっと腑に落ちない点があったので、所蔵表示を頼りに、ガリレオ博物館(Museo Galileo)にある現物を見に行ってきました。


そこでは、「房状温度計(Cluster thermometer)」の名前で紹介されており、高さは18センチと、思ったよりも可愛いらしいサイズです。

管の中を満たしているのは、(上の本に書かれているように水ではなく)アルコールで、そこに密度の異なるガラス球が封入されており、温度の上昇につれて、密度の低いものから順に浮かび上がる仕組みだそうです。

要は、今あるガリレオ温度計そのものなんですが、ただし、紹介文中にガリレオの名前はなくて、代わりに発明者として、メディチ家のフェルディナンド2世(1610-1670)の名前がありました。まあ、実際に製作したのは、大公お抱えのガリレオの弟子たちあたりでしょうが、この科学マニアの好人物に、その栄誉が帰せられたのは、ちょっと微笑ましい感じがします。

コメント

_ S.U ― 2017年09月25日 19時45分36秒

 ガリレオ温度計の祖型は房型だったのですね。これが現代ネットで買えるような、直線型になって製作を省力化できたのは、浮沈子を重い順番に重ねて入れていくという革命的アイデアだったと思います。私は、現代型のガリレオ温度計を持っていますが、これを見ると、浮沈子の並ぶ順序が、何らかの機械的なはずみでスルッと入れ替わってしまうと、その部分はもう温度が正しく測れなくなるな、と心配になります。でも、実際には、そんなことは起こらないようです。

 いわゆる現代売られている「ガリレオ温度計」には、その祖型の「元々のガリレオ温度計」があり、かつ、本当のガリレオが本当に発明した別種の(空気の膨張圧を利用した)「ガリレオが発明した温度計」がありますので、ネットで古いタイプのものにたどりつくのは本当にたいへんになりました。(前にも書いたことあると思いますが、私は、子どもの時、「気象趣味」だったので、「ガリレオが発明した温度計」を牛乳瓶とガラス管と脱脂綿で作りました。天文趣味は気象趣味から派生したものです。)

_ 玉青 ― 2017年09月26日 07時05分47秒

何だか込み入った話ですねえ。
すべては「ガリレオ温度計」というネーミングが招いたことでしょうが、「フェルディナンド温度計」では何のことやらですし、ネームバリューというのは(商売向きからいっても)大切なんでしょうね。一周回って、やっぱりガリレオは偉大でした。
それにしても、S.U少年のお話には驚かされることばかりです。たった今も栴檀の薫りを馥郁と感じました。

_ S.U ― 2017年09月26日 12時42分22秒

>「ガリレオ温度計」
 うーん。実験家、技術者の立場を考慮すると、商売っ気はちょっと脇において史実にもとづいた命名をしてほしいものだと思いますが、この件に関しては、どうしたものでしょうねぇ。いわゆるガリレオ温度計は見た目のインパクトが傑出していますからね。衝動買いするほどですから。「ガリレオ・フェルディナンド温度計」と「ガリレオ・ガリレイ温度計」とかで区別するとか。

>栴檀
 いやぁ、これは世にありがちな「栴檀は双葉のみ芳し」ではないでしょうか。

_ 玉青 ― 2017年09月27日 06時59分44秒

まあ、「ガリレオ温度計」は「グレゴリオ聖歌」とか「菅公学生服」のような「あやかりグッズ」と割り切ればいいのかもしれませんが、ガリレオと全く無縁でもないところが悩ましいですね。その意味で、「ガリレオ・フェルディナンド温度計」は間をとって妙案!

>栴檀

念のため、「センダン」に関する事実を、ウィキペディア氏に聞いてみたら、“「栴檀は双葉より芳し」のことわざでよく知られるが、これはセンダンではなくビャクダン(白檀)を指す。”と教わり、え~と思いました。

では…と気を取り直して、「ビャクダン」を見に行ったら、このことわざを取り上げて、“白檀は発芽のころから香気を放つとされたことから、大成する人は幼少のときから優れているというたとえ(実際にはこの植物が自然に香気を放つわけではない)。”とあって、再度え~と思いました。

_ S.U ― 2017年09月27日 17時41分30秒

うーん。双葉より芳し ということ自体、嘘みたいですね。出典によると『平家物語』が間違っているとか。

 双葉が芳しい植物はちょっと思いつかないです。ましてや、「双葉のみ」芳しい植物などないかもしれません。人間には、「二十過ぎれば・・・」で珍しくないようですけど・・・、まあ、植物に例えるのに無理があるのでしょうね。

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
このブログのタイトルを平仮名で書くと、「○○○○こがん」です。○○○○に入る4文字は?

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://mononoke.asablo.jp/blog/2017/09/25/8683457/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。