アストロノミア(前編)2018年05月25日 06時50分31秒

近頃の報道に接して、驚きつつ心を曇らせている方も多いでしょう。
まさに、ニュース目に見ゆ泣けとごとくに…といった有様です。
それにしても、なんと薄汚い国になってしまったことか。
しかし、辛いときでも<日常>を守ることは大事ですから、記事を続けます。

   ★

ゲームに寄せる関心は、このブログを始める前からありました。
当時、この分野の情報が非常に乏しい中、「天文アンティークとは、こういうものか!」と教えられた、NYのジョージ・グレイザー・ギャラリーのサイトで、『ASTRONOMIA』と題する美しいカードゲームを見て、ウットリとなったのが、そもそものきっかけです。


そんなわけで、天文趣味の世界から遠かろうが近かろうが、もはや私の中でゲームは「天文古玩的なもの」の一部となっていて、そこから足を洗うことはできません。

   ★

ところで、この美しい「アストロノミア」。

リンク先のデータによれば、このカードゲームは、1829~31年にかけて、ロンドンのF. G. Moon という版元が出したもので(版元の名前がまたいいですね)、絵師はHenry Corbould、彫師はPerkins & Bacon だと書かれています。

この絵師と彫師についてさらに検索したら、この顔ぶれは、世界最初の切手として有名な、「ペニー・ブラック」(1840年)の原画と彫版を担当した面々と同じでした。その意味で、このゲームはとびきり美しいばかりでなく、英国らしいゆかしさも兼ね備えた逸品です。(なお、Perkins & Bacon というのは、個人名というよりも、この両者が興した「Perkins, Bacon & Co,」という会社名のようです。)

   ★

思う念力岩をも通すと言いますが、その後、尋常ならざる努力をして、私はこのゲームを手に入れました。今から2年前のことです。そのときの自分は、きっと何か書いているだろうと思って探したら、果たして下のようなバカバカしい文章を書いていました。よほど嬉しかったのでしょう。

戦国乱世を生きる

ここに出てくる「オークション」は、いつものeBayではなくて、イギリスのオークションハウスが主催する、本物のライブ・オークションです。そんなものに参加するのも初めてだったし、参加に当たっては、事前にパスポートのコピーを提出させられたり何だりで、いろいろ面倒な手続きがあったのですが、面倒くささも何のその、とにかく万難を排してその場に臨み、そしてYou Won!の文字を目にしたのです。これは嬉しくて当然で、バカな文章を書いた自分を、あえて許してやりたいです。

あれから2年、大河ドラマも「真田丸」から「西郷どん」になり、時代の様相も変わりましたが、遅ればせながら<逸品>を登場させます。

(この項つづく)

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
このブログのタイトルを平仮名で書くと、「○○○○こがん」です。○○○○に入る4文字は?

コメント:

トラックバック