星の玩具のこと2018年05月27日 18時29分49秒

何度も書いていますが、私はコレクター気質に欠けるので、何かを意識して蒐集するということはしていません。

でも、これはひょっとしたら蒐集と呼んでいいんじゃないか…と思える対象もいくつかあります。例えば、天文台の絵葉書もそうですし、最近話題の、星をモチーフにした古い玩具もそうです。

この「玩具」や「おもちゃ」というのは、英語の「Toy」よりも広い言い方で、Toy も Game も Puzzle も全部ひっくるめた、「もてあそびの具」、「消閑の具」という意味です。(あと「教育の具」というのもありますね。教育玩具というやつです。)

(これまでに登場した星の玩具の例)

ここで、「星をモチーフにした」というのが、ちょっと弱い言い方に感じられますが、これは真っ当な天文学に関連する品以外にも、占星ゲームとか、単なるデザインとして星を用いているだけの品も、収集対象に含めているからです。

   ★

ただ、そこまで手を広げても、古い星の玩具というのは存外少ないです。

収集という観点から言うと、収集対象が最初から限定的なほうが、精神衛生的にも、経済的にも助かるので、それはそれで良いのですが、「なぜ少ないか」を考えると、これは昔の人がどれだけ空に憧れたか――むしろ憧れが少なかったか――を裏付けるものかもしれません。

例えば、19世紀の天文趣味の隆盛を、数多の天文古書に探ることは容易ですが、それもやはり一部の奇特なマニアや、教育熱心な家庭の周囲のみで起きていたことかもしれず、面的広がりについては、一定の留保が必要かもしれないなあ…と、星のおもちゃを前に、ふと考えます。

当時の美しいデザインに惹かれて、私はややもすると19世紀を「天文趣味の黄金郷」のように考える癖がありますが、それは「そうあって欲しい」という、私の願望の投影に他なりません。

反対に、世間が宇宙ブームに沸き、宇宙ヒーローに子供たちが熱狂した1950年代~70年代にかけては、宇宙モノの玩具がそれこそ雨後のたけのこのように現れ、飛ぶように売れました。テレビという新たなメディアの出現も大きかったでしょう。あれこそ面的広がりと呼べるもので、それに比べれば、やはり戦前の天文趣味(ないし宇宙趣味)は、おとなしいものでした。

   ★

そんなこんなで、私の収集対象は、マスプロ製品化する前の、1950年代以前の玩具に力点が置かれることになりますが、これもそう厳密なものではなくて、気になる品なら、70年代あたりのものでも、パッと手が伸びるというフィールドのゆるさがあるので、鉄板コレクターには、到底なれそうにないです。

   ★

さて、事前の講釈はこれぐらいで切り上げて、星の玩具の風情をさらに眺めてみます。


コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
このブログのタイトルを平仮名で書くと、「○○○○こがん」です。○○○○に入る4文字は?

コメント:

トラックバック