七月の星の句、空の歌2020年07月12日 09時55分31秒

このところの長雨、コロナ禍、そして政治の醜状で、すっかり気分がくさくさしていました。でも、今日は久しぶりの青空。蝉が勢いよく鳴き出しました。

カレンダーを見ると、今日は旧暦の5月22日です。
「五月晴れ」という語は、本来こういう「梅雨の晴れ間」を指すのだと本で読みましたが、古人が「五月晴れ」をいかに有難く思ったか、今となってみると、よく分かります。

現代の人は歴史的豪雨を前に、やれ異常気象だ、温暖化による地球環境の変化だと、右往左往しますが、それが確かな科学的事実にしろ、昔の人は「正常範囲のちょっとした豪雨」でも大いに苦しめられたことを、同時に想起すべきだとも思います。

この小さな惑星で、太陽の放射に依存し、大気の循環に身を任せて暮らしている限り、人間の暮らしが天候に左右されることは、当分変わらないでしょう。

九州は今日も雨。当地も明日から再び雨の予報です。
観天望気しつつ、警戒を怠らず振る舞うことにします。

   ★

今日の「朝日俳壇・歌壇」より。

(長谷川 櫂 選)
  追憶の川でありしよ天の川   (東京都)長谷川 瞳

追憶の中身について、作者は何も語っていません。ただ、心の奥からあふれた思いが、天の川とともに流れゆく心象を詠み、長大な流れに託された、その追憶の深さを暗示するのみです。そして、読者の心のうちにも、いつか白々とした天の川が浮かび、それぞれの追憶が流れ出すのを感じるのです。

(同)
  七夕や義理人情の星に住む   (横浜市)高野 茂

星の世界に人事を投影するという意味では、上の句と同旨ですが、こちらはぐっと世話に砕けた川柳調。それにしても、ある年齢以上の人ならば、この句に「げにも」と頷かないわけにはいかないでしょう。天上の美に憧れつつも、我が身はやっぱり下界の住民です。なかなか辛いところであり、同時に面白いところでもあります。

(6月20日深夜、パリの空。ギユマン『Le Ciel』(1870)より)

   ★

とは言え、聖なる天上世界と俗なる人間世界を、はなから別のものと考える必要はありません。両者はやはり同じ世界にあって連続しています。宇宙の構造や星界の出来事は、人間に当然影響を及ぼしているし、人間もまた「観測者」として、宇宙のありようの深い所に影響を及ぼしています。

(永田和宏 選)
  水平線二分する青を分け合って
       海と空にはのりしろはない   (流山市)葛岡昭男

コメント

_ S.U ― 2020年07月12日 15時50分02秒

>追憶の川でありしよ天の川
こう言われると、現在の私がたまに見る天の川は、追憶の川以外のなにものでもないように思えてきました。おそらく今後も私の目の見える限りずっとそうでしょう。

 ところで、玉青さんは、「追憶」という唱歌をご存じでしょうか。「星影やさしくまたたくみ空」で始まる古関吉雄の歌詞がついています。私は、中学校の音楽の教科書で知りました。教科書に載っていなかったら今もしらないかもしれません。 星空が追憶であることを感じさせてくれる名曲で、特に「澄みゆく心に」という部分の歌詞とメロディとのマッチは絶品だと思います(と子どもの頃から思っています)。今もYouTubeにあった鮫島有美子さんの歌唱で聴いてみましたが、記憶と違いませんでした。

 Wikipedia等をたどると、元歌は"Flee as a bird"という賛美歌で、日本語詞は訳ではなく日本で勝手につけたもののようです。元の作曲者は不明で、賛美歌として発表したメアリ・ダナ・シンドラーによって「スペイン民謡」とされていますが、世界の人の探索の努力にもかかわらずスペインに元歌は見つかっていないそうです。 

 私の感想では、1841年に民謡から採られたにしては、完成度が高く不思議な曲だと思います。ずっと好きな曲だけに、名のある作曲家の隠れた作品ではないかとかルーツが気になるのですが、これはもうどうにもならないでしょうね。

_ 玉青 ― 2020年07月13日 08時40分32秒

これは素敵なご紹介をありがとうございました。
「追憶」の名には覚えがなく、動画を見ても記憶が蘇らないので、おそらくこれが人生における初聞きです。本当に心にしみる美しい歌ですね。寂しく悲しく、それでいて甘美で温かい…それこそが「追憶」というものでしょう。

原曲の謎は残りますが、ダナ夫人(ダナ未亡人)は先年、夫と子供を流行り病で喪った悲しみを、愛する音楽で乗り越えようとしていた時期にあたるらしく、功名心から偽りを述べるとも思えないので、彼女がこれを「スペインの曲」と認識していたのは事実なのでしょう。おそらく南部暮らしの間に、スペイン系の人から聞き覚えたのかな…と思ったりもしますが、そうした彼女の生活史を思いながら、日本の「追憶」を聞くと、いっそうしみじみします。

_ S.U ― 2020年07月13日 17時52分40秒

こちらこそ、素晴らしいご感想と情報をありがとうございました。

ダナ夫人について詳しいことは何も知らず、単に1841年ということで、どこから湧いて出たかと驚いていたのですが(なんせ同年、フォスターはまだ15歳、ビゼー3歳、タレガもアルベニスも生まれていないということで)、コメントを拝見して、もはやそういう問題ではないと感じました。

 これは隠れた著名作曲家とか天賦の才とかではなく、時代や国を超えた土台としての文化の力のように思います。スペインの風土、アメリカでの信仰生活、それに加えて日本の詩人や後世の編曲者や歌手の力もすべて含めて、とにかくこうなったとしかいいようがないような気がしてきました。

_ 玉青 ― 2020年07月14日 21時57分48秒

人智を超えた…というと、神がかってきますが、いろいろな歯車が時代を越え、国を越えて、うまくかみ合って妙音を奏でたことは、まことに嘉すべきことです。

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
このブログのタイトルを平仮名で書くと、「○○○○こがん」です。○○○○に入る4文字は?

コメント:

トラックバック