月明かりの道化師2017年10月24日 20時54分54秒

ゆうべの仕事帰り、くっきりした三日月が、紫紺の空に浮かんでいるのが見えました。そして西の地平線上に、黒々とした雲が、まるで山並みのようにそびえ、なんだか自分が、見知らぬ山国の町を歩いているような、不思議な気分になりました。

月を眺めて、思いを癒やし、そして思いを凝らす――。
本当に月は良き隣人です。

   ★

月を描いた紙物を物色していると、ときどき「月にピエロ」の画題に出会います。

(月にピエロのトランプ。eBayの商品写真を寸借)

あれは歴史的にいろいろな意味合いがあると思うのですが、その一つのイメージ源が、フランス古謡の「月の光に(Au clair de la lune)」であるらしいことに気づきました。その愛らしい歌は、例えば下のリンク先で聞くことができます。


そして、

  Au clair de la lune,
  Mon ami Pierrot,
  Prête-moi ta plume
  Pour écrire un mot.

   月の光に、
   わが友ピエロ、
   君のペンを貸しておくれ、
   一言書きとめるために。

…で始まる歌詞とその訳は、すべてウィキペディア『月の光に』に掲載されています。

歌全体の流れでいうと、ピエロは単なるダシで、その後に続く恋の成就こそ眼目なのですが、心優しきピエロがさりげなく恋人を導くところに、ピエロという存在の真価(と孤独)はあるのでしょう。

   ★


その『月の光に』の、ちっちゃな手回し式オルゴール。
この月の絵の箱は、売り手がインクジェットプリンタで作った間に合わせのもので、肝心なのはこちらの本体です。


心がささくれ立っているときなど、暗い部屋でこのオルゴールを静かに回すと、ちょっと気持ちが優しくなれる気がします。

コメント

_ ルドガー ― 2017年10月25日 10時59分43秒

フランスの百貨店、ボンマルシェの19世紀のDMらしき絵葉書が手元にありますが、それには金の美しい縁どりの中に「月の光に」の詩を書くピエロの少年、それを覗き込むバレリーナの少女、その二人の様子をにやにやと眺める満月が描かれています。(憎い表情です)
絵葉書に書かれた詩が「月の光に」というタイトルだと知った時は、20世紀フランスの作曲家ドビュッシーの「ベルガマスク組曲」の中の有名なピアノ曲「月の光」だと勘違いしたのですが、違ったようですね。
この「月の光」の元々のタイトルが「感傷的な散歩道」だったと知りました。19世紀でも21世紀でも、フランスでも日本でも、月は多くの人々の心を癒し、混沌とした心を静めるものなのだと思います。

_ S.U ― 2017年10月25日 17時56分38秒

あっ、この曲知っています。幼年のピアノ入門用の練習曲集によく載っていました。歌えるように訳詞も書いてありましたが忘れました。ドイツの曲かと思っていました。

_ 玉青 ― 2017年10月25日 22時25分35秒

やあ、これはルドガーさんに先を越されましたね。(^J^)
ルドガーさんのお手元にあるのとまさに同じカードを、これから取り上げる予定でいたのですよ。まあ、その辺はどうぞお目こぼしください。
しかし、今日の記事で書いたように、月は優しいばかりでなく、ときに狂気を誘う剣呑なものでもありますね。そこがまた魅力なのでしょう。

_ 玉青 ― 2017年10月26日 07時26分45秒

〇ルドガーさま

コメントを拝見し、てっきり同じカードと思ったのですが、さっきカードを取り出したら、どうやら別物のようです(手元のカードは、絵葉書よりも小さなサイズで、ボンマルシェのものでもありませんでした)。…というわけで、前言はあっさり撤回し、再度のお目こぼしを願います。

〇S.Uさま

え、S.Uさんはピアノ少年だったのですか。
山野で自然に親しんでおられたイメージを抱いていたので、少しく意外の感を催しました。

_ S.U ― 2017年10月26日 18時35分19秒

>ピアノ少年
 もちろんそんな柄ではないのでご安心を(笑)。近所の人に教えてもらって練習しましたけど、素質がなく小学生のあいだでやめました。でも、今でも、ウィキペディアの『月の光に』にある絵本の楽譜くらいなら、我が家の電子ピアノで完璧に弾けると思います(半日くらい練習すれば両手で(笑))。
 小さいときの性格は、野外志向というより屋内志向でしたが、当時の田舎は、3人以上で遊ぶには野外しかないんですよね。商店街も子ども向け施設もありませんし。2人だったら将棋とか野球盤とかできますけど。環境のしからしむるところでした。でも、おかげで、動植物や天文気象に関心が持てるようになってよかったです。

_ 玉青 ― 2017年10月27日 21時16分55秒

安心しました(笑)。
それでも、その心得がおありなのは羨ましいです。
ピアノは大人になってからでも習えるかもしれませんが、
でも、子供の時だけ体験しうる要素もきっとあるでしょうね。

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
このブログのタイトルを平仮名で書くと、「○○○○こがん」です。○○○○に入る4文字は?

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://mononoke.asablo.jp/blog/2017/10/24/8712124/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。